コロナ禍後 初めての海外へ

■ 私にとって旅とは ■

私にとって旅は、単なるレジャーではありません。
旅の目標があるから、どんなことでも目標に向かって頑張れます。

旅をして、自分自身を客観的に見ることができます。
日常から離れ、考えることができ、視野を広く見ることができます。

旅の為にとっておきの本を持ち、運動不足でジョギングで体力をつけ、サウナでの読書。
街をぶらぶら散策し、美味しいものを食べる。
旅先では仕事もできます。
これがあるから頑張れます。
私にとって旅は人生そのもので、かけがえのない、なくてはならないものです。

最後に海外へ行ったのは、2年前の2019年-2020年年末年始。
香港発着「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」フィリピン・沖縄クルーズを
最後に日本から出れなくなりました。

その間、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始と航空券、クルーズを予約しては中止。
このまま一生、日本から出れないんじゃないか。とさえ思ってきました。
国内を旅してましたが、もちろん国内の良さはあるのですが、心が満たされません。

そんな時、タイ政府が「テスト&ゴー」2021年11/01から開始発表。
「テスト&ゴー」は、入国後に指定ホテルでPCR検査。
結果がでるまでホテルで隔離(実質1日)。
陰性がでたら、指定の地域で自由に行動ができるというもの。

その為には、「タイランドパス」を取得。
タイランドパスは、書類を添付してネットで申請します。
・往復航空券
・指定隔離ホテルの支払い証明書
・ワクチン接種証明
・海外旅行傷害保険(コロナ対応)補償$50,000-以上

加えて
・タイ入国:日本出発便72時間以内のPCR検査陰性証明
・日本入国:タイ出発便72時間以内のPCR検査陰性証明

一見複雑でややこしそうなのですが、
よくよく見たら、通常の旅行とあまり変わりなく、
今までPCR検査をしたことがなく、要領がわからないので、
ややこしく感じるだけだと思いました。
金額でいえば、普段の旅行と比べ、PCR検査代3回がかかるので、
一人当たり 約¥50,000-余分にかかるくらいです。

今回は、待ちに待った海外。
それも大好きなタイへ。
もう待ちきれません。

年末年始、日本に居たら、何かと慌ただしく、じっくりと仕事もできないし、読書もできない。
知らないうちにお金を使い、こういうことだったら、思い切って海外に出た方が断然よいです。

前半はパタヤで紅白を観ながら、ゆっくりして、
後半はバンコクで美味しいものを食べよう。

12/26出発、1/10帰国のタイ国際航空を発券し、1日目の隔離ホテルはパタヤに取りました。

タイランドパスは、申請後7日以内に登録されるとのことで、
実際に申請したら、3時間後に登録完了しQRコードが送られてきました。
このQRコードをタイ入国時に提示します。

タイランドパス取得の数日後、感染拡大により「テスト・アンド・ゴー」の
タイランド・パスの新規申請は、2021年12月22日以降一時中止となっています。
既にタイランドパスを取得の場合は、そのまま入国可能。
ただし、入国後6・7日後に指定病院でPCR検査が義務化になりました。

日本出国2日前に事前に予約した病院へ、PCR検査を受けます。
大阪市内の病院で、駐車場内のプレハブが検査場です。

初めての鼻からグリグリ。
テレビで見るとかなり奥の方まで入れられているので緊張しました。

さすが日本の病院。
痛くも何ともなく、あっという間に終わりました。
検査・英文陰性証明:¥15,000-
翌日メールで陰性証明書が送られてきました。
これで全ての書類が揃いました。

問題はタイでの鼻グリグリ。
日本みたいに優しくないのだろう。それだけが憂鬱。

■ いよいよ日本出国 ■
2021年 12/26 待ちに待った海外出発。
前日、寒波が入り雪予報。
通行止めの心配もあり早く余裕をもって出発。
帰りは公共交通機関を使ってはいけないということで、車で行きます。
フライト4時間前に関西空港到着。

2年ぶりの関西空港。
一番混みあっている時期・時間帯ですが、ガラガラで人がいません。
モニターを見る限り、国際線は7本しか飛んでおりません。

チェックイン開始。
10名いる位で並ぶということもありません。
タイランドパス等のチェック。10分もかからなくスムーズでした。
出国審査後も殆どの免税店がクローズ。
出国後の喫煙ルームも閉鎖。
活気のない死んだ空港でした。

TG622 11:00 関西発/15:45 バンコク着

動画で出発前の興奮を実況しましたが、
動画ボタンでなく静止画ボタンを押していたことが今分かりました。
5回ほど取り直して、一生懸命話していたのに。

■ バンコク・スワンナプーム空港到着からパタヤへ ■
機内はガラガラでした。
3-3-3の配席で周りは誰も居ません。
3席使って横にもなれて、快適な空の旅です。

15:45 定刻通り、バンコク・スワンナプーム空港到着。

スワンナプーム空港は、いつもより人が少ない感じですが、活気があります。
世界各地から飛行機が到着し、いろんな国の人が入国審査へ。
その前に書類チェックがあります。

書類が揃っているかをチェックし確認書をもらいます。
10分ほど座って並ぶだけでスムーズです。
その後、いつも通りに入国審査、税関を通り、ミーティングポイントへ。
隔離ホテルがずらっと並んでおり、ホテル名を言えば、
すぐに係と会うことができました。

自分で勝手にタクシー等で移動することはできません。
隔離ホテルパッケージには、送迎も含まれてます。
隔離ホテルは空港から2時間以内と決まっておりパタヤまでです。

空港の外にでました。
コロナ禍後、初めての海外の地。
久しぶりの大好きなタイの空気。タイの匂い。
この日の気温34℃。寒波の日本から約30℃差。
毛穴がドバっと開き、タイに来た!!という嬉しさ。
一服が最高に美味しい!!

ずらっと隔離ホテル送迎車が並ぶ中、案内されます。
他にタイ人が一人混乗し、同じ隔離ホテルです。

夕陽に照らされてパタヤへ2時間のドライブ。
スムーズにパタヤのホテルに到着し、ホテル入り口でPCR検査。
提携病院の方が待機してます。
鼻グリグリかと思ったら、日本と同じく優しくあっという間に終了。
1分もかかりません。

これより検査結果がでるまでホテル隔離です。
ホテルに事前にデータを送ってますので、検査後すぐに部屋に通されました。
厳格な雰囲気でなく普段通りゆるゆるな感じで拍子抜けしました。
部屋に夕食の弁当、ジュース、飲み水が用意されてます。
スペアリブのケッチャプ煮。トムヤムクン、果物、オレンジジュース。

部屋で休憩後、冷たいコーラが飲みたくなり、近くのコンビニへ行こうとロビーへ。
ホテルを出ようとしたら、ホテルの人4人から同時に「ノー!!!」
結果が出るまで出たらダメ!!と怒られました。
あまりに気楽な緩い雰囲気だったので。

ホテルはサンシャインヒップ。
私の好きな中級ど真ん中ホテル。
バンコクでは同じ料金で5つ星デラックスに泊まれていたのですが、
翌日からの移動のない選択でした。

タイ初日、タイに来れた幸福感で布団の中へ。22:00就寝。

深夜、熟睡中にけたたましい電話の音。
時計を見たら、01:40。
何事かと電話を取ったら「あなたは陰性です」。
なにも深夜じゃなくても。翌朝でもよいのに。
熟睡していたので出る気にならず、そのまま気持ちよく夢の中へ。

Part1 コロナ禍後 初めての海外へ
Part2 全ての要望がかなった タイ・パタヤ「アルテラ ホテル & レジデンス」宿泊
Part3 パタヤ カウントダウン2022 2万発の花火!



ぶらりタイの旅 ~デシュタニ・ホアヒン~
老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート②

デシュタニ・ホアヒン

バンコクのエバーグリーン・ローレルで2泊した後、チャアムへ。

リゾートと都市に行く場合、先にリゾートでのんびりして、
後で都市で泊まる方が旅がまとまります。
最後にバンコク2泊は、あきらめもつきますが、
初めに泊まったら、2泊はあっという間です。

タイ国内の移動では、プーケット等、かなり離れたの場合、飛行機を利用しますが、
数時間で行ける場合、長距離バス、乗り合いバン、専用車を利用します。

ずっと長距離バスの旅でしたが、乗り降りにかなりの時間がかかります。
そういう旅の方が面白いのですが、
短い日程なので、今回は専用車を手配しました。

ホテルロビー11:00に待ち合わせ。
その日の朝には、ドライバーがメールで自分の写真を送っていただき、
すぐに分かりました。

バンコクからチャアムまで途中で一回休憩を取り、約3時間。
デシュタニ・ホアヒンに到着。

チャアムは、国道沿いにあり、デシュタニ周辺には殆ど店舗がありません。
各リゾートが個別にあり、リゾート内での滞在型で、
街歩きには不向きなリゾートです。

国道の大通りから、ホテルのエントランスまでもかなりの距離。

デシュタニ・ホアヒン
全296室、1990年オープン。
大型リゾートでチェックインが土曜日ということもあり、
バンコクからの週末家族旅行、大手銀行のパーティーなどで混雑してました。

デシュタニは、想像通りの、はずれがないリゾートです。

周辺には何もないので、ホアヒンに出るか、リゾート内で食事。
1日目の夕食は、ホテル内のタイ料理レストラン「ベンジャロン」。
2日目は、ホアヒンに出ての夕食。
ホアヒンの中心へは、ホテルシャトルバス(片道/50B)、約15分。

デシュタニ・ホアヒンに泊まるなら、クラブ・ルームをお勧めします。
クラブラウンジでは、ソフトドリンク、軽食が用意され、
17:00-19:00はアルコールも。
朝食は、メインレストランの奥に専用のスペース。
週末は、別の専用レストランでいただくことができます。

今回は、クラブ・ルームが満室でスーペリア・ルーム。

朝食は、メインレストランが8:30をピークに混在し、
席が空くまで並んでいる時もあります。

朝食内容は、満足です。
特にクイッティオ(米麺ラーメン)が、
出汁がよく効いていて上品で、今まで食べた中で一番の美味しさ。

スパ、フィットネスセンターは、別の棟にあり、
カートで送迎していただけます。
歩いても3分もかからないの距離ですが。

ジムで走った後に、サウナへ。
宿泊客は100Bかかりますが、貸切状態。
大きなジャグジーもあり、雰囲気も良く、本を持ち込み、至福の時。

デシュタニ・ホアヒン
ロビーは、英国風のシャンデリアで、豪華で優雅な気分。
スタッフは笑顔で、立ち止まって挨拶。
ホスピタリティは、さすがデシュタニです。

ただ大型リゾートの週末だったので、子供が多く賑やか。
良くも悪くも想像通りで、それ以上でも以下でもなく、感動はありません。

デシュタニ・ホアヒン



ぶらりタイの旅 老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート

タイ・チャアム 王道デシュタニ、最新ラディソン・ブルへ

遅い夏休みで、10月05日から、ぶらっとタイへ行ってきました。
とっておきの本をたくさん持って。

3年ぶりのハノイ・ノイバイ空港経由。

古く、暗く、エアコンが殆ど効かない記憶があるので、
乗り継ぎの数時間、汗をかくので着替えをたくさん持参しました。

いつものターミナルの横には、巨大な新しいターミナルが。
2015年に日本のODAでオープンした新ターミナル。

これがベトナム!?
ホーチミン・タンソンニャット空港同様に、
快適な最新の国際ターミナルに生まれ変わってました。
どこに行っても同じような。何だか寂しい思いに。

ハノイから2時間、バンコク・スワンナプーム空港へ。
タイに着いたら、妙に落ち着きます。

バンコクのホテル、以前は、マンハッタンホテル専門でした。
最高のロケーションです。

私と同じ年の昭和44年開業で、老朽化しており、
天井が膨らんでいたり、部屋には必ずゴキブリに遭遇します。(ビッグではなくミニ)

朝食は、謎のキムチ。干からびた目玉焼き。
煮え切ったコーヒー。
ホテルの横を通る度、必ず声をかけてくるインド人仕立て屋。
大好きなタイ=マンハッタン・ホテルなのです。

ただ最近、ゴキブリの出現率が高くなり、
今は、エータス・ルンピニを好んで宿泊します。
ここのホテルは、値段と満足度のバランスが良いのです。

通常、お客さんには、インターコンチネンタル、
シェラトン・グランデを手配しております。
あくまで自分で行く場合です。

豪華さはありませんが、機能的。
ホテル全体が綺麗で、一応5つ星(?)
部屋は、42㎡の広さ。
バスタブ付きでシャワーブースも別。

NHKプレミアムが映ります。(NHKワールドは英語版で面白くない)
いつも火野正平のこころ旅を観てます。

飽きたら、上階にあるプールへ。
そこにサウナがあり、いつ行っても貸切状態。

ロケーションは、右に3分歩けば、ローカル屋台が連ねて、コンビニもあり。
左に2分で地下鉄ルンピニ駅。
パッポンへは、徒歩約15分。

朝食もまずまずのレベルです。

そして、ここに泊まると、毎朝ルンピニ公園をジョギング。
これが何よりの楽しみです。

今回、値段が高騰しており、新規開拓をしました。
エバーグリーン・ローレル。始めて泊まるホテルです。

台湾の物流、航空会社もある、あのエバーグリーン。
部屋も広く、バスルームが広く、清潔で値段もお手軽。
ルンピニ公園まで徒歩20分。
サウナもあり、ここも貸切状態。

朝食は、そこそこレベル。
ビジネス街なので、周辺には何もなく、駅まで徒歩10分。
合格点ですが、比べたらエータス・ルンピニを選びます。

エバーグリーン・ローレル・バンコク~デシュタニ・ホアヒン



カオラックのおすすめレストラン 

カオラックは全長25kmに7つのビーチ


カオラックは、アンダマン海に面した全長25kmのビーチが続き、
主に7つのビーチに分かれ、どこに泊まるかによって、目的が変わってきます。

プーケット空港から来ると、一番初めにカオラックビーチ、
ナントンビーチ、バンニヤンビーチ、クッカックビーチ、
パカランビーチ、パクウィープビーチ、バンサックビーチへと続きます。

今回、宿泊したラ・フローラは、バンニヤンビーチ。
レストラン、ショップが徒歩圏内で多数あり、
静かなリゾートでゆっくりして、食事は周辺のレストランへと、
理想的なビーチです。

あと賑やかなのは、ナントンビーチ。
それ以外のビーチは、リゾートホテルでゆっくりすることになります。
それらのホテルは敷地も広く、リゾートを出るだけで10分程歩き、
基本周りには何もないので、バイク、レンタカーが必要です。

おすすめの「ザ・サロジン」は、パクウィープビーチ。
周りには何もありません。
ひたすらゆっくりするには、もってこいです。

バンニヤンビーチの美味しい店


50軒以上は、レストランがあります。
小奇麗で、雰囲気の良く、美味しいレストランをご紹介します。

日本料理 Enzo
カオラックで本格日本料理をいただくことができます。
私は今回、オーダービュッフェを注文。
男性:666バーツ 女性:555バーツ プラスTAX。

タイ料理 Green Pepper
Enzoの向かいにある、タイ料理レストラン。
欧米人の利用も多く、西洋料理のメニューも多数。
他にもタイ料理は、いろいろ行きましたが、
ここのタイ料理が他と比べて、味付けが良い。 イタリア料理 Pinocchio
窯で焼く本格ピザ。
パスタ、カラマリ、ここは本当に美味しかったです。

タイ・カオラック ラ・フローラ リゾート

カオラックに滞在中


バンコクを出発し、8/10からカオラックへ。
あっという間の3泊です。

久しぶりのドンムアン空港。
スワンナプーム空港より、ドンムアン空港の方が、タイに来た!!感があります。
約10年ぶりですが、LCC専用空港で、
ひっそりとしているかと思ったら、かなりの人で混雑してます。
需要と供給により代金が変動しますが、
場合によっては、バスよりも安い。 90分のフライトでプーケット空港に到着。
さらに専用車で90分。カオラックに到着。 プーケットのパトンビーチとは違い、静かなリゾート。
ただ、今は雨季なので、朝から降ったり止んだりで、遠浅なビーチは見ることができません。
その分、何もせずにゆっくりのんびりを楽しんでます。 カオラックには、主に6つのビーチがあり、
そのビーチにリゾートホテルが集まってます。
今回、プルマン、ビヨンド、ザ・サロジンを検討しましたが、
リゾートから出ずにゆっくりするなら、主にホテルでの食事なら、
そのリゾートでも良いのですが、基本ゆっくりし、夕食はブラブラしようと、
今回、レストラン等で困らないバンニアンビーチにしました。
バンニアンビーチには、10以上のリゾート、マッサージも多数。
レストランもかなりの数があり、タイ料理、インド料理、イタリア料理。

中でも本格日本料理「Enzo」あります。
日本人トシさんが、カオラックに惚れ込み、
4年半前に日本食レストランをオープンしました。
Buffetを注文し、全品美味しくいただきました。
天ぷらは、日本の専門店を思わせるレベル。
男性:666バーツ 女性:555バーツ プラスTAX。

Enzo
Bang Niang Beach Road,Khaolak,Thailand
TEL.+66.(0)95.607.6040
E-mail: info@enzo-khaolak.com
http://www.enzo-khaolak.com/japanese/index.html