フランスの美食船 ポナン最新船 ル・ラペルーズ

■ポナン最新船 ル・ラペルーズ■


創業31年、フランスの船乗りが共同出資し、
大型船では行けない、本当に行きたい海域へ。
秘境でも最高の料理、サービス。
という思いで立ち上げた船会社「ポナン」。

ポナンの最新客船「ル・ラペルーズ」日本初寄港。

総トン数:9,900トン 全長:131m 全幅:18m 
船客定員:184名 クルー:110名
キャビン数:92室(全室海側ベランダ付) 就航:2018年

今までのポナン(シスターシップシリーズ)10,700トン、キャビン132室に対して、
さらに一回り小さくなり、乗客定員を抑え、
より手厚いサービス、プライベート感が期待できます。
今後、新たに新造船はこの9,900トンの船がメインとなります。
ポナンな小ささを誇りとする船会社です。

船内はさらにスタイリッシュなデザイン。
ライティングもこだわりがあり、とにかくかっこいいという印象で、全体的に明るい雰囲気。

パブリックはさらに充実し、スパ、サウナでは全面窓。
インフィニティ・プール。
マリン・プラットフォームでは、楽に安全に、ゾディアックボートに乗降でき、
港がない秘境地でも、快適に楽しむことができます。

フランスの建築基準でトイレと浴室には壁がないといけないので完全にセパレート。

「ル・ラペルーズ」の最大の売りは、クルーズ初の水中ラウンジ「ブルーアイ」。
水中を観ながらラウンジで一杯。ライブで水中の音と連動しシートが振動します。

なぜスモールシップなのか。
スモールシップにしか行けない海域、寄港地が魅力。
例えば、ドブロブニクでは、旧市街目の前。
ロンドンではテムズ川の街の中心に。

大型船のようにどこも並び混雑は皆無。
乗降に時間がかからないのもメリットです。15分もあれば全員下船できます。
大型船の場合、2時間かかることも。

美食船と定評のある料理は、毎晩フレンチのフルコース。
お飲み物(食事、バーなど)クルーズ代金に含まれているので、
存分にワインをお楽しみいただけます。
デザートもレベルが高く、デザートだけでも乗る価値がある程です。

ポナンに乗船する前は、敷居が高そうで、肩肘張りそうなイメージでしたが、
実際に乗ってみたら、一切そのようなことはありませんでした。
我が家へ戻ったように、ホッとします。
クルーも気さくで、何も気を遣うことはなくリラックスできるのです。

ポナンは南極クルーズに力を入れており、乗客数が一番多いのがポナンです。
インフラが整っていない秘境でフレンチのフルコース。
これがポナンの素晴らしさです。

ポナン ページへ

ポナン ル・ラペルーズ 船内動画


ポナン・クルーズ コース一覧

ポナン・クルーズの2018年以降のコースを作成しました。
ポナンは、フランス客船で1万トンのスモールシップ。
船が小さいのですぐに完売になります。コースにより全カテゴリー完売もあります。
料金変動制で基本的に日程が近づく程に、クルーズ代金が上がります。

まずは、ご興味のあるコースをご相談ください。

なぜスモールシップなのか


私はクルーズ船は、大きな船=豪華客船と思ってました。
吹き抜けのアトリウム。
巨大で華やかなシアター。
大きなメインダイニング。

確かに華やかですが、大きな分それ相当の乗客が乗ります。
10万トンを超える大型客船は、乗客定員が3,000人。
これでは、設備は混みあい、静かな雰囲気を味わうというのは程遠い。

それだけ人数を乗せるので、施設の共有も人数割り。
プールサイドのデッキチェアでは、間隔が狭い。
間隔がなく引っ付いている客船も。
朝からデッキチェアの取り合い。

時間をずらさないと下船するのも一苦労。

ポナンは、1万トンで、乗客定員が264名。
設備は大型船並みとは言えませんが、一通り揃ってます。
プールも殆ど貸切状態。
ジム、スチームサウナもあります。
船内どこに行っても混雑とは皆無。

乗下船も思い付きで楽にすぐにできます。
下船して忘れ物に気づき、自室に戻って取りに行く場合、
例えば、大型船は最低でも20分かかるのに対し、
ポナンは5分で行って戻ることができます。

寄港地散策をして、昼食を船に戻りとった場合、
大型船は乗下船で疲れて、腰が重くなり、再度散策することはあまりないのですが、
小型船は、気軽に出入りできるので、
船での昼食後も寄港地散策する気が起こります。

サービスは、乗客が少なく、クルー数の割合を多く設定しているので、
十分なサービスを受けることができます。
それは、料理にも反映します。
立体感のある盛り付け。繊細な味付け。絶妙な焼き加減。
乗客が少ないからこそ、そこまでのサービスができます。

夕食後は、ラウンジでのショーがあります。
大型船みたいに巨大シアターほど華やかではありませんが、
私みたいに、シアターに滅多に足を運ばないものにとっては、さほど関係ありません。

自分の家に戻ってきたような感じで、ホッとします。
それがスモールシップの良さです。

小さな船だけあって、乗船定員が260名。
すぐに満室になります。
欧米では、1年以上前から予約するのが当たり前です。
価格変動制で、予約率が上がる程、クルーズ代も高くなります。

大型船を含めて、ほとんどのクルーズが価格変動制です。
2~3倍クルーズ代金が高騰するのが当たり前です。

早めに予約して、それを目標に日程を調整。
やはり旅は、行く前の目標にしている時が一番楽しいのです。

ポナン・クルーズのコースを作成しましたが、
既に全カテゴリー満室、日々クルーズ代が高騰しております。

まずは、ご興味のあるコースをご相談ください。
航空券、送迎、ホテルを含めてご提案いたします。

ポナンは、大型船と比べ、クルーズ代金が高いです。
なのに、すぐに満室になります。リピーターも多い。

代金は嘘をつきません。
むしろ代金より満足度の方が断然勝っていると私は思います。

ポナン・クルーズ コース一覧

日本発着クルーズ

ポナンクルーズポナン 2018 日本発着クルーズ【8泊】
①4月25日(水)-5月03日(木・祝)大阪~舞鶴
②5月03日(木・祝)-5月11日(金)舞鶴~大阪
③5月29日(火)-6月08日(金)小樽~大阪
④6月08日(金)-17日(日)大阪~マニラ
【クルーズ代金】 ■お一人様 3,510ユーロ~
※ゴールデンウィーク設定 日本人コーディネーター乗船!

Cruise_only日本人コーディネーター乗船

南極クルーズ

南極クルーズポナン 南極クルーズ 2017-2018年
【クルーズ日程】 ■2017年 11月~2019年 2月 
【クルーズ日程】 ■10泊~21泊 14コース 37本
【クルーズ出港地】 
 アルゼンチン・ブエノスアイレス、チリ・サンチャゴ等
【クルーズ代金】 ■お一人様(10泊11日)6,580ユーロ~

Cruise_only

北極圏

北極ポナン 北極圏クルーズ
【クルーズ日程】 ■2018年 6月~8月 8コース
【クルーズ日数】 ■7泊8日~22泊23日
【行 先】 ■ノルウェー、アイスランド、グリーンランド、
 カナダ、アメリカ、アリューシャン列島 
【クルーズ代金】 ■お一人様(7泊8日):4,260ユーロ~

Cruise_only

アジア

アジアクルーズポナン・ロストラル 東南アジアクルーズ
【クルーズ日程】 ■2017年10月~2018年6月 5コース
【クルーズ寄港】 ■ベトナム、ミャンマー、インドネシア、タイ
 フィリピン、マレーシア、オーストラリア
【クルーズ日数】 ■12泊13日~16泊17日
【クルーズ代金】 ■お一人様(12泊13日):3,270ユーロ~

Cruise_only

オセアニア

ネーピアポナン オーストラリア・ニュージーランド オセアニアクルーズ
【クルーズ日程】 ■2017年 12月~2018年 8月 7コース
【クルーズ寄港】 ■クライストチャーチ、ミルフォードサウンド
 ダニーデン、ケアンズ、ダーウィン、ブルーム
【クルーズ日数】 ■9泊10日~16泊17日
【クルーズ代金】 ■お一人様:2,620ユーロ~

Cruise_only

ハワイ・南太平洋・イースター島

イースター島ポナン タヒチ・南太平洋&イースター島クルーズ
【クルーズ出発】 
 ■2017年10月~2018年11月 10コース
【クルーズ発着】 
 タヒチ、イースター島、ソロモン諸島、フィジー
【クルーズ代金】 ■お一人様(6泊):950ユーロ~

Cruise_only

line

タヒチポナン ハワイ・タヒチクルーズ ホノルル~パペーテ
【クルーズ日程】 ■2018年 10月04日(木)-18日(木)
【クルーズ発着】 ■ハワイ~タヒチ 
【クルーズ日数】 ■14泊15日
【クルーズ代金】 ■お一人様:3,380ユーロ~

Cruise_only

カナダ・アメリカ北東部

アメリカ東海岸ポナン カナダ・アメリカ北東部クルーズ
【クルーズコース】 ■2017年
 ①9/20 ケベック・シティー~ボストン 8泊
 ②9/28 ボストン~ボストン 9泊
 ③10/07 ボストン~コロン 7泊
【クルーズ代金】 ■お一人様:1,050ユーロ~

Cruise_only

北欧・バルト海

ノルウェー・フィヨルドポナン 北欧・バルト海クルーズ
【クルーズ日程】 ■2018年 4月~8月 6コース
【クルーズ日数】 ■6・7泊
【行 先】 ■サンクトペテルブルグ、コペンハーゲン
  ノルウェー・フィヨルド、スウェーデン、フィンランド
【クルーズ代金】 ■お一人様(7泊8日):2,050ユーロ~

Cruise_only

大西洋 フランス・イギリス

リスボンポナン 大西洋・フランス、イギリスクルーズ
【クルーズ出港日】 ■2018年 
 ①4/11 リスボン~ロリアン 8泊
 ②4/19 ロリアン~サンマロ 7泊  
 ③5/04 ポーツマス~ダブリン 7泊
【クルーズ代金】 ■お一人様:2,020ユーロ~

Cruise_only

地中海

地中海クルーズポナン ル・リリアル 地中海・エーゲ海クルーズ
【クルーズ出港日】 ■2017年 7泊8日
 ・9/26-10/03 アテネ~ローマ ・10/03-10 ローマ~アテネ
 ・10/10-17 アテネ~ローマ
【クルーズ代金】 ■お一人様:2,220ユーロ~


Cruise_only

line

カナリア諸島ポナン カナリア諸島クルーズ リスボン~テネリフェ
【クルーズコース】 
■2017年 10/29~11/05 リスボン~テネリフェ 7泊
■2018年 10/11~10/20 リスボン~テネリフェ 9泊
【クルーズ代金】 ■お一人様:2,380ユーロ~

Cruise_only

line

アドリア海クルーズポナン 東地中海・エーゲ海・アドリア海クルーズ
【クルーズ出港日】 ■2018年 4月~11月 7・8泊
【クルーズ出港地】 ■アカバ、アテネ、ベニス
【クルーズ代金】 ■お一人様:2,010ユーロ~


Cruise_only

line

ローマポナン・クルーズ 西地中海クルーズ
【クルーズ出港日】 ■2018年 9月~11月 7・8泊
【クルーズ出港地】 ■リスボン、ローマ、バレッタ
  アテネ、マルセイユ、マラガ
【クルーズ代金】 ■お一人様:2,190ユーロ~


Cruise_only

アフリカ

アフリカポナン アフリカクルーズ 南アフリカ~セーシャル
 ①3/24 ケープタウン~ダーバン 8泊  
 ※日本人アテンダント乗船コース
 ②4/01 ダーバン~マヘ 15泊
 ③11/08 テネリフェ(カナリア諸島)~ダカール 9泊
 ④11/17 ダカール~カイエン 8泊

Cruise_only日本人コーディネーター乗船

南 米

南米ポナン 南米クルーズ
【クルーズ日程】 ■2018年 4月01日(日)-14日(土)
【クルーズ発着】 パナマ運河通行
 ■グアヤキル(エクアドル)~コロン(パナマ)
【クルーズ代金】 ■お一人様:2,950ユーロ~

Cruise_only

アラスカ

アラスカポナン 南米クルーズ
【クルーズ日程】 ■2018年 9月18日(火)-10月02日(火)
【クルーズ発着】 ■ノーム~バンクーバー
【クルーズ代金】 ■お一人様:6,590ユーロ~


Cruise_only

アメリカ西海岸

ポナン・クルーズポナン アメリカ西海岸クルーズ
【クルーズ日程】 ■2018年 10月02日(火)-10月09日(火)
【クルーズ発着】 ■バンクーバー~サンディエゴ
【クルーズ代金】 ■お一人様:1,930ユーロ~


Cruise_only


ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ乗船③
新宮~大阪

ポナン・ロストラル 新宮寄港


フランスの美食船 ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ
10月13日(木)08:00-18:00 新宮寄港

フリーのシャトルバスが新宮駅までの約15分を運行。
今日も船でのんびりしますが、
新宮駅だけ雰囲気を見に行って、そのまま船へ。

昼食を食べ、今日もジム、サウナ、バーで読書。
今回は、とっておきの5冊を持ってきました。
ひたすらのんびりします。何よりの幸せ。 出港時は、和太鼓によるセレモニー。
ディナーは、ずっとメインレストランでしたので、
ビュッフェも覗きにいきました。

飲み物は、クルーズ代金に含まれます。
キャビン内の冷蔵庫、ラウンジ、バー、レストラン。
ラウンジでビールを頼んだら、おつまみが。
これも凝ってて美味しいのです。

最後の夜は、メインレストランへ。
ポナン

ポナン・ロストラル 大阪入港


10月14日(金)06:00 大阪港 入港
あっという間の4日間。
この船は、乗るたびに良さが深まります。
ますますポナン。そしてクルーズが好きになりました。

来年2017年にも春にポナンは、日本発着を行います。
ポナン・ロストラル 日本再発見クルーズ【8/9/10泊】

ポナン・ロストラル 2016年 日本発着クルーズ 新宮~大阪


ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ乗船②
清水寄港

ポナン・ロストラル 清水寄港


ポナン・ロストラルフランスの美食船 ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ
10月12日(水)08:00-18:00 清水寄港

21:00に東京港を出港し、翌朝、清水港に寄港。
船内から富士山が綺麗に見え、清々しい朝を迎えました。

清水港は、朝のお出迎えから和太鼓による歓迎。
ターミナルでは、様々なイベントを行ってます。

この日、私は少しターミナルを出ただけで、ずっと船内にいました。
船内のジムで、運動して、サウナに入って、
プールバーで読書をしてのんびりと。

夕方、キャビンに居たら、キャビン係りの方が、紙テープを持ってきました。

18:00 清水出港時、紙テープでお別れ。
ブラスバンドによる演奏、それに応える汽笛。

紙テープによるお別れは初めてで感動です。
始めたのは日本人という説があります。

私が投げた紙テープは、やきそば屋台の女性で、
千切れるまでずっと持ってくれて、心が繋がりました。

ますます船旅の良さを実感しました。出港紙テープ

ポナン・ロストラル 2016年 日本発着クルーズ 清水寄港



ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ乗船①
東京出港

ポナン・ロストラル乗船


フランスの美食船 ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ
2016年 10月11日(火)ー14日(金)
10/11(火)21:00 東京港出港

晴海グランドホテルから徒歩10分で東京港・晴海ターミナルへ。
ポナン・ロストラルに乗船。
ポナン・ロストラルポナン・ロストラル 1万トンのスモールシップ。

この船で旅をするのは2回目です。

乗る前のイメージは、
施設は最低限、大型船のような吹き抜け、大きな劇場があるような派手さはない。
大きい事は良い事だと、その時は思っていて、
正直、良さが分かりませんでした。

実際に乗船したら、それが全く逆だったと思い知らされました。

大型船みたいに何千人と乗船しないので、
どこに行くにも混むことは皆無で、並ぶことなど無縁です。
プールでも、場所の取り合いなど皆無。
(ポナン・ロストラル:乗客定員264名)

すぐに乗下船ができるので、下船し忘れ物があったら、
すぐにキャビンまで取りに行くことができる。
大型船だったら、忘れ物を取りに行くには、
かなりの時間がかかるので諦めます。
それだけ気軽なのです。

クルーもすぐに顔を覚えてもらい、会話も多くなり、
バーでもゆっくりと話すことができます。

客層も良く、子供を制限している為、大人の落ち着いた雰囲気。
7~8割がフランス人が乗船。

服装は、カジュアルだけれど、センス良いお洒落。
タキシード、ドレスなんて殆どいません。

料理は、毎晩フレンチのフルコース。
日本人が好む料理の出し方で、質の良いものを適量で出します。

日本人に丁度よい量です。
私は物足りないので、もう一品メインを注文しますが。

料理のレベルは、もちろんの事、楽しみなのが、デザート。
毎回、本当に美味しいのです。

初めて乗船して、その良さが理解できました。
スモールシップが大型船より高額なのが納得できました。

食材、乗客一人当たりのクルーズ数、クルーのサービス、
どれをとっても大型船とは違うものです。

代金が全てではありませんが、殆ど外れることのない目安です。
それだけの代金をとって、稼働しているということは、
それに見合ったものがあります。東京港

ポナン・ロストラル 船内


今回のキャビンは、海側ベランダ デッキ3 22.5㎡。
ベッドの下にスーツケースが収まり、十分な広さです。

クローゼットには、バスローブ、スリッパ、傘が用意されてます。
アメニティはロクシタン。シャワーの水圧、水はけも良いです。
ポナンのお勧めの点が、バスルームとトイレがセパレート。完全に独立してます。
ポナンのこだわりです。 キャビンの清掃では、この船は完璧です。
ターダウンにも、細かな所まで清掃していただきます。
こちらの動きをよく見ていて、
ドアをノックすることは殆どありません。
外出中を見計らって、清掃します。

大型船は、度々ノックされます。
担当する部屋数がそもそも違うのでしょう。

鏡の一部に指紋を付けて、どの位で気付くか、
どこまで清掃されるかを、毎回テストします。
驚く事に毎回、鏡の小さな指紋がとれてます。
前回、乗船した時も同様です。

よく、キャビンに帰ったら、タオルアートがあります。
タオルで動物を作るのですが、掃除が疎かの場合が多いです。
見えないところは掃除されてませんし、
素足で歩くと小さなごみの感覚があります。
タオルアートを作るなら、
しっかりと掃除したいただいた方がありがたいです。

また、上質な新しいふわふわなタオルでは、作りにくい。
良い船には、タオルアートは似合わない。

今回のクルーズでは、タオルアートはありませんでした。
その分、毎回しっかりと掃除され、いつでも気分良かったです。

ポナン・ロストラル 2016年 日本発着クルーズ 東京出港