50歳の決意

■50歳を迎えて■


9月25日で50歳になりました。
想像する50歳のイメージとは、かけ離れています。
以前から「きっといつかは」を頼りに頑張ろうとやってきました。

40代なかば位から、「きっといつかは」は、やってこないのに気づきました。
バラ色のいつかは幻想で、今を生きるしかない。
今が幸せと感じなければ、一生幸せに気付かない。

先が見えて、人生は思っている程長くなく、
自分の力の限界が分かる時期だと思います。

■時代の流れ■


ここ数年、旅行業の在り方が加速して激変してます。
クルーズ以外にも一般の旅行も取り扱いしてますが、
国内旅行では、社内旅行がメインです。

この仕事に携わって約29年。
その時からのお客さんは、殆どが国内団体旅行。
人の結びつきで、信頼しあい決めていたのが、今ではそうもいきません。
ここ数年、数社相見積もりをとり、アンケートを取って決めるようになりました。

会社では、以前は若い方が発言するのは容易ではありませんでしたが、今の時代は違います。
なぜ休日に手当も出ない旅行に参加しなければならないのかと、はっきり言ってきます。
以前から思っていても言えなかった。
何か言おうものなら、パワハラを盾にするので、若い社員に気を遣うそうです。

例えば、相見積もりなら、3社から各3~5コース。
9~15の宿泊箇所を約2週間仮押さえします。
その間、宿泊箇所は予約が取れなく、問合せがきてもお断りすることになります。
ローシーズンの平日であれば、問題ないと思いますが、
ハイシーズンの週末では、いい旅館はすぐにおさえられてます。
取引があるバス会社も満車です。

50軒以上、旅館、バス会社に問合せ、
今まで(約20年以上)行ったところにデータを調べ、
やっと空きがあるところで仮押さえ、そしてコース作成。
長年お付き合いのお客様は、既存のコースは既に行ってますので、
時間、観光地、昼食場所、全てを一から調べてコースを作成。
いくら慣れているとはいえ大変な作業で、1週間その作業で時間をとられます。

相見積もりなので、他社を含めて合計15コース以上。
15からの相見積もり、それもきつい日を2週間仮押さえしてください。
そんなことを旅館に言えないです。
団体旅行を受け入れる旅館はどんどん潰れ、個人相手の格安旅館が流行ります。

その相見積もり競争に参加して、決まるコースは1つです。
旅行業の利益は売り上げの1割。薄利です。
そもそも国内団体旅行に値段の大差はありません。
値段だけの相見積もり、安売り合戦に参加していては存在価値が問われます。

ただ、以前からお世話になっているお客様から、見積依頼があれば、
無下にお断りすることができません。
どういう風にいえば、相手の気分を害することなくというのが課題です。

時代は変わって行きます。
歴史をみたら、世の中は全てに良い方向に変わっていきます。
より合理的に、みんなの意見を尊重する。
要らないものは淘汰される。

予約は安いネットで。旅行会社は無料観光案内所的な役割に。
この人の為ならの浪花節は通用しない時代になっています。

■転機■


そんな時代の流れとは逆行しますが、
私はこの人の為ならを貫きたい。

数年前、このブログを見て連絡をいただいたお客様。
その時、クルーズをお申込みいただき、
昨年には大阪へお越しいただきました。

今回、リバークルーズをお申込みいただき、
この旅行が何の心配もなく、より楽しくなるように説明をするべく、
その方に会いに小田原へ行きました。

食事をご馳走になり、夜遅くまでいろんなお話をしていただきました。
すぐ近くに、大手旅行会社のクルーズデスクまであるのに、
遠く離れた大阪の私に手配していただく。こんな嬉しいことはありません。

小田原に1泊。今回の目的は、その方に会いに行ったのですが、
東京まで1時間かからないので、約1年半ぶりに東京に行きました。

今、クルーズをお申込みいただいてるのは、6割以上が首都圏です。
ご挨拶にお伺いしたいのですが、クルーズは個人旅行。
ご自宅までは、相当仲がよくならないと、なかなか行くことができません。

前回、東京に行った時、たまたま入った理髪店。
市ヶ谷駅徒歩3分のサイトウヘアーサロン。
40年以上経営されています。

初めて出会ったのに、昔から知り合いのように接していただいて、
いろいろと教えていただきました。
東京にオフィスを構えるなら、方角はこちらが良い。こちらはダメ。
東京は人口が多いから、大阪より楽にできる。
(マスターの謙遜でそんなことありません)

今回どうしても会いたくて、お伺いしました。
1年半前に1回だけ行ったのに、名前、クルーズをやっている事、
全てを覚えていただいてました。

散髪をしながら、今回もいろんなお話をしていただきました。
50歳の誕生日にお伺いして、正直に今の思いを打ち明け、
「きっといつかは」を頼りに頑張ろうとやってきたけど、
先が見えて自分の力の限界が分かったこと。
目標はあるけど夢がない。

するとマスターは、
50~60歳が一番面白い。
20代からコツコツ種まきをしていたのが、50からは収穫の時期。
貴方だったら、しっかりと種まきしているので収穫できる。
大丈夫!!と肩を叩かれました。

話をしている時、常連さんが横の席に。
〇〇さんは、クルーズが好きで先週までクルーズで旅をしていた方と紹介され、
聞いてみると、「ザ・ワールド」で世界最北端ゴルフ場のグリーンランドでプレイしてきた。

「ザ・ワールド」といえば、通常のクルーズではなく、
分譲マンションのように販売され、自宅感覚で居住、自由に乗降できる。
厳しい身元審査、購入は資産10億円以上といわれてます。
どこを航海しているのかは非公開。

もちろん私はそんな方にお会いしたことがありません。
そんな普通の人が、横で普通に散髪し、私と同じ金額を支払っている。

マスターは、ここにはこんな方がたくさん来るのでこれから紹介していくよ。
全てが桁違い。想像を超えます。
日本は、お金、人、全て集まって東京に集中してます。

マスターから、ありがたいお言葉をいただき東京に2泊。
あるクルーズの日本総代理店が、
大阪の弊社に来社する連絡があったので、私の方からお伺いしました。

その方は、10月でクルーズ事業を止めると事。
薄利な上、これだけ競合が増えたらやる価値はなくなったとの理由です。

ただその方は凄いのは、このクルーズで培った人脈を生かし、
また全く違う業界で既に起動している事。
誠実な方で、人を大事にします。
お金は大事な手段。
その前に人を大事にすれば、道は開ける。
その方は、今から新たなスタート。輝いて見えました。
これからは違う業種になりますが、これからも協力、応援したい人です。

私は以前から、旅行業をやりながら、流れでチャンスがあれば、
他業種でもやりたいと思ってました。
それがなかなかチャンスを見出せません。
日々追われて、アップアップの状態では、目の前にあるチャンスを見逃している。
自ら目を瞑っていたのだと思います。

そしてマスターの今までの種まきの話が頭から離れませんでした。

クルーズをやり始めて10年。
それまでの一般旅行のお客様を疎遠にしてきたのでは。
そのお客様と再びつながることはないか。
クルーズをやるまでの20年間の種まきを自ら潰しているのでは。
それまで周りの方にアドバイスをされていたことに気づきました。
目を瞑り、耳を塞いでいたのです。

その夜に、このブログでもよく出てくるお客さん(家族)にお会いし、
今の考え、方向性をお話しました。

絶対した方がいい。
そうなれば全力で応援するよ!!

点と線が繋がり確信しました。
目の前がパッと、明るくなり世界が広がりました。

もちろんこの旅行業・クルーズを今まで以上に力を入れます。
それと同時に全く違う業種を0から勉強。
東京から戻ったその日から動きました。
こんなワクワクした気持ちはいつ以来だろう。

旅をすることによって、大きな発見があります。
50になったことに、自分の限界で気が沈んでいたのが、
今見えるのは、空が青くどこまでも高く感じます。


おかげさまで旅行業登録更新!!

誰でも簡単にできる旅行業?


5年に1回の旅行業登録の更新。
開業して15年なので、今回で3回目。
無事に更新することができました。

旅行社は一見、元手が要らず、誰でも簡単にでききます。
誰でも簡単にできた場合、トラブルが後を絶たなくなります。
その為、許認可事業にして、営業保証金や基準資産を設定して、
財務状況をチェックされます。

5年で500万円の利益がでていなければ、更新することができません。
増資をするか、廃業か。

このブログ「私の職歴」でも書いた通り、
この2~3年は、どん底で、次の更新は難しいと思ってました。

今回、無事に登録更新できました。
応援していただいた皆様のおかげです。

この仕事をできるのは、ありがたく、幸せを感じます。


私の職歴⑰ ~ビガー・トラベル・サービス設立~

久しぶりの日本。


全てに驚きました。
こんな静かだったとは!

まず、町に人が殆ど歩いてなく、静かなのです。
全てが綺麗で清潔。
ゴミが落ちてません。

そんな綺麗で清潔なので、
家から出るたび、自分は臭くないかを何回も確認しました。
みんな私の事を見ていると錯覚も起こしました。
それが3か月続きました。

また、日本人の表情が暗い。
生きているのか、死んでいるのか。

あと、静かなのに、音にも気になりました。
風呂にお湯をためると自動音声。信号では、音楽が鳴ったり、
駅でも、自動アナウンス。
どこに行くにも自動音声は改めて驚きました。

まずは、お世話になった会社へのご挨拶。
東京本社、大阪支社へ。
それから、私のお客様へのご挨拶。

ビガー・トラベル・サービス設立


会社設立に向けて準備しました。
お客様からいろいろ協力いただき、
2002年8月22日 ビガー・トラベル・サービス設立。
旅行業の許認可も2002年9月17日取得。

社名である、ビガー:Vigourとは、元気という意味で、
私が取り扱う旅行で、お客様に元気になっていただく。
そして当社もいつでも元気でいよう。
私がこの国を元気にするぞ!!

お客様に期待以上のものを。
良い意味で期待を裏切りたい。

頑張ってきてよかった。
生きててよかった。
と、思っていただけるのを目標に。

実家の私の部屋で一人でスタート。

勝手をしてカンボジアに行ったにも関わらず、
開業後、カンボジアに行く前のお客様全員に、
ありがたく、お仕事をいただきました。

値段だけの勝負をしていたら、こんなことは絶対にありえません。

自宅の一室であっという間に1年。
いつまでも実家に居候するのは申し訳なく、
近所にワンルームを借り、
事務所も江坂駅徒歩5分のビルに引っ越しました。

仕事の方も、ぎりぎりでしたが、何とかやっていけるようになり、
ここで、もっとステップアップするべく、社員を募集ました。
5人の女性が応募していただき、面接しました。

社員だった頃にも、面接をしたのですが、責任感が全然違います。
ありがたく応募して来社した方より、私の方が緊張してました。

旅行会社は、募集したらすぐに応募が来ます。
旅行は誰が行っても楽しいもの。
それを仕事にするには、全く違うのでしょうか。
業界自体、拘束時間が長く、その割には他業種と比べ給料が安く離職率が高い。

私も旅行会社に入るまで、旅行会社といえば、
駅前、ショッピングセンターのカウンターしかイメージがなかったのですが、
それは大手だけで、個人でやっているところは、
自宅、雑居ビルの1室が殆どです。

来客もあまりなく、来るのは取引先の旅館、ホテル、バス、
ホールセラー、ランドオペレーターの営業が殆どです。
お客様にお越しいただくのは申し訳なく、
こちらからお伺いするのが殆どです。

スタッフに恵まれて、売り上げも年々伸びていきました。

会社移転


私の母親が大阪・吹田市で喫茶店を営み30年が過ぎようとしてました。
喫茶店は、開業した昭和55年頃は、売り上げも良く、
近所には会社が多く、朝、7:00の開店前にもお客さんが並び、
毎日の日替わり定食もかなりの数がでてました。

また、夕方で喫茶店が終わり、夜からは一杯飲み屋をやり始めました。
繁盛したようですが、一人で朝から深夜まで営業した上に、
母子家庭でしたので兄、妹、私と三人の子供の世話。
体を壊し夜は辞めました。

時代は流れ、周辺にはコンビニも数軒。
仕事の合間に喫茶店に一服という、風習も殆どなくなりました。
売り上げも激減し、体力もきつくなってきた。

そういう経緯で、それだったら、私がそこを旅行会社に。
と、いうことになり、親子の甘えを一切なしにして、
きっちり賃貸契約を結び、相場より高い金額を
1日でも遅らせない約束で引き継ぎました。

ビガー・トラベル・サービス            ○30年間喫茶「Woody」お疲れ様でした!!

最低限の改装をした後、
お客さん、お取引先からたくさんのお祝いをいただき、
2006年5月移転開業。

夢の1階の店舗。
お客さんがわんさか来る!!

これで営業に出向かなくても、お客さんが来てくれる。
と、思ってました。

そうです。人生そんな甘くありません。
開店後、1週間してもお客さんは一人も来てくれません。

来ないなら、今まで通り、こちらから攻めていくのみ。
甘い考えは1週間で捨てました。

ありがたく、お客さんがお客さんを紹介していただき、
応援していただき、順調に伸びていきました。

そんなある日、事件が起こります。
会社存続の危機です。
ビガー・トラベル・サービス


私の職歴⑯ ~さようならカンボジア~

インドシナ半島を横断


2002年 3月31日 カンボジアでの会社を正式に退社しました。

シェムリアップから離れる出発の朝、複雑な思いでした。
敗北し、挫折感。
何をやる為にカンボジアに来たのか。
何がやりたかったのか。

日本に帰って、以前からの夢であった、旅行会社を立ち上げる決意。
いつかカンボジアで戻ってくる。
そして、カンボジアでランドオペレーターをやりたい。
私は日本で営業し、カンボジアへ日本のお客様を送客したい。

日本に帰ったら、当分、旅には出れなくなり、
これまでの事の反省、これからの事を考えるのに、
インドシナ半島を旅をしてから、日本に帰国することに。

2年ちょっとでしたが、たくさんの人と出会い。
いろいろありましたが、たくさんの人たちに支えていただきました。
離れる前も、たくさんの人が会いに来てくれました。

シェムリアプから陸路で、カンボジアとタイとの国境の町、ポイペトへ。
ポイペトで数泊し、カンボジア・タイの国境へ。
ここでカンボジアとはお別れとなったら、感傷的になりました。

そしてバスでバンコクからパタヤへ。
パタヤで10日程滞在し、東北部イーサン地方の町を滞在しながら北上。
ナコーンラシャシマー~コーンケーン~ウドーンターニー~ノーンカーイ。
長距離バスで、気ままに移動。
気に入った町があれば、そのまま数泊滞在。

タイ・ノーンカーイからラオスへ入国。
ラオスの首都、ヴィエンチャン数泊滞在。
メコン川しかなく、その先を行くことに。
ラオスを周るか、ベトナムに入るか考えましたが、
ベトナムの方が魅力的で、ハノイ~ホーチミンを陸路で周ることにしました。
メコン川○ラオス・ビエンチャン メコンの夕陽

ラオス・ヴィエンチャンからベトナム・ハノイまで、飛行機以外では、
その当時、バックパッカーが利用するツアーバスしかなく、
そのバスを利用。これが地獄でした。

所要24時間でびっくりするような安い金額でした。
$5-とかその位だったような。
小型バス(コースター20人乗り)で、若い欧米人バックパッカーと一緒にハノイへ。
これがギュウギュウ詰めで、そのバックパッカー全員が行儀が悪く、
車内で騒ぎ、マリファナを吸うはで地獄でした。

やはり値段は、時間、サービス、快適さに比例します。
もう二度と乗りません。

陸路でベトナムに入国しハノイへ。
ハノイで数泊し、ベトナムを北から南へ1,800kmをバスで移動。
ハノイ~ハロン~フエ~ダナン~ホイアン~ニャチャン~ダラット~
ファンティエット~ホーチミン。

バスで停車する際、面白そうな町であれば、バスを下車して、そのまま滞在。
飽きてきたら、バスに乗り次の町へ。

自分で勝手に決めたゴールはベトナム・ホーチミン。
カンボジアを出てから、2か月が過ぎてました。

ゴールの地、ホーチミンで数泊滞在し、送別会を開いていただきました。
最後まで会社のベトナム(日本人)の皆様にお世話になりました。

○写真は、その前に行ったミャンマー・ヤンゴン
○タイ・ピピ島 ○左は、ラオス・ビエンチャン。右は、ホーチミン。


私の職歴⑭ ~チャンス~

先日のバンコクで


カンボジアに来て1年以上が経ちました。
上倉さんが入り、精神的に楽になりました。

このお盆に、タイ・バンコクへ行き、上倉さんとお会いしました。
今年、2016年5月から、カンボジアからタイへ異動。
カンボジアに住んでいた時より、驚く程、顔色が良くなってました。

毎朝、満員のBTS(高架鉄道)で通勤しているとの事。
カンボジアでは、車、バイクで、ドアtoドアで、歩くことがまずありません。

バンコクに来てから、1日/1万歩近く歩き、汗もかきにくい体質になってました。
その夜、Hook Shark-Fins Restaurantへ。
フカヒレとアワビをご馳走になりました。

いつものように話が盛り上がり、
普段の私は、あまり飲まなく、ビール1本飲んだら、相当飲んだレベル。
この日は、二人でシンハビール10本以上あっと言う間に空けました。
美味しかったです!ご馳走さまでした!!

日本食レストラン「銀河」オープン!


話は、15年前のカンボジア滞在時に戻ります。

ホテルのレストランで毎食行くことはできず、
自炊するようになりました。
パサパサご飯を炊き、おかずは魚醤にニンニク、唐辛子を入れたタレのみ。
もしくは、タイ製インスタントラーメンにこのタレをぶっかけ。

毎日、唐辛子を食べていると、辛さに口が麻痺をするせいか、
日に日に唐辛子の量が増えていきます。
その時、日本で激辛大会があれば、優勝したと思います。

そんな食生活でしたが、ある日、日本食レストランがオープン。
「銀河レストラン」シンガポール人経営で、主な素材はシンガポールから空輸。
毎食のように行くようになりました。

値段は日本の定食屋と同じ程度。
出前を交渉し、昼食に弁当を出前するようになりました。
$5-でトンカツ弁当か鯖弁当の2種類。
日本で食べたら、今ひとつのレベルですが、その時は本当に美味しかった。
1年間、昼食はトンカツ弁当か鯖弁当。

トラベル懇話会 カンボジアへ


日本の大手旅行会社のお偉いさんが、ご夫妻15組程で、毎年世界へ旅行に行きます。
その評価により、鶴の一声で、会社の将来が大きく変わります。

その年、ベトナム&カンボジアに決まり、当社に決定します。
失敗は許されない大仕事であり、大きなチャンス。

ガイドは、チャンヤ。
いつもやっているように、後悔のないように、精一杯やろう!!

知りたいのは、遺跡の歴史でなく、
カンボジアの歴史、日常、考え方、政治、宗教、日本をどう思うか。
できたらポルポト時代の話も聞きたい。

どの業界でも同じように、旅行業では特に、政治、宗教の話はご法度。
でも、相手を尊重し、嫌な思いをさせない言い方もあると思います。

チャンヤには、
失敗したら、私の責任になるので、何も心配しないで下さい。
チャンヤが、どこまで本音で話せるか。
出し切ろう!!

チャンヤにとっては、大チャンスです。
成功すれば、カンボジア ナンバー1ガイド。
指名がかかり、仕事には困ることがなくなります。

何としてでも、成功するぞ!!
Chanya3                ●チャンヤ 2014年撮影

事件発生


トラベル懇話会がカンボジアに来る3日前、事件発生。
私の貯金が全部なくなっていました。

カンボジアに銀行はあるにはあるのですが、
いつ潰れてもおかしくないので、
お金は、自宅の机の引き出しに鍵をかけてました。

普通、その引き出しは開けませんが、その日何気なく開けたら、
スッカラカン。
日本円で150万円位。目の前が真っ暗になりました。

家のオーナー家族が取るはずもなく、
メイドさんを疑ったのですが、泣いて絶対してないと主張。

日本大使館の知り合いの方に連絡。
カンボジアの警察に言ったら、逆に狙われる。

その方は、群馬県警からの出向で、大使館の警備責任者の桜井さん。
熱い男。魅力ある方で、この国に「交番」を普及させることが使命。

日本大使館は首都プノンペンにあるので、
たまにシェムリアプに来た時は、必ずご連絡をいただき、
気にかけていただき、いろいろお世話になりました。
(一緒にいろいろ悪いことも)

桜井さんにその件を伝えると、
よーし!カンボジア初めての指紋採取だ!!
と、シェムリアップ警察署長にすぐに連絡し、
直々に、国を挙げての大事件捜査。

調書を受け(殆ど通じない)、いざ家宅捜査。
悪徳警官(カンボジアでは警官全て悪徳と思ってました)が10人程、家に入り、
机の大きさ、ドアの大きさ、入り口から冷蔵庫までの距離を、メジャーで図り、
冷蔵庫の中身も調べられ、
その時点でこりゃダメだと確信しました。

そして、いざ、カンボジア初の指紋採取。

誰かに教わって来たのですが、本人たちは誰一人理解してません。
何回もやっているうちに、もう駄目だ。と、
暑いから、指紋が取れないと、グジャグジャにしてしまいました。
家中が指紋採取の汚れ。

帰り際に、今晩飲みに行くからお小遣いくれ。
冷蔵庫に入っているもの貰っていいか。

渡さないと報復があります。
案の定、スッカラカンになってしまいました。

翌日、気落ちして放心状態。
ホテルでの打ち合わせで、ロビーで座り、そのまま移動。
あっ!!鞄を忘れた。
すぐに行ったら、当たり前ですが、鞄ごとなくなってました。
昨日、お金を取られ、用心し全財産を鞄に入れてました。

何で夜遅くまで無給で、ガイドの仕事を手伝い、
クレームをなくそうと、命まで張って、狙われてる。
そしてカンボジアで頑張った分(殆ど日本からの貯金)が、全てなくなりました。
腐って辞めようかと真剣に考えました。

この先、長い人生で、ここで逃げたら、一生逃げることになる。

元々、何もなかったではないか。
冬の寒い日、自動販売機の前で、100円の温かい缶コーヒーを買うか買わないか、
30分悩んでいた頃から比べたら、こんなの大したことない。
また頑張るしかない。と、自分に言い聞かせました。

明日から、大仕事。
チャンヤは、人生を変える程の大チャンスの仕事。
腐っている場合じゃない。

当社の日本社長ご夫妻が添乗、ホスト役で同行。
入国審査素通り。(三浦社長が全て段取り)、

失敗するよりも、あの時、これをやっとけば良かったという、後悔だけはしたくない。
私もチャンヤとともに、ずっとお客様に付き、
2泊3日、全力を尽くしました。

帰りの空港で、日本本社の社長に、
「お礼状をお送りしたく、皆様のお名刺をいただきたく、ご挨拶してよろしいでしょうか。」
と、お伺いしました。

「バカヤロー!!、まだ、いただいてなかったのか!!
 自分から求めなかったら、何も動かないぞ!!」

目からウロコとはこのことです。
この言葉は、今でも私の基本です。
自分から求めなかったら、何も始まらないことを学びました。

これをきっかけに、チャンヤはカンボジア№1ガイドに。
チャンヤより日本語がうまいのは、他にたくさんいるいます。
心です。

その件以来、お金は銀行に預けました。
マレーシア資本のOverseas bank。

1年がたち、
その銀行に、外国人預金者が殺到している。と聞きました。
すぐに行ってみると、外国人が10名程、解約手続きに。
お金を返してもらえないとの事。

行列でやっと私の番に。
マレーシア人支店長に、すぐ解約と言ったら、
今、本店より送金待ちで、今はない。
日本人を尊敬している。
他の外国人より先にあなたに連絡する。

それでも、すぐに解約と粘って交渉しましたが、
家族がこの2階に住んでおり、逃げも隠れもしない。
日本とマレーシアの絆は深い。
我々は仲間だ。安心しろ。

翌朝、シャッターが閉まり、張り紙。
異議申し立ては、国際金融裁判所へ。みたいなことが貼ってある。
すぐに国内線でプノンペンのOverseas bankへ。
シャッターが閉まり、同じ張り紙。

なんでこうなるの!?

そうこうしているうちに、三浦社長から連絡が。
ずっと、脅迫されてましたが、子供を誘拐すると言ってきてます。
私だけだったら、なんてことないのですが、
子供を出されたら、参ってしまいます。
もう疲れました。

私が辞めれば、問題解決します。
帰ろう。