ロシア自由旅行⑧ ロシア最終日

2017年 1/04(水) 最終日


モスクワ12:00のチェックアウトまでホテルでゆっくりして、
そのあと、夜の便までの予定をきめよう。

21:40のフライトなので、17:00にホテルを出発すれば、
ゆっくりとあせらずに空港に向かう事ができる。

レイトチェックアウトし、ホテルでゆっくりするか。
5時間ブラブラをするか。
ここは極寒の地。5時間ブラブラしたら命に関わる問題。

 ○ホテルレストラン             ○カテリーナシティホテル前

12:00 そんなにも寒くなく、本も持ってきた5冊全部読み終えたので、
チェックアウトをして、荷物を預け夕方までブラブラします。

赤の広場までモスクワ川沿いを散策。教会などいろいろ立ち寄ったので約1時間。

最後に赤の広場へ。
こちらへは、昨日から3回目。ここしか知らない!? あっという間の5時間。気を付けていただきたいのが、トイレです。
公衆トイレが駅にも殆どなく、カフェなどに入るしかありません。
寒くて、カフェで休憩して、コーヒーを注文したら、かなりの大きさ。
もったいないので、全部飲み干しブラブラしてたら、
急にトイレに行くたくなりました。

すぐに近くのカフェに入ったら満席。他の店も満席。
トイレだけを借りれる雰囲気ではありません。

グム百貨店3Fに綺麗な公衆トイレがあるので、
そこまで行きましたが、そこも大行列。

こうなれば、グム百貨店内の「HISTORICS TOILET」
100ルーブルの世界一綺麗なトイレに行こう。
ここも大行列。

この辺一帯が、モスクワの中心で人も多く、どこに行っても満席。
しかたなく地下鉄に乗って、ホテルの最寄り駅へ。
駅前のカフェに走って入りました。
私よりも妻の方が深刻で、先に行きました。

やっと出てきて、走ってトイレに行ったら、一人並んでいます。
この数秒の間に二人も!!
嗚咽を出しながら並び、あと2秒でアウトでしたが、事なきを得ました。
こんな時に日頃の行いが左右されます。今年はついてる!!

海外では、公衆トイレが少なく、ホテルで必ず済ますことが鉄則です。
そもそも欧米人は、膀胱が大きいのか、外では殆ど行くことがないみたいです。
ロシア人に聞いたら、1日2回しか行かない人も。
日本人は体の作りが違うのでご注意を!!

無事にお漏らしせず、ホテルで荷物を受け取り、
地下鉄でベラルーシ駅へ。
そこから、アエロエクスプレスでシェレメチボ空港まで約35分。 CZ356 21:40 モスクワ発 武漢、広州経由
1/05 関西空港 20:30 定刻通り到着しました。
モスクワは翌日から、120年ぶりの寒波でマイナス37℃を記録。
ロシアは全てにおいてハラショー!

ロシアで自由旅行はできるのか!?


簡単にビザが取れ、他の国と同様に自由に旅することができました。

サンクトペテルブルグでは、パスポートの所持が必要ないのですが、
モスクワでは、パスポート所持しなければいけないのを、
赤の広場で警官が、中央アジア系の方に、
パスポートチェックをしてたのを見て思い出しました。

すっかりいつも通りの気分で、パスポートを所持してなく、
旅行中は、警官にチェックされることはありませんでした。
その位、自由に何も困ることなく旅ができました。

ソ連崩壊から25年。
普通に旅行する分には、西側と殆ど変わらなく、
ソ連時代を感じることは殆どありません。
もっと長くいたら、いろんな文化を体験できると思います。
ソ連時代に行ってみたかったとう感はあります。

私はタバコを吸うのですが、
街中のゴミ箱灰皿がある所で吸っていたら、
かなりの確率でタバコちょうだいと言われます。

言われたのは、マレーシア・クアラルンプール以来。
1本渡したら、20人くらいに取り囲まれました。

旅は、行くべきです。
旅には目的は必要ないと思います。

外に出て、自分をみつめ直すことができるし、分かることもあります。
その中で、自分はこうしよう。こうなりたいと、冷静に考えることができます。
日本はどれだけ恵まれているかと感じ、
日本の素晴らしさを発見できます。

日頃、忙しく読書をすることもできない、
予定が分からないので、旅の予約ができない。
それは、言い訳であることが旅へでたら分かります。

忙しい人ほど、読書をしているし、
日程を決めたらそれに向かって調整する。
どうしても行けない場合、取り消すだけ。

人生はそんなに長くありません。
いつかは、今なのだと思います。


ロシア自由旅行⑦ 憧れのモスクワ

2017年 1/03(火) 憧れの赤の広場へ


朝、これぞロシアに来た!!と、いう風景。

ロシアに着いてから、比較的温かく、
やはり冬のロシアに来たなら、マイナス何十度を体験したく、
やっとこの朝から、ロシアらしくなってきました。
それでもマイナス10℃位。30℃以上を体験したかったのですが。

小学校の頃からずっと憧れていたモスクワ。
モスクワに来れただけで十分ですが、
今日は、いよいよロシアの象徴である、赤の広場、クレムリン、ワシリー寺院へ。
ホテルの地下鉄最寄り駅「Paveletslaya」駅から2駅で、
「teatralnaya」駅を降りてすぐの場所。 ロシアの地下鉄は、
かなり深くサンクトペテルブルグでは、地上約100mの深さ。
モスクワは、サンクトペテルブルグ程ではありませんが、結構な深さで、
エスカレーターで約2分。
エスカレーターの時速も早く、日本の速度の2倍の速さ。
こんなに深いのは、地盤の問題と、有事の際のシェルター。

セキュリティは万全で、エレベーターの下に監視所があり、モニターを監視してます。
駅周辺、ホームには警官が多く、管理してます。

2-3分間隔で運行しているので、乗り遅れてもすぐに来ます。
地下鉄は、とにかく早い。これでもかと、いうほど飛ばします。
車内は広告がないので、日本の電車と比べ殺風景に見えます。

チケットは、券売機、窓口で購入します。
どこまで行っても、モスクワ:1乗車/55ルーブル。
サンクトペテルブルグ:1乗車/45ルーブル。

憧れの赤の広場。
赤の広場に立ったら、感動して失禁確実だと思っていたら、そうでもなかったです。
でも長年夢見た場所にきました。

レーニン廟を並んで入場。
社会主義特有で、綺麗に安置されてます。
ベトナム・ハノイのホーチミン廟にも行き同じように、
厳粛で、銃を携えた目つきの鋭い警官。
帽子・手袋をを取り、私語、立ち止まったら、銃を向けられそうな雰囲気。

赤の広場には、クリスマスシーズンに、
クリスマスマーケットができます。
お土産屋、屋台、メリーゴーランド、アイススケート。
綺麗なのですが、想像していたイメージが崩れました。 赤の広場に隣接して、グム百貨店。
スパーブランドが軒を連ね、百科事典でみた
ショーケースの前に長蛇の列とは、かけ離れてました。
ここだけみるとソビエト社会主義の面影は全く感じません。

その百科事典では、モスクワっ子は、グムでアイスをよく食べると、
ずっとずっとそのアイスを食べたく、その夢が叶いました。

■ソ連の反資本主義宣伝
冷戦時代、ソ連のテレビは、
「資本主義のアメリカがいかに貧富の差が大きいか」を伝える、
「反資本主義宣伝」のニュースをしきりに流しました。

アメリカの貧富の差を強調するため、ニューヨークの低所得者の住む、
アパートの映像を放送。
「アメリカの労働者はこんなに貧しい生活を強いられている」というコメント。

ところが、この放送を見たソ連の国民は、
窓に干してある下着の多さに圧倒されたのです。
当時のソ連では消費物資が不足して、下着などめったに手に入られませんでした。

アメリカの「貧乏人」と言われる人たちがたくさんの下着を持っているのをみて、
ソ連の庶民は、「実はアメリカ人は豊かではないか」と感じたのです。
(集英社 そうだったのか!現代史より)

グム百貨店の横の通りを散策。
有名なチョコレート店「アリョーンカ」
ロシア人は、チョコレートが大好きとの事で、
どこの商店でもこの「アリョーンカ」があります。
味は、やはり日本のチョコレートの味に、食べ慣れてます。 一旦ホテルに戻り休憩をして、夜のライトアップをもう一度見に行きます。
赤の広場を目指して、かなりの人です。淀川花火大会並みです。
赤の広場 この旅、最後の夕食はホテル近くのレストランで。 ロシア最後の夜は、ホテルに帰り、サウナ、ジャグジーに入ってこの旅の疲れをとります。
明日、夜の便で帰国です。


ロシア自由旅行⑥ めざせモスクワ!

2017年 1/02(月) サンクトペテルブルグからモスクワへ


朝、起きたら、一面の雪景色。
11:00発のサプサン号でモスクワへ。
ホテルをチェックアウトして、目の前がモスクワ駅。
約4時間の列車の旅です。

サプサン号のチケットは、インターネットで簡単に購入でき、座席指定までできます。
向きが重要で、日本のように座席が向きを変えることができず、
半分の席が逆向きで進行します。

このチケットも価格変動制。早目の購入がお得。
飛行機の方が若干安い感じです。

サンクトペテルブルグのモスクワ駅は暗く、
ソビエト時代をどこもこうだったんだろうと想像します。 駅は改札がなく、セキュリティチェックのみです。
誰でもホームまで入れますが、各車両には女性の車掌がいて、
チケット、IDを確認します。
スーツケースも車両出入り口に置くスペースがあります。 サプサン号は、11:00サンクトペテルブルグ・モスクワ駅を出発して、
14:53 モスクワ・レニングラード駅に到着。
定刻通り出発しました。 シートピッチも広く、車内は綺麗で、揺れもなく、
車内販売もあり、殆ど新幹線と変わりません。
雪景色のロシアの大地を走ります。 定刻通りにモスクワ・レニングラード駅に到着。
駅前には、スターリン様式のセブンシスターズのひとつ、
ホテル・レニングラード。(現ヒルトン モスクワ レニングラードスカヤ) ○左がホテル・レニングラード

スターリン時代に多く建てられた、建築物の様式で、
社会主義の発展と革命の達成を、摩天楼で表現し、
労働者を鼓舞が狙いとされ、ニューヨークの摩天楼に対抗し、
モスクワに何十棟の超高層ビルを建設し、
モスクワの風景をニューヨークのマンハッタンにする計画だった。

地下鉄で3つ駅を移動し、パヴエレッカ駅へ。
駅から徒歩10分で、モスクワのホテルカテリーナシティホテルへチェックイン。
素朴な4つ星中級ホテル。

サンクトペテルブルグで、ソコス、クラウンプラザが良かっただけに、
テンションがン低くなりましたが、馴染んで良くなってきます。

おすすめは、地下にあるサウナ。
スチームとドライサウナがあり、ジャグジー、ジムもあります。
ロッカールーム、シャワールームも数多くあり、これだけで満足。

夕食は、ホテル近くのレストランへ。
かなり流行って、混み合っている人気店。
日本人そっくりな中央アジアの方ばかりだったので、
中央アジア料理店?
羊肉で臭みが全くなく、美味しくいただきました。

サンクトペテルブルグでは、殆ど見なかった中央アジア系の方が、
モスクワに入ったら、かなりの割合でいらっしゃいます。
朝青龍そっくりさんな方が多数。
なんかホッとします。

ホテルに帰ってから、サウナで冷え切った体を温め、
ジャグジーに入ったら、疲れも吹き飛びます。

いよいよ明日は、憧れの赤の広場に行きます。
取り乱して失禁しないか心配です。


ロシア自由旅行⑤ サンクトペテルブルグ 元旦

2017年 1/01(日) サンクトペテルブルグ 元旦


カウントダウンは、エルミタージュ広場で行われ、盛り上がったみたいですが、
早くに寝てしまい、夜中にドンドン音がして、初めはホテル内で騒いでいるのかと思いました。
部屋の窓を見ると、盛大な花火が打ちあがっていました。

朝、朝食のレストランには誰も居ません。
ホテル宿泊客も、朝まで賑わっていたのだと思います。
街もひっそりと静まり返ってます。

ゆっくりしてから、地下鉄に乗り、街をブラブラ散策。 15:00過ぎたら暗くなりはじめます。
夕方には、エルミタージュを中心に人が集まり、かなりの人。

それにしても、綺麗な女性が多いのは驚きます。
道を歩いていたら、1/2の確率で、息を吞む程の綺麗な女性。
雑誌のモデル、テレビのタレントより、断然上です。
それに比べ、男性は驚くようなかっこいい人は見当たりません。
この後で行く、モスクワでもサンクトペテルブルグ程、
綺麗な女性はいません。
私が今まで外国に行った中で、女性の綺麗さは断トツでサンクトペテルブルグです。
サンクトペテルブルグ

早めにホテルに帰り、ゆっくりしました。
夕食は、部屋でシベリアビールを飲みながらピザとケバブ。


ロシア自由旅行④ サンクトペテルブルグでの年越し

最高の年越し


今年一年は、激動の年でした。
昨年の今頃は、訳あって私の人生の中でどん底状態でした。
それは、このブログの私の職歴で書きます。

それが、自分を信じてやっていたら、奇跡が起きました。
その奇跡が続き、こうして年末年始最高の体験ができました。

いろいろあったからこそ、この旅は大きな意味を持ちます。

大事なお客様がおります。
今ではお客様を超えて、大事な人としてつながってます。
その方が、年末の12/18に青森から大阪にお越しいただきました。
女性の方で、かっこいい人です。

かなりお忙しい方ですが、大阪に仕事があるからと言って、
お越しいただき、宿泊されているリッツカールトン大阪で、
お食事をご馳走になりました。
大阪に来たなら、こちらがご招待しますと、
言っているのですが、聞き入れていただけません。
ありがたく、リッツカールトンの高級ディナーをご馳走になりました。

仕事があるといって、心配して顔を見に来ていただいているのです。
こんなありがたいことはありません。

この仕事を通して、こんな魅力的な方とお知り合いになれ、
認めていただいている。
絶対に裏切れないし、これから私の方から恩返しをしなけらば、
途中で挫折することはできません。

その方に、年末年始ロシアに行くと言い、
北国の方は靴はどういうのを履いているのかを聞いたら、
リッツカールトンの部屋で、ブーツをプレゼントしていただきました。
「普通の靴だったら、滑って危なく、凍傷になる。」と、いって。

このブーツがなかったら、凍っている道ばかりで、歩けませんでした。

私は、本当に幸せ者です。
こうして最高の年越しをすることができます。

2016年 12/31(土) サンクトペテルブルグ 大晦日


今年最後の日。
今回の旅では健全で、規則正しく、22:00には就寝します。
ホテルでゆっくりのんびり、読書をしたり。

朝は、06:00には自然と目が覚めます。
ジムでジョギングをして、バスタブにゆっくり浸かり、朝食へ。
旅ではそんな贅沢ができるのです。

ただただゆっくりのんびりします。
時間があったら、エルミタージュ美術館は、2日間入場券なので、
ブラっと散策がてらに行こう。
したいことは、ゆっくり読書。
今回、とっておきの本5冊持ってきました。

クルーズ旅行では、大体前後合わせて11日間なのですが、4冊位を読みます。
今回、大当たりの本ばかりで、大晦日の時点で4冊読み終えました。
これからはもっと持ってこなければ。
私の中では、旅の良し悪しは良い本との出会いも大きいのです。

○ホテルの向かいには巨大ショッピングセンター「ギャレリア」

ゆっくりのんびりした後、14:00頃から2回目のエルミタージュへ。
大晦日ということで、ネフスキー大通りは、いつもより多い人。
閉まっている店も多いです。

ロシアは、1月7日がクリスマス。
年末年始は、街全体がクリスマスムード。
大晦日は、夜通し飲んで騒いで、元旦は昼まで寝るのが、ロシアンスタイル。
至る所で爆竹、花火の音。
エルミタージュの広場には大勢の人だかり。
広場にはステージも設置。
カウントダウンもここで行われるのでしょう。

歩いて帰る途中、夕食をしようとレストランが大晦日で殆ど閉まってました。
ホテルのすぐ近くのケバブ屋さんが空いていて、ここでお持ち帰りし、
ホテルの部屋でシベリアビールを飲みながら年越し。
これが美味しいのです!!

部屋から花火を見ながら。最高の年越しになりました。

今年一年、本当にありがとうございました。
と、ロシアから日本に向かって感謝。