最高級最新船 シルバー・ミューズ 船内レポート

■シルバー・ミューズ 日本初寄港■


現在、最高級ラグジュアリー船は、主に3社あります。
・シーボーン・クルーズ
・リージェント・セブンシーズ・クルーズ
・シルバーシー・クルーズ

2019年10月01日 シルバーシー・クルーズの最新船
「シルバー・ミューズ」が大阪に寄港しました。

3社の違いは、シーボーン・クルーズ、リージェント・セブンシーズ・クルーズは、
アメリカ資本の船会社に対して、
シルバーシー・クルーズは、イタリア人オーナーが1994年に創設。
ヨーロピアンスタイルでアメニティもブルガリなどイタリアンブランドを提供。
船内インテリアも細部にイタリアのセンスの良さを感じます。

シルバーシーの年齢層は、現役世代が目立ち、
国別乗客は、アメリカ・カナダ:50%、ヨーロッパ:30%、オセアニア15%、その他:5%。
シーボーン、リージェントはアメリカ人で約80%。

シルバー・ミューズのレストランは8か所。
メインダイニングをなくして、その分、レストランの選択がふえました。
・イタリアン
・ステーキグリル
・フレンチ
・シーフード&グリル
・アジアン
・ピッツェリア
・インターナショナル
・日本料理 夜は鉄板焼き。
お部屋でダイニングメニューのルームサービスが可能です。

船内に入ってみて、以前のシルバーシーの客船と比べて明るい印象です。
船内のデザインはスタイリッシュ。
インテリアは細部にまでこだわっているのが分かります。

ダイニング8か所もあり、全てメニューが違います。
日本料理は、日本人が行ったら不評とのこと。
お勧めはフレンチ(別途カバーチャージ$60-)
120日前からウェブサイトからダイニングの予約ができます。
かなり人気があり、良い時間は取りにくいので、早めのご予約をおすすめいたします。

料理は、綺麗に立体感のある盛り付け。
日本人にはちょうどよい量。
以前いただいた時より、時代の流れか薄味になっている感があります。
味付け、スモールポーションのリクエストも可能です。

シルバーシーがなぜおすすめなのか
・オールスイート・・・客室はすべて海を望み、(ミューズは全ベランダ付)
 ゆったりとしたバスタブを備えるスイート仕様。
 内側客室の設定がないので、廊下が広く、圧迫感がありません。

・オールインクルーシブ・・・旅行に行ったら、予想外の費用がかさみます。
 お飲み物、船内チップなどが含まれますので、
 予算を気にすることなく存分に贅沢ができます。

・全てのお客様にバトラーサービス・・・クルーズ船では唯一全客室にバトラーが付きます。
 日本でいえば仲居さんが、きめ細やかなサービスを提供いたします。

・パーソナライズサービス・・・乗客一人に対してクルー一人の割合。
 3日も乗れば、お名前でお呼びし、お飲み物の好みが分かります。

・細部にいたるまでの究極のこだわり・・・9種類の枕からお好みを選択。
 アメニティはブルガリ、エトロのバスローブ、リネンは王室御用達のプラテージ。

・世界最高評価の6スター+・・・大型客船と同様の設備、名門ホテルのようなサービス。
 数々の賞を受賞しております。

シルバーミューズに乗船してみて、4万トンはちょうどよい大きさでです。
船内スタイリッシュなデザインで、大型船並みに設備があり申し分ないです。
8つのダイニングがあるのも面白いです。
7泊のクルーズではまわりきれません。

クルーズ代金は、7泊で2千ドル台(カリブ海)から設定があります。
オールインクルーシブなので、計算をしたら、
他のクルーズと変わらない金額です。
他のコースでも、10万円位の高くなりますが、満足感は雲泥の差です。
10万円の差でしたら、断然こちらの船をおすすめいたします。

シルバーシー・クルーズ ページへ

シルバー・ミューズ 船内動画

シルバー・ミューズ
総トン数:40,700トン 全長212.8メートル 全幅:27メートル
乗客定員:596名 乗組員数:411名 就航:2017年


ウィンドスタークルーズ スターレジェンド 船内レポート

■ウィンドスタークルーズ スターレジェンド 1万トンクラス■


2019年 日本発着クルーズ 大阪~横浜 10泊11日。
ウィンドスター・クルーズ「スターレジェンド」

4/06(土)大阪出航前に乗船しました。
ウィンドスター・クルーズは、帆船3隻を運行しておりますが、
2014年にシーボン・クルーズから1万トンクラスを3隻購入。
約20億円をかけ全改装。

スター・レジェンド、スター・ブリーズ、スター・プライド。
スタークラスとして生まれ変わりました。

現在の主流が、10~13万トンクラス。
ましてや世界最大船が22万トン。

それに対して1万トンクラスのスモールシップ。
一週間以上乗船したら、小さすぎて、パブリックの設備に限界があり、
物足りなさを感じるのでは。と正直思ってました。

実際に乗船するとそんな心配全くありません。
大型船並みに設備があるのです。
その設備を満室の場合でも212人で利用ことになるので、
全くといっていい程、混雑には無縁。

クルーは、お客様のお名前、好みも覚えるような温かみのあるもてなしが、
ウィンドスタークルーズの売り。
また乗客が少ないので、乗客同士距離が近くなるので、
仲良くなり、一緒に食事というのがこの船の楽しみ。
そんな交流が苦手な方も、ダイニングでは二人席も多数用意しているので、
何も心配する必要がありません。

クルーは、インドネシア人が多く、肩の凝らない笑顔あふれるサービス。
しっかりとトレーニングされております。

他船でもいろんな国のクルーが居ますが、
やはりインドネシア人のクルーは落ち着きます。
明るくフレンドリーなので楽しくなってきます。
それでいて礼儀をわきまえているので、馴れ馴れしくはなく線を引いている。

いいクルーズには、それに比例して客層もよくなります。
金銭的にも心にも余裕がある人が多いので、
自分さえよければいいという人が極端に少なくなります。
それを知っているので、相手が気持ちよくなる行動をします。
乗客は重要な要素です。

メインダイニングはアンフォラ・レストラン。
好きな時に好きな方と行くことができるオープンシーティング。

料理には定評があります。
北米の美食料理団体・ジェームズピアード財団が特選したシェフの料理が、
船上で再現されます。

堅苦しいフォーマルがないのもおすすめのポイント。

良い事ばかりを書きましたが、
個人的なマイナスポイントといえば、オールインクルーシブではないので、
アルコール、船内WIFI、ランドリーサービスが別料金になります。
それも今年から、オールインクルーシブパッケージ:1泊80ドル台を、
新たに設定するそうです。
知れた金額ですが、そうなれば、何もお金の心配なく存分に楽しめます。

ラグジュアリークルーズでありながら、お手軽な代金設定。
この内容でこの値段。
私の一押しのクルーズです。

ウィンドスター・クルーズでは不定期で特別セールが開催されます。
1,000ドル台のコースもありますので、その時にはこのブログで紹介します。

ウィンドスター・クルーズ ページへ

スターレジェンド 船内動画


ホーランド ウエステルダム 日本寄港 船内レポート 

■ホーランド・アメリカ・ライン ウエステルダム■


2018年 10月17日(水)大阪港にウエステルダムが寄港。
ホーランド・アメリカ・ラインの日本寄港では、フォーレンダム、アムステルダムの6万トンクラス。
今回は、一回り大きな8万トンクラス。
この船が来年2019年日本発着クルーズを行います。

クルーズは、設備はどの船も同じようなもので、その設備を何人で使うかです。
スモールシップになる程、乗客が少なく、混雑しなくなります。

このクルーズ会社、ホーランド・アメリカ・ラインは全15隻。
どの船も10万トン以上はありません。
最新の船、コーニングスダムで99,500トン。
それ以上大きな船ではサービスが行き届かないとの理由です。

今回、一回り大きな船でのメリットは、ベランダ客室が多数造られており、
お手頃な代金でベランダ付に乗船することができます。
6万トンクラスのベランダは、スイート以上になるので、その分代金が上がります。

昨年2017年に改装されており、船の隅々綺麗です。
シックな色使いで、落ち着いた大人の雰囲気がホーランドでしたが、
ウエステルダムは、改装により、落ち着いた雰囲気を残しつつ、
スタイリッシュなデザインも融合されてます。
悪く言えば、地味でしたが、いたる所に最新鋭の設備も取り入れているので、
やっぱりホーランドは良いと乗ってみてつくづく思いました。
他の船とは何かが違います。

ホーランド ウエステルダム 船内動画


■ホーランドをおすすめする理由■


高額なラグジュアリー船と比べれば、断然ラグジュアリーの方が良いのに決まってます。
ホーランドは、カジュアル船と比べそれほど高くありません。
コースによれば、カリブ海などは、カジュアルと同代金もあります。
ホーランドはコストパフォーマンスが断然に良いのです。

客層は高めで、アメリカ人が約70~80%と圧倒的に多く、至って普通の客層です。
何も気をつかい、肩肘を張るような感じはないので、
我々日本人が乗っても何も気をうかうことはありません。

夜23:00には船内ひっそりと静かになり、夜が早い印象です。
それ以降でも楽しめる施設は多数あります。
この落ち着き感が大好きなのです。
「フー!!」と、いう人もホーランドでは見たことがありません。

客層が雰囲気、旅の良し悪しを左右します。
ホテルでも、船でも同じですが、船の場合、さらに重要です。

クルーは、殆どがインドネシア人。
インドネシアにクルーズ専門学校があり、そこをでてホーランドへクルーとして乗船します。
すれ違ったら、笑顔で挨拶をしていただけます。
他のお手軽な船では、乗客とクルーとの対比が少なく、
とにかく忙しくしている為、それどころでないという感があります。

メインダイニングの料理は、他船とそれほど変わらなく、
飛びぬけている感はありませんが、普通に美味しくいただけます。

他船との違いは、ビュッフェレストラン。
ラグジュアリー船以外は、ビュッフェは、毎日殆ど同じメニュー。
1週間のクルーズでは、最後の方は飽きがくるのは否めません。
ホーランドでのビュッフェで飽きがきにくいのは、
日替わりでフェア料理があります。
今日は、インド料理、中華料理、日本料理など、いろいろと工夫してます。

そして何より、ビュッフェでは、サーブしていただける点です。
ビュッフェでは、各自好きなように自分で取るので、
どうしても料理がグジャグジャになって、
半分を過ぎると、見るだけで食欲が失せます。
ホーランドは、各ブースにクルーがサーブすますので、
綺麗なまま、お皿にとりわけていただけます。

■2019年 日本発着クルーズはこの船で!!■



来年、2019年春 このウエステルダムで日本発着クルーズが2コース設定されてます。 
横浜発着 14泊15日 神戸、大阪から乗船も可能です。

A 2019年 3月31日(日)-4月14日(日)
B 2019年 4月14日(日)-28日(日)

クルーズ代金 Cruise Rates

キャビンカテゴリー A 3/31発 14泊15日 B 4/14発 14泊15日 C 3/31発 28泊29日
内側客室 185,000円 198,000円 388,000円
海側客室 245,000円 268,000円 488,000円
ベランダ客室 288,000円 298,000円 568,000円
シグニチャー・スイート 398,000円 418,000円 798,000円
ネプチューン・スイート 838,000円 848,000円 1,548,000円
ポートチャージ $300 $300 $600
諸税 $135 $200 $335

ホーランドのコースで、7泊8日のコースは少なく、
殆どが10泊以上のコースになります。
日本人にとって7泊はロングクルーズと感じても、
欧米では、7泊はショートとしてとらえる方が多いのです。
乗船して馴染んできた頃には下船。
一般的な7泊では、同グループ船会社のプリンセス・クルーズに任せる方針です。

例年、ホーランドの日本発着では、日本人が1割くらいの乗船です。
殆どが北米の方ですので、日本発着でも船に入れば外国の雰囲気。

クルーズ初めての方でも日本人コーディネーター乗船してますので、
ご安心して乗船していただけます。

ブロックして押さえてますので、各カテゴリーに現在空きがあります。
ご予約お待ちしております!!

HAL ウエステルダム 2019年【春】横浜発着クルーズ 14泊

ホーランド・アメリカ・ラインをより詳しく


コスタ・ネオ・ロマンチカ 東京停泊に宿泊

コスタ・クルーズ 感謝の夕べ



先日、コスタ・ネオ・ロマンチカ、
2017年日本寄港最終の東京港にて、コスタ代理店のパーティーがあり、
船内に1泊してきました。

コスタ・ネオ・ロマンチカには、ゴールデンウィークに乗船した以来。
東京駅から路線バスに乗り、約30分で東京港晴海ふ頭に到着。

用意されたキャビンは、バルコニー客室。
以前の乗船では、海側客室。
泊まるキャビンによって、全く船の印象が変わります。
バルコニーからは、東京の夜景を独り占め。
デッキにでたら、レインボーブリッジ。

よくお客さんで、寝るだけだからと、内側客室、海側客室を取りますが、
バルコニーのあるなしで、旅全体の満足度が全然変わります。
内側客室で3回のクルーズと、
バルコニー客室で1回のクルーズだとしたら、
私は断然バルコニー客室を選びます。

この船、コスタ・ネオ・ロマンチカは、57,000トンの中型船。
小型船ほど導線が良く、船内どこに行くにも楽に移動ができます。
乗るならば、小型船が断然楽です。
コスタ・ネオ・ロマンチカ 乗客定員:1,800名。クルー:622名。

ちなみに大体同じ大きさの高級船のクリスタル・シンフォニーで、
51,044トン、乗客定員:922名。クルー:566名。
乗客とクルーの比率で、サービスが変わり、比例して代金も変わります。

コスタ・ネオ・ロマンチカの船内は、落ち着いた色使い。
メインダイニングは、2人席も存分にあります。

キャビンへご案内します。

バルコニー客室(約24.2㎡)
前回、乗船したのは海側客室(約16.6㎡)。
一回り大きく、十分な広さです。
両方泊まってみて、全く船のイメージが変わります。
海側客室の丸窓は、かろうじて外の様子が見える程度。
やはり泊まるならバルコニー付客室です。

アメリカ船では、バルコニーでも禁煙なのに対し、
イタリア船は、つい数年前まで部屋内でも喫煙可でしたが、
最近禁煙になりました。
バルコニーでは、喫煙可能で固定式の灰皿が設置。

夜はパーティ。多数販売した代理店の表彰式の後、
メインダイニングで特別ディナー。

今回、東京港に停泊で、招待客のみしか乗客がいません。
乗船客が少なく、子供が皆無でしたので、船内はゆったりとした時間が流れます。

ダイニングテーブルは、旅行会社の方々。
特別ディナーをいただきました。
正直、何も期待してなかったのですが、美味しい。
「コスタもやればできるるんだ」との声。笑ってしまいました。

私はまだこの船のピザを食べたことがないと言ったら、
コスタの担当者が、ピザレストランから届けていただきました。

コスタ・クルーズの料理は、そんなに評判は悪くありませんが、
日本発着、アジアクルーズでは、正直、料理の評判が悪いです。

私も春の日本発着クルーズで4泊乗船し、実際にいただきました。
乗る前は、夕食は寄港地で下船し美味しいものを食べようと思ってました。

ものには、値段があります。
その値段でこれだけの料理。期待以上に満足しました。
昼食以外、船内で美味しくいただきました。

メインダイニング入り口には、料理のサンプルが陳列され、
前菜、スープ、パスタ、メイン、デザートを、
それぞれ3~5種類、日替わりで用意され、好きなだけ召し上がることができます。

メインダイニング以外には、ビュッフェ・レストラン。
夜中に小腹が空いたらサンドイッチなど。

本格窯のピザレストラン。(本格窯はクルーズ船では希少というかこの船しかないかも)
ピザ1枚:USD7-で本格ピザが食べれます。

夜のみ営業のラーメン・レストラン(一風堂監修)
1杯:USD8-

スペシャリティレストランでは、
ステーキハウス:USD33.5-
イタリアンレストラン:USD29-。
少しのカバーチャージで、メインダイニングとは、
雲泥の差のサービス、料理をいただけます。

スペシャリティレストランでは、ウェイターがしっかりと料理の進み具合を、
みているので、こちらから言わなくてもサービスが受けれます。

ステーキハウスでは、あとUSD10-追加で和牛に。(オーストラリア産和牛)

イタリアンは、雰囲気が良く、「食事を楽しむ」というのが相応しい。

メインダイニングでは、人不足で、オーダーするのも一苦労ですし、
13歳未満無料のクルーズなので、どうしても子供の数が多い。
その為、ビュッフェ・レストランを含め、かなりの賑やかになります。

有料レストランであれば、賑やかさとは殆ど無縁なので、
また違った雰囲気を味わえます。

就寝の際、目線に東京タワーの全景。
東京の夜景を独り占め。
なんとも贅沢な気分でぐっすり眠れました。

コスタ・ネオ・ロマンチカ

翌朝、9時からシップツアー。
ブリッジ、厨房など、通常立ち入ることができない所を見れましたが、
欠席し、朝食も取らず、
キャビンで「火野正平 こころ旅」を見入ってしまいました。
昼食は、ビュッフェ・レストランでいただき下船。

コスタ・ネオ・ロマンチカ

今回、2度目の乗船で、東京港に停泊で、ワクワク感は全くしませんでした。
船の外観の写真も1枚も撮ってない程。

乗船し、船内を周るうち、楽しいのです。
やはりクルーズは、よいものです。
1泊でしたが、しっかりと楽しみました。
やはりクルーズなのです。

コスタ・クルーズは、カジュアル船。
13歳未満無料で、かなり安い代金を設定してます。

国内旅行に気軽に行くように、お手軽に楽しむことができます。
この値段でこれだけ楽しむことができる。

クルーズの違いを詳しく説明し、期待以上の満足を。
いつでも、お気軽にご相談ください。

コスタ・クルーズ コース一覧

日本発着


コスタ・クルーズコスタ ネオロマンチカ 2017-18年 日本発着太平洋クルーズ
【出港日】 2017年10月~2018年3月 6コース
【クルーズ発着】 ■東京、名古屋、神戸/大阪
【クルーズ代金】 ■お1人様(早割):60,800円~
※日本人コーディネーター乗船!
 日本人コーディネーター乗船

line

コスタ・クルーズコスタ ネオロマンチカ 2018年 太平洋周遊クルーズ
【出港日】 2018年 4月~6月 10コース
【クルーズ発着】 ■東京、神戸
【クルーズ代金】 ■お1人様(早割):69,800円~
※日本人コーディネーター乗船!
 日本人コーディネーター乗船

line

コスタ・クルーズコスタ ネオロマンチカ 2018年7~8月 日本海周遊クルーズ
【出港日】 2018年 7月~8月 4コース・11本
【クルーズ発着】 ■福岡、舞鶴、金沢
【クルーズ代金】 ■お1人様(4泊/早割):72,800円~
※日本人コーディネーター乗船!
 日本人コーディネーター乗船


スーパースター・ヴァーゴ 日本発着クルーズ
2017年 大阪港出航

スーパースター・ヴァーゴ 日本発着クルーズ 


2017年7月08日(土)大阪港を出航

大阪港:毎週土曜日出航
横浜港:毎週日曜日出航
11月19日(日)まで毎週出航します。

7泊8日クルーズで、清水~鹿児島~上海(中国)へ寄港。

スター・クルーズは、ゲンティン香港が運営し、
ラグジュアリーの人気船、クリスタル・クルーズもこの会社。
スーパースター・ヴァーゴは、アジア人向けのサービス。
料理は日本人の口にあい、特に中華が美味しいと評判です。

2017年 日本発着クルーズ 第一回目 大阪出航

ウェルカム・セレモニーではピコ太郎のショー。
PPAP:ペンパイナッポーアッポーペンは、関連動画で2億回再生とのこと。

ピコ太郎こと、古坂大魔王さんはサービス精神旺盛で、
カメラを向けたら、すぐにポーズをとってくれ、
誰にでも、どこでも愛想がよく。裏表ない、
いい人なんだろうな~と、想像できます。
同じ青森人として、応援してます!!

スーパースター・ヴァーゴ日本発着クルーズでは、
よしもとに所属する芸人やタレントがシアターでエンターテイメントがあります。
毎週土曜日大阪発着のクルーズ、
毎週日曜日横浜発着のクルーズのいずれにご乗船をいただいても、
7泊8日のクルーズ中1回開催されます。

今回、初めてアジアのクルーズ会社、スター・クルーズに乗船しました。
一番感じたのが、料理が美味しい。

日本クルーズ第一回目セレモニーだったので、
特別に良い食材をだしているのかもしれませんが、
北京ダック、カニがたっぷり入った、キャビア入りサラダ。
海鮮チャーハン、カモ肉のパテ、海老のすり身。サテ。
どれもアジアで食べる本場の味です。

ピコ太郎
スーパースター・ヴァーゴ
総トン数:75,338トン 乗客定員:1,870人 乗務員数:1,225人
全長:268m 全幅:32m 就航年:1999年

スーパースター・ヴァーゴ 日本発着 コース詳細