お客様の声をいただきました
帆船・ウィンドスター エーゲ海クルーズ

voice_icon03  帆船・ウィンドスター アテネ発着 エーゲ海クルーズ 
    2016年 8/06-13 ロンドン在住


豪華客船というと、その船の大きさ、人数、アミューズメントの
豊富さなどが語られがちですが、すでに各地を旅慣れた人にとって、
それらを少々騒々しく感じてしまう人もいるはず。

お食事に関しても、「これだけ大勢が乗船しているなら仕方がない」と
ある程度でよしとしているところがないでしょうか?

ウィンドスターはいい意味でそうしたクルーズの常識を覆してくれます。

陸にあれば再訪したいと思わせるレベルの食事のクオリティー、
乗客が限られているからこその個人の目線に合わせたサービスが用意され、
すべての時間を快適に過ごすことができます。

どちらにも良さはありますが、
大勢のゲストをビュッフェ料理で迎える格安の大型ホテルと、
一人ひとりを見てサービスをかえる高級旅館ほどの差を感じることができます。

そうした意味で、他のクルーズ船を体験したことがある方のほうが、
良さが理解できるクルーズかもしれません。

カジュアルでありながら洗練されている乗客同士の
コミュニケーションもいい思い出として印象に残ります。

ウィンドスタークルーズ コース一覧

お客様の声
201620152014201320122011

ウィンドスター・クルーズ


アドリア海からのお便り ~洋上からのメール~

voice_icon03  帆船・スタークリッパー ベニス発着 アドリア海クルーズ 
                        2016年 8/27-9/01 
    ~ アドリア海・洋上からのお便り ~


お客様からお便りをいただきました。
クルーズ中は、書こうと思っても、楽しむのに忙しくて、
なかなか書くことができません。
そんなクルーズ中、洋上からメールをいただきました。

本当に嬉しく、本当にありがとうございます!!

帆船で、ガイドブックには載っていない素朴な寄港地へ。

ベニス~ロシニ島(クロアチア)~ツレス島(クロアチア)~
ロヴィニ(クロアチア)~ピラン(スロベニア)~ベニス

voice_icon02 8月28日  無事、乗船


クロアチアに向かうスタークリッバーからです。

動き出しての第一印象は、なんせ静か!ということ。
エンジンがフル回転ではないからか、微妙な低い振動もなく、
帆船の静かさを感じ入りました。

帆が次々と張られて、風を受け、サン・マルコ広場のそばを通るなんて!!
誇らしげで、なんか夢のようでした。

どこへ行っても、大型船のような混雑ということもなく、快適です。

ちなみにゲスト、日本人1人どころかアジア人1名でした。(笑)
もちろん、クルーは、アジアン多数ですけどね。

食事、特にパンが美味しくて!
クルーズ船でパンが美味しいと感じたのは、初めてです。(日本船を含めて)
他の食事も、思った以上の水準。めちゃ満足です。

久しぶりの外国人とのコミュニケーションは、四苦八苦ですが、勢いで乗り切ります。

ということで、大満足中のスタークリッバーから、メールしました。

●ベニス出航

●キャビン

●フォトサファリというイベント(テンダーで船の写真を撮影させてくれる)
 めちゃ楽しかったです。海込みの船は、それで撮りました。

スタークリッパー●マストクライムとマストからのビューですが解りづらいですね。

voice_icon02 9月02日  無事下船し、一夜が明けました。


昨日、無事下船し、夕方には、サンマルコ広場から、
出航するスタークリッパーを見送り・・・、
一夜が明けました。

1人での乗船、日本人どころかアジア人1人、
と不安いっぱいでしたが、おかげさまでなんとか乗り切りどころか、
大変満足出来たクルーズとなりました。

やってみたかったマスト登りもしっかり楽しんだし!。
ガイドブックにも載っていないような寄港地の数々。
客同士が何となく顔見知りになる小さな船のアットホームさ。

そして最後の夜には、な、なんとキャプテンズテーブルに招いて頂き
キャプテンとヘビーユーザー?のみなさんと
席を共にさせて頂きました。唯一のアジアンゲストだからか?!

出港時は、ブリッジでシャンパンが振る舞われ、セイルが張られ落ち着いたところで、
キャプテンと一緒にダイニングへ。

僕は、アルコールを全く頂かないので値打ちはわからないですが、
シャンパンから、白・赤、そして食後酒までフルサービス。
キャプテンは、様々なジョークを披露して、
テーブルを盛り上げてくれてて、
ほんと思い出深い一夜となりました。

拙い英語力で、クルーズ日程よく乗り切れたものだ!
とびっくりです。

素晴らしい数日は、語りつくせませんが、
まずは、ご報告・御礼まで。

この後、午後バルセロナに向かい数日過ごして日本へ向かいます。

●ブリッジでのシャンパン(スパークリングかも) ●キャプテンズテーブル 

●毎晩ディナーメニューはディスプレイ     ●話題のパン  

voice_icon02 9月09日  帰国


一昨日に帰国し、すでに通常運転中です。
さすがに、時差でいきなり眠くなることありですが・・・。

総括すると
スタークリッパー、僕は持ち前の(?)厚かましさでめっちゃ楽しめました。
各国の人との出会いを考えると、ある程度英語が話せた方が、
より楽しめると思います。
実際、今回のクルーズでは英語圏よりもドイツ系のお客さんもすごく多くて、
ドイツ語テーブル英語テーブル 仏語テーブルと分けて案内していました。

派手なエンタテインメントやショーがあるわけではないので、
どちらかというと船好き 上級者向けな船でしたね。
正直、乗り切れるか!?…と不安になった時も(笑)

てな感じですが、
次はどこに行こう!と夢は膨らむばかりです。

また相談乗ってくださいね。

ありがとうございました。

スタークリッパー●夜明け 入港時のベニス サンマルコ


お客様の声
20152014201320122011



【動画】東地中海クルーズとドバイの旅 13日間②
バーリ~世界遺産・アルベロベッロ

MSCマニフィカ 地中海クルーズ ベニス~バーリ~アルベロベッロ

2016年 4/21-5/03 関西/羽田発・成田着
②ベニス出航~バーリ(イタリア)~世界遺産・アルベロベッロ(イタリア)

MSCクルーズ ドリンクパッケージ


今回のMSCマニフィカのコースでは、ドリンクパッケージの設定がありました。
3種類設定があり、

①CHEERS! お一人様/1泊:€19-(サービス料込)
…昼、夕のレストランで飲み放題
ハウスワイン、ドラフトビール、ソーダ、ジュース、ミネラルウォーター

②ALLEGRISSIMO お一人様/1泊:€29.9-(サービス料込)
…レストラン、バーで 飲み放題
ワイン、ハイネケンビール、指定の洋酒、ソーダ、ジュース、ミネラルウォーター、
コーヒー類、アイスクリーム

③ALLEGRISSIMO PREMIUM お一人様/1泊:€50.6-(サービス料込)
+カクテル、シャンパン、キャビン内のミニバー 、ルームサービス

今回、②ALLEGRISSIMOを購入しました。
よく飲む人だったら、断然お得です。
私は、あまり飲まない方で、食事の時にビール1杯で十分。
1日30ユーロ(約4,000円)も飲めないと思いますが、
レストランはもちろん、全てのバー、コーヒーショップ、
お金の事は考えず、どこでもも気軽に注文できるのが良いです。

お飲物がどこまで含まれるかは、船会社によって異なります。
MSCは注文した飲み物は、全てが有料です。
(ビュッフェレストランのセルフのコーヒー、ジュース等は無料)

ルームサービスも有料です。
朝食ルームサービスは、予約プランによります。

ラグジュアリークラスは、殆どクルーズ代金に含まれております。
(有料の船会社あり)
プレミアムクラスでは、基本有料ですが、
レストランでのソフトドリンクが無料などの船会社もあり、
カジュアルクラスは、ビュッフェレストランでセルフ以外、全て有料です。

MSCクルーズ


お客様の声 クルーズ乗船記をいただきました!!

ありがたく、お客様の声をいただきました。

そのお客様は、元日系のキャビンアテンダントで、
現在は、マナー講座の講師をされております。

初めてご連絡をいただき、私ではなくスタッフが対応しました。
その際に、「なんて素敵な方なんだろう!!」と、
1回目のお電話で、その方の大ファンになった程です。
お話していて、相手が気分良くなり、楽しくなるとのこと。

クルーズに乗船されても、その人柄は万国共通。
すぐに世界の方々と仲良くなり、帰国後も親交を深めているそうです。

そんな方に、ずうずうしく、乗船記をお願いしました。
さんざんお世話になっているのに、
その上、旅行記をお願いするなんて、かなり勇気が要ります。

前回のボルガ川リバークルーズの際、ダメもとでお願いしたら、
クルーズの素晴らしさを一人でも多くの方に知っていただきたい。
との思いから、快くお受けいただきました。

今回も、ずうずうしく、勇気を出してお願いしましたら、
快くお受けいただき、旅行記をいただきました。

今回のクルーズは、コスタ・クルーズ。
シンガポール発着で、マレーシアを周るショートクルーズです。
イタリアのカジュアル船で、賑やかなパーティシップです。
お客様には、合わないと柔らかくご案内していたのですが、
この日しか日程がお取りできないとのことで、ご決定いただきました。

旅行記をこちらから
まちこ先生の海からのらくがき
著書を出版されております。
元国際線スチュワーデスが贈る「空からのらくがき」

空からのらくがき本当にありがたく、本当に感謝しております。
この仕事をやっていて、本当に良かったと思う時です。