アマ・ウォーターウェイズ 運航再開

■ アマウォーターウェイズ ヨーロッパのお客様向けにクルーズを再開 ■



アマウォーターウェイズは衛生と安全手順を強化し、
アメリカのリバークルーズ会社としては、初めてヨーロッパ在住のお客様向けに
2020年7/21より運行再開しました。

船は数々の輝かしい賞を受賞しているアマ・クリスティナ号。
上級副社長でアマウォーターウェイズ社の共同オーナーであるクリスティン・カーストは、
「多くの国では依然として旅行制限を設けていますが、今回ドイツの有力旅行社e-Hoi社と
共同でヨーロッパ在住のお客様向けに運航を開始しました。
強力な衛生安全プロトコール(手順)を構築、これを実践することにより、
お客様が安心してリバークルーズをお楽しみいただける証明となります。」と述べています。

■ アマウォーターウェイズの衛星安全手順 ■


アマウォーターウェイズ社では、EU衛生ゲートウェイガイドライン、
米国疾病対策センター(CDC)、世界保健機関(WHO)、欧州リバークルーズ協会
(IGリバークルーズ)、及びその他公的機関の詳細な推奨事項を反映しています。

衛生安全の手順は、アマウォーターウェイズクルーズの定評ある温かくフレンドリーな
サービスを提供しながら、お客様とクルーの健康を保護することを目的としています。
上記各機関の規則に基づいて、乗船前に健康状態について問診を受けていただき、
乗船中はお客様とクルー全員が毎日体温のチェックを受けます。
クルーは最新の詳細なトレーニングを受けており、各船には定められた手順が
実践されているかを監督する公衆衛生担当官が乗船します。

■ アマウォーターウェイズの船内とサービス ■


通常の定員はおよそ150名様ですが、
現在コロナ対策の規則でAMAの乗客は最大100名までに。
クルーは常にマスクを着用し、またお客様も船内を移動する時はマスクの着用を
お願いしております。
メインレストランと、サブレストランである「シェフズテーブル」は、
定員に余裕を持たせているので広々としており、必要なソーシャルディスタンスに対応。
新しいルームサービスも追加されました。

船内のラウンジエリアにはアクリル板の仕切りを設け、
上陸観光中も無線レシーバーを利用し、ソーシャルディスタンスを保ちながら
ガイドの話しを聞くことができます。
通常の観光に加え新鮮な空気に溢れたハイキングやサイクリングツアーなど
多彩なツアーが選択でき、しかも料金はかかりません。

船内の換気についてはファンコイル式のキャビン別冷暖房装置を装備しており、
キャビンと公共エリアでの空気の再循環はありません。
ほぼ全てのキャビンには新鮮な空気いっぱいのバルコニーがあり、
お客様はリラックスしたり、広々としたサンデッキで川風を受けて
両岸の素晴らしい景色をお楽しみ頂けます。

■ アマウォーターウェイズの決意 ■


カースト上級副社長は続けます。
「私たちは18年前にアマウォーターウエイズを創業して以来、
すべてのお客様にラグジュアリーで本格的で刺激的なリバークルーズを
提供することに情熱を傾けてきました。
アマのクルーズ中に経験できるお客様同士やクルーとのつながりと温かいサービスは
私たちにとってこれまで同様もっとも重要ですが、それに加えて新しい衛生と安全の手順が
お客様にさらなる安心をもたらすと確信しております。」

アマウォーターウェイズ ページへ