シルバーシー・クルーズ アジアクルーズ
最大3,000ドル&早割

2017年&2018年の対象クルーズで最大3,000ドルの割引


好奇心にあふれる旅行者を魅了し続けるアジア。
シルバーシーのアジアクルーズでは寄港地で無料のエクスカーションをご提供、
そして最大3,000ドル(1室あたり)の割引も適用されます。

万華鏡のように色鮮やかなホーチミンのマーケットからマニラの旧市街の砂利道まで、
エキゾチックなアジアをご体感ください。
2018年の東京寄港クルーズも対象となりますので、お申込みはお早めに。

おすすめコース

シルバーシークルーズ
シンガポール~香港 12泊
2017年10/22~11/03(V3729)
シルバーシークルーズ
シンガポール~香港 9泊
2018年2/02~11(V3803)
シルバーシークルーズ
シンガポール~シンガポール 11泊
2018年2/11~22(V3804)
シルバーシークルーズ
香港~東京 15泊
2018年4/25~5/10(V3811)

対象クルーズ一覧はこちらシルバーシー・クルーズ

さらに早期割引10%のプロモーションも適応されます。


2017年6月28日(水)までに対象コースをお申込みいただき、
全額をお支払いいただくと、クルーズ代金が10%OFFとなります!!
ぜひこの機会に、お得シルバー・クズご乗船ください。

■対象コース
2017年 11月~2018年 12月までに出航する全コース

■ご予約条件
・2017年 5月10日から6月28日の間にいただ新規ご予約のみ対象で、
ご予約のみ対象で、ご予約のみ対象で、キャンセル・リブックは不可です。
・対象コースにお申込みいただき、 2017年 6月28日(水)18時までに
全額をお支払いただ場合にのみ クルーズ代金が10%OFFとなります 。
・ワールドクズ は対象外です。

【通常のシルバーシー・クルーズ代金に含まれるもの】
室料、船内での基本的なお食事アルコーを含むほぼすべて飲物室料、
船内での基本的なお食事アルコーを含むほぼすべて飲物室料、
お1人様1日1時間のWiFi(カテゴリーによっては無制限)、
全室バトラーサビス港湾税寄地観光と専門家による講演(探検紛のみ)

シルバーシー・クルーズ


コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ
乗船レポート④ 舞鶴~金沢

2017年 5月02日(火)13:30-22:00 舞鶴


舞鶴入港は、13:30と遅い入港なので、気分的にゆっくりくつろげます。
船内では至る所でイベントが行われてます。

私は、ジャグジーでリラックス。
この時期、風が吹いたら寒く、一回入ったら出れなく、1時間以上入ってました。

舞鶴に寄港。夕暮れに周辺を散歩。
最後の寄港地が終わりました。

ドライブ&クルーズを推奨してます。
今回の発着地、舞鶴と金沢では、クルーズ中の駐車場は無料です。

クルーズ最後の夜は、メインダイニングへ。
船に慣れるにつれ、乗客とも会話が多くなります。
それぞれにいろんな話が聞けて楽しい。これもクルーズの醍醐味です。

2017年 5月03日(水)金沢 08:00入港


船は予定通りに金沢に入港。
コスタ・ネオ・ロマンチカ
ゴールデンウィーク真っただ中、このまま帰るのは寂しいので、
途中、敦賀に1泊ホテルをとってました。

北の玄関口、敦賀の街が大好きで、最近よく訪れるようになりました。
駅前からの寂れた商店街。懐かしい感じ。
この雰囲気が大好きなのです。

泊まるのは、必ず「マンテンホテル」
駅前にあるビジネスホテルですが、サウナ、大浴場があり、
シングルのコネクティングルームがおすすめ。
部屋同士繋がっていて、適度にプライバシーが保たれます。
そして、21:30~22:30 1Fでラーメンがサービスでいただけます。
シンプルな醤油ラーメン。
大阪でラーメンは、殆どが豚骨。
シンプルな醤油ラーメンは、なかなか食べれません。

夕食は、「まるさん屋」。ここの魚は美味しい。
越前赤ガレイの煮つけ。
若狭ふぐのてっさ。
白エビのかき揚げ。
並と上がある、造り盛り合わせは、断然「上」です。
少しの違いで、内容が全然変わってきます。

コスタ・ネオ・クラシカを乗り終えて


今回、乗船したコスタ・ネオ・クラシカ 日本発着は、
5泊6日:40,800円(5/31まで予約の春割・内側・ビュッフェ)で設定してます。
※湾岸税:18,000円、船内チップ別。
※通常は、71,800円から設定。

このクルーズ代金には、宿泊、食事、ショーなど、基本的に全てが含まれます。

単純に計算して、40,800÷5泊=1泊あたり、8,160円。
この金額は、今流行の格安旅館よりはるかに安い。
旅館は、1泊2食に対して、クルーズは、1泊3食以上。
日本各地~韓国を行く、交通費だけを考えても安すぎます。

この代金設定なので、サービス、料理を期待できるわけがありません。

乗船前は、船内では食べるものがないので、寄港地で食べ、
本を持ち込み、ゆっくりしようと思いました。

船内は予想通り、子供が溢れかえり、走り回り、ギャーギャー騒いでます。
それは、子供13歳未満が無料が売り。
1室に大人2名以上、3人目からの子供が無料になる為、
子供が圧倒的に多くなります。

他のカジュアル船は、子供料金の設定がなく3人目の割引になります。
(子供無料なのは、コスタ・クルーズ、MSCクルーズくらい)
プレミアム以上は、子供数が制限されているので、船内の雰囲気を保たれてます。

コスタクルーズは、「誰もが気軽に楽しめるクルーズ」
数多くの方に、気軽に楽しんでいただきたいという趣旨です。

このカジュアルクラスは、提供する決められたサービスを受けるだけで、
お客様からの要望は、殆ど通ることはありません。

以前、私のお客様がコスタ・クルーズ、地中海等で乗船した際、
メッセージ付きのワインを差し入れた事が数回ありますが、
一度もちゃんと届いたことはありませんでした。

この値段設定では、サービスをしたくてもできないのです。
代金を抑え、乗客を増やし、稼働率を上げる。
そういうポリシーで運営しているのです。

ただ、コスタ・クルーズは、代金を支払えば、それに比例したサービスを受けれます。
今回のスペシャリティレストランのステーキハウス、イタリアンでは、
$33.5-、$29-を追加で支払えば、
雰囲気が良く、サービスが良く、料理も美味しい。
値段以上に満足します。

客室でいえば、内側客室とスイートでは、対応、サービス同じ訳がないのです。

私は、今回、乗船してみて、満足しました。

クルーの数が少なく、メインダイニングでは、
オーダーするのに、かなり待たされましたが、
それほど、ストレスは感じませんでした。

メインダイニングの料理は、安い食材を、創意工夫をしてますので、
毎回、お腹一杯になるまでいただきました。

キャビンアテンダント(客室係)も、
受け持つキャビンの多さもかなりの室数ですが、
毎日しっかりと清掃されてました。

57,000トンで動きやすい大きさ。
船内は、今までのコスタにはなかった、落ち着いた雰囲気。

ゴールデンウィークの為か、かなりの子供が多く、かなり賑やかで、
ゆっくり味わいながら旅をするイメージではありませんが、
賑やかに、楽しい旅行ができました。

この値段で、これだけのものが受けられるのなら、
お客様に勧められます。
コスタ・クルーズと販売契約を結びました。

「値段とサービスは比例する」
これが真理です。

クルーズ=豪華客船ではありません。

その違いを説明し、その人にあった旅をご提案し、予想以上の満足。
次の旅行もお申し付けいただく。
それが私の使命です。

動画もごらんください!

コスタ・ネオロマンチカ 日本発着クルーズ④ 舞鶴~金沢



コスタクルーズ ネオ・ロマンチカ 2017年 日本発着クルーズページへ
こちらをクリック 


コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ
乗船レポート③ 博多寄港

2017年 5月01日(月)08:00-16:00 福岡

福岡に寄港。クルーズ中はずっと天気がよく、船も一切揺れませんでした。
朝食は、メインダイニングへ。
写真左は和食、右は洋食の朝食。 博多クルーズターミナルから路線バスで博多駅、中洲、天神へ。
大好きな博多通りもんを購入。 船に戻り、昼食はビュッフェレストランへ。 コスタ・ネオ・ロマンチカ昼寝、ジムで汗を流した後、スペシャリティ・レストランへ。
イタリアン マンマトラットリア・レストラン 1ドリンク付き:$29.5-
ここも、雰囲気、料理、サービスよし。
ロブスター&ステーキ 追加$10-を注文。

動画もご覧ください!

コスタ・ネオロマンチカ 日本発着クルーズ③ 福岡寄港



コスタクルーズ ネオ・ロマンチカ 2017年 日本発着クルーズページへ
こちらをクリック


コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ
乗船レポート② 境港~釜山

2017年 4月29日(土)08:00-17:00 境港


今回の5泊6日コース
4/28(金) 金沢 18:00
4/29(土) 境港 08:00/17:00
4/30(日) 釜山(韓国) 09:00/19:00
5/01(月) 福岡 08:00/16:00
5/02(火) 舞鶴 13:30/22:00
5/03(水) 金沢 08:00

今回の寄港地は、添乗でかなりの数を来ている為、船の中でゆっくりします。
下船しても、周辺だけをブラブラしようと思います。

朝食は、ビュッフェ・レストランへ。

内容、種類、問題ありません。美味しくいただきました。
ただ、レストランのコーヒーが不味い。
どうやったらこんな味がだせるかレベル。

別にカフェがあり、そこで毎回コーヒーをいただきました。
有料で、コーヒーチケットで6杯分:USD18+15%サービス料。
ここのコーヒーは美味しい。
横にシガーバーがあり、いつもそこでくつろぎました。

朝食後、徒歩10分の境港・海産物直売所があり散歩。

船に戻り、メインダイニングで昼食。
お昼も品数があります。
お客さんから聞いていたのですが、スープは全て、お椀で出されます。
写真は、味噌汁でなくスープです。 夕食は、ステーキ&シーフードレストランへ。
スペシャリティレストランで予約が必要。
$35-のチャージかかり、1ドリンク付き。

料理の内容、雰囲気、サービス。
メインダイニングとは全く違います。

ステーキは、何種類かあり、
オーストラリア産和牛のステーキさらに$10-。
クルーズで食べた中で一番美味しいステーキです。
海外でのステーキは赤身。
これは和牛なので、霜降りの柔らかい肉です。

サービスは、お金で買うものというのを再確認しました。

2017年 日本発着クルーズの第一回目。
クルーズゲストにプロ野球伝説スターが乗船して、トークショーがありました。
皆さん、2000安打、200勝の名球会メンバー。
山本浩二さん、東尾修さん、野村謙二郎さん、立浪和義さん
野球界の裏話を楽しく盛り上がりました。
・野球界の老害
・闘将星野 など、
野球の事を知らない人でも、分かりやすく楽しく話していただきました。

2017年 4月28日(日)09:00-19:00 釜山(韓国)

今回のクルーズでは、釜山・韓国が唯一の日本国外の寄港地。
新しく巨大なクルーズターミナルから、クルーズ専用のシャトルバスが、
市内中心まで無料で運行。所要約15分。 釜山市内を散策し、参鶏湯の昼食。 クルーズに戻り、休憩後ジムへ。
海を見ながら走るのは、本当に気分が良い。 夕食は、メインダイニングへ。 動画もごらんください!

コスタ・ネオロマンチカ 日本発着クルーズ② 境港~釜山



コスタクルーズ ネオ・ロマンチカ 2017年 日本発着クルーズページへ
こちらをクリック


コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ
乗船レポート① 金沢出航

金沢から出航


2017年 4月28日
金沢駅からシャトルバスに乗り金沢港までは、約15分。
コスタ・ネオ・ロマンチカが前には、仮設のターミナル。
こちらでチェックイン。
日本国内3か所からの発着で、乗下船が分散。
特に混雑もなく、荷物を預け、船内へ。
船に乗る前に、クルーズカードの写真撮影くらいの手続き。

日本発着、もしくはコスタの為か、クルーズに乗船する前のワクワクした
高揚感は全くありません。

乗船するまでに様々なプロセスを踏んだ方が、
高揚感が高まるのだと思います。

空港からチェックインし、日本を出国。
この時点で、様々な事を忘れ、脳が日常を離れ、
外国の地に到着すると、すっかり日頃の煩わしさも忘れます。
ホテルに1泊し、当地の旨いものを食べ、散策し、翌日クルーズターミナルへ。
何ともいえない、ワクワクした気分になります。

コスタ・ネオ・ロマンチカ 船内へ


1993年に「コスタ・クラシカ」としてデビュー。
2011・2012年に大改装を行い「コスタ・ネオ・クラシカ」に生まれ変わりました。

コスタと言えば、内装はギラギラしたイメージですが、
このネオ・シリーズは、船内シックで、スタイリッシュなデザイン。
私は断然こちらの方が好みです。
コスタ全15隻でも、ネオ・シリーズがワンランク上の船の位置付けです。

総トン数は、56,769トン。
ちょうどよい大きさで、船内動きやすいのが良い。
10万トンを超えると、どこに行くにもかなりの移動が必要。

コスタ・ネオ・ロマンチカ 
総トン数:56,769トン 乗客定員:1,572名 乗組員数:622名

ちなみに同型船と比較
クリスタル・クルーズ
クリスタル・シンフォニー 総トン数:51,044トン 乗客定員:922名 乗組員数:566名

クルーズ代金の差の一つに、
総トン数に対しての乗客数。:
また、乗客1名に対し、乗組員がどれだけの割合かで変わってきます。

大きさは全く違いますが、シーボーン・クルーズ
シーボーン・オデッセイ 総トン数:32,346トン 乗客定員:450名 乗組員数:330名
値段・サービスに比例するのです。
その乗客人数でパブリックスペースを分け合うのです。
プール1つを乗客何人で使うかで代金が変わります。

船は小さい方が、代金が高くなり、その分、手厚いサービスが期待できます。

キャビンの広さ
内側:16.6㎡
海側:16.6㎡
バルコニー:24.2㎡
スイート:37.1~48.3㎡
グランドスイート:48.3㎡

今回は、海側客室。

キャビン内も落ち着いたデザインで、広さも十分で圧迫感はありません。
やっぱりクルーズは、バルコニーがあった方が断然よいです。
スリッパ、ドライヤー、冷蔵庫、セフティーボックスが備え付けられてます。
1日目の夕食は、メインダイニングでとりました。
今回は、食事も全く期待してませんでした。

10名以上の大テーブルで、他のお客さんと同席になるのを覚悟してました。
カジュアルクラスの宿命です。
お話して楽しい方も多数いらっしゃいますが、
他のお客さんと同席は、あまり私は好みません。

なんと!!
コスタ・ネオ・ロマンチカは、2人テーブルが十分に用意されてます。
尚且つ、テーブルが決まってません。
一応、食事がセカンド(2回目の19:30~20:30に入店)と案内がありましたが、
そこまで厳密ではありません。
毎回、好きな時間に好きな席で行くことができました。

メインダイニングの食事内容は、このクルーズ代金で、よく頑張っていると思います。
食材は、それなりですが、いろいろと工夫をして出します。
美味しいと唸る物はありませんが、不味くもありません。
ただ期待をしていくと、がっかりすると思います。

ウェイターは、受け持つテーブルが多すぎるので、かなりの時間を待ちます。
かなり忙しくしてますので、声もかけずらい。
オーダーを取りに来るにも、料理がでるにも、時間がかかります。

代金とのバランスで、これは仕方ない事だと思います。
これを割り切って、理解していかないと、
「何なんだこの船は!!」と、いうことになります。

メニューは、レストラン入口に、料理のサンプルが展示してますので、
オーダーの失敗もありません。

2日目からは、スペシャリティレストランの、
ステーキレストラン、イタリアンレストランに行きました。
ここは、美味しく、サービスも行き届きます。

今回は、2017年 日本発着クルーズの第一回目。
クルーズゲストにプロ野球伝説スターが乗船して、
翌日の夜にトークショーのイベントがありました。

「ミスター赤ヘル」 山本浩二さん
「ケンカ投法」 東尾修さん
「広島前監督」 野村謙二郎さん
「ミスタードラゴンズ」 立浪和義さん

プロ野球の一流選手には異名、ニックネームが多数ありますが、
プロレスラーには、誰が呼んだのか、負けてません。

「人間発電所」 ブルーノ・サンマルチノ
「人間風車」 ビル・ロビンソン
「人間魚雷」 テリー・ゴディ
「人間台風」 ゴリラ・モンスーン
「生傷男」 ディック・ザ・ブルーザー
「パリの悪の華」 ボビー・ガエダノ
「踏みつぶし野郎」 モンゴリアン・ストンパー
「腹筋男」 アンジェロ・ポッフォ
「小型戦闘機」 星野勘太郎
「獄門鬼」 マサ斉藤

18:00 コスタ・ネオ・ロマンチカ 金沢を出航です。
動画でもご覧ください!

コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ① 金沢出航



コスタクルーズ ネオ・ロマンチカ 2017年 日本発着クルーズページへ
こちらをクリック