リージェント 2023年 ゴールデンウィーク 横浜発着 新コース発売!

2023年のゴールデンウィークに、リージェント・セブンシーズ・クルーズが誇る
「史上最高のラグジュアリー船」セブンシーズ・エクスプローラー
日本発着コースが新たに設定されました!

好評のために追加となった、2023年4月25日乗船の横浜新港発着の10泊のコースは、
通常よりお得な料金での発売です。
この機会にぜひ、クルーズ業界最大の船内のゆとりを誇る自慢の船で、
リージェント品質をご体験ください。

- 日程:2023年 4月25日(火)~5月05日(金) 10泊11日
- 発着:横浜~横浜
- クルーズ会社:リージェント・セブンシーズ・クルーズ
- 客船:セブンシーズ・エクスプローラー
- コース
 4月 25日(火) 横浜 19:00
 4月 26日(水) 清水 07:00/16:00
 4月 27日(木) 神戸 11:00
 4月 28日(金) 神戸 18:00
 4月 29日(土) 高知 07:00/16:00
 4月 30日(日) 広島 08:00/17:00
 5月 01日(月) 釜山 11:00/20:00
 5月 02日(火) 長崎 08:00/17:00
 5月 03日(水) 鹿児島 08:00/18:00
 5月 04日(木) 終日航海日
 5月 05日(金) 横浜 06:30

- クルーズ代金(2名様1室/おひとり様・価格変動制) 
 ベランダスイートH $7,999
 デラックスベランダスイート G2 $8,249
 デラックスベランダスイート G1 $8,399
 スーペリアスイート F2 $8,649
 スーペリアスイート F1 $8,799
 コンシェルジュスイート E~D $9,299~
 ペントハウススイート C~A $11,299-~ 

※代金は諸税・経費等を含む1室2名利用時の米ドル建ておひとり様当たりの料金です。
※2泊または3泊の地上ツアーが含まれ、ご不要の場合はおひとり様につき$750 が減額されます。
※E A には無料の前泊プランが含まれ、ご不要の場合は規定の料金が減額されます。
※残室状況によりご利用いただけない場合や、予告なく料金が変更・中止となる場合があります。
その他詳細はお問合せください。

リージェント・セブンシーズ・クルーズ ページへ

オーシャニア・クルーズ 新コース発表 2022年タヒチ&ヨーロッパ 

オーシャニア・クルーズでは、2022年にレガッタとノーティカの16種類の新コースを発表。

ノーティカは大幅な改装を完了し、2022年4月01日に「新造船より快適」な船としてデビューいたします。
10~24泊の新たに設定されたヨーロッパのコースを運行する予定です。

またレガッタは2022年2月05日より、タヒチでの3コースを新たに追加して運行を再開します。

両船の新コースは、2021年8月31日までにご予約のオーシャニアクラブ会員の方には、
10%割引の料金でご利用いただけます。

このコースは2021年7月29日より発売となります。
以下の資料からコースの詳細をご覧いただけます。

 オーシャニア・クルーズ 2022年タヒチ&ヨーロッパ 新コース  オーシャニア・クルーズ 2022年タヒチ&ヨーロッパ 新コース 
オーシャニア・クルーズ ページへ

リージェント セブンシーズ・スプレンダー 乗船レポート

 至極の洋上宮殿 セブンシーズ・スプレンダー 

リージェント・セブンシーズ・クルーズの最新船セブンシーズ・スプレンダー。
2020年デビューで新型コロナウイルス感染症の為、2クルーズのみの運航でした。

いよいよ9月11日、サウサンプトンより運行再開を予定してます。
セブンシーズ・スプレンダーの乗船レポートが先日発売のクルーズ誌に掲載されました。

誰をも魅了する、至極の洋上宮殿 セブンシーズ・スプレンダー 乗船レポート 誰をも魅了する、至極の洋上宮殿 セブンシーズ・スプレンダー 乗船レポート

 2024年ワールドクルーズが3年連続で予約記録を更新 

リージェント史上最高初日販売記録 132泊のワールドクルーズが発売わずか3時間で完売

リージェント セブンシーズクルーズが3年連続でワールドクルーズ販売初日の予約記録を更新しました。
2021年7月15日午後9時30分(日本時間)に2024年ワールドクルーズの販売が開始され、
同11時頃に完売したことが正式発表となりました。

料金は、デラックスベランダスイートが1名あたり$72,559から、マスタースイートが1名あたり$199,099まで。

リージェント セブンシーズクルーズ社長兼CEOジェイソン・モンタギューは、
「これまでに経験したことのないほど多く発売前のご予約をいただきました。
2024年ワールドクルーズが人気になることはわかっていましたが、このような嬉しい反響はすべての予想を上回るもので、
間違いなく過去最高のワールドクルーズ発売日となりました。
驚くべきことに、興味を持ってくださったのはリピーターだけではなく、新規のお客様も大幅に増え、
その多くがワンランク上のスイートルームをご希望でした」と喜びのコメントをしています。

2024年ワールドクルーズは、中米、アメリカ西海岸とハワイ、南太平洋の島々、オーストラリアとニュージーランド、
東南アジア、インド亜大陸、中東、地中海、バミューダを巡ります。

出航は2024年1月6日にフロリダ州マイアミからエレガントなセブンシーズ マリナーで。
再び同港に戻るまでのほぼ5か月弱の132泊、34,500海里に及ぶ船旅です。
「ナビゲート・ザ・ワールド」と名付けられたこのクルーズでは、31か国、4大陸の66寄港地を訪れ、
442コースの無料寄港地観光や、リージェントのワールドクルーズでは最多となる61か所のユネスコ世界遺産へのアクセス、
12泊のオーバーナイトステイ、パナマ運河とスエズ運河の通過など、
他では得られないデスティネーションでの没入型体験を実現します。

前出モンタギューは、
「お客様にとって2024年のワールドクルーズは単なるクルーズ旅行ではなく、平常への回帰を意味しています。
かつての生活に戻るための旅は、セブンシーズ スプレンダーが再び航海に出る9月から始まります。
続く数か月には他の船も大海原に合流します。
すぐにでも世界探訪にでかけたいと熱望しているラグジュアリートラベラーをお迎えするのを私共も心待ちにしています。
他に類を見ないリージェントエクスペリエンスを楽しんでいただけるはずです。
同時にお客様、乗組員、そして訪問先のコミュニティの安全を常に最優先する、
幾重にも万全の対策を講じたSailSAFE™保健衛生と安全のプログラムによる安心をお届けします」と、
安心安全のクルーズをアピールしています。

前回のワールドクルーズ販売開始初日の記録は、2020年9月の「2023年ワールドクルーズ」発売日に達成されました。

リージェント・セブンシーズ・クルーズ 専用ページへ

エメラルド・クルーズ 運航再開

エメラルド・クルーズは運航を停止しておりましたが、
この度、運航再開のスケジュールが発表となりました。

– ドウロ渓谷の隠れた秘宝:2021年7月30日出航から再開予定
– ラインの至宝:2021年8月26日、10月23日出航
– ドナウの贈り物:2021年8月30日、9月06日、13日、10月18日、25日出航
– ドナウ探求:2021年9月20日出航
– 魅惑の東欧:2021年9月23日、30日、10月04日、11日出航
– 華麗なるヨーロッパ:2021年10月23日出航

まずはドウロ川から再開し、その後、ライン川、マイン川、ドナウ川を再開致します。

2022年 ヨーロッパ リバークルーズ 予約受付中
まずは、仮予約を!
ご希望の航路と出港日を選び、空き状況をご確認ください。
仮予約ご希望の方は、お名前(漢字およびアルファベット)と生年月日をお知らせください。
仮予約期間は最大5営業日です。

エメラルド・ウォーターウェイズ

昼食・夕食の際には、無料のワイン、ビール、ソフトドリンクをご用意しています。

エメラルド・ウォーターウェイズ 

(上)船尾の温水プールは、暖房が聞いた温水プール。
インフィニティ・スタイルとなっており、エメラルド・ウォーターウェイズの自慢の設備です。
ジェットストリームが流れるため、ゆるやかに泳ぎ続けることが可能です。
プールエリアは、なんど夜は、シネマとなります。

(下)リバークルーズのラウンジは、広々と贅沢なスペースをとっており、
さらにエメラルドの特徴でもあるパノラマウインドウが床から天井まではりめぐらされ、
流れる景色を存分に楽しめるつくりです。

エメラルドウォーターウェイズ エメラルド・ウォーターウェイズ

(上)エメラルド・パノラマスイートは、最も人気があり、部屋数も多い客室です。
客室一体型のバルコニーはクレバーな設計で、ボタン一つでウインドウが下がり、
バルコニーのように使えます。
川沿いの街や教会がすぐそこに見え安心感があります。畑仕事をする人々や、
カヌーの練習をする人々などに手を振ってみましょう。

(下)オーナーズワンベッドスイートは、最も広い客室です。
オーナーズワンベッドスイートには朝食時には軽食をお届けしたり、
夕食前のカナッペや夕食後のスイートをお持ちするサービスが付いています。
また、毎日2点のランドリーを無料でご利用いただけます。

エメラルド・クルーズ ページへ

アマウォーターウェイズ クルーズ再開

アマ・ウォーターウェイズは、ヨーロッパ主要河川で10隻、ロシア、東南アジアで各1隻を運航しているリバークルーズ。
自慢はお客様の声を先取りしたラグジュアリーな船とサービスにあります。

2021年7月よりクルーズを再開しました。
7月03日 ドウロ川でアマドウロ号
7月21日 ドナウ川でアママグナ号
7月22日 ローヌ川でアマクリスティナ号
7月22日 セーヌ河でアマリラ号
7月29日 ボルドー川でアマドルチェ号、
7月29日 ライン川でアマシエナ号
続々とクルーズを再開しております!

アマウォーターウエイズは、昨年2020年7月05日から11月02日まで
ドイツのお客様を乗せて運行、コロナのプロトコールや手順を全てテスト、
運行期間中お客様とクルーから陽性者は一人も出ませんでした!

アマウォーターウェイズの衛星安全手順
アマ・ウォーターウェイズ ページへ