特別料金設定日追加 ポール・ゴーギャン・クルーズ

■期間限定特別料金の追加設定日のご案内■


ポール・ゴーギャン・クルーズのソシエテ諸島 7泊8日コース
(土曜発着7泊8日)の特別料金。
追加設定日:2019年 6/01発 ソシエテ諸島とタヒチ・イティ 7泊8日

2019年 2/16、2/23、4/06、6/01発の4コース
期間限定 2019年 2/28(木)16:00までのご予約。

 ポール・ゴーギャンの特徴
  ・全ての客室がオーシャンビューのラグジュアリー客船
  ・世界のトップ・スモール・シップ15年連続受賞
  ・ミシュランの美食
  ・オール・インクルーシズ
  ・乗客1.5名に乗客1名があたる行き届いたサービス

ポールゴーギャン・クルーズ

スケジュール Schedule

■ソシエテ諸島 7泊8日(共通コース)

日程
寄港地
入港
出港
パペーテ(タヒチ島)
23:59
フアヒネ島
08:00
17:00
タハア島(モトゥ・マハナ)
08:00
17:00
ボラボラ島 ※停泊
08:00
ボラボラ島
17:00
モーレア島 ※停泊
08:00
モーレア島
パペーテ(タヒチ島) ※停泊

19:30
17:00
パペーテ(タヒチ島) 午前下船

タヒチクルーズ

クルーズ代金 Cruise Rates

2019年 2月16日、2月23日発

カテゴリー B C D E F
ベランダ バルコニー バルコニー ウィンドウ ポートホール
通常料金 $6,895- $5,695- $5,445- $4,395- $4,045-
特別料金 $4,700- $3,900- $3,600- $3,000- $2,800-

2019年 4月06日、6月01日発

カテゴリー B C D E F
ベランダ バルコニー バルコニー ウィンドウ ポートホール
通常料金 $7,395- $6,045- $5,845- $4,695- $4,345-
特別料金 $5,200- $4,300- $4,200- $3,300- $3,000-

【ご予約条件】
※上記料金は1室2名利用時の1名様あたりのご料金で、
 ポートチャージ、関連諸税は別途1名様あたり$149(2019年)かかります。
※シングル追加料金はB-Dは100%、E-Fは50%です。
※トリプル利用の場合は3人目が17歳以下の場合は無料、18歳以上の場合は1泊あたり
 $125とポートチャージ、関連諸税がかかります。
 部屋数に限りがありますのでお問い合わせください。
※他のプロモーションとの適用はいたしかねます。
※このプロモーションは2019年2月28日(木)16時までにお申込みいただいた新規予約に対して
 適用となりますが、予告なく終了する場合もございます。
※2月23日発、4月6日、6月01日発は若干航程が異なります。詳細はお問い合わせください。
※出航の91日前まではキャンセルチャージがかかりませんので、早めのご予約をお勧めします

ポールゴーギャン ページへ

ポールゴーギャン


ゴールデンウィーク設定あり
ルフトナー・クルーズ コース限定20%OFF

■ 2/28(木)16:00までのご予約 ■


ルフトナー・クルーズの下記コース限定で、
2/28(木)16時までにお申し込みいただくと20%OFFとなります。
ゴールデンウィーク、夏休みの設定もございます。
残室わずかですので、早いもの勝ちです!

セーヌ川クルーズルフトナークルーズ フランス・パリとセーヌ川クルーズ
【クルーズ日程】 ■2019年 4/03-10 7泊8日
【クルーズ客船】 ■アマデウス・ダイヤモンド
【クルーズ発着】 ■パリ~パリ
【クルーズ代金】 ■お一人様 €1,099-~€879-

Cruise_only

line


アヴィニョンルフトナークルーズ フランス ローヌ・ソーヌ川クルーズ
【クルーズ日程】 ■2019年 4/25-5/02 7泊8日
【クルーズ客船】 ■アマデウス・プロヴァンス
【クルーズ発着】 ■リヨン~リヨン
【クルーズ代金】 ■お一人様 €1,739-~€1,391-

Cruise_only

line

line

ブタペストルフトナークルーズ ドナウ・ラプソディ
【クルーズ日程】 ■2019年 4/14-21 7泊8日
【クルーズ客船】 ■アマデウス・クラシック
【クルーズ発着】 ■パッサウ~パッサウ
【クルーズ代金】 ■お一人様 €1,289-~€1,031-

Cruise_only

line

ブタペストルフトナークルーズ ドナウ・ラプソディ
【クルーズ日程】 ■2019年 4/28-5/05 7泊8日
【クルーズ客船】 ■アマデウス・エレガント
【クルーズ発着】 ■パッサウ~パッサウ
【クルーズ代金】 ■お一人様 €1,519-~€1,215-

Cruise_only

line

ドナウ川クルーズルフトナークルーズ クラシカル・ドナウ川クルーズ
【クルーズ日程】 ■2019年 8/06-13 7泊8日
【クルーズ客船】 ■アマデウス・クイーン
【クルーズ発着】 ■ブダペスト~パッサウ
【クルーズ代金】 ■お一人様 €1,759-~€1,407-

Cruise_only

 ※上記記載の料金は1室2名様利用時の1名様あたりの料金です。
 ※料金に含まれるもの:食事、食後のコーヒー・紅茶、ディナー時の赤・白ワイン、
  24時間利用可能なコーヒー・紅茶ステーション。
 ※プロモーションは予告なく終了となる場合がございます。

ルフトナークルーズ ページへ


今年一年 ありがとうございました!!

■昨年の年末は大混乱■


昨年の年末は、ヨーロッパの大雪。
リバークルーズのお客様がクルーズ下船後、雪の為、乗り継ぎに間に合わず、
時差があるので一晩中、代案を調べホテル等を手配。

無事に帰国して、ほっとひと安心した翌日。
スシローでお持ち帰り、その日は混んでいて2時間待ち。
やっとの思いで家に帰り、ほろよいをプッシュと開けた瞬間、
コスタクルーズからのメール。

コスタ・ネオロマンチカ日本発着クルーズで、
爆弾低気圧で、明日出港の神戸に船が来ない。
東京港に停泊し、神戸を抜港し翌日出港。

キャンセル料無料で、全額返金。もしくは、お一人様15,000円の交通費補償。
船会社は、安全第一なので仕方ありません。

出港前日の18:30頃。それも日曜日に連絡があっても、どうしようもない。
荷物の事が頭をよぎりました。

日本発着の場合、自宅より配送することが多く、
コスタでは配送業者を最終案内で紹介という形で掲載しており、
あくまでお客さんと配送業者の契約になります。

コスタの緊急連絡先、担当者に連絡しても誰も出ない。
もう連絡したので仕事は終わり。

お客さんへ連絡をして、どうするかをお伺い。
案の定、全員が配送業者に手配してました。
年末の繁忙期にその日に東京港へは不可能。

行く方本人ではなく、息子が話しに加わってきて、
「話が違う。」
「荷物をなんとかしろ。」
「薬が入っているので、その荷物がないといけない」
私としても、特別な年末年始クルーズなので、お客さんの為に何とかしたい。

お客様センター電話は18:00で終了。
配送業者の追跡番号を調べ、どうも、神戸配送センターで留まっているみたい。
いろいろ電話しても、もう繋がらない。
よし、こうなったら、神戸配送センターに行って、荷物を留めてもらおう。
留めてもらって、本人が翌日、配送センターへ取りに行く。
それから東京へ行っても十分間に合う。

お寿司をそのままに、ほろよいはラップで包み冷蔵庫へ。
自宅から高速で神戸に着いたのは、22:00頃。
かなり大きな配送センターで、守衛で理由を話し中へ。
夜遅いので、誰も居なく、親切なセールスドライバーさんが、
荷物を調べていただきました。
すると、ここにはなく、東灘区の系列会社にある。
裏の電話番号に連絡してもらっても誰も出なく、住所を調べて行きました。
埋め立て地で、真っ暗で、看板も消えている時間、街灯がなく何も見えません。
ここだろうと着いたのが23:30頃。
全ての電気が消えていて誰も居ない。万事休す。

お客さんに連絡。
できることは全てやりましたが、ここまでです。
すると「そこで開くまでまっとたらええんとちゃうの」
私もさすがにカッとなり、言い返しましたが、
ここまでしたら、引きに引けない。
どんなことがあっても届ける。

一旦家に帰り、早朝来よう。
家に着いたのが1時半。気の抜けたほろよいと、寿司のネタだけ食べ、
4時すぎに家をでて、5時に到着。辺りは真っ暗。
7時過ぎに門が空き、責任者が来ないと分からない。
7:30所長が出社。事情を話したら、荷物の記録を合わせたら、引き取ってよいとの事。
ただ、103個の荷物から、探さないといけない。
荷物を引き取って、所長にお礼をして、お客さんに連絡。
新大阪駅で待ち合わせ。新幹線の車内まで届けました。

最後に言った言葉が、
「大手に頼んだら、大手の力で荷物を何とでもできたのに」

どうやら大手は超能力ができるらしい。
後日、コスタ担当者から荷物を配送業者へ手配した方は、ほぼキャンセルとのことでした。

■運がついた!!■


12月31日。
年々1年が早くなり、最近特に早く感じます。
今年はおかげ様で、例年よりたくさんの旅行の手配をいただきました。

今年の年末トラブルはなく、会社、家の大掃除が済み、
昨日の夕方、今年の垢を落とすべく、近所のスーパー銭湯へ行きました。

露天風呂の横にプラチック椅子があり、そこでサウナの後休憩、
席をたったら、そこにう〇こがありました。
もしかして、私がもらした!?
周りの目は私が犯人です。
気づかないうちにもらしたかもと、すぐに流しましたが、
べっとりこびりつき、流せないので、絶対私ではありません。

指名手配されたらどうしよう。
逆流して私の体内に入っているかもしれない。
いろいろ考えながら、しっかりと洗いました。
まさか椅子にう〇こがあるとは夢にも思いません。
皆さんもお風呂にいっても、気を抜かないように。

ここのスーパー銭湯、6-7年前の正月にサウナに入ってました。
サウナ内のテレビでは、正月特別番組で、
ボクシング歴代世界チャンピオンによる大喜利がやってました。
ガッツ石松さん、輪島功一さん、具志堅用高さん、渡嘉敷勝男さん、井岡弘樹さん。
そうそうたる顔ぶれで、サウナ内では、みなさん大声で大爆笑。

歴代世界チャンプは、ある程度ボケを作ってますが、
一人だけ井岡弘樹さんは、作っている素振りがない。
私もゲラゲラ大笑いし、そのコーナーが終わってサウナから出ようと立ち上がったら、
私の真横に井岡弘樹さんが座ってました。
怒る、笑う様子もなく素でした。

今日の夜から、ベトナム・ムイネへ行ってきます。
いつも通り、ビーチを見ながら仕事をしていると思います。
お問合せお待ちしております。

今年一年、本当にありがとうございました。
2019年 皆様にとって穏やかな一年でありますように。


最短2泊で行ける ハロン湾クルーズ⑤ ~バンコクへ~

■タイ・バンコクへ■


ハノイからたったの2時間でタイ・バンコク。
大好きなタイがすぐ近くにあるのに行かないなんて辛すぎる。
帰りにバンコクに寄ってから帰ります。

ハノイ・ノイバイ空港からタイ・ライオン航空にタイ・バンコクへ。
ベトナム人の団体ツアーが殆どで、機内はどんちゃん騒ぎ。
初めて飛行機に乗る方が殆どだったみたいで、離陸・着陸時には大騒ぎ。
タイ人CAは、ベルトの付け方を一人一人説明し、呆れる表情でしたが、
楽しい2時間を過ごしました。

バンコクでは4泊。
今回の旅行では、ハロン湾クルーズとバンコクのダブルメインイベント。
バンコクのホテルは、定宿の「エータス・ルンピニ」。
以前から気になっていた、「タイパンホテル」を初めに1泊だけします。

スクンビット・ソイ23にあり、ロケーションがよい。
周辺には、レストランも多く、
BTSアソーク駅、地下鉄スクンビット駅から10分かからない。

ホテルは、ザ・中級ホテル。
一番下のカテゴリーのスーペリアルームでも38㎡。
ジム、サウナがあるのが嬉しい。
大分、老朽化してますが、不快さはありません。

夕食は「ジャスミン・レストラン」で北京ダック。
スクンビット・タイムズスクエア4Fにある中華レストラン。
今まで違う有名店に行っていたのですが、
近年、テーブルに小さなゴキブリ発生率100%。
いかなくなり、ジャスミンに約18年ぶりにいきました。

バンコクに来たら、北京ダックは外せない。
一羽丸ごとなので、存分にいただけます。
身の部分は違う料理で選ぶことができます。
一羽800バーツ=約3,000円でいただけます。

バンコクで北京ダックが美味しいのは、
身を残さず、皮だけをパリパリにいただけます。
身があると、油ぽくて数枚しか食べれません。

翌日、ホテルを変えて「エータス・ルンピニ」へ。
このブログでいつも紹介しています。
地下鉄ルンピニ駅がすぐ横にあり、
部屋の広さがデラックス42㎡。シャワー、バスタブがセパレート。
NHKプレミアム、どの部屋も見晴らしがよく、サウナはいつも貸切状態。
朝食まあまあ。
豪華さはないが、機能的です。

■バンコクの美味しいもの■


バンコクでの楽しみは食べること。
無性に焼肉が食べたくなりタニヤ「叙苑」へ。
日本では食べれなくなったユッケもいただけます。

お腹いっぱいなのに、どうしても日本のラーメンが食べたくなり「らあめん亭」へ。
醤油ラーメン、ニンニク焼き飯。 翌日の夕食は、タイ海鮮料理 ラチャダピセーク「ソンブーン」。
プーパッポンカリーはタイに来たなら一回は食べたい。 こうして振り返ったら、食べる事しかない。
それも、いつも殆ど同じ店。

■バンコクの楽しみ■


エータス・ルンピニに泊まる楽しみのひとつが、
ルンピニ公園まで信号待ちを含めて徒歩10分。

起床し毎朝ルンピニ公園に行きます。
1週2km、軽く走って約20分。
名物オオトカゲが遊歩道を横切ります。

ホテルに戻り、お風呂に入り、朝食。
サウナでこの旅行の為に、とっておきの本を読書をして、プールに入るのを繰り返し。
部屋に戻り、火野正平「にっぽん縦断 こころ旅」の垂れ流しを見る。
高層ビルのバンコクの景色を見ながら、大きな机でひと仕事。
夕方、お腹が空いてきたら、その時の食べたいものを食べに行く。

これが私の至福の時。

今回、ベトナム料理が美味しく、
明日、12/31からベトナム・ホーチミン、ムイネへ
美味しいものを食べに行ってきます。

ベトナム・ハロン湾クルーズ&タイ・バンコク ③ハノイ~バンコク


最短2泊で行ける ハロン湾クルーズ④ ~総評~

■ハロン湾クルーズはいくらで行ける!?■


クルーズでは、11日間が基本。
日本から飛行機で出発し、1泊ホテルに泊まり、クルーズ7泊。
アジアでは、3泊5日が最短。

もっと短い、気軽なクルーズをと、以前からハロン湾クルーズが気になってました。
あくまで、ハロン湾を楽しむのがメインで、船を楽しむのは二の次。
私がご案内しているクルーズとは違います。
旅行の延長としてのハロン湾クルーズです。
1泊よりも断然2泊をおすすめします。
1泊では馴染む前に下船します。

値段は嘘はつきません。
その代金が、設備、サービス、料理、客層、全てに反映されます。

今回、ハノイのホテル、クルーズでは、ネットの口コミを参考にしました。
感想は、ひとそれぞれですが、実際に行っているの?というのもあります。

同じような代金でも良し悪しがあります。
満足していただき、次の旅行もお願いするというのが、
旅行会社の存在意義です。

どのような行程で、いくら位で行けるのか、今、さっと見積ります。
例)2019年 1/24-26 成田発着 2泊4日

【コース】
・1/24 VJ933 成田09:30/ハノイ14:00
 日本語ガイド&専用車でハノイ市内ホテルへ (ハノイ泊)
・1/25 朝食後、船会社送迎車にてハロン湾へ。
 クルーズ乗船。
・1/26 昼食後、下船。
 船会社送迎車にてハノイ空港へ。
・VJ932 ハノイ00:55/成田08:00
※VJ:ベトジェットエア(LCC)

【旅行代金(お一人様・2名1室)】
①ホテル:セリーヌ・プレミア&レガシークルーズ:お一人様 69,000円
②ホテル:オーギャラリー・プレミア&ペリカンクルーズ:お一人様 83,000円
※航空諸費用が別途必要です。合計:¥12,210-
 2019年1/07より国際観光旅客税:¥1,000-別途かかります。

すぐにお見積りいたしますので、お気軽にお問合せください。

■ベトナム最後の夜■


ハロン湾クルーズからハノイに1泊。同じく、セリーヌ・プレミアホテル。
旧市街をブラブラ散策が楽しい。
ハノイを散策。お洒落で清潔な店が増えました。

夕食は、ホアンキエム湖畔、ベトナム料理「Cau Go」の1階にある、
飲茶レストラン。
ここも美味しかった。
今回のベトナムでは、外れが一つもない。