ホーランド・アメリカ ~今週のお買い得情報~
11/07配信

★Explore 4★ 11/17までの5大特典


約600コースの中から、2017年11/17(金)までのご予約で以下の特典が付きます!

あと10日間でお得なキャンペーンが終了します!!

①デポジット50%OFF
②ピナクルグリルディナー(通常1回$35)を無料ご招待
③3人目、4人目のお客様クルーズ代金無料または大幅割引 
 (港湾税、手数料、税金は別途ご負担いただきます)
④シグネチャービバレッジパッケージ
⑤スイートをご予約の方には船上で使えるオンボードクレジット1室につき$200をプレゼント

なんと5大特典!!
各特典の詳細はお買い得情報をチェックしてください♪
※各特典には条件もございます。併せて諸条件についてもご確認ください。

この特典の見逃せないのが、④シグネチャービバレッジパッケージ。
一日あたり有料ドリンク($9以下のもの)を15杯まで無料でご注文いただけます。

1日15杯も付いているので、予算に気にすることなく、
お好きなバーで。
プールサイドで大海原を望みながら冷たいビール。
お好きな時にどちらでもご利用いただけます。

※アルコール飲料の提供は21歳以上の方に限ります。
※パッケージには、シグネチャーショップ、ミニバー、インルームダイニング、
またはハーフムーンケイの飲み物での購入は含まれておりません。

フラッシュレート ホーランド・アメリカ・ライン


フラッシュレートとは?
出発間際にお得な料金形態”フラッシュレート”が発表されます。
通常のプロモーションよりもさらにお得な料金です。

条件があり、ご予約後24時間以内に全額をお支払い。(クレジットカード不可)
お支払後は、全額払い戻し不可。

フラッシュレートのお申込みはお早目に!

お得情報 詳細はこちらをクリック
HALお買い得情報 11/07

ホーランド・アメリカ・ラインをより詳しく


ぶらりタイの旅 ~ラディソン・ブル・ホアヒン~
老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート③

ラディソン・ブル・ホアヒン

デシュタニ・ホアヒンに2泊した後、同じチャアムにあるラディソン・ブル・ホアヒンへ。

グーグルマップでは、1km、徒歩20分。
この位の距離なら、散歩がてらに歩いて行こう。
タイの炎天下、スーツケースを引いての20分。汗だくになりました。

途中、歩いていたら、車の欧米人が乗せていこうか。
と、声をかけられました。
リゾートホテルが多く、ホテルのスタッフらしき人。

東南アジアでは、道を歩く人はめったに見かけません。
暑いので歩くという概念がないのです。

ここから歩いてどの位?と、聞いてたら10分。
実際に歩いたら1時間で着いたら良い方です。

ラディソン・ブル・ホアヒンに到着。
昨年、2016年の12月のオープンの最新リゾート。全118室。
スモールという規模ではありませんが、デシュタニからこちらに来ると、小さく感じます。

雰囲気もガラリと変わり、小さくなれば客数も比例するので、静かな雰囲気。
こちらは、スタイリッシュなデザイン。

部屋はデラックスルーム44㎡の広さ。
明るい雰囲気で、ベランダが広く、大きなデイベッド、テーブル・椅子があり、
そこで夕食もとりました。

バスタブとシャワーがセパレート。
ただ、客室からの眺めが、向いの客室ベランダと向かい合わせ。

2・3階建てになっており、1階はベランダとプールが繋がってます。
プールアクセスルーム。
メインプールは別にあります。

スパとフィットネスセンターはエントランス近くの別棟にあり、
こちらはスーペリア客室。デラックスよりお手軽ですが、
45㎡あり眺望は遮るものがないので、デラックスよりスーペリアの方がお勧めです。
フィットネスセンターには、スチームサウナがあります。

プールでは、ゆっくり読書。
デシュタニの客層は、週末ということもあり、タイ人のファミリーが殆ど。
その為、賑やかなのに対して、ラディソンは、タイ人カップルと欧米人の半々。
静かな雰囲気で、波音、鳥のさえずりを聞きながら、ゆっくりできます。

読書をして、暑くなったらプールに入り、眠くなったらうたた寝。
を繰り返し。至福の時です。

夕暮れは、ラウンジにて、ソファーに座り、ただただ海を眺めます。
次第に日が落ちて、ライトアップ。
昼とは全く違う雰囲気に。

夕食はメインレストランへ。
そろそろタイ料理に飽きてきましたが、最後にパッタイを食べたく注文。 朝食は、断然デシュタニが上です。
以前、ラディソン・ブルの、バンコクに泊まりました。
物凄く朝食が良いというイメージでしたが、こちらはいたって普通です。
歩いて5分の所にセブンイレブンがあり、その横の屋台で汁なしそば。 あっという間のラディソンでの2泊。

車で10分のバスターミナルから、空港へ直行します。
バスは3列シート、トイレ付きで清潔・快適。
3時間半でスワンナプーム空港へ到着しました。

ラディソン・ブル・ホアヒン

以前、大きいことが良いことだと思っていました。
大型の場合、それだけ客数が多くなり、いくら雰囲気が良くても、限界があります。
小さな客数が少ない方が、混雑しにくくなり、静かになります。
これは、リゾートでも、クルーズでも同じことです。

今回の2つのリゾートでは、満足しましたが、
想像とおりで、それ以上でも以下でもなく、感動がありません。

チャアム自体、国道から入った所にリゾートがあり、
1泊の週末旅行でしたら良いと思いますが、
周辺には何もなく、雰囲気が良いとは言えません。

感動したのは、アーリンタ・プランブリ。

チャアムからホアヒンを抜けて30分南下したところにあるプランブリ。
パイナップル畑に囲まれ、ローカルレストランが点在し、素朴で、懐かしい雰囲気。

そこのアーリンタ・プランブリが素晴らしかったです。全25室。

「パームプール・レジデンス」に泊まり、目の前のビーチを独占。
部屋にはビーチリゾートなのにシャンソンが流れ、ベットで横になった目線がビーチ。
夜には、その目線の角度にビーチをライトアップしているのです。
これには感動しました。

部屋には、小さなプールがあり、数歩でビーチへ。
客室が少ない為、滞在中殆どスタッフ以外は会うことがなく、いつでも静かな雰囲気。

今では、「小さい事は良いことだ」です。

以前のブログにアーリンタ・ホアヒンを紹介してます。
知られたくない穴場リゾート アリンタリゾート プランブリ


ぶらりタイの旅 ~デシュタニ・ホアヒン~
老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート②

デシュタニ・ホアヒン

バンコクのエバーグリーン・ローレルで2泊した後、チャアムへ。

リゾートと都市に行く場合、先にリゾートでのんびりして、
後で都市で泊まる方が旅がまとまります。
最後にバンコク2泊は、あきらめもつきますが、
初めに泊まったら、2泊はあっという間です。

タイ国内の移動では、プーケット等、かなり離れたの場合、飛行機を利用しますが、
数時間で行ける場合、長距離バス、乗り合いバン、専用車を利用します。

ずっと長距離バスの旅でしたが、乗り降りにかなりの時間がかかります。
そういう旅の方が面白いのですが、
短い日程なので、今回は専用車を手配しました。

ホテルロビー11:00に待ち合わせ。
その日の朝には、ドライバーがメールで自分の写真を送っていただき、
すぐに分かりました。

バンコクからチャアムまで途中で一回休憩を取り、約3時間。
デシュタニ・ホアヒンに到着。

チャアムは、国道沿いにあり、デシュタニ周辺には殆ど店舗がありません。
各リゾートが個別にあり、リゾート内での滞在型で、
街歩きには不向きなリゾートです。

国道の大通りから、ホテルのエントランスまでもかなりの距離。

デシュタニ・ホアヒン
全296室、1990年オープン。
大型リゾートでチェックインが土曜日ということもあり、
バンコクからの週末家族旅行、大手銀行のパーティーなどで混雑してました。

デシュタニは、想像通りの、はずれがないリゾートです。

周辺には何もないので、ホアヒンに出るか、リゾート内で食事。
1日目の夕食は、ホテル内のタイ料理レストラン「ベンジャロン」。
2日目は、ホアヒンに出ての夕食。
ホアヒンの中心へは、ホテルシャトルバス(片道/50B)、約15分。

デシュタニ・ホアヒンに泊まるなら、クラブ・ルームをお勧めします。
クラブラウンジでは、ソフトドリンク、軽食が用意され、
17:00-19:00はアルコールも。
朝食は、メインレストランの奥に専用のスペース。
週末は、別の専用レストランでいただくことができます。

今回は、クラブ・ルームが満室でスーペリア・ルーム。

朝食は、メインレストランが8:30をピークに混在し、
席が空くまで並んでいる時もあります。

朝食内容は、満足です。
特にクイッティオ(米麺ラーメン)が、
出汁がよく効いていて上品で、今まで食べた中で一番の美味しさ。

スパ、フィットネスセンターは、別の棟にあり、
カートで送迎していただけます。
歩いても3分もかからないの距離ですが。

ジムで走った後に、サウナへ。
宿泊客は100Bかかりますが、貸切状態。
大きなジャグジーもあり、雰囲気も良く、本を持ち込み、至福の時。

デシュタニ・ホアヒン
ロビーは、英国風のシャンデリアで、豪華で優雅な気分。
スタッフは笑顔で、立ち止まって挨拶。
ホスピタリティは、さすがデシュタニです。

ただ大型リゾートの週末だったので、子供が多く賑やか。
良くも悪くも想像通りで、それ以上でも以下でもなく、感動はありません。

デシュタニ・ホアヒン