ロシア自由旅行② モスクワ~サンクトペテルブルグ

サンクトペテルブルグへ


2016年 12/29(木)モスクワからサンクトペテルブルグへ 
SU016 モスクワ11:10/サンクトペテルブルグ12:35

気温はマイナス10℃。
朝、ホテルをチェックアウト。シャトルバスでターミナルへ。

空港にてチェックインしてアエロフロートで、
モスクワ・シェレメチェボ空港からサンクトペテルブルグへ。
ロシアだからチェックインもかなり並ぶとか思っていたら、
他の国と何も変わらなく、いつも通りの旅行ができそうです。 あっというまにサンクトペテルブルグ空港へ。
到着口を出たところで、モスクワと同様、タクシーの呼び込みが多数。
人の良さそうなドライバー。
尚且つ首からライセンスを引き下げていたので、お願いしました。
空港から市内まで約30分。
乗車してメーターをオンにし、走り出したら、
信じられないスピードで、メーターが上がります。
こんな凄い上がり方のメーターは、初めてみました。
乗車して10分で、2,000ルーブル(約4,000円)どう考えてもおかしい。

おかしいぞ!言っても知らんぷり。
ホテルに着いてから、ホテルの人に話をしてもらおうと思いました。

ホテルに到着。5,000ルーブル。(約10,000円)
ホテルに聞いたら、相場では1,600ルーブル。
交渉してもらい、2,500ルーブルになりました。
嫌な気持ちになりましたが、ボッタくりのレベルではないので、
気分を切り替えて楽しむことに専念します。
サンクトペテルブルグ○ネヴァ川は凍ってました。

サンクトペテルブルグは4泊。
まず1泊目が、街の中心から見て、
ネヴァ川向こうに位置するSolo Sokos Hotel Vasilyevsky。
フィンランドのチェーンホテル。
サウナがあり、ネヴァ川向こうにも泊まりたく手配しました。
後の3泊が、街の中心で駅前にあるCrowne Plaza Ligovsky。

比べて、ホテルのレベル考えたら、クラウンプラザ。
街の中心といっても良い位、ロケーションが良く、
大ショッピングセンターが目の前。レストランには困りません。
賑やか過ぎます。

ソコスの方が静かな雰囲気で、街歩きに味わいがあります。
次に行くときには、ネヴァ川向こうにホテルを取ります。

ホテルにチェックインし、サウナで汗を流し街を散策。

○ホテル周辺を散策

この時期のサンクトペテルブルグは、日照時間がかなり短く、
朝明るくなるのは10:30過ぎ。
15:00には暗くなり始めます。

○Solo Sokos Hotel Vasilyevsky

夜のネヴァ川からエルミタージュは圧巻です!!
これだけ観るだけでも行った価値はあります!!サンクトペテルブルグサンクトペテルブルグ夕食は、ネヴァ川沿いの雰囲気の良いカジュアルレストランへ。
大きなハンバーガー、特大ソーセージ。アメリカンレストラン。
まだロシア料理は食べてません。

ホテルに戻りまたまたサウナへ。
サンクトペテルブルグ。こんな素晴らしいとは!!
夢心地で就寝。


ロシア自由旅行① 広州~モスクワ 

年始のご挨拶


明けましておめでとうございます。
いつもこのブログにお越しいただき本当にありがとうございます。

年末、目が回る程の忙しさ、
そして年末年始ロシアに旅にでており、更新できませんでした。
今年は、更新をまめにします。

今年もよろしくお願い申し上げます。

ソビエト連邦社会主義共和国


私が小学校の頃、当時、ソビエト連邦社会主義共和国。
冷戦時代で、鉄のカーテンで、東側の情報は入って来ませんでした。

世界を二分して対立していた、西側(アメリカ)と東側(ソ連)。

当時、日曜の朝の関西地方のテレビCMで、洋菓子パスナスの宣伝が放映されてました。
それは、ロシアをイメージしたアニメで、凄く裕福に温かくに見えました。
「パルナス♪ パルナス♪ モスクワの味♪ パルナ~ス♪」

ソ連とは、どんな国なんだろう。
情報といえば、テレビのNHKでロシア語講座を見入ったり、
誕生日のプレゼントでは、何十巻からなる世界辞典で、
「ソ連」だけを母親にねだったり。
お小遣いを貯めて、阪急百貨店の海外輸入品フェアで、
ソ連のミニチュアボトルのウォッカ、缶詰を購入。
もったいないから一回も開けませんでした。

その位、情報が全くありませんでした。
それだけに憧れが強く大きくなっていきました。

この旅行業の仕事に就いてからも、
お客様のロシアへの渡航も殆どありません。

ソ連の頃は、ソ連上空を飛行することはできず、
ヨーロッパに行くには、アンカレッジ経由が一般的でした。

今でも、ヨーロッパへ行く際、モスクワ上空、シベリア上空を
通っているというだけで、胸が熱くなります。

その位、ロシアには憧れがあるのですが、
なかなかタイミングが合うことなく、行った事がありません。

ロシアにビザが必要で、予約を取り、招聘状、バウチャーを取得し、
ビザを申請します。
勝手きままに自由旅行ができないと思い込んでました。

私は、年末年始は自分へのご褒美として、海外へ旅行に行きます。
例年、大好きな常夏のタイに行き、のんびりしに行きます。

昨年秋口にいつものように年末年始タイへのチケットを探していたら、
中華系モスクワ線が激安でした。
中国に行くより、タイに行くよりもお安く、
物価が高いロシアのホテルは、シーズンオフの場合、
かなりお安く設定されてます。

これだったら行ける!!
ビザも、「ロシアビザセンター」にて申請したら、
招聘状、バウチャーも要らないという。
本当に自由旅行ができるかを確かめよう。

憧れのロシアへ!!


2016年12月27日~2017年1月05日の日程で、
ロシア・モスクワ、サンクトペテルブルグへ。

AIRは、中国南方航空で広州経由。
せっかくなので、広州に1泊します。

12/27(火)関西から広州へ CZ390 関西14:00/広州17:25
関西空港でチェックインしたら、
乗り継ぎが8時間位以上の場合、中国南方航空からホテルが付くとの事。
これは知らなく、もうすでにホテルはとっていました。

あっというまに広州に到着。
広州は、何回も来たことがあるので、今回、空港から程近い花都に宿泊。
空港よりバスで約30分。

20:00頃、チェックインして、すぐに夕食へ。
ショッピングセンターのレストラン街の小奇麗な店に入りました。
これが大正解で、全てが美味しい。特にキャベツ炒めは絶品。

ホテルは新世紀飯店。私の大好きなザ・中級ホテル。
せっかくの旅行なので、あまりしょぼいホテルはダメ。
お手軽なローカル4スター。落ち着きます。

ホテルに戻り23:00には就寝。
年末は、出発までバタバタしており、
いつも思うことが、本当に行けるのかとなりますが、これが行けるのです。
今までどうしても行けなくない、前日にキャンセルしたのは1回のみ。

機内では読書をして、久しぶりにゆっくり寝れます。
日本ではバタバタですが、出発したら吹っ切れます。

12/28(水)広州からモスクワへ CZ355 広州11:20/モスクワ19:25

朝、ホテルをチェックアウト。
又、バスで広州白雲空港へ。
空港で朝食を食べようと、レストランに入ったら、コーヒー1杯が約1,200円。
そういえば以前、広州空港で乗り継ぎでコーヒーを飲んだら、
高額で驚いたことを思い出しました。

いよいよ憧れのロシア・モスクワへ向けて出発です。
なぜか、武漢経由で、武漢空港で中国を出国手続きです。
乗り継ぎを合わせて、13時間のフライトです。 日本と中国との時差が-1時間。
日本とロシア・モスクワ、サンクトペテルブルグの時差が-6時間。

今回、中国に入って驚いたのが、
ついこの間まで、入国審査でもパスポートを投げられていたのに、
今回は、広州でも武漢でも、両手を添えて渡してくれました。
この国がサービス向上したら脅威です。
あと10年は安泰だと思っていたら、そんなに時間はかからないと思います。

機内では、この日の為にとっておきの本を持参してきたので、
長時間のフライトでも、何も問題ありません。
大好きな読書で至福の時間です。

CZには珍しく(失礼!)定刻時間前にモスクワ・シェレメチボ空港到着。
モスクワには、3つの空港がありますので、予約する場合は注意が必要です。

モスクワ・シェレメチボ空港 19:00到着。

入国審査にかなり並び時間がかかると聞いていたので、
空港の目の前のホテルを手配してました。

入国審査に約1時間並びましたが、それほどストレスを感じませんでした。
もっと遅い国もたくさんあります。

到着口から出て、長年の夢であったモスクワに立ちました。
取り乱して失禁するかと思っていたら、大丈夫でした。
赤の広場に立った時は、失禁するかもしれません。

寒いと思ったら、吐く息が白く、それなりに寒いのですが、
思っていたほどではありません。

ホテルまで徒歩で約10分。
パーク・イン バイ ラディソン シェレメチェボ エアポート
ここも大好きなザ・中級ホテル。
フロントでチェックイン。
初めてロシアでロシア人と話しました。
笑顔なんてとんでもない。
機械みたいな流れ作業。
中国ホテルの方が100倍ホスピタリティの高さを感じました。

中国の空港では、安全上、必ずライターを取られます。
今回も取られたので、歩いて空港へライターを買いに行きました。
売店でライターを1個約100円で買い、
後で見たら、どう見ても古いライター。2回使ったら終わりました。

ホテル内のレストランで夜食。
メニューにボルシチ、ビーフストロガノフのロシア料理がありましたが、
これから嫌と言うほど食べると思うので、
無難にカルボナーラを注文。美味しく頂きました。

明日は、国内線でサンクトペテルブルグへ。
憧れの初めてのロシアで幸せ一杯の気分で就寝します。


年末年始!グアム 4日間 残席わずか!!

年末年始のご予定はまだという方に朗報です!!
年末年始のグアムに空きがでてきました。

グアム 4日間【関西発着】
12/29、12/30、12/31、1/01出発
残席わずかです。ご予約はお早めに!!

【ご旅行条件】
■利用航空会社:ティーウェイ航空
■最少催行人員:1名
■添乗員:なし、現地係員がご案内します。
■旅行代金に含まれるもの:往復航空券(エコノミー)、ホテル宿泊費、
空港~ホテル間送迎代、滞在中乗り放題トローリー券

【コース】

日程
スケジュール
食事
10:45 関西空港からグアムへ クルーズツアー(TW311)
15:10 グアム到着 混載車にてホテルへご案内 icon_bus
ホテルチェックイン ※滞在中乗り放題トローリー券付き
                       【グアム 泊】
終日、自由行動 ※滞在中乗り放題トローリー券付き
                       【グアム 泊】
終日、自由行動 ※滞在中乗り放題トローリー券付き
                       【グアム 泊】
出発まで自由行動(ホテルチェックアウト12:00)
混載車にて空港へご案内 icon_bus
16:15 グアムから帰国の途へ クルーズツアー(TW312)
19:05 関西空港到着

【旅行代金】

ホテル 12月29日発 12月30日発 12月31日発 1月01日発
グランド・プラザ
(部屋指定なし)
161,000円 181,000円 181,000円 131,000円
お一人様部屋追加 40,000円
パシフィック・ベイ
(部屋指定なし)
163,000円 183,000円 183,000円 133,000円
お一人様部屋追加 43,000円
グアム・プラザ
(部屋指定なし)
176,000円 196,000円 196,000円 136,000円
お一人様部屋追加 54,000円
パシフィックスター
(オーシャンビュー)
193,000円 213,000円 213,000円 153,000円
お一人様部屋追加 65,000円
ウェスティン・グアム
(パーシャル・オーシャンビュー)
210,000円 230,000円 230,000円 170,000円
お一人様部屋追加 87,000円
グアム・リーフ
(インフィニティオーシャンビュー)
223,000円 243,000円 243,000円 173,000円
お一人様部屋追加 100,000円
小人代金
(ベッドなし・2歳以上12歳未満)
120,000円 140,000円 140,000円 90,000円
幼児代金(2歳未満) 40,000円

キャンセル料規定 Cancellation Policy

出発の40日~31日前まで:旅行代金の10%
出発の30日~3日前:旅行代金の20%
出発の2日前~当日:旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加:全額
※航空券の発券後は航空会社所定のチャージがかかる場合がございます。

グアム


バンコクで外せないおすすめレストラン

タイ滞在中、ずっと肩痛


8/15 国内線にてバンコクへ移動。
タイ・スマイル航空(タイ国際航空)WE284にてバンコクへ。

約1年程前から両肩に痛みがありました。
今回のタイ旅行で、毎日の様にタイマッサージに行こうと、楽しみにしてました。
カオラック到着日の夜、早速マッサージへ。
左肩が調子悪く、それを伝え、重点的に左肩をやっていただきました。
すると、スッと肩が楽になり、グルグル回しても、何ともない。
やっぱり、マッサージには来るものだ。

翌朝、激痛。
左腕を少しでも動かそうと思っても動かない。
力が入らない。
その日から、マッサージも行かなかったのですが、
最後の夜、バンコクでマッサージを受けました。
事情を説明し、左肩、左腕を重点的にやってもらいました。
すると、スッと肩が楽になり、グルグル回しても、何ともない。
やっぱり、マッサージには来るものだ。

翌朝、激痛。
もっとひどくなり、前回よりも動きませんでした。

帰国後、夜。
痛みで殆ど寝ることができませんでした。

翌朝(昨日の朝)、すぐに病院に行き、レントゲンを撮り診察。
炎症をおこしているので、塗り薬、飲み薬をいただき、
すぐに飲みました。
すると、今まで何だったのという位に、殆ど痛みが消えました。

今朝、痛みが殆どありません。
やっぱり、病院に行くものだ。

●ラ・フローラ カオラック 玄関・ロビー

バンコクで外せないおすすめレストラン


ソンブーンカオラックからバンコクに移動し、1泊だけのバンコク。
帰国便は、バンコク08:10のフライト。
04:00に起きて、05:00にホテルを出発しますので、ホテルの質よりも、ロケーション重視。
ここは、お別れしたはずのマンハッタンホテルに宿泊。
とにかく便利な場所を選びました。
以前のブログでマンハッタンホテルを紹介。我が愛しのマンハッタンホテル

バンコクでの1回だけの食事では、やはりソンブーンは外せません。
タイ・海鮮料理 プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)で有名なソンブーン。
MRT地下鉄 Huai Khwang駅前のソンブーン・ラチャダー店へ。
夕方、17:30頃に地下鉄で行ったのですが、
驚いたのが、地下鉄の混雑。
ホームに長蛇の列。
並んで、4回目で乗ることができました。

タバコの持ち込み範囲 愛煙家の方、ご注意!!


8/16 成田経由、大阪空港へ。

成田空港で入国し、税関を通ります。
バンコクのスワンナプーム空港の免税店で購入したタバコ。
外国製1カートン(200本)、日本製1カートンは、免税です。
バンコクの免税店で買うと、セブンスター 1カートン:約¥2,200-。
日本で購入の場合、1カートン:約¥4,600-。
堂々と税関を通り、ストップがかかりました。

「セブンスターは、外国製です。」
セブンスターは、日本を代表するJTが作っているタバコ。
細かい字で、メイド・イン・スイスと記載されてました。

今までは、日本製のタバコは、メイド・イン・TOKYO JAPAN
と記載されてましたが、
最近はJTインターナショナルが、海外で生産しており、
作られたのは外国なので、外国製。
全く知りませんでした。
税金を支払い、日本で買うのと全く同じ金額になりました。

愛煙家の方、ご注意下さい。

今は、年末年始の予約時期


お正月の海外なんて高くて行けない。
と、決め込んでいるのではないでしょうか。
確かに、ハワイ、グアム等は、旅行会社のパッケージツアーでブロックされ、
高いのですが、(経由便の場合、そんなに高くなりません)
その他の方面であれば、通常より若干上がる代金で行くことができます。
お手頃に行くためには、早期予約です。

すぐ支払いが必要で、キャンセル料もかかってきますが、
高額なパッケージツアーと比べてかなり、お得にお正月海外旅行に行くことができます。

ご検討するなら、今の時期です。どんどん高額になってきます。
お気軽にご相談、お問合せ下さい。

以前のブログでバンコクで過ごす大晦日を紹介。バンコクで過ごす大晦日


カオラックのおすすめレストラン 

カオラックは全長25kmに7つのビーチ


カオラックは、アンダマン海に面した全長25kmのビーチが続き、
主に7つのビーチに分かれ、どこに泊まるかによって、目的が変わってきます。

プーケット空港から来ると、一番初めにカオラックビーチ、
ナントンビーチ、バンニヤンビーチ、クッカックビーチ、
パカランビーチ、パクウィープビーチ、バンサックビーチへと続きます。

今回、宿泊したラ・フローラは、バンニヤンビーチ。
レストラン、ショップが徒歩圏内で多数あり、
静かなリゾートでゆっくりして、食事は周辺のレストランへと、
理想的なビーチです。

あと賑やかなのは、ナントンビーチ。
それ以外のビーチは、リゾートホテルでゆっくりすることになります。
それらのホテルは敷地も広く、リゾートを出るだけで10分程歩き、
基本周りには何もないので、バイク、レンタカーが必要です。

おすすめの「ザ・サロジン」は、パクウィープビーチ。
周りには何もありません。
ひたすらゆっくりするには、もってこいです。

バンニヤンビーチの美味しい店


50軒以上は、レストランがあります。
小奇麗で、雰囲気の良く、美味しいレストランをご紹介します。

日本料理 Enzo
カオラックで本格日本料理をいただくことができます。
私は今回、オーダービュッフェを注文。
男性:666バーツ 女性:555バーツ プラスTAX。


タイ料理 Green Pepper
Enzoの向かいにある、タイ料理レストラン。
欧米人の利用も多く、西洋料理のメニューも多数。
他にもタイ料理は、いろいろ行きましたが、
ここのタイ料理が他と比べて、味付けが良い。
イタリア料理 Pinocchio
窯で焼く本格ピザ。
パスタ、カラマリ、ここは本当に美味しかったです。