ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ乗船②
清水寄港

ポナン・ロストラル 清水寄港


ポナン・ロストラルフランスの美食船 ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ
10月12日(水)08:00-18:00 清水寄港

21:00に東京港を出港し、翌朝、清水港に寄港。
船内から富士山が綺麗に見え、清々しい朝を迎えました。

清水港は、朝のお出迎えから和太鼓による歓迎。
ターミナルでは、様々なイベントを行ってます。

この日、私は少しターミナルを出ただけで、ずっと船内にいました。
船内のジムで、運動して、サウナに入って、
プールバーで読書をしてのんびりと。

夕方、キャビンに居たら、キャビン係りの方が、紙テープを持ってきました。

18:00 清水出港時、紙テープでお別れ。
ブラスバンドによる演奏、それに応える汽笛。

紙テープによるお別れは初めてで感動です。
始めたのは日本人という説があります。

私が投げた紙テープは、やきそば屋台の女性で、
千切れるまでずっと持ってくれて、心が繋がりました。

ますます船旅の良さを実感しました。出港紙テープ

ポナン・ロストラル 2016年 日本発着クルーズ 清水寄港



ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ乗船①
東京出港

ポナン・ロストラル乗船


フランスの美食船 ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ
2016年 10月11日(火)ー14日(金)
10/11(火)21:00 東京港出港

晴海グランドホテルから徒歩10分で東京港・晴海ターミナルへ。
ポナン・ロストラルに乗船。
ポナン・ロストラルポナン・ロストラル 1万トンのスモールシップ。

この船で旅をするのは2回目です。

乗る前のイメージは、
施設は最低限、大型船のような吹き抜け、大きな劇場があるような派手さはない。
大きい事は良い事だと、その時は思っていて、
正直、良さが分かりませんでした。

実際に乗船したら、それが全く逆だったと思い知らされました。

大型船みたいに何千人と乗船しないので、
どこに行くにも混むことは皆無で、並ぶことなど無縁です。
プールでも、場所の取り合いなど皆無。
(ポナン・ロストラル:乗客定員264名)

すぐに乗下船ができるので、下船し忘れ物があったら、
すぐにキャビンまで取りに行くことができる。
大型船だったら、忘れ物を取りに行くには、
かなりの時間がかかるので諦めます。
それだけ気軽なのです。

クルーもすぐに顔を覚えてもらい、会話も多くなり、
バーでもゆっくりと話すことができます。

客層も良く、子供を制限している為、大人の落ち着いた雰囲気。
7~8割がフランス人が乗船。

服装は、カジュアルだけれど、センス良いお洒落。
タキシード、ドレスなんて殆どいません。

料理は、毎晩フレンチのフルコース。
日本人が好む料理の出し方で、質の良いものを適量で出します。

日本人に丁度よい量です。
私は物足りないので、もう一品メインを注文しますが。

料理のレベルは、もちろんの事、楽しみなのが、デザート。
毎回、本当に美味しいのです。

初めて乗船して、その良さが理解できました。
スモールシップが大型船より高額なのが納得できました。

食材、乗客一人当たりのクルーズ数、クルーのサービス、
どれをとっても大型船とは違うものです。

代金が全てではありませんが、殆ど外れることのない目安です。
それだけの代金をとって、稼働しているということは、
それに見合ったものがあります。東京港

ポナン・ロストラル 船内


今回のキャビンは、海側ベランダ デッキ3 22.5㎡。
ベッドの下にスーツケースが収まり、十分な広さです。

クローゼットには、バスローブ、スリッパ、傘が用意されてます。
アメニティはロクシタン。シャワーの水圧、水はけも良いです。
ポナンのお勧めの点が、バスルームとトイレがセパレート。完全に独立してます。
ポナンのこだわりです。 キャビンの清掃では、この船は完璧です。
ターダウンにも、細かな所まで清掃していただきます。
こちらの動きをよく見ていて、
ドアをノックすることは殆どありません。
外出中を見計らって、清掃します。

大型船は、度々ノックされます。
担当する部屋数がそもそも違うのでしょう。

鏡の一部に指紋を付けて、どの位で気付くか、
どこまで清掃されるかを、毎回テストします。
驚く事に毎回、鏡の小さな指紋がとれてます。
前回、乗船した時も同様です。

よく、キャビンに帰ったら、タオルアートがあります。
タオルで動物を作るのですが、掃除が疎かの場合が多いです。
見えないところは掃除されてませんし、
素足で歩くと小さなごみの感覚があります。
タオルアートを作るなら、
しっかりと掃除したいただいた方がありがたいです。

また、上質な新しいふわふわなタオルでは、作りにくい。
良い船には、タオルアートは似合わない。

今回のクルーズでは、タオルアートはありませんでした。
その分、毎回しっかりと掃除され、いつでも気分良かったです。

ポナン・ロストラル 2016年 日本発着クルーズ 東京出港



フランスの美食船 ポナン 2017年日本発着クルーズ

日本ではとにかく大きな船が豪華と思われがちですが、実は逆なのです。
スモールシップほど、より美味しいお食事、行き届いたサービスが期待できます。
また大型船では入ることができない魅力的な寄港地へとお連れします。

乗船した瞬間から、そこはフランス。
ロストラルはフランス色を前面に打ち出したモダンな船。

船内の公用語はフランス語と英語
(ご安心下さい。日本人コーディネーターが乗船しております。)

毎晩フレンチのフルコースとワインの宴、客室アメニティは、コスメブランド、ロクシタン。
そんな不思議な船旅へぜひお出かけ下さい。

安心の日本語対応


1.日本人コーディネーター乗船
2.日本語の船内新聞・ディナーメニューをご用意
3.日本語ガイドの寄港地観光

・クルーズ中のすべてのお食事、アルコール類、ソフトドリンクが代金に含まれます。
(一部ビンテージを除く)
・宅配便サービス(ご自宅~船 有料)をご用意いたします。

コース詳細はこちらから
フランスのラグジュアリーシップ  ポナン・ロストラル 2017年 日本再発見クルーズ【8/9/10泊】

ル・ソレアル

乗船レポート
フランスの食通クルーズ ポナン・ロストラル アジアクルーズ【動画】


動画をアップしました。ダイヤモンド・プリンセス
神戸発着クルーズ

ダイヤモンド・プリンセス 台湾三都市周遊 9日間
2016年5月8日(日)-16日(月)弊社スタッフが乗船しました。

私は、日本発着に関しては、あまり好意的ではありません。
飛行機で外国の乗船地ホテルで宿泊し、寄港地では、日本とは全く違う文化を体験し、
違う海の色を感じる。

クルーズ旅行は物語です。
飛行機出発時、クルーズ乗船時と高揚感が2回味わえます。
そして下船時、帰国便のなんとも言えない寂しさも2回味わえます。

どうせ行くのだったら、フライ(飛行機)&クルーズを断然おすすめしておりました。

今回行ったスタッフも同様の考えでしたが、
日本発着を行ってみて、新しい発見があり、感動し、帰ってきました。

まず、神戸出航で、事前に荷物を宅配で送っていて、
当日は、手ぶらで神戸ポートターミナルへ。

お客様の層は、日本人が7割ほど。年齢層は高めです。
日本人コーディネーターが多数乗船しており、
どのコーナーに行っても日本人コーディネーターがおり、案内してくれます。

荷物をキャビンのクローゼットにしまったら、
クルーズ中の9日間は、自分の家の部屋です。
部屋の目の前には、レストランがあり、シアター、バー、免税店、プール、ジムがあります。

下船後、ターミナルで荷物は宅配で自宅へ。
手ぶらで帰宅。

海外クルーズでは、ご自身で荷物を運び、移動しなければいけません。
今回、乗船したお客様で、腰が悪く飛行機には乗れない方。
トイレが近く、飛行機、現地移動が不安な方が、いらっしゃいました。
日本発着クルーズであれば、一切心配いらないのが納得できました。

海外クルーズでは、英語が苦手で、なかなか話ずらく会話も続かない。
日本発着では、日本人乗客が多く乗船しているので、自然と会話に花が咲きます。

今回のクルーズでは、個性的な魅力ある方ともたくさん出会ったとのことです。

ダイヤモンド・プリンセスは、2,700人定員の大型船。
船内で1度も顔を会わないのが、殆どですが、行動パターンが似たような方が出てきます。

例えば、タバコを吸われる方は、ずっと同じ方と顔を会せます。
クルーズ中、サウナに行かれるのを日課にされる方は、
同じ方とよく顔を会すことになります。

何回も顔を会せるうちに、挨拶をするようになり、
クルーズを楽しむ者同士、気を遣うことなく、自然に打ち解けます。
これもクルーズの楽しみのひとつと、再発見しました。

今回の乗客で、清原さんと同じ町内に住む方、
クルーズが終わったら、有馬温泉に1週間宿泊後、
タイに1か月後、飛鳥Ⅱに乗船する年中旅行している方など、
楽しく、毎日ついつい話し込んだと、嬉しそうに私に話してくれました。
これもクルーズの楽しみのひとつと、再発見しました。

面白いもので、日本船に乗船するお客様は、外国船には乗りません。
外国船に乗るお客様は、日本船には乗りません。
日本発着のお客様は、海外、日本船には乗りません。
リバークルーズのお客様も同様です。

それぞれに、その良さがあります。

今回、乗船した弊社スタッフは、辛口で「二度と乗らない」と、
いうこともあるのですが、
「また日本発着乗りたい?」と、聞きましたら、
「来年も乗ります!!」

ダイヤモンド・プリンセス 2016年 神戸発着クルーズ 台湾三都市周遊 9日間

ダイヤモンド・プリンセス 2016日本発着① 神戸出航

2016年5月8日(日)-16日(月)
神戸を出航し、鹿児島寄港。
台湾の基隆(台北の外港)にて、十份 、九份へ。
そして高雄、花蓮に寄港。
ダイヤモンド・プリンセス 2016日本発着② 基隆/十分・九份

基隆は、台北の外港。
ローカル列車 平渓線で十分へ。
十分では、ランタン(天燈)に願いを書き、
天に飛ばせば願いが叶うとのことで、願いを飛ばしてきました。

九份は、年間300日は、雨。
この日は曇り、ツイてます!!
台北の郊外は、素朴で懐かしい感があります。
ダイヤモンド・プリンセス 2016日本発着③ 高雄~花蓮(台湾)

○5日目 高雄(台湾)
台湾第二の都市。
台北とは全く違う雰囲気で、昔ながらの懐かしい風景が残ります。
面白いのは旧市街。
数回訪れているので、今回は、新市街のショッピングセンターをぶらり。

○6日目 花蓮(台湾)
街並みが京都と同じく、碁盤の目で歩きやすく、
ここも懐かしい昭和の雰囲気。
おじいちゃん、おばあちゃんが、気さくに声をかけてくれます。
日本人だと分かると、日本語で話して、
楽しい時間を過ごしました。
ダイヤモンド・プリンセス 2016日本発着④ 終日クルージング~神戸帰港

○7-8日目 ~終日クルージング~
どこへも寄港しない、終日クルージングは、
ゆっくりのんびりできるのが魅力です。

食べたい時に食べ、寝たい時に寝て、サウナで汗を流す。
バルコニーで、ルームサービスのホットコーヒーを飲みながら、夕日をゆっくりと鑑賞。
これだからクルーズはやめられません。