まちこ先生のドナウからのらくがき⑨ ~ブカレスト~

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき⑨ 8/28 ブカレスト


8月28日 とうとうアマセレーナとクルーの皆様とお別れです。

”Your program today” に従って下船の準備です。
私達は9時発のブカレストツアーに入れて頂きました。
(飛行機の離陸が午後10頃の為)

このグループのトランクには赤色のタグを付けます。
つまり下船後の行動パターンによりトランクタグが異なるのです。
(黄色、緑、グレー、ブルー、紫、ピンク色、茶色)
これも手荷物と行動に間違いの無いように工夫されたスマートな方法ですよね。

クルーの皆様に見送られ下船。
その時ベンチに腰掛けておられたキャプテンとCo pilot の
お二人にそれぞれに記念写真をお願いしました。

Good bye とお別れをし、
色分けされたバスに乗り込みます(グループ赤)バスはほぼ満席。

いよいよアマセレーナとお別れ。
さようなら、アマセレーナ。
さようなら、クルーの皆様、そしてありがとう!

バスとクルーズマネージャーのJerenaさんは「バルカンの小パリ」と呼ばれる
ブカレストの魅力を余すところなく見せるように移動し導いてくださいました。

まずは車窓から凱旋門、
そして農村博物館【中には人馴れした猫(グレーと黒色)が古い民家に馴染んで】
にて散策、こちらではお土産物買うことができました。

その後次々と素晴らしい建築物を目にする事になりました。
アテネ音楽堂、ルーマニア貯蓄銀行、ルーマニア国立美術館、革命広場の旧共産党本部
(向い側→前にカロル1世騎馬像のあるブカレスト大学図書館)など。

素晴らしい建物です。
バルカンのパリと言われるのも理解できます。

その後、バスは私たちを素敵なレストランに連れて行ってくれました。
そこでのランチの何と美味しかった事か!!!

少食の夫も完食したほどです。
特にデザート、すごくおいしかった。
皆様がこのデザートは素晴らしく美味しいと口々に言われていました。

さて、午後からは今日のハイライト 国民の館です。
(1984〜1989年に建設、本来はチャウシェスクの館だった。
 ペンタゴンに次ぐ世界第2の大きさ、3000室の部屋)

この館は本当に本当に本当に凄い!!!!!!
お写真を見て頂ければわかって頂けるでしょうか。
ブダペストの国会議事堂をはるかに超える 
広さ大きさ、豪華さ、スケール、優雅さ、贅沢さ です。

広いバルコニーに出ると正面に、美しい庭園と左右に対面する街並みが見えます。
このバルコニーから演説をしたのはチャウシェスクではなくマイケルジャクソンだった。
”ブルガリアの皆さん”と間違えて。

バルカンの小パリ、ブカレストを堪能した私たちを
バスはヒルトンホテルに運んでくれました。午後4時頃でした。

私たち以外の皆様はホテルにチェックインの手続きです。
私共はロビーで飲み物をオーダーして一休み
(空港への迎車は午後6時→自由時間2時間)です。

その後、疲れたように見える夫を置いて約1時間程、
私はダウンタウンに行ってみることに。

大通りに出て商店街を歩いているといきなり「こんにちわ」という
日本語に足を止められました。

インドの商品を売っているお店のオーナー(インドの方)は、
日本に8年くらい住んでいたそうで日本語が時々出てきます。

そちらで2つのお土産を買い、スーパーマーケットが直ぐ近くだと教えてくださいました。
行ってみました。大きなスーパーマーケットです。

私は超お買い得なチョコレートを20Ron→600円、で買えるだけ買いました。
小銭が少し戻ってきましたがチョコレートは沢山買えました。
旅行のお土産はスーパーマーケットで買うのが一番です。
お買い得だし、美味しいし(地元の人の保証付き) 
ショッピングに満足した私はヒルトンホテルに戻りました。6時15分前でした。

空港までの迎車はもう来ていました。
クルーズマネージャーのJerena さんも私達を見送りに。

私は彼女に感謝の気持ち、日本からのお土産をお渡しました。
8日間、本当にお世話になったのですから。
ささやかなお土産なのに彼女は大感激、大喜びです。
お互いにハグして別れを惜しみました。Bye!!! Bye !!!  Bye!!!

空港に着いた私たちは航空会社のカウンターでの手続きを終え、
出国検査の後ラウンジで休息です。

ボーディングが掛かりました。
私たちを乗せた飛行機はイスタンブール経由で大阪の関西空港を目指します。

離陸時窓から見えるブカレストの街の美しい事。
この美しいブカレストをドナウのサファイア(高貴な青色)と記憶し続けたいと思います。

さようならドナウ川、さようなら宝石のように美しかった岸辺の街々よ。
この10日間の旅、素晴らしかったクルーズィングの旅を私は一生忘れないでしょう。



まちこ先生のドナウからのらくがき⑧ ~ルセ~

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき⑧ 8/27 ルセ


8月27日 午前8時にシップはブルガリアのルセに到着しました。

私たちは3つの観光コースからルセ(ブルガリア)とジュルジュ(ルーマニア)、
所要時間3時間半を選びました。

ルセ(ドナウ川が国境とされジュルジュと対岸で向かい合っています)は、
19〜20世紀のバロック調とネオロココ調の建築物が有名です。
伊、独、澳、の建築家、ブルガリアの建築家らが設計した美しい建物の数々から
「小さなウィーン」と呼ばれています。

美しい「収入ビル」と呼ばれる建物には正面と屋根に並ぶ7体の像が。
芸術、学問、農業、工芸、商業、防衛、精神を象徴しているのです。

車窓からそれらの建築物を眺めながら、ルセ大聖堂に着きました。
その大聖堂は地下(BF1位)にありました。
窓がない代わりに美しいシャンゼリアが教会の中を明るく照らし出していました。


さて、これよりルセ(ブルガリア)から対岸、ルーマニのジョルジュヘ向かいます。

この2つの街を繋ぐ橋は「ルセ.ジョルジュ友好記念橋」
ところが、ルーマニアへの入国審査がとても慎重で、その時間は1時間以上にも及びました。
この時間がジュルジュでの見学にマイナスに影響してきます。

ジュルジュ町中の公園のような所で降りました。
ダウンタウンは目の前です。

本来、ここでの自由時間は60分位のはずが、15分となりました。
スケジュールどおりに行動しなければならないからです。
この時間ですと遠くへはいけません。

集合場所の近くのコンビニ位の大きさのスーパーマーケットを覗いてみました。
Myrian.とDanielも一緒です。

物価の安さに驚きました。
日本では2000円位はする大きさのスイカが70円です!!! びっくり。
でも現地通貨は持参していないので買い物はできません。

ジュルジュでは何も見れなかった、というより、
友好記念橋を渡ったと言えるでしょうか。

船も私達のツアー中にルセからジョルジュまで移動していました。
私たちを乗せたバスもジョルジュの河岸に向かいます。

ルセとジュルジュ、最も印象に残っているのは、
友好記念橋から見たドナウ川の青く美しかった事。
まさに、ヨハンシュトラウス2世の「青き美しきドナウ」です。

それにちなんでこの2つの街をドナウの宝石、
アクアマリンと呼びたいと私は思います。

ドナウからのらくがき

シップに戻ったのは1時頃だったでしょうか。
ランチを頂いた後はゆっくりとパッキングです。

夫はお殿様で何もしません。
私が一人で全部しなければならないのです。

”Your program today” のインフォメーションに添って
一つずつチェックし片づけていきます。

6時半から10時の間にシップで使ったものへの支払いとありましたが、
こういう記述も。

”For those who are paying Credit Card the settlement
will be automatically done tonight. 
You don’t need to come to the Reception”

→チェックイン時にクレジット登録されている場合自動的に今夜支払われ、
フロントに来なくても良い と。何とスマートなやり方!!!
(今年、1月の船旅、コスタビクトリアリアでは2千人が長蛇の列に並んでの支払いでした)

ディナーの時間が迫ってきたのでシャワー、メイク、ドレスアップ。
アマセレーナの最後の夜を迎える準備が整いました。
7時からLast Dinner です。

レストランに入るとすぐのテーブルでMyrian .Danielご夫妻が笑顔で手招き。
4人で最後の夜に乾杯。

それはそれは美味しいコースを頂きながら、
話題は私共が彼らの知る日本人とは全く違う! という事でした。

彼らの知る日本人はシャイでおとなしくて…。どうやら私たちは賑やかなようです。
ビジネスの話題にも。Daniel は、会社の転売。Myrianはスペイン語と英語の通訳者。

とてもうまくいっているようです。
それに引き換え私たちは,,,,。するとDaniel が売ればいいと言います。
私がアイデアを教えるよ、相談に乗るよ、と、親身になってくれてのお話です。

デザートも終わる頃、音楽が…。 
ハッピバースデイ トゥ ユー♪ ハッピバースデイ トゥ ユー♪ 
と私たちの席にケーキとピカピカキャンドルが近づいてきます。

そうだ今日は私の誕生日!!!
大勢のクルーがバースデイケーキを運びお祝いの言葉を言ってくれました。

何て幸せなお誕生日、今までで一番しあわせな誕生日。
レストランの責任者がそのケーキを4つにカットして
私達4人にプレゼントしてくださいました。

部屋に戻って窓を開けると岸辺では賑やかな若者たちや子供たちの声と姿が川岸から。

岸辺にはベンチが置かれ公園のようになっているのです。

8月27日、土曜日、夏のドナウ川をルーマニアのジュルジュの人々も楽しんでいるのですね。
私達もバルコニーからドナウ川の爽やかな風とさざ波とを楽しみました。

明日の朝9時がチェックアウトです。
いよいよアマセレーナとのお別れが迫ってきています。

ドナウからのらくがき



まちこ先生のドナウからのらくがき⑦ ~ヴィディン~

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき⑦ 8/26 ヴィディン


ブルガリアのヴィディンで迎えた朝、
今日訪れるのはベログラトチク要塞とババ.ビダ城です。

まず、ベログラトチク要塞を訪れました。
バスで1時間ちょっと、狭い道を縫うように山の中に進んでいきました。

そして降りてみると何と凄い!!! 凄い要塞砦です。
奇岩群や石灰岩のとてもユニークな自然の岩山で形成されまさに自然要塞なのです。

この要塞の歴史はローマ帝国の時代から始まるとの事。
門をくぐりドンドンと登っていきます。
高く上るにつれ麓の街並みが見えてきました。
それはそれはのどかな町並みです。

この要塞、私には大きな大きな2頭の像がこちらを向いて座っているように感じました。
この要塞は様々な伝説を生み出してきたのだそうです。

続いて、ババ.ビダ城を訪れました。
ブルガリアで最も規模が大きい中世のお城です。

門のなかに入り進んでいくと、視界にドナウ川とヴィディンの街並みが城壁の向こうに。
広いこの場所で王座を巡った権力争いのお芝居が披露されました。

シップに戻ったのは午後1時半頃でした。
ランチを頂きながら、アマセレーナは2時にヴィディンを出港しました。

貴族の娘ヴィダが生涯独身で守り続けたババ.ビダ城。

そのお城のあるこの街、ヴィディンをドナウの高貴な紫色の宝石、
タンザナイトとして思い出に残すことにいたしましょう。

クルージングもいよいよ終盤です。
今夜と明日のみとなりました。

船の中ではいろいろなイベントが企画されていました。
6時半からはフェアウェル、カクテルパーティです。

このパーティではアマセレーナの全クルーが紹介されました。
この時、Room makeのSilviaさんRandyさんなどの名前を覚えることができたのです。
皆さんの生き生きとした素敵な姿、カッコいい!!!

 7時からのディナーの後はDance the night(ダンスパーティ)です。
ディナーはオーストラリアからの母娘の方と一緒でした。
お母様はMarian、お嬢様はMariades。
オーストラリアのシドニーからでした。

我が家ではオーストラリアからの高校生のホームステイを何度か引き受けた事など、
日豪親善のお話に花が咲きました。

さて、ダンスタイムです。Myrian が Machiko と誘ってくれました。
二人でみんなで楽しくダンス!!!
こうして夜も更けクルーの皆さんと私たちのクルージングは
明日を残すのみとなってしまいました。

部屋に戻るとアンケート用紙とチップ用の袋が置いてありました。
アンケート用紙に、ほとんどExcelent(3つだけVery good)と記入しました。

こんなに素晴らしいクルーズを提供して下さっているのですから。
そして、チップの袋にも感謝の気持ちを入れさせて頂きました。

その時、Ama Waterways のロゴマークのある
25㎝四方のボックスに気が付きました。???
インフォメーションが入っているの???
と思いながら開けてみました。

何という事でしょう。
その箱の中にはターコイズブルーの美しいストールが入っていたのです。

えっえっえっ!!!。これってプレゼント???
直ぐにフロントに電話すると私へのプレゼントだとの事。

ドナウからのらくがき私は「凄く気に入りました。大切にします、ありがとう」とお礼を言いました。
感動です。感謝です。本当にありがとう、ありがとう。

明日の予定に目を通し、窓をめいっぱいに開けてドナウ川の風と空気を吸い込みました。
とうとうクルーズイングも明日のみとなったことが何だか、せつなくて…。



まちこ先生のドナウからのらくがき⑥ ~終日クルージング~

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき⑥ 8/25 終日クルージング


8月25日の今日は終日クルージング。
ドナウ川の美しい風景を楽しむ事ができました。
体調を崩した夫には部屋でゆっくりと休養できます。 胃腸の調子が悪い夫には、朝食とランチをルームサービスをして頂きました。
至れり尽くせりの優しいサービスです。

私のランチは幸運にもキャプテンHuek とチーフパーサーのAlxandoriaと
ご一緒に楽しませて頂きました。
とてもフレンドリーで気さくな方達です。

でも私の方は少々緊張していたのか何をお話したのか余りよく覚えていないのです。
クルーズィングを楽しんでいますかなどと言われ、もちろんですと答えたくらい…。

さて、私はデッキから、夫はお部屋から、
美しいドナウ川の岸辺の風景を楽しむ事ができました。
両岸の山々が川幅を最も狭くする場所にある、鉄の門
(セルビアとルーマニアの山脈が自然の国境となっている)、
ダキア王デケバルスの巨大な石造(ヨーロッパでもっとも高い岩の彫刻)
には圧巻でした。 ディナーは夫と一緒に頂くことができました。
皆さんが”Are you all right ?” としきりに心配してくださいます。

マイアミからのご夫妻、ミレミアムとダニエルの手招きで一緒の席になりました。
話題は健康管理。
タバコは良くない、飲みすぎは良くない、野菜が良い、
としきりに心配してのアドバイスです。

ミレミアムが夫の顔をようく見ながら、
モーガンフリーマンに似ていると言い出しました。

そして、あなたは俳優になりなさい、友人で俳優になった人がいる。
その人よりよっぽどあなたの方が良い。
みんなで大笑いです。
私もミレミアムとダニエルの写真を撮りあなた方こそ
俳優に向いているというと”Yes of course” とすんなり認め、またまた大笑いでした。

そのような間にアマセレーナはブルガリアのヴィディンに入港していました。

9時15分からブルガリアの子供たちによる民謡が披露されました。
一時間にわたって子供たちの歌と踊り、可愛かったですね。
終盤には乗客も加わって大きな輪になりみんなで掛け声をかけながらダンス。
もちろん私も。

夫の体調も良くなり、クルージングを心から楽しむ事ができました。

今日の一日をドナウの翡翠として記憶にとどめましょう。
ドナウ川その両岸、そして峡谷も濃い緑で美しかった!!!!

ドナウからのらくがき



まちこ先生のドナウからのらくがき⑤ ~ベオグラード~

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき⑤ 8/24 ベオグラード


深夜に、ノービサードを出港したアマセレーナは、ベオグラードに停泊していました。

今日の午前中の観光は難易度1(難易度1~3がある)
のベオグラード(セルビアの首都)です。

天候にも恵まれて(日中は日本の7月初旬の気温)
まず、ベオグラード要塞」へ。

それは紀元前4世紀に造られ始め、現在の要塞は18世紀以降に造られたもの。
ドナウ川とサヴァ川が合流している要衝の地、丘の上に造られています。

堀には、第一次世界大戦以降に使われた
戦車や大砲などが置かれ、重たい気分になります。
しかし、丘の最高点まで行くと、そこからの眺めはまるで
おとぎの国に紛れ込んだように美しい。

思わず、”わぁ!”の一声が。
ドナウと川とサヴァ2つの川がまるで お互いに恋い慕うように合流しているのです。

次に旧市街の中にあるサヴァ大聖堂に(世界でも最大級の正教会、
1935年に建造開始後 戦争による中断を経て今も工事中)。

白い壁と青緑色の屋根のコントラストのまぶしい事 
聖堂の手前には多くの噴水が勢いよくあふれていました。
この聖堂は高い丘の上にあり、町のどこからでも見られるのだそうです。

その後ベオグラードの中心ダウンタウンへ。
ここでは30分ほどですが自由時間がありました。
ガイドさんから、持ち物に気を付けて! とのアドバイスがありました。

ベオグラードの威厳ある建物には街の歴史の重みが感じられました。
ガイドさんにスーパーマーケットの場所を尋ねて行ってみました。
中に入ろうとするとJanaH(ヤハン)とおじ様に声を掛けられました。

スーパーマーケットではチョコレートを沢山買いました。
お安い!!! 普通サイズのチョコレートが40円位から60円位。缶ビールが60円。
ユーローは使えないのでクレジットでお支払い。
するとレジのお嬢さんもJanaH(ヤハン)と笑顔で。日本人とわかるのですね。

ベオグラード

バスで12時頃にシップに戻ってきました。
そしてランチタイムです。
夫の胃腸の調子が良くないので、ラウンジで軽食を頂きました。
ビールは頂いたものの、何も口に入らずちょっと辛そうです。

午後のツアーは私だけ行くことになりました。
彼はお部屋でTV映画(ミッションインポシィブル等)を見ながらお休みです。

午後2時過ぎ、バスで往復1時間半程の行程のキューブリック醸造所と
アヴァラ山のツアーに出かけます。

夫がいないことに気付いた方々が”What happed to your husband?” 
御主人はどうしたの?と心配して聞いてくれました。
”He needs a little rest” と答えると “Oh, OK” と納得してくれました。

キューブリック醸造所ではブランディの作り方とテイスティング。
そして素敵なブランディパーティに招待されました。
手作りのアップルパイとチーズとハムのオードブル、
どちらもブランディとよく合い美味しい事。

こちらで素晴らしいブランディをゲット。
大切な人(息子)へのお土産に。

アヴァラ山ではエレベーターでタワーのトップまで登り、
ふもとに広がる山麓の家々と遠くベオグラードの街並みを
360度の視界より満喫できました。
その光景の美しい事。
息をのみこむような美しい景色、思わずため息が出てしまいます。

ベオグラード

バスは午後6時前にシップに帰ってきました。
私は夫が心配で直ぐに部屋に向かいました。
体調不良は続いており何度か戻したようです。
持参した薬を何回か飲んだようですが…。

いままでの疲れが弱い胃腸に現れたのでしょう。
ディナーには行けず、ミルクとソフトブレッド、アイスクリームと
ビールのルームサービスをお願いしました。

フロントのAdamさんがSureと笑顔でウィンク。
レストランのJimさんが部屋まで持ってきてくれました。
夫の体調は私にも伝染しました。
食欲が引っ込んでしまいました。

ディナーの席に遅くに付いた私の我がままオーダー
(オムレツとアイスクリーム)にもCertainly と笑顔で答えてくれました。

ありがとう、Jimさん。
シェフさん、そしてAdamさん。
フロントのAdamさんに日本から持ってきたわさびビーンズ(小袋の50個入り)を
皆さんで分けてね、と渡しました。
ほんの少しでも感謝の気持ちを表したかったのです。

夜のドナウ河畔を楽しませながら、
深夜シップはベオグラードに別れを告げていくのでした。

そうですね。私はこの街ベオグラードをドナウのトパーズと名付けましょう。
トパーズの色はブランディの色ですから…。