まちこ先生の旅からのらくがき

まちこ先生のドナウからのらくがき⑧ ~ルセ~

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき⑧ 8/27 ルセ


8月27日 午前8時にシップはブルガリアのルセに到着しました。

私たちは3つの観光コースからルセ(ブルガリア)とジュルジュ(ルーマニア)、
所要時間3時間半を選びました。

ルセ(ドナウ川が国境とされジュルジュと対岸で向かい合っています)は、
19〜20世紀のバロック調とネオロココ調の建築物が有名です。
伊、独、澳、の建築家、ブルガリアの建築家らが設計した美しい建物の数々から
「小さなウィーン」と呼ばれています。

美しい「収入ビル」と呼ばれる建物には正面と屋根に並ぶ7体の像が。
芸術、学問、農業、工芸、商業、防衛、精神を象徴しているのです。

車窓からそれらの建築物を眺めながら、ルセ大聖堂に着きました。
その大聖堂は地下(BF1位)にありました。
窓がない代わりに美しいシャンゼリアが教会の中を明るく照らし出していました。


さて、これよりルセ(ブルガリア)から対岸、ルーマニのジョルジュヘ向かいます。

この2つの街を繋ぐ橋は「ルセ.ジョルジュ友好記念橋」
ところが、ルーマニアへの入国審査がとても慎重で、その時間は1時間以上にも及びました。
この時間がジュルジュでの見学にマイナスに影響してきます。

ジュルジュ町中の公園のような所で降りました。
ダウンタウンは目の前です。

本来、ここでの自由時間は60分位のはずが、15分となりました。
スケジュールどおりに行動しなければならないからです。
この時間ですと遠くへはいけません。

集合場所の近くのコンビニ位の大きさのスーパーマーケットを覗いてみました。
Myrian.とDanielも一緒です。

物価の安さに驚きました。
日本では2000円位はする大きさのスイカが70円です!!! びっくり。
でも現地通貨は持参していないので買い物はできません。

ジュルジュでは何も見れなかった、というより、
友好記念橋を渡ったと言えるでしょうか。

船も私達のツアー中にルセからジョルジュまで移動していました。
私たちを乗せたバスもジョルジュの河岸に向かいます。

ルセとジュルジュ、最も印象に残っているのは、
友好記念橋から見たドナウ川の青く美しかった事。
まさに、ヨハンシュトラウス2世の「青き美しきドナウ」です。

それにちなんでこの2つの街をドナウの宝石、
アクアマリンと呼びたいと私は思います。

ドナウからのらくがき

シップに戻ったのは1時頃だったでしょうか。
ランチを頂いた後はゆっくりとパッキングです。

夫はお殿様で何もしません。
私が一人で全部しなければならないのです。

”Your program today” のインフォメーションに添って
一つずつチェックし片づけていきます。

6時半から10時の間にシップで使ったものへの支払いとありましたが、
こういう記述も。

”For those who are paying Credit Card the settlement
will be automatically done tonight. 
You don’t need to come to the Reception”

→チェックイン時にクレジット登録されている場合自動的に今夜支払われ、
フロントに来なくても良い と。何とスマートなやり方!!!
(今年、1月の船旅、コスタビクトリアリアでは2千人が長蛇の列に並んでの支払いでした)

ディナーの時間が迫ってきたのでシャワー、メイク、ドレスアップ。
アマセレーナの最後の夜を迎える準備が整いました。
7時からLast Dinner です。

レストランに入るとすぐのテーブルでMyrian .Danielご夫妻が笑顔で手招き。
4人で最後の夜に乾杯。

それはそれは美味しいコースを頂きながら、
話題は私共が彼らの知る日本人とは全く違う! という事でした。

彼らの知る日本人はシャイでおとなしくて…。どうやら私たちは賑やかなようです。
ビジネスの話題にも。Daniel は、会社の転売。Myrianはスペイン語と英語の通訳者。

とてもうまくいっているようです。
それに引き換え私たちは,,,,。するとDaniel が売ればいいと言います。
私がアイデアを教えるよ、相談に乗るよ、と、親身になってくれてのお話です。

デザートも終わる頃、音楽が…。 
ハッピバースデイ トゥ ユー♪ ハッピバースデイ トゥ ユー♪ 
と私たちの席にケーキとピカピカキャンドルが近づいてきます。

そうだ今日は私の誕生日!!!
大勢のクルーがバースデイケーキを運びお祝いの言葉を言ってくれました。

何て幸せなお誕生日、今までで一番しあわせな誕生日。
レストランの責任者がそのケーキを4つにカットして
私達4人にプレゼントしてくださいました。

部屋に戻って窓を開けると岸辺では賑やかな若者たちや子供たちの声と姿が川岸から。

岸辺にはベンチが置かれ公園のようになっているのです。

8月27日、土曜日、夏のドナウ川をルーマニアのジュルジュの人々も楽しんでいるのですね。
私達もバルコニーからドナウ川の爽やかな風とさざ波とを楽しみました。

明日の朝9時がチェックアウトです。
いよいよアマセレーナとのお別れが迫ってきています。

ドナウからのらくがき