スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
フィリピン・沖縄クルーズ ⑤フィリピン

■ フィリピン・サロマグ寄港 ■


2020年 1/06 クルーズ5日目 フィリピン・サロマグ
船は沖縄を出港して南へ。終日クルージングを1日挟みフィリピンへ。
南下するにしたがい、暖かな日差しから灼熱の太陽に。

サロマグ
フィリピン・サロマグは、12月スペクトラム・オブ・ザ・シーズが初めてのクルーズ寄港。
今回が2回目のクルーズ寄港。
首都マニラと同じルソン島北西に位置し、マニラまで約430km。
イロコスへの海の玄関口。
外国観光客にはまだ知られていませんが、
セント・オーガスチン・パオアイ教会は世界遺産に登録。
ビガンはスペイン統治時代の街並みが残っていて、ヨーロッパを思わせる風情が漂います。

テンダーボートでの上陸。
何もない田舎町に無理やり作ったクルーズ港。
ブラブラ散策をしようにも、民家がポツリあるだけで、
商店もなく田舎道しかありません。
ここは離れた観光地へ、エクスカーションに入るしか選択がなさそうです。

外国人が珍しく、人懐っこい笑顔で皆さん挨拶してくれます。
バイクタクシーで市場へ約10分。
市場では、会う人皆さん笑顔で手を振って挨拶していただきました。
心温まる素朴な町です。

この日の夕食は、スペシャリティレストラン「ジェイミーズイタリアン」。
イギリスのカリスマ料理家ジェイミー・オリバーが展開するレストランの洋上支店。
ここでビフテキの連続記録が途絶えます。
ランチにローストビーフをいただきましたが。

■ フィリピン・スービックベイ寄港 ■


2020年 1/07 クルーズ6日目 フィリピン・スービックベイ
スービックベイ
今回のクルーズ最後の寄港地は、スービックベイ。
首都マニラと同じルソン島。マニラまで約150km。
アメリカ海軍のスービック海軍基地が1991年返還された後、経済特別区に。
ホテル、カジノ、ショッピングモールがあり、アメリカ西海岸と同じ町のつくり。

比較的治安もよく、マニラからも近く、ビーチも静けさがあり、
ショッピングモールの反対側は、アジアのゴチャゴチャ感もあり、
今度ブラっと来てみようと思います。

■ 旅の終わり ■


2020年 1/08 クルーズ7日目 終日クルージング

フィリピンを出港し香港を目指し西へ、終日クルージング。
西に進むにつれ、ジリジリ照り付ける常夏から、風が変わり、肌寒くなり、
旅の終わりが迫ってきます。

2020年 1/09 クルーズ8日目 08:00香港入港
下船後、香港空港へ。
その日の夜には関西空港到着。

今回、終日クルージングが3日間ありましたが、
寄港地がない方がゆっくりでき、私の好みです。

クルーズでの7泊8日は、通常の旅行と比べて時間が経つのが早く感じ、
あっという間です。

下船が近づくにつれ、感傷的になります。
通常の旅行ではこんな気持ちにはなれません。
慣れ親しんだクルー、いつも行動パターンが同じ乗客、定位置の場所。
乗船前のワクワクした高揚感。下船する前の寂しさ。
クルーズは物語。起承転結があります。

今回乗船したスペクトラム・オブ・ザ・シーズは、
168,666トン、船客定員:4,246名の大型船。
どこに行くにも混みあっているのは覚悟しておりましたが、
乗下船ともスムーズで、施設の利用のランニングマシーンでは混みあって、
並んだ日もありましたが、さほどストレスは感じませんでした。

料理は、スペシャリティレストランは美味しく、
メインダイニングでもクルーズ代金と比較して十分満足いくレベルです。

船内は、さすがロイヤル・カリビアン・インターナショナル。
洋上のアミューズメントパークという呼び名に相応しく乗客を楽しませます。

賑やかなのが好きではない場合、キャビン等でゆっくりする選択もあります。
それぞれの楽しみ方ができる。それがクルーズの素晴らしさです。

今回の客層は、香港が50%。
あと、中国本土、オーストラリア、ロシアが多く、日本人は約20名ほど。
香港の方は礼儀正しく、気持ちよくクルーズができました。
テーブルに麻雀を持ち込んで毎日楽しんでます。
喫煙エリアに毎晩8人くらい酒盛り。
人に迷惑はかけてないので、何も気にはなりませんでした。
ただ、クルーズ代金と客層は比例します。
それを事前に理解すれば、何もストレスは感じないです。

今回、オーストラリア人家族(ご夫婦、娘10歳、息子8歳)と仲良くなり、
シドニー郊外のビーチから数歩に住んでおり、奥さんが私と同じ年。ご主人は1つ上。
お子さんは二人ともその日が同じ誕生日。
ご主人は大工。奥さんは小学校教師の一般的な家庭です。
休みは6週間。香港乗船前に上海で数泊。
香港下船後、香港で数泊して後、ドバイから7泊8日でMSCアラビア海クルーズ。

今を楽しんでます。
これの何が贅沢?普通らしい。
日本の同じ年代で、なかなかいない。
2018年のクルーズ人口で日本がやっと32万人。
オーストラリアは134万人。(総人口約2,499万人)
総人口は日本の1/5でクルーズ人口が日本の5倍。
GDP(2017年)
オーストラリア:USD1.323兆(一人当たりUSD53,799)
日本:USD4.872兆(一人当たりUSD38,428)

社会構造、貯金する文化の違い、勤勉な国民性、
休みなく働くことが美徳といったらそれまでですが、
いつかでなく、今をもっと楽しんでもいいと思います。
そこから得るものが必ずあります。

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ フィリピン・沖縄クルーズ ⑤フィリピン


スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
フィリピン・沖縄クルーズ ④沖縄

■ 終日クルージング ■


2020年 1/03 クルーズ2日目 終日クルージング

沖縄に向けて、終日クルージングの日は寄港地がないので、船内もゆったりした雰囲気。

辺りはまだ薄暗い時間に、自然に目が覚めます。
クルーズに乗ったら健康的になり、夜寝るのも早くなります。

ウォーキングデッキを大海原を眺めながら散歩。
歩いているうち、だんだん明るくなり今年初めて拝む初日の出。

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

ビュッフェレストランで朝食の後、ジムへ。
1時間ランニング。
日頃、運動はなかなかしません。
クルーズに乗船したら、海を眺めながらのランニングは最高です。
体を動かしたら、精神的にも前向きになり、元気になります。

汗をかいた後、サウナへ。
本を持って行ったのですが、サウナ室が暗く本が読めない為、読書は断念。

部屋で休憩後、メインレストランで昼食。
午後からは、バルコニーでコーヒーを飲みながらの読書。そしてうたた寝。
そうこうしている間に夕陽。
大海原に沈む夕日を独占。
クルーズはこれなんです!

今晩はスペシャリティレストランのステーキハウスを予約。

スペシャリティレストランは、予約制でカバーチャージ$40位別途かかりますが、
メインダイニングと比べ、料理の質、雰囲気、サービスが格段にあがります。

子供の頃からの憧れビフテキ。
昨夜もビフテキをいただき、今晩もビフテキです。
「ビフテキ」なんて素晴らしい響きなのだろう。
クルーズに乗ったら毎日いただけます。
何日ビフテキを食べ続けられるか、自分の中での挑戦です。

■ 沖縄・中城寄港 ■


沖縄・中城
2020年 1/04 クルーズ3日目 沖縄・中城寄港

天気は快晴。
香港出航時は肌寒い気候でしたが、沖縄へ近づくにつれ風が変わり、
暖かく半袖でも過ごせるような気候に。
また、海の色も確実に変わっております。

最初の寄港地は沖縄・中城。
那覇市内から車で約45分。
琉球王国時代の中城城址があり、世界遺産に登録されております。

船は08:00入港し、いつものようにジョギング、サウナのルーティン。
お昼前に下船し、あてもなく周辺をブラブラ散策しよう。
中城村がシャトルバスを乗船客を無料運行しており乗車。
ショッピングモールのイオンモール沖縄ライカムへ約15分。

沖縄は、添乗でしか来たことがなく、本場の沖縄そばを食べたことがなかったので、
今回是非とも食べたい。
フードコートにある沖縄そば専門店へ。
念願の沖縄そば、ソーキそばを美味しくいただきました。

ブルーシールアイスクリームをいただき、ぶらぶら巨大ショッピングモール、
周辺を散策。シャトルバスで船へ帰ります。

海外発着の外国船で日本寄港は、違った感じで面白い。
港で迎い入れる日本人スタッフは、乗客は全て外国人と思って接し、
私も日本人でないふりをします。
丁寧、親切な日本人の暖かさを感じました。

私は海外へ行ったら、日本人と思われることはまずありません。
顔が東南アジア系なのか、アジアでは外国人とみれななく、
ぼったくりとは無縁で、いつも複雑な心境です。

船に戻り、夕食へ。今晩はメインダイニング。
今日もビフテキを注文。

夜のショーは、メインシアターが18:00、21:00と2回公演。
それとは別に後尾にトゥセブンティがあります。
ハイテクを駆使したショーは必見です。
ショーが終わってカジノへ。
小腹が空いたら、ビュッフェレストランへピザ、お粥など軽食。
クルーズで日数が経つにつれ、夜も遅くなります。

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ フィリピン・沖縄クルーズ ③沖縄


スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
フィリピン・沖縄クルーズ ③香港出航

■ 香港カイタッククルーズターミナルへ ■


2020年 1/02 クルーズ乗船日
07:00ホテルチェックアウトをして、香港・カイタッククルーズターミナルへ。

11:00チェックイン開始ですが、本日下船するお客様にご挨拶がしたくて、
09:00にターミナルで待ち合わせ約束をしました。
早めに行って下船するのを待つべく早すぎる程の出発時間。

地下鉄を乗り継ぎ、クルーズ最寄り駅の九龍湾駅に08:00前に到着。
クルーズターミナルは車で約10分の距離なので、充分余裕がありました。

駅前からクルーズターミナルまでのシャトルバス乗り場があり、
同じ方面への通勤客が40人位並んでます。
私も並び待っていたら、シャトルバスのピストン送迎が遅くあっという間に08:30。
この感覚で行くと約束の9時を超えてしまう。

並ぶのをやめ、タクシー乗り場を探しましたが、なかなかみつからず、
何人も聞いて、やっとタクシー乗り場がありましたが、5組ほど並んでいます。
少し遅れる事を電話しましたが、お客様の電源が切れてます。

やっとタクシーに乗れたのが08:50。
初めてお会いするのに遅れるのは致命的。
クルーズターミナルに到着したのが09:02。
走って探しお会いすることができました。

お客様は早くに下船され、その場所で1時間以上待っていて、
また香港は暑いとの情報で、薄手の服を着ており、
ブルブル震えながらお待ちいただいておりました。
お茶でもと思いましたが、ターミナルはお茶を飲むようなところはなく、
3分ほどの立ち話で、お客様は香港空港へ向われました。
私の一方的なお願いで、本当に申し訳ないことをしました。

香港・カイタッククルーズターミナル
以前のカイタック空港をクルーズターミナルに。
2013年にオープンの新しいターミナルです。

チェックインカウンター数は、ふんだんにあり待ち時間のストレスはあまり感じません。
世界では巨大クルーズ専用のターミナルが国を挙げて、競うように作られてますが、
日本では皆無です。
この差がクルーズ人口と比例するばかりか、外国人客誘致にも将来影響してきます。

■ RCI 最新船 スペクトラム・オブ・ザ・シーズ乗船 ■


今回乗船する船は、RCI ロイヤル・カリビアン・インターナショナル 
2019年 4月デビューの最新船 スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
 総トン数:168,666トン 全長:347m 全幅:41m
 船客定員:4,246名 クルー:1,551名 就航年:2019年4月

この船会社のキーワードは、「洋上のアミューズメントパーク」
全てがダイナミックで、スケールが桁外れ。これぞアメリカ!

11:00チェックイン。あっという間に完了し船内へ。
乗船前のワクワク高揚感は、クルーズしか味わえません。
今回は仕事ではなくプライベートなので、おもいっきりダラダラする。
好きな時に寝て、お腹が空いたら食べて、この日の為にとっておきの本も持参。

寄港地は二の次。
その時の気分で行動するのがクルーズの醍醐味。
沖縄、フィリピンに行くというだけで、どこに寄港するかは何も調べませんでした。

今回のコースは、香港発着 7泊8日
中城(沖縄)、フィリピンのサロマグ、スービックベイの3カ所。
あとの3日は終日クルージング。

船内は、さすがにできたばかりの最新船。
ロイヤルカリビアン独自の発想で、なんでこれが船にと驚愕します。
2層吹き抜けのロイヤル・エスプラネードは、街の一角。
ショッピングアーケードには、免税店、ブランド、ジュエリーショップなど。
その他にも、展望カプセル、スカイダイビング、船上サーフィン、バーチャルトランポリン、
ゴーカートなどなど。

そして後尾には床から天井まで270度パノラマにで大海原を眺めることができます。
夜にはそこがハイテクを駆使したショースペースに。ここのショーが凄いのです。

なんでこんなものが船に!?と、圧倒されっぱなし。船内楽しすぎるのです!

これを船に取り入れたら楽しいだろうという奇想天外な発想。
そして、そのとんでもない発想が実現してしまう。
アメリカのダイナミズムを感じます。
日本だったらこのような奇想天外な発想は、変人扱いされて終わります。

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

2020年 1/02 16:00 香港を出航。
最初の寄港地、沖縄へ向け船は東へ。
どんより曇っていた天気も、出港時には晴れ渡り明るい気持ちになります。
プールサイドではカリビアンミュージックの生演奏。
リゾート気分が盛り上がります。

今回選んだのがキャビンは、スーペリア・ベランダ(18.3㎡+5.1㎡)
上層階トリプル対応のキャビンなので、一回り大きく感じます。
十分な広さで、明るい色を使っているので開放的です。

日本人にはバスタブが欲しい所ですが、
最近の船は、上級スイート以外バスタブは付かないシャワーのみが主流となります。
バスタブがない分、部屋を少しでも広く使えます。
プール、ソラリウムにジャグジーがあります。

クルーズは早く予約をすれば、好みのキャビンを選ぶことができ、クルーズ代もお得です。

旅の楽しみの一つに食事。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズは、7泊では制覇できない程、選択肢があります。

・メインダイニング
・ビュッフェレストラン
・イタリアンレストラン
・ステーキハウス
・創作料理レストラン(今回は中華料理)
・日本料理
・カフェトゥセブンティ
・ピッツェリア
・ドッグハウス(ホットドック)

初日のディナーは、メインダイニングを選択。

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ フィリピン・沖縄クルーズ ②香港出航


ホーランド ウエステルダム 日本寄港 船内レポート 

■ホーランド・アメリカ・ライン ウエステルダム■


2018年 10月17日(水)大阪港にウエステルダムが寄港。
ホーランド・アメリカ・ラインの日本寄港では、
フォーレンダム、アムステルダムの6万トンクラス。

今回は、一回り大きな8万トンクラス。
この船が来年2019年日本発着クルーズを行います。

クルーズは、設備はどの船も同じようなもので、その設備を何人で使うかです。
スモールシップになる程、乗客が少なく、混雑しなくなります。

このクルーズ会社、ホーランド・アメリカ・ラインは全15隻。
どの船も10万トン以上はありません。
最新の船、コーニングスダムで99,500トン。
それ以上大きな船ではサービスが行き届かないとの理由です。

今回、一回り大きな船でのメリットは、ベランダ客室が多数造られており、
お手頃な代金でベランダ付に乗船することができます。
6万トンクラスのベランダは、スイート以上になるので、その分代金が上がります。

昨年2017年に改装されており、船の隅々綺麗です。
シックな色使いで、落ち着いた大人の雰囲気がホーランドでしたが、
ウエステルダムは、改装により、落ち着いた雰囲気を残しつつ、
スタイリッシュなデザインも融合されてます。
悪く言えば、地味でしたが、いたる所に最新鋭の設備も取り入れているので、
やっぱりホーランドは良いと乗ってみてつくづく思いました。
他の船とは何かが違います。

ホーランド ウエステルダム 船内動画


■ホーランドをおすすめする理由■


高額なラグジュアリー船と比べれば、断然ラグジュアリーの方が良いのに決まってます。
ホーランドは、カジュアル船と比べそれほど高くありません。
コースによれば、カリブ海などは、カジュアルと同代金もあります。
ホーランドはコストパフォーマンスが断然に良いのです。

客層は高めで、アメリカ人が約70~80%と圧倒的に多く、至って普通の客層です。
何も気をつかい、肩肘を張るような感じはないので、
我々日本人が乗っても何も気をうかうことはありません。

夜23:00には船内ひっそりと静かになり、夜が早い印象です。
それ以降でも楽しめる施設は多数あります。
この落ち着き感が大好きなのです。
「フー!!」と、いう人もホーランドでは見たことがありません。

客層が雰囲気、旅の良し悪しを左右します。
ホテルでも、船でも同じですが、船の場合、さらに重要です。

クルーは、殆どがインドネシア人。
インドネシアにクルーズ専門学校があり、そこをでてホーランドへクルーとして乗船します。
すれ違ったら、笑顔で挨拶をしていただけます。
他のお手軽な船では、乗客とクルーとの対比が少なく、
とにかく忙しくしている為、それどころでないという感があります。

メインダイニングの料理は、他船とそれほど変わらなく、
飛びぬけている感はありませんが、普通に美味しくいただけます。

他船との違いは、ビュッフェレストラン。
ラグジュアリー船以外は、ビュッフェは、毎日殆ど同じメニュー。
1週間のクルーズでは、最後の方は飽きがくるのは否めません。
ホーランドでのビュッフェで飽きがきにくいのは、
日替わりでフェア料理があります。
今日は、インド料理、中華料理、日本料理など、いろいろと工夫してます。

そして何より、ビュッフェでは、サーブしていただける点です。
ビュッフェでは、各自好きなように自分で取るので、
どうしても料理がグジャグジャになって、
半分を過ぎると、見るだけで食欲が失せます。
ホーランドは、各ブースにクルーがサーブすますので、
綺麗なまま、お皿にとりわけていただけます。

■2020年/2021年 日本発着クルーズはこの船で!!■



2020年春・秋、このウエステルダムで日本発着クルーズが3コース設定されてます。 

●2020年 春 ウェステルダム
横浜発着 14泊15日 神戸、大阪から乗船も可能です。
日本人コーディネーター乗船
A 2020年 3月28日(土)-4月11日(土)沖縄・台湾 
B 2020年 4月11日(土)-25日(土)日本周遊・ロシア

●2020年 秋 ノールダム(ウェステルダム姉妹船)
横浜発着 14泊15日 沖縄・台湾・済州島
2020年 10月12日(月)-26日(月)

●2021年 春 ノールダム(ウェステルダム姉妹船)
横浜発着 14泊15日
A 2021年 3月27日(土)-4月10日(土)沖縄・台湾
B 2021年 4月10日(土)-24日(土)日本周遊・ロシア

ホーランドのコースで、7泊8日のコースは少なく、
殆どが10泊以上のコースになります。
日本人にとって7泊はロングクルーズと感じても、
欧米では、7泊はショートとしてとらえる方が多いのです。
乗船して馴染んできた頃には下船。
一般的な7泊では、同グループ船会社のプリンセス・クルーズに任せる方針です。

例年、ホーランドの日本発着では、日本人が1割くらいの乗船です。
殆どが北米の方ですので、日本発着でも船に入れば外国の雰囲気。

クルーズ初めての方でも日本人コーディネーター乗船してますので、
ご安心して乗船していただけます。

2020年春コースは、ブロックして押さえてますので、各カテゴリーに現在空きがあります。
ご予約お待ちしております!!

HAL ウエステルダム 2020年【春】横浜発着クルーズ 14泊

HAL ウエステルダム 2020年【秋】横浜発着クルーズ 14泊

HAL ウエステルダム 2021年【春】横浜発着クルーズ 14泊

ホーランド・アメリカ・ラインをより詳しく


フランスの美食船 ポナン最新船 ル・ラペルーズ

■ポナン最新船 ル・ラペルーズ■


創業31年、フランスの船乗りが共同出資し、
大型船では行けない、本当に行きたい海域へ。
秘境でも最高の料理、サービス。
という思いで立ち上げた船会社「ポナン」。

ポナンの最新客船「ル・ラペルーズ」日本初寄港。

総トン数:9,900トン 全長:131m 全幅:18m 
船客定員:184名 クルー:110名
キャビン数:92室(全室海側ベランダ付) 就航:2018年

今までのポナン(シスターシップシリーズ)10,700トン、キャビン132室に対して、
さらに一回り小さくなり、乗客定員を抑え、
より手厚いサービス、プライベート感が期待できます。
今後、新たに新造船はこの9,900トンの船がメインとなります。
ポナンな小ささを誇りとする船会社です。

船内はさらにスタイリッシュなデザイン。
ライティングもこだわりがあり、とにかくかっこいいという印象で、全体的に明るい雰囲気。

パブリックはさらに充実し、スパ、サウナでは全面窓。
インフィニティ・プール。
マリン・プラットフォームでは、楽に安全に、ゾディアックボートに乗降でき、
港がない秘境地でも、快適に楽しむことができます。

フランスの建築基準でトイレと浴室には壁がないといけないので完全にセパレート。

「ル・ラペルーズ」の最大の売りは、クルーズ初の水中ラウンジ「ブルーアイ」。
水中を観ながらラウンジで一杯。ライブで水中の音と連動しシートが振動します。

なぜスモールシップなのか。
スモールシップにしか行けない海域、寄港地が魅力。
例えば、ドブロブニクでは、旧市街目の前。
ロンドンではテムズ川の街の中心に。

大型船のようにどこも並び混雑は皆無。
乗降に時間がかからないのもメリットです。15分もあれば全員下船できます。
大型船の場合、2時間かかることも。

美食船と定評のある料理は、毎晩フレンチのフルコース。
お飲み物(食事、バーなど)クルーズ代金に含まれているので、
存分にワインをお楽しみいただけます。
デザートもレベルが高く、デザートだけでも乗る価値がある程です。

ポナンに乗船する前は、敷居が高そうで、肩肘張りそうなイメージでしたが、
実際に乗ってみたら、一切そのようなことはありませんでした。
我が家へ戻ったように、ホッとします。
クルーも気さくで、何も気を遣うことはなくリラックスできるのです。

ポナンは南極クルーズに力を入れており、乗客数が一番多いのがポナンです。
インフラが整っていない秘境でフレンチのフルコース。
これがポナンの素晴らしさです。

ポナン ページへ

ポナン ル・ラペルーズ 船内動画