最短2泊で行ける ハロン湾クルーズ⑤ ~バンコクへ~

■タイ・バンコクへ■


ハノイからたったの2時間でタイ・バンコク。
大好きなタイがすぐ近くにあるのに行かないなんて辛すぎる。
帰りにバンコクに寄ってから帰ります。

ハノイ・ノイバイ空港からタイ・ライオン航空にタイ・バンコクへ。
ベトナム人の団体ツアーが殆どで、機内はどんちゃん騒ぎ。
初めて飛行機に乗る方が殆どだったみたいで、離陸・着陸時には大騒ぎ。
タイ人CAは、ベルトの付け方を一人一人説明し、呆れる表情でしたが、
楽しい2時間を過ごしました。

バンコクでは4泊。
今回の旅行では、ハロン湾クルーズとバンコクのダブルメインイベント。
バンコクのホテルは、定宿の「エータス・ルンピニ」。
以前から気になっていた、「タイパンホテル」を初めに1泊だけします。

スクンビット・ソイ23にあり、ロケーションがよい。
周辺には、レストランも多く、
BTSアソーク駅、地下鉄スクンビット駅から10分かからない。

ホテルは、ザ・中級ホテル。
一番下のカテゴリーのスーペリアルームでも38㎡。
ジム、サウナがあるのが嬉しい。
大分、老朽化してますが、不快さはありません。

夕食は「ジャスミン・レストラン」で北京ダック。
スクンビット・タイムズスクエア4Fにある中華レストラン。
今まで違う有名店に行っていたのですが、
近年、テーブルに小さなゴキブリ発生率100%。
いかなくなり、ジャスミンに約18年ぶりにいきました。

バンコクに来たら、北京ダックは外せない。
一羽丸ごとなので、存分にいただけます。
身の部分は違う料理で選ぶことができます。
一羽800バーツ=約3,000円でいただけます。

バンコクで北京ダックが美味しいのは、
身を残さず、皮だけをパリパリにいただけます。
身があると、油ぽくて数枚しか食べれません。

翌日、ホテルを変えて「エータス・ルンピニ」へ。
このブログでいつも紹介しています。
地下鉄ルンピニ駅がすぐ横にあり、
部屋の広さがデラックス42㎡。シャワー、バスタブがセパレート。
NHKプレミアム、どの部屋も見晴らしがよく、サウナはいつも貸切状態。
朝食まあまあ。
豪華さはないが、機能的です。

■バンコクの美味しいもの■


バンコクでの楽しみは食べること。
無性に焼肉が食べたくなりタニヤ「叙苑」へ。
日本では食べれなくなったユッケもいただけます。

お腹いっぱいなのに、どうしても日本のラーメンが食べたくなり「らあめん亭」へ。
醤油ラーメン、ニンニク焼き飯。 翌日の夕食は、タイ海鮮料理 ラチャダピセーク「ソンブーン」。
プーパッポンカリーはタイに来たなら一回は食べたい。 こうして振り返ったら、食べる事しかない。
それも、いつも殆ど同じ店。

■バンコクの楽しみ■


エータス・ルンピニに泊まる楽しみのひとつが、
ルンピニ公園まで信号待ちを含めて徒歩10分。

起床し毎朝ルンピニ公園に行きます。
1週2km、軽く走って約20分。
名物オオトカゲが遊歩道を横切ります。

ホテルに戻り、お風呂に入り、朝食。
サウナでこの旅行の為に、とっておきの本を読書をして、プールに入るのを繰り返し。
部屋に戻り、火野正平「にっぽん縦断 こころ旅」の垂れ流しを見る。
高層ビルのバンコクの景色を見ながら、大きな机でひと仕事。
夕方、お腹が空いてきたら、その時の食べたいものを食べに行く。

これが私の至福の時。

今回、ベトナム料理が美味しく、
明日、12/31からベトナム・ホーチミン、ムイネへ
美味しいものを食べに行ってきます。

ベトナム・ハロン湾クルーズ&タイ・バンコク ③ハノイ~バンコク


私の旅のスタイル

いつもブログにお越しいただきありがとうございます。

「私の職歴」3回位で終わる予定が、現在8回になり、まだまだ続きます。
今回は、私の旅のスタイルを語ります。

ブログでも書いたように、タイが大好きです。
それはカンボジア滞在時に、タイへの憧れから来ているのだと思います。
今でも、時間があれば気軽に行きたい。

タイはどのような旅のスタイルでも楽しめます。
リッチな旅でも、貧乏旅行でも、
家族旅行でも、女性だけの旅でも、男だけでも、
旅のバリエーションが豊富なので、誰でも楽しめるのです。

私はタイに行ったら、何もしません。
以前は、中級ホテルマニアでしたが、今は、そこそこのホテルを利用します。
ローカル5スターで、1万円前後です。
1泊/1万円でリッチな気分を味わえます。

現在、利用しているホテルは、
バンコクなら、「アエタス ルンピニ」。

ルンピニ公園前にあり、地下鉄ルンピニ駅も徒歩2分。
比較的新しく築5年位?
部屋の広さは下のグレードでも42㎡。
ロビーの重厚感、スタッフのホスピタリティは、全くありませんが、
ホテルで寛ぐには十分です。

お金を出せば良いホテルはたくさんありますが、
コストパフォーマンスのバランスを考えたら、一押しのホテルです。

朝起きて、朝食前にルンピニ公園を歩きに行きます。
公園には、朝早くからたくさんの人が、ジョギング、ウォーキングを楽しんでます。
1週約2.5Km。
2週歩き、ホテルに戻ったら丁度、1時間半。
シャワーを浴び、朝食へ。
朝食は普通の可もなく不可もないレベル。
朝食後は、上層階のプールへ。
ここのお勧めは、なんといっても、プールの横の階段から降りたサウナ。
いつ行っても誰もいません。
女性の方も、いつ行っても誰もいないとのことです。

ここのサウナに、本を持って行って、思いっきり読書ができます。
サウナ10分を3セットの後、プールへ。
ここのプールは狭いですが、あまり人もいなく、
デッキチェアでのんびりできます。
そして、サウナへ、10分を2セット。

部屋へ戻り、休憩。
海外のホテルでは、NHKは、ワールドとプレミアムの2種類があります。
ワールドは、英語放送で、何も面白くないですが、
プレミアムでは、日本のNHK放送がほとんど同じ様に放映されてます。
いつも、火野正平が自転車に乗って日本全国を走る番組がやってます。
ついつい見入ってしまいます。

年末年始にホテルを予約される場合、
NHKワールドとNHKプレミアムにはこだわります。
日本にいたら、紅白歌合戦は見ませんが、
海外で見る紅白歌合戦は格別です。

タイでは、日本より2時間遅く、
夕方、レストランへ美味しいものを食べ、ホテルに戻り、
ビールと美味しいおつまみで、ゆっくり紅白歌合戦を見ます。
紅白が終わり、日本では年越し。

タイはまだ22:00。
23:00頃から伊勢丹へ、カウントダウンへ。
派手な花火でカウントダウン。

ホテルにより、NHKワールドとNHKプレミアムがあり、
おすすめのアエタス ルンピニは、もちろんNHKプレミアムです。

部屋には、大きなデスク。座り心地よい椅子があり、
WIFIもガンガン通じますので、仕事もはかどります。

高層階で、ルンピニ公園とバンコクの高層ビルを見ながら、
仕事するのはなんとも贅沢な気分です。

シャワー、バスタブがセパレート。
お湯もしっかりとでます。

朝食はしっかり食べるので、昼はあまり食べません。
しっかりと仕事をしたら、17:00~18:00頃。
そろそろ夕食へ。
歩いて、タニヤ・パッポンまで約15分。
その途中で屋台でアイスコーヒーを飲みながら散策。
ソンブーン・スリウォン店(タイ海鮮料理店)へも徒歩圏内。
ここでは、
空芯菜、春雨サラダ、イカ団子(ハニーソース)、名物・カニのカレー炒め。 帰りにパッポンを冷やかし、2時間のタイ・マッサージ。
ホテルへ帰り、高層階のバーで夜景を見ながらカクテル。

あまりお金を使うことなく、贅沢な気分になれます。

明日も早起きをして、ルンピニ公園へ歩き、全く同じパターン。
夕食は、大上海酒店へ北京ダックを食べに行こう。

これが何よりの、私の楽しみ。