シルバーシー 2025年ワールドクルーズ 東京出航 !

2025年のワールドクルーズは東京出航!
136日間で30カ国、59の寄港地をめぐるクルーズ

シルバーシー・クルーズより2025年のワールドクルーズが発表されました。

2025年1月13日に東京から出航する136日間のワールドクルーズは、
今年就航した新造船シルバー・ドーンで運航されます。

「コントロテンポ」のコンセプトで、新しい季節に世界で最も象徴的でまた人跡未踏の寄港地を訪れ、
地元の人々や最も魅力的な物語を紹介し、没入型の体験ができるクルーズです。

33回のオーバーナイト寄港、7回の特別イベント、3回のランドプログラム(オプション)、
19回の初寄港を含むワールドクルーズは、旅慣れたシルバーシーのゲストに新しい没入感を与えることでしょう。

東京からパリまで、世界で最もアイコニックな都市に加え、シルバーシーワールドクルーズでは初めてとなる
遠隔地も旅程に含まれる予定です。

この旅は10の区間に分かれています。
•東京~香港 1月13日~1月27日
•香港~シンガポール 1月27日~2月07日
•シンガポール~ムンバイ 2月07日~2月24日
•ムンバイ~イスタンブール 2月24日~3月16日
•イスタンブール~ナポリ 3月16日~3月25日
•ナポリ~リスボン 3月25日~4月03日
•リスボン~サウスハンプトン 4月03日~4月12日
•サウサンプトン~ストックホルム 4月12日~4月30日
•ストックホルム~レイキャビク 4月30日~5月13日
•レイキャビク~ニューヨーク 5月13日~5月29日

【デッキプラン】シルバー・ドーン 【デッキプラン】シルバー・ドーン
シルバー・ドーン SILVER DAWN
乗組員数    411名
乗客定員    596名
総トン数    40,700トン
全長      212.8m
全幅      27m
巡航速度    19.8ノット
就航      2021年

ベネチアンソサエティメンバーの方の予約はすでに受付を開始しており、
一般の予約受付は8月02日(火)より開始いたします。

シルバーシー・クルーズ ページへ

東京での休日

ポナン・ロストラル乗船前の東京


フランスの美食船 ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ
2016年 10月11日(火)ー14日(金)

クルーズ乗船前の10/09から東京に2泊しました。
ホテルでゆっくりとする為、大浴場・サウナ付のホテルを選択。

最上階の展望大浴場から、富士山が見えるとの事。
スチームサウナ付。
残念ながら、富士山は見えなかったが、ホテルニューオータニの全景が見れました。
これがオリンピックに間に合わせた最上階の廻るレストランか!
これが日本を代表する御三家ホテルの一つか!
と感動しました。 夜は、ニューオータニ、国会議事堂を散策。
陳 健一 氏の四川飯店の店が近くにあるとのことで、行ったら休み。
近くのラーメン屋で夕食。

皇居翌朝、ホテルからすぐの場所に皇居があり、
走る人が多いとの事で、私も走りました。

クルーズでは、船内のジムで、毎日運動をします。
その為、スニーカー、半袖、半パン、水着は必需です。

一周約5km。丁度良い距離で、平坦な道。
気持ちよく走っていたら、途中から長い登り坂。
すぐに登りも終わると思ったら、全体の1/3は続きました。

ホテルをチェックアウトし、翌日のクルーズ乗船の為、
東京港に一番近いホテル「晴海グランドホテル」へ移動。

今日は、何も予定がなく、どこに行こうかも考えてません。
東京といえば、東京タワー、浅草、上野動物園が思いつき、
まずは上野動物園に。

数年前、神戸の王子動物園に行き、
その時、ゴリラ、オラウータンが面白く、ずっと見ていても飽きなく、
今回、一日中飽きるまでゴリラ、オラウータンをずっと見てみたい。

とんだ誤算でした。
ここは東京。それも祭日で行楽日和。
ごった返し、人を見に行ったようなものでした。
並んでも一瞬しか見ることができません。
すぐに退園しました。
20161010_151933○上野動物園 休憩する所もない程の混雑ぶり

約20年ぶりに浅草へ。

浅草に来たなら、天丼とそばをどうしても食べたく、
店を間違えたのか、美味しくなくハズレ。
ホテル近くの中華料理で食べなおし。ここが何を食べても美味しかった。

東京港10月11日(火)クルーズ乗船日。
早朝、ホテルの周辺をジョギング。
シャワーを浴びて朝食へ。
ホテルチェックアウトが11:00で、ポナン乗船の15:00まで、
月島へぶらぶら散策。
カット1,300円の散髪屋へ。
5分で終了。でも綺麗にしていただきました。

もんじゃストリートなるものがありましたが、
どうしても、坦々麺と麻婆丼が食べたく、
ホテル近くの晴海晴海トリトンスクエアのフードコートへ。
赤坂飯店の坦々麺と麻婆丼をいただきました。

ホテルで荷物をピックアップし、東京港・晴海ターミナルへ。
晴海グランドホテルから徒歩で10分。
いよいよ乗船です。


クルーズ乗船の為、東京へ

東京 一極集中


フランスの美食船 ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ
2016年 10月11日(火)ー14日(金)

本来のコースは、金沢 10/05~大阪 10/14の9泊10日。
今回、東京~大阪の3泊4日を区間乗船。

東京港出港は、10/11(火)21:00。
週末から連休なので、東京で2泊してからクルーズに乗船。

10/09(日)に大阪・伊丹から飛行機で羽田へ。

クルーズをやる前は、東京に来ることは殆どなかったのですが、
現在、半数以上が東京のお客様の為、
東京にはちょくちょく来るようになりました。

羽田空港上空から見る東京のビル群。
ニューヨーク、上海なんか比べ物にならない位、巨大です。
その規模に圧倒されます。

日本の人・物・金が全て東京に集中してます。
その他の地方がどんどん過疎化していく。

危機管理から人口の1/10以上になったら、赤信号といわれますが、
首都圏はとっくに超えてます。

東京に並ぶ第二の都市を!


東京に次ぐ、第二の都市。
私は、アジアの玄関口として、福岡を推します。

2020年のオリンピックも東京と福岡が立候補した際、
この国の将来を考えた場合、断然福岡。

国内のオリンピック候補地は、福岡でなく東京に決まり。
一回やっているのに、日本は東京しかないのでしょうか。

その時の利権だけでなく、既得権益に縛られなく、
その先の日本のビジョンを示し、その方向性を導き、実行するリーダーを待望します。

福岡が将来、長期的に首都圏に並ぶ都市に。
すぐに動け、具体的なのは、大阪です。

大阪は、世界の中心の一つである、ロンドンと同規模なのです!
ロンドン 1,600k㎡ 830万人
大阪   1,800k㎡ 880万人

私の旅行業では、近年「MICE」とよく聞きます。
MICE
Meeting 会議
Incentive 報奨・研修旅行
Convention 国際会議
Exhibition 展示場

大阪に国を挙げてのMICEを作り、世界の大都市と競い合う。
MICEさらには、IR:統合型リゾートも
(ホテル、シッピング、カジノ、博物館など)
東京以外にも、世界の大阪もあり、この国がよりよく発展していく。

各国、招致に競い合ってます。
アジア・オセアニアの国際会議 2013
シンガポール175
ソウル125
北京105
バンコク、シドニー93
香港 89
東京 79
京都 43
大阪 20

大阪都構想で、大阪市民にに賛成・反対を問う、2年前に行った住民投票。
これ以上ないタイミングでした。
大阪だけの問題ではなく、この国の未来を問う問題でした。

結果はNO!
この時は、全身の力が抜けました。


ポナン・ロストラル 東京発~清水入港

昨夜 10/09(火)21:30 東京港・晴海埠頭から出港し、
今朝、08:00 清水港入港しました。

一昨日から東京は肌寒く、半袖は私だけ。

大阪を10/09(日)に出発しましたが、それまで大阪は30℃超え。
半袖が当たり前の気候でした。
それが翌日からの東京では、気候が変わり、半袖は皆無。
ブルブル震えるほどの寒さでした。

今日は、天気が良く、暖かな気候です。
富士山を見ながら、三保の松原を通り、清水港入港。
入港時、和太鼓のセレモニー。
素晴らしい寄港地です。

今回のポナン・ロストラルは、フランスの客船で、1万トンの小型船。
毎日が豪華フレンチのフルコース。

こちらが何も言わなくても、向こうから声をかけていただけるサービス。
小型船なので、どこに行くにも混み合うことはありません。

やはり大型船とは、全然違うもので、
小型船は、客層からサービスからす全てが違います。

明日、10/13(水)新宮(和歌山)
明後日、10/14(木)大阪で下船。
3泊4日のクルーズですが、しっかり楽しみます!!

ポナン