2019年 ゴールデンウィーク クイーン・エリザベス
日本発着クルーズ 空きがでました!!

2019年 4/28発 ゴールデンウィーク 横浜発着 7泊8日


2019年 キュナード・ライン クイーン・エリザベス 日本発着クルーズ
発売と同時にキャンセル待ちの状態でしたが、本日2/18現在空きがでました。

■4月28日(日)-5月05日(日)7泊8日 横浜発着
・オーシャンビュー EC 259,000円
・バルコニー BF 292,000円
・バルコニー BE 301,000円
・バルコニー BD 310,000円
・バルコニー BC 316,000円
・バルコニー BB 320,000円
・バルコニー BA 326,000円
・クラブ・バルコニー A2 383,000円
・クラブ・バルコニー A1 397,000円
・プリンセス・スイート P2 483,000円
・プリンセス・スイート P1 502,000円

■4月19日(金)-28日(日)9泊10日 横浜発着
・バルコニー BF お一人様:355,000円
・バルコニー BE お一人様:366,000円
・バルコニー BD お一人様:378,000円
・バルコニー BC お一人様:385,000円
・バルコニー BB お一人様:389,000円
・クラブ・バルコニー A2 お一人様:467,000円
・クラブ・バルコニー A1 お一人様:484,000円
・クイーンズ・スイート Q5 お一人様:718,000円

※2019年 2/18 23:00現在の空き状況になります。
残室が僅かですので、空き状況はすぐに変わります。

世界で最も有名な客船 クリーン・エリザベス


キュナード・ラインの始まりは1838年、カナダ人のサミュエル・キュナード氏らが
設立した大西洋の郵便輸送会社に由来。

同社は王立郵便輸送を任せられることになり、1840年に初めて「ブリタニア」が
イギリス・リバプールからカナダ・ハリファックスへ航行。

以来、大西洋航路に次々と就航させ、「クリーン・エリザベス」「クイーン・メリー」などを
擁する大西洋の客船時代を築きました。

「タイタニック」で知られるホワイトスター・ラインを統合し、
1934年から1949年までは、「キュナード・ホワイトスター・ライン」と称した時代も。

現在でも、そのホワイトスター・アカデミーで英国式の極意を学び取得し、
ホワイトスター・サービスは、受け継がれております。

その高い格式と世界最高水準のサービスで、
「豪華客船の黄金期」の雰囲気を残す、ノスタルジックなクルーズライフ。
170年以上の歴史と伝統を日本発着クルーズで体験してください。

クイーン・エリザベス

お申込みの流れ


お申込みと同時にキャンセル料がかかりますのでご注意ください。
お申込みフォーム、パスポートコピーをお願いいたします。
②ご請求書を発行いたします。
 キャンセル料がかかる時期ですので、ご入金後、手配回答いたします。

【キャンセル規定】
出港の75日前:無料 ※お振込み手数料を差し引いてご返金いたします。
出港の74~57日前:総代金の20%
出港の56~29日前:総代金の50%
出港の28~15日前:総代金の75%
出港の14日前以降:総代金の100%
※海外旅行保険に「クルーズ旅行取消費用補償特約」をお取扱しております。

2019年 クイーン・エリザベス 日本発着クルーズページへ

クイーンエリザベス


ホーランド ウエステルダム 日本寄港 船内レポート 

■ホーランド・アメリカ・ライン ウエステルダム■


2018年 10月17日(水)大阪港にウエステルダムが寄港。
ホーランド・アメリカ・ラインの日本寄港では、フォーレンダム、アムステルダムの6万トンクラス。
今回は、一回り大きな8万トンクラス。
この船が来年2019年日本発着クルーズを行います。

クルーズは、設備はどの船も同じようなもので、その設備を何人で使うかです。
スモールシップになる程、乗客が少なく、混雑しなくなります。

このクルーズ会社、ホーランド・アメリカ・ラインは全15隻。
どの船も10万トン以上はありません。
最新の船、コーニングスダムで99,500トン。
それ以上大きな船ではサービスが行き届かないとの理由です。

今回、一回り大きな船でのメリットは、ベランダ客室が多数造られており、
お手頃な代金でベランダ付に乗船することができます。
6万トンクラスのベランダは、スイート以上になるので、その分代金が上がります。

昨年2017年に改装されており、船の隅々綺麗です。
シックな色使いで、落ち着いた大人の雰囲気がホーランドでしたが、
ウエステルダムは、改装により、落ち着いた雰囲気を残しつつ、
スタイリッシュなデザインも融合されてます。
悪く言えば、地味でしたが、いたる所に最新鋭の設備も取り入れているので、
やっぱりホーランドは良いと乗ってみてつくづく思いました。
他の船とは何かが違います。

ホーランド ウエステルダム 船内動画


■ホーランドをおすすめする理由■


高額なラグジュアリー船と比べれば、断然ラグジュアリーの方が良いのに決まってます。
ホーランドは、カジュアル船と比べそれほど高くありません。
コースによれば、カリブ海などは、カジュアルと同代金もあります。
ホーランドはコストパフォーマンスが断然に良いのです。

客層は高めで、アメリカ人が約70~80%と圧倒的に多く、至って普通の客層です。
何も気をつかい、肩肘を張るような感じはないので、
我々日本人が乗っても何も気をうかうことはありません。

夜23:00には船内ひっそりと静かになり、夜が早い印象です。
それ以降でも楽しめる施設は多数あります。
この落ち着き感が大好きなのです。
「フー!!」と、いう人もホーランドでは見たことがありません。

客層が雰囲気、旅の良し悪しを左右します。
ホテルでも、船でも同じですが、船の場合、さらに重要です。

クルーは、殆どがインドネシア人。
インドネシアにクルーズ専門学校があり、そこをでてホーランドへクルーとして乗船します。
すれ違ったら、笑顔で挨拶をしていただけます。
他のお手軽な船では、乗客とクルーとの対比が少なく、
とにかく忙しくしている為、それどころでないという感があります。

メインダイニングの料理は、他船とそれほど変わらなく、
飛びぬけている感はありませんが、普通に美味しくいただけます。

他船との違いは、ビュッフェレストラン。
ラグジュアリー船以外は、ビュッフェは、毎日殆ど同じメニュー。
1週間のクルーズでは、最後の方は飽きがくるのは否めません。
ホーランドでのビュッフェで飽きがきにくいのは、
日替わりでフェア料理があります。
今日は、インド料理、中華料理、日本料理など、いろいろと工夫してます。

そして何より、ビュッフェでは、サーブしていただける点です。
ビュッフェでは、各自好きなように自分で取るので、
どうしても料理がグジャグジャになって、
半分を過ぎると、見るだけで食欲が失せます。
ホーランドは、各ブースにクルーがサーブすますので、
綺麗なまま、お皿にとりわけていただけます。

■2019年 日本発着クルーズはこの船で!!■



来年、2019年春 このウエステルダムで日本発着クルーズが2コース設定されてます。 
横浜発着 14泊15日 神戸、大阪から乗船も可能です。

A 2019年 3月31日(日)-4月14日(日)
B 2019年 4月14日(日)-28日(日)

クルーズ代金 Cruise Rates

キャビンカテゴリー A 3/31発 14泊15日 B 4/14発 14泊15日 C 3/31発 28泊29日
内側客室 185,000円 198,000円 388,000円
海側客室 245,000円 268,000円 488,000円
ベランダ客室 288,000円 298,000円 568,000円
シグニチャー・スイート 398,000円 418,000円 798,000円
ネプチューン・スイート 838,000円 848,000円 1,548,000円
ポートチャージ $300 $300 $600
諸税 $135 $200 $335

ホーランドのコースで、7泊8日のコースは少なく、
殆どが10泊以上のコースになります。
日本人にとって7泊はロングクルーズと感じても、
欧米では、7泊はショートとしてとらえる方が多いのです。
乗船して馴染んできた頃には下船。
一般的な7泊では、同グループ船会社のプリンセス・クルーズに任せる方針です。

例年、ホーランドの日本発着では、日本人が1割くらいの乗船です。
殆どが北米の方ですので、日本発着でも船に入れば外国の雰囲気。

クルーズ初めての方でも日本人コーディネーター乗船してますので、
ご安心して乗船していただけます。

ブロックして押さえてますので、各カテゴリーに現在空きがあります。
ご予約お待ちしております!!

HAL ウエステルダム 2019年【春】横浜発着クルーズ 14泊

ホーランド・アメリカ・ラインをより詳しく


クイーン・エリザベス 2020年 横浜発着クルーズ
7/02(月)発売開始!

2020年 ゴールデンウィーク 横浜発着 7泊8日


2020年 キュナード・ライン クイーン・エリザベス 日本発着クルーズ
4コース設定。
①4月11日(土)-20日(月)9泊10日 187,000円~ 
②4月20日(月)-29日(水)9泊10日 187,000円~
③4月29日(水)-5月06日(水)7泊8日 154,000円~
④5月06日(水)-15日(金)9泊10日 179,000円~

7月02日(月)に発売開始します。
既に日本以外では発売されてますが、日本マーケットでは、
例年すぐに完売しますので、このような発売開始日を設けております。
来年の2019年は、既に完売しキャンセル待ちをお受けしております。

特にゴールデンウィークのど真ん中、
③4月29日(水)-5月06日(水)7泊8日 154,000円~
こちらのコースが人気が集中します。

早くの予約が、キャビン、代金、全てにおいてお得です。

世界で最も有名な客船 クリーン・エリザベス


キュナード・ラインの始まりは1838年、カナダ人のサミュエル・キュナード氏らが
設立した大西洋の郵便輸送会社に由来。

同社は王立郵便輸送を任せられることになり、1840年に初めて「ブリタニア」が
イギリス・リバプールからカナダ・ハリファックスへ航行。

以来、大西洋航路に次々と就航させ、「クリーン・エリザベス」「クイーン・メリー」などを
擁する大西洋の客船時代を築きました。

「タイタニック」で知られるホワイトスター・ラインを統合し、
1934年から1949年までは、「キュナード・ホワイトスター・ライン」と称した時代も。

現在でも、そのホワイトスター・アカデミーで英国式の極意を学び取得し、
ホワイトスター・サービスは、受け継がれております。

その高い格式と世界最高水準のサービスで、
「豪華客船の黄金期」の雰囲気を残す、ノスタルジックなクルーズライフ。
170年以上の歴史と伝統を日本発着クルーズで体験してください。

クイーンエリザベス

事前予約 お受けしております


まずは、お名前(パスポートスペル)、生年月日をお願いいたします。
7月02日(月)発売日にご予約できましたら、
ご請求書をお送りいたします。
お申込み金20%。
残金は75日前までにお願いいたします。

【キャンセル規定】
出港の75日前:無料 ※お振込み手数料を差し引いてご返金いたします。
出港の74~57日前:総代金の20%
出港の56~29日前:総代金の50%
出港の28~15日前:総代金の75%
出港の14日前以降:総代金の100%
※海外旅行保険に「クルーズ旅行取消費用補償特約」をお取扱しております。

2020年 クイーン・エリザベス 日本発着クルーズページへ
こちらをクリック

クイーン・エリザベス


コスタ・ネオロマンチカ 8-11月 クルーズ代金値下げ

■コスタ・ネオロマンチカ 2018年8~11月 太平洋周遊クルーズ 代金値下げ■


2018年 8月31日~11月19日出港の太平洋周遊クルーズにつきまして、
クルーズ代金を値下げいたします。

・すでに予約しているお客様のクルーズ代金についても、新価格が適用されます。
・付帯サービス(ドリンクパッケージ等)は変更ありません。
 -コンフォート クラシック=ドリンク@ミール
 -コンフォート プレミアム=オールインクルーシブドリンク
 -エレガント オールインクルーシブドリンク、マンマトラットリア1回無料、
  サムサラスパ2日利用
・早期割引はなくなり、いつでも新価格が適用となります。
・「もういちどネオロマンチカ割引」の割引額は変更ありません。

※適用開始:4月6日(金)からのご予約で適応します。

 コスタネオロマンチカ 日本発着 太平洋クルーズ 8~11月 新料金表
 
コスタネオロマンチカ 日本発着 太平洋クルーズ 8~11月 ページへ

■4月~6月太平洋クルーズ 早期割引延長■


3月31日までとしております、4月~6月出港 太平洋クルーズにつきまして、
4月30日のご予約まで適用となります。

対象出港日
4月21・22日、28・29日、
5月6・7日、13・14日、19・20日、27・28日、
6月3・4日、10・11日、16・17日、
6月24日

コスタネオロマンチカ 日本発着 太平洋クルーズ 4~6月 ページへ


2020年GW 横浜発着クルーズ クイーン・エリザベス

■クイーン・エリザベス 2020年 横浜発着 4コース■


オリンピックイヤー2020年に、クイーン・エリザベスによる
日本発着クルーズを4コース運航。
過去最長となる延べ35日間、日本に配船することを発表しました。

2019年の横浜発着クルーズ2コース運航に続くもので、
ゴールデンウィーク期間を含む春から初夏にかけて
クイーン・エリザベスによる美しい日本を巡るクルーズ。

2020年の日本発着クルーズは、横浜港を母港とし、
4月11日(土)から5月15日(金)の期間、花々や新緑の美しい
季節の日本を周遊する4コース。

日本人も参加しやすい、9泊10日を3コース、
ゴールデンウィークの7泊8日を1コース運航します。
クイーン・エリザベス初寄港となる清水、舞鶴、福岡、宮崎(油津)を加え、
韓国を含む全15港に寄港します。

横浜発着クルーズの後クイーン・エリザベスは5月15日横浜港を出航し、
初寄港となる小樽を経てアラスカクルーズの拠点、バンクーバーへ向かいます。

各寄港地では日本を再発見し、船内ではボールルームダンス、優雅なガラ・ナイト、
洗練された英国のアフタヌーン・ティーなど
キュナードならではの特別な船旅をご体験いただけます。

クルーズ代金は、ゴールデンウィーク8日間は内側客室145,000円から、
10日間は内側客室168,000円からご用意しています。

予約開始は、2018年7月02日(月)を予定しております。

コース詳細 こちらから
2020年 クイーン・エリザベス 横浜発着クルーズページへ

■キュナードについて■


キュナードは、世界中でいつまでも心に残る体験を提供することで有名な、
イギリスのラグジュアリー・クルーズ・ラインです。

1840年以来、北大西洋での客船運航において常にリードし、
2015年には記念すべき175周年を祝いました。約2世紀に渡り、
大西洋航路のパイオニアであり続けるキュナードは、
まさに世界のクルーズ・ラインです。

キュナードでは、洗練された食事、厳選されたエンターテインメント、
優れたサービスなどを体験していただけます。
5ツ星クラスのレストラン、ルームサービス、ゲストスピーカーによる講演、
ライブラリー、映画に至るまで、乗客の皆さまに忘れがたい体験をしていただけるよう、
きめ細やかなサービスを提供。

キュナードは現在、クイーン・メリー2、クイーン・エリザベス、クイーン・ヴィクトリアの
3隻を保有し、ヨーロッパ、カリブ海、アジア、オーストラリア方面に就航しています。

2017年には、4隻目の客船が2022年に就航することを発表しました。
1998年以来の4隻同時就航を予定しています。

キュナードは、イギリス・サウサンプトンにあるカーニバル・ハウスに拠点を置き、
1998年よりカーニバル・コーポレーションの傘下に入っています。

クイーン・エリザベス