お客様が初めてのクルーズへ

■昔からのお客様■


私が20歳過ぎの頃、飛び込みで行ったお客様。
あれから約25年経ちますが、今でもお世話になってます。

建設会社で、社内旅行、個人旅行、何でも言っていただきます。
そこの会長、社長には仕事だけでなく、家族のようなお付き合いをさせていただいてます。

私が初めて車を買った時も、嬉しくて嬉しくて、
真っ先に見せに行き、「よく頑張ったな」と言っていただき、
(それまでは3万円の中古原付で営業)
カンボジアへ行く時は、会長が高級ふぐ料理の後、高級クラブへ。
カンボジア滞在中には、会長の娘さんが遊びに来てくれたり、
帰って来てからも、以前と変わることなくお世話になってます。

会長宅は豪邸ですが、質素で、堅実で、派手なところは一切ない方です。
本人は言いませんが、大分苦労されているんだろうと想像します。

その方の会社の額にあった「金のなる木」
昔から会社にあり、私がいつも真剣に見るので、
もう一枚あるからといって、1枚いただきました。(もう10年前以上)

金のなる木

金のたまる人
1.感謝の生活をする人
2.収入以下の生活をする人
3.夫婦仲の良い人
4.金や物を大事にする人
5.健康に心懸ける人
6.独立自尊心の強い人
7.仕事を趣味とする人
8.一事につらぬく人
9.常に節約をする人
10.儲けをあてにせぬ人

金のたまらぬ人
1.常に不平不満を云う人
2.見栄を張り贅沢する人
3.夫婦仲の悪い人
4.物や金を粗末にする人
5.悪友を持つ人
6.依頼心の強い人
7.道楽の多い人
8.三日坊主の人
9.常に浪費をする人
10.一攫千金の夢を見る人

徳は元、財は来るぞよ徳つめば
 金は自由になるものと知れ

まさしく、会長は金のたまる人です。

以前、会長とお話していたら、こんなエピソードを聞きました。
この話に衝撃を受けました。

今から、25年程前、奥さんが集まりで、車を運転し帰宅中、
前の車に当たったかわからない程のコツンとやってしまいました。

後日、むち打ちになり、体が動けなく、仕事できない。
補償しろと、しつこく言ってきました。

会長は関りたくないので、
「いくら欲しいんだ。300万で気が済むか」
と言ったら、相手の驚いた後の嬉しさを隠したなんともいえない醜い卑しい顔。
その時の顔を今でもハッキリ覚えて忘れられない。

結局、それ以上に保険金がおり、金銭的には何も損害はなかったとの事。

数年後、取引先の方と、こんな事があったと話したら、
そいつの名前〇〇!?
なんと、その取引先の親戚にあたる人でした。

その人は、それ以前、以後もそんなことばかりやっていたらしく、
逆に追い詰められて、数年前に自ら命を絶ったとの事です。

■初めてのクルーズ■


私は約10年前からクルーズをやり始めました。
その時、初めにお誘いしたのが会長です。
レジェンド・オブ・ザ・シーズ シンガポールクルーズをご決定いただき、
クルーズ第一号になりました。

後日、キャンセルの連絡が。
長距離の飛行機もクルーズも体調が不安で自信がない。
船も好きになれない。

船と言っても、目的地へ移動のフェリーじゃなく、楽しむのが目的のクルーズ。
体に自信がないからこそのクルーズじゃないですかと、
説得しましたが、キャンセルに。

私がクルーズをおすすめするには訳がある。
10年間言い続けました。
今回、初クルーズをご決定いただきました。

私が一番おすすめしている、オーシャニア・リビエラでの、地中海クルーズ。
10/30~11/10 11日間 ローマ~モンテカルロ 

クルーズキャビンはペントハウススイート。

飛行機は、エミレーツ航空のビジネスクラス。
A380 機内ではファースト、ビジネスクラス専用のバーがある機材。

ローマのスペイン階段近くのホテルに1泊。
下船のモンテカルロでは停泊。

私がおすすめする最高の客船に、最高の移動、最高のコース。

当初、会長ご夫妻のお申込みでしたが、
二人は心配なので、娘さんもお申込みいただきました。

昨日、娘さんからメールをいただきました。

森本さん
いつもお世話になっています。
今は、フランス、サントロペにいます。
ナイトショー鑑賞前です。
明日は、とうとう最終地のモンテカルロになってしまいました。
日本人コーディネーターさんにもお世話になりながら、無事過ごしています。
旅行も、後数日ですが、楽しんで帰りたいと思います。
珍道中のお土産話を楽しみにしてくださいね^_^

今現在、モンテカルロ09:00。
丁度今、下船する頃で、専用車でエズ村を観光してニース空港へ。
明日の16:55関西空港到着です。

どうか最高の思い出になりますように。

上海

約25年前、そのお客様の社内旅行で上海へ添乗。


HAL アムステルダム 世界一周クルーズ 大阪港寄港

ホーランド・アメリカ・ライン ms アムステルダム 大阪港寄港


2017年2月12日(日)113日間 世界一周クルーズで大阪港に寄港。

2014年に改装して、船内はさらに洗練された雰囲気。
船内のいたる所に飾られた花は、造花でなく、
全て生花を使っているのも、ホーランドのこだわりの一つ。

また、絵画もいたるところにあり、動く美術館と言われるほど。

船内は落ち着いた色合いで、大人の雰囲気の客船。
夜が早く、23:00には船内が、ひっそりとします。

静かすぎる。もっと吹き抜けがあって、賑やかな方がいいという声も、
かなり多くのお客さんがおっしゃいますが、
私は、これが好みです。

料理は飽きることがなく、船内での堅苦しさは全くなく、
客層、雰囲気も丁度よい具合。

海側客室以上にバスタブが付いているのも、ありがたい。

代金のバランスを考えて、この内容は、サービス、設備、料理、
どれをとっても、いちおしのクルーズ船です。

ms アムステルダム
総トン数:62,735トン 全長:237.84m 幅:32.25m
乗客数:1,380人 乗組員数:615人 就航年:2000年

ホーランド・アメリカ・ライン ms アムステルダム 2017年2月12日(日)大阪港


横浜発着クルーズ ホーランド・アメリカ・ライン ms フォーレンダム


今回のms アムステルダムと同型船のフォーレンダムが、
日本発着(横浜発着)クルーズコースがあります。

今年は、2か月後の、
・2017年4月11日(火)-25日(火)14泊15日

そして、来年度のコースが発表されました。
・2018年4月11日(水)-25日(水)14泊15日 
横浜発着 ~瀬戸内海クルーズ~

瀬戸内海クルーズは、コストがかかり、なかなかありませんが、
来年の日本発着では、瀬戸内海クルーズが決定してます。
また、帰りに大阪に寄港します。
大阪でも下船できますので、関西のお客様は、さらに楽になります。

2017年のコースは、発売後、満室になってましたが、空きが出てきました。
また、フラッシュレート(直前割引)もでてます。

フラッシュレート(直前割引)
・内側客室:$1,499-
・海側客室:$1,799-
・ラナイ(共用ベランダ):$3,199-
・ビスタスイート(ベランダ):$3,499-
・ネプチューン スイート(ベランダ):$8,499-

日本語コーディネーター乗船なので、言葉の心配もなく、
ホーランドのグレードの客船で、日本発着でゆっくりのんびりの旅。
初めてのクルーズの方にも安心して楽しめるコースです。

2017年 フォーレンダム 横浜発着クルーズ 14泊15日

2018年 フォーレンダム 横浜発着クルーズ 14泊15日


私の一押しクルーズ

クルーズで一番のおすすめ オーシャニアクルーズ


現在、世界には約200社のクルーズ会社があります。

ちなみに日本は、3社3船。
・ぱしふぃっくびいなす 日本クルーズ客船株式会社
・にっぽん丸 商船三井客船株式会社
・飛鳥Ⅱ 郵船クルーズ株式会社

今回、日本船を除く、数ある外国船でどれがよいのか。

お客様からクルーズ旅行の相談されて、
まず、ホーランド・アメリカ・ラインをおすすめしてます。

料理、サービス、ホスピタリティ、設備、客層。
全ては代金に比例しますが、
このホーランド・アメリカ・ラインは、代金に対して、それ以上の内容です。
特に毎週、こちらのブログで公開してます、
フラッシュレート(直前割引)は、恐ろしいほどお安く、
クルーズをもっと身近に行けるように発信してます。

船内は、落ち着いた色を使い、落ち着いた雰囲気。
客層が少し高めか、夜が早い。
23:00には、船内ひっそりとします。
もちろん深夜まで空いているバーなどあります。
私はこの方が好みですが、
お客さんによっては、もっと夜遅くまで楽しみたいという方は、
物足りなく感じます。

もう1ランク船のクラスを上げたら、
毎食毎食が美味しいので、夕食が楽しみになります。

そして、クルーのレベルの高さ。
例えば、客室の掃除は、ベッドの下の見えない所まで。
タオルアートをやるよりも、こちらの方が断然ありがたいです。

客層がよくなるので、殆どの乗客がにこやかに挨拶します。
船も大きくないので、行動が似た乗客とよく会うようになり、自然な出会いも。

代金とのバランスを考えて、私が一番おすすめする船会社。
それは、「オーシャニア・クルーズ」です。

2011年建造のマリーナ、2012年建造のリビエラは、
6万トンクラスで、程よい大きさです。

レストランは、メインダイニング、ビュッフェレストラン。
その他のスペシャルレストランも、
イタリアン・レストラン、フレンチ・レストラン、
ステーキ・レストラン、アジアン・レストランがあり、
クルーズ代金に含まれているので、チャージなし。

また、おすすめポイントが、フリーシーティング。
ディナーは、大型船の場合、2回転が殆どです。
(ホーランドは2回転ですが、フリーシーティングを予約時に選べます)、

オーシャニアは、好きな時に、いつでも行くことができます。
また、二人席も可能です。
イメージでは二人でゆっくりとディナーですが、
特にお手軽なクルーズでは、不可能です。
4~10人のテーブルで、他のお客様と一緒になります。

クルーズでは、フォーマルナイトがありますが、
この船会社は、正装不要が売りです。
もちろんお洒落をして正装の方もいらっしゃいますが、
イブニングドレスを着ていても、浮くことはありません。

オーシャニアクルーズの特典


今回、オーシャニア・リビエラ、オーシャニア・マリーナのコースを、
2017~2018年 68コースを作成しました。

全てのコースに、キャンペーン特典があり、
●船内でのインターネット使用無制限(1アカウント)
それにプラス、3つの中から1つ選択。
❶ 船会社主催のショアエクスカーション 4~8回 
❷ ハウスビバレッジパッケージ(昼・夕食時にワイン、ビール、シャンパンがフリー) 
❸ 船内で使える$400-~$800-のオンボードクレジット

さらに、特別キャンペーンがあるコースでは、上の特典にプラスして、         
●お申込金50%割引
●$250-ボーナスシップボードクレジット

秋の地中海クルーズは、$1,000-ちょっとから設定があるので、狙い目です。
このコースにも上記の特典が付きます。

オーシャニア・クルーズでもかなりのコースがあります。
ご希望をお伺いしましたら、最適でお得なコースをご提案します。
お気軽にお問合せください!!

オーシャニア・クルーズ さらに詳しく。
オーシャニア・クルーズ コース一覧