ホーランド ウエステルダム 日本寄港 船内レポート 

■ホーランド・アメリカ・ライン ウエステルダム■


2018年 10月17日(水)大阪港にウエステルダムが寄港。
ホーランド・アメリカ・ラインの日本寄港では、
フォーレンダム、アムステルダムの6万トンクラス。

今回は、一回り大きな8万トンクラス。
この船が来年2019年日本発着クルーズを行います。

クルーズは、設備はどの船も同じようなもので、その設備を何人で使うかです。
スモールシップになる程、乗客が少なく、混雑しなくなります。

このクルーズ会社、ホーランド・アメリカ・ラインは全15隻。
どの船も10万トン以上はありません。
最新の船、コーニングスダムで99,500トン。
それ以上大きな船ではサービスが行き届かないとの理由です。

今回、一回り大きな船でのメリットは、ベランダ客室が多数造られており、
お手頃な代金でベランダ付に乗船することができます。
6万トンクラスのベランダは、スイート以上になるので、その分代金が上がります。

昨年2017年に改装されており、船の隅々綺麗です。
シックな色使いで、落ち着いた大人の雰囲気がホーランドでしたが、
ウエステルダムは、改装により、落ち着いた雰囲気を残しつつ、
スタイリッシュなデザインも融合されてます。
悪く言えば、地味でしたが、いたる所に最新鋭の設備も取り入れているので、
やっぱりホーランドは良いと乗ってみてつくづく思いました。
他の船とは何かが違います。

ホーランド ウエステルダム 船内動画


■ホーランドをおすすめする理由■


高額なラグジュアリー船と比べれば、断然ラグジュアリーの方が良いのに決まってます。
ホーランドは、カジュアル船と比べそれほど高くありません。
コースによれば、カリブ海などは、カジュアルと同代金もあります。
ホーランドはコストパフォーマンスが断然に良いのです。

客層は高めで、アメリカ人が約70~80%と圧倒的に多く、至って普通の客層です。
何も気をつかい、肩肘を張るような感じはないので、
我々日本人が乗っても何も気をうかうことはありません。

夜23:00には船内ひっそりと静かになり、夜が早い印象です。
それ以降でも楽しめる施設は多数あります。
この落ち着き感が大好きなのです。
「フー!!」と、いう人もホーランドでは見たことがありません。

客層が雰囲気、旅の良し悪しを左右します。
ホテルでも、船でも同じですが、船の場合、さらに重要です。

クルーは、殆どがインドネシア人。
インドネシアにクルーズ専門学校があり、そこをでてホーランドへクルーとして乗船します。
すれ違ったら、笑顔で挨拶をしていただけます。
他のお手軽な船では、乗客とクルーとの対比が少なく、
とにかく忙しくしている為、それどころでないという感があります。

メインダイニングの料理は、他船とそれほど変わらなく、
飛びぬけている感はありませんが、普通に美味しくいただけます。

他船との違いは、ビュッフェレストラン。
ラグジュアリー船以外は、ビュッフェは、毎日殆ど同じメニュー。
1週間のクルーズでは、最後の方は飽きがくるのは否めません。
ホーランドでのビュッフェで飽きがきにくいのは、
日替わりでフェア料理があります。
今日は、インド料理、中華料理、日本料理など、いろいろと工夫してます。

そして何より、ビュッフェでは、サーブしていただける点です。
ビュッフェでは、各自好きなように自分で取るので、
どうしても料理がグジャグジャになって、
半分を過ぎると、見るだけで食欲が失せます。
ホーランドは、各ブースにクルーがサーブすますので、
綺麗なまま、お皿にとりわけていただけます。

■2020年/2021年 日本発着クルーズはこの船で!!■



2020年春・秋、このウエステルダムで日本発着クルーズが3コース設定されてます。 

●2020年 春 ウェステルダム
横浜発着 14泊15日 神戸、大阪から乗船も可能です。
日本人コーディネーター乗船
A 2020年 3月28日(土)-4月11日(土)沖縄・台湾 
B 2020年 4月11日(土)-25日(土)日本周遊・ロシア

●2020年 秋 ノールダム(ウェステルダム姉妹船)
横浜発着 14泊15日 沖縄・台湾・済州島
2020年 10月12日(月)-26日(月)

●2021年 春 ノールダム(ウェステルダム姉妹船)
横浜発着 14泊15日
A 2021年 3月27日(土)-4月10日(土)沖縄・台湾
B 2021年 4月10日(土)-24日(土)日本周遊・ロシア

ホーランドのコースで、7泊8日のコースは少なく、
殆どが10泊以上のコースになります。
日本人にとって7泊はロングクルーズと感じても、
欧米では、7泊はショートとしてとらえる方が多いのです。
乗船して馴染んできた頃には下船。
一般的な7泊では、同グループ船会社のプリンセス・クルーズに任せる方針です。

例年、ホーランドの日本発着では、日本人が1割くらいの乗船です。
殆どが北米の方ですので、日本発着でも船に入れば外国の雰囲気。

クルーズ初めての方でも日本人コーディネーター乗船してますので、
ご安心して乗船していただけます。

2020年春コースは、ブロックして押さえてますので、各カテゴリーに現在空きがあります。
ご予約お待ちしております!!

HAL ウエステルダム 2020年【春】横浜発着クルーズ 14泊

HAL ウエステルダム 2020年【秋】横浜発着クルーズ 14泊

HAL ウエステルダム 2021年【春】横浜発着クルーズ 14泊

ホーランド・アメリカ・ラインをより詳しく


お客様の声 HALマースダム 横浜発着クルーズ

■ホーランド・アメリカ・ライン マースダム 横浜発着クルーズ■


2019年 7月31日~8月14日 14泊15日 神戸乗船~横浜下船。

お客様からお便りいただきました。

本当に嬉しくありがたいです。
この仕事をやっててよかったと思える時です。

HAL日本発着クルーズ


ホーランド 8/14 横浜発着 特別料金:海側148,000円

■HAL マースダム 8/14-28 横浜発着 日本周遊・ロシアクルーズ■


落ち着いた大人の雰囲気のホーランド・アメリカ・ライン。
船内どこに行くにも導線のよい55,000トンのマースダム。
コストパフォーマンス、サービス、クルーのホスピタリティ、設備、料理。
どれをとっても弊社一押しのクルーズです。

8/14-28 横浜発着 日本周遊&ロシアクルーズ 14泊15日
海側客室の特別料金がでました。

– クルーズ日程:2019年 8月14日(水)-28日(水) 14泊15日
– 客船:ホーランド・アメリカ・ライン マースダム
– コース:横浜発着 日本周遊・ロシア
– クルーズ代金:海側客室 248,000円 ⇒ 148,000円
※諸費用が別途必要です。
・ポートチャージ:US$300-、諸税:US$395-、船内チップ:US$189-
※通常のキャンセル規定とは異なり、ご予約完了後、全額返金出来ない条件となります。

スケジュール Schedule

 2019年【夏】 日本発着クルーズ
日 程
寄港地(国名)
入港
出港
8/14(水)
横 浜(日本)
22:00
8/15(木)
清 水(日本)
08:00
14:00
8/16(金)
神 戸(日本)
11:00
23:00
8/17(土)
高 松(日本)
08:00
17:00
8/18(日)
高 知(日本)
08:00
16:00
8/19(月)
~終日クルージング・関門海峡通過~
8/20(火)
金 沢(日本)
11:00
23:00
8/21(水)
~終日クルージング~
8/22(木)
ウラジオストク(ロシア)
06:00
18:00
10
8/23(金)
~終日クルージング~
11
8/24(土)
コルサコフ(サハリン/ロシア)
07:00
18:00
12
8/25(日)
小 樽(日本)
11:00
18:00
13
8/26(月)
函 館(日本)
11:00
18:00
14
8/27(火)
~終日クルージング~
15
8/28(水)
横 浜(日本)
07:00

ホーランド・アメリカ・ライン
145年の歴史と伝統を誇る優雅な大人のクルーズライン
 洋上の美術館といわれる素晴らしい美術品の数々、温もりを感じさせる上質な
 インテリアとサービスで、欧米の旅行雑誌等で数多くの受賞に輝いた
 世界トップレベルのクルーズラインです。
 優雅で品格のある大人の船旅をお届けします。

オランダ王室のロイヤルファミリーが命名も
 1873年にその前身であるネールランドアメリカ汽船として設立。
 数々の名船を航海させたホーランドアメリカライン。
 オランダ王室とのゆかりも深く、近年の客船では2016年に「コーニングスダム」を
 オランダ王室のマキシマ王妃が命名、2008年に「ユーロダム」をベアトリス女王が命名。
 格調高いクルーズ会社として信頼される存在です。

ダイニングスタイルを選べる多彩なワールドクラスの食事
 ワールドクラスの料理人が監修した選べるダイニングスタイルで、
 世界の美食を味わえるホーランドアメリカライン。
 最高級のレストランの「ピナクルグリル」(予約制・有料)、
 完璧にグリルされたブリオッシュバーガーなどが楽しめる「ダイブ・イン」など
 バラエティ豊かなグルメをどうぞ。

 ホーランド・マースダム 2019年【夏】横浜発着クルーズ


ホーランド・アメリカ ~今週のお買い得情報~
2019年 6/13配信

フラッシュレート 直前割引


しばし休止させていただいておりました★今週のお買い得情報★
情報提供のご希望を多くいただき、再開させていただく事といたしました!

2019年度のお買い得は何と言ってもアラスカクルーズです。
アラスカクルーズのパイオニアで、当地の航海は70年以上の歴史がある
ホーランドアメリカライン。

アラスカクルーズに一度は出掛けたい!という方がいらっしゃいましたら、
一番のおすすめホーランドアメリカラインです!

今週の注目コース
■6/29発 モントリオール~ボストン ザーンダム カナダ&ニューイングランド 8日間
内側:$389- ベランダ:$419-
モントリオール~セントローレンス河クルージング~ケベックシティ~セントローレンス湾クルージング~シャーロットタウン/プリンスエドワード島~シドニー~ハリファックス~バーハーバー~ボストン

■6/30発 シアトル発着 オーステルダム アラスカ 8日間
内側:$459- 海側:$519- ベランダ:$729- シグニチャースイート:$1,499- 
シアトル~ジュノー~ハバード氷河クルージング~シトカ~ケチカン~ビクトリア~シアトル

■7/06発 シアトル発着 ユーロダム アラスカ 8日間
内側:$549- 海側:$599- ベランダ:$799- ネプチューンスイート:$3,499- 
シアトル~ジュノー~グレーシャーベイ国立公園クルージング~シトカ~ケチカン~ビクトリア~シアトル

アラスカ

フラッシュレート ホーランド・アメリカ・ライン
 
フラッシュレートとは?
出発間際にお得な料金形態”フラッシュレート”が発表されます。
通常のプロモーションよりもさらにお得な料金です。

条件があり、ご予約後24時間以内に全額をお支払い。(クレジットカード不可)
お支払後は、全額払い戻し不可。
フラッシュレートのお申込みはお早目に!
 
フラッシュレート詳細はこちらをクリック

 HALお買い得情報 2020年 6/13配信

ホーランド・アメリカ・ラインをより詳しく

ホーランド・アメリカ・ラインの最新客船

ホーランド・アメリカ・ライン
ms コーニングスダム Koningsdam

ワンランク上のプレミアム・クルーズ客船
創業140年以上の歴史ある船会社ホーランド・アメリカ・ライン
の新造船として2016年春にデビュー。
重厚な雰囲気が特徴だった今までの客船とは一線を画し、
明るいスタイリッシュな船内デザイン。


2020年 HAL ウエステルダム 横浜発着クルーズ

■2020年 日本発着クルーズはこの船で!!■



2020年春 ホーランド・アメリカ・ライン ウエステルダム
今年の春に引き続き来年、日本本発着クルーズが2コース設定されてます。 
横浜発着 14泊15日 神戸、大阪から乗船も可能です。

A 2020年 3月28日(土)-4月11日(土)沖縄・台湾クルーズ
B 2020年 4月11日(土)-25日(土)ウラジオストク・日本周遊クルーズ

クルーズ代金 Cruise Rates

 A 2020年 3/28-4/11 沖縄・台湾クルーズ 15日間(お一人様代金)
キャビンカテゴリー 2名1室 1名1室
内側客室 218,000円 393,000円
海側客室 268,000円 483,000円
ベランダ客室 338,000円 676,000円
シグニチャー・スイート 468,000円 936,000円
ネプチューン・スイート 858,000円 1,716,000円
ポートチャージ $300 $300
諸税 $175 $175
 B 2020年 4/11-25 ウラジオストクと日本周遊クルーズ 15日間(お一人様代金)
キャビンカテゴリー 2名1室 1名1室
内側客室 238,000円 428,000円
海側客室 288,000円 518,000円
ベランダ客室 358,000円 716,000円
シグニチャー・スイート 488,000円 976,000円
ネプチューン・スイート 888,000円 1,776,000円
ポートチャージ $300 $300
諸税 $220 $220

ホーランドのコースで、7泊8日のコースは少なく、
殆どが10泊以上のコースになります。
日本人にとって7泊はロングクルーズと感じても、
欧米では、7泊はショートとしてとらえる方が多いのです。
乗船して馴染んできた頃には下船。
一般的な7泊では、同グループ船会社のプリンセス・クルーズに任せる方針です。

例年、ホーランドの日本発着では、日本人が1割くらいの乗船です。
殆どが北米の方ですので、日本発着でも船に入れば外国の雰囲気。

クルーズ初めての方でも日本人コーディネーター乗船してますので、
ご安心して乗船していただけます。

ブロックして押さえてますので、各カテゴリーに現在空きがあります。
ご予約お待ちしております!!

HAL ウエステルダム 2020年【春】横浜発着クルーズ 14泊

ホーランド・アメリカ・ラインをより詳しく

■ホーランド・アメリカ・ライン ウエステルダム 船内レポート■


過去、ホーランド・アメリカ・ラインの日本寄港では、
フォーレンダム、アムステルダムの6万トンクラス。
ウエステルダムは、一回り大きな8万トンクラス。
来年2020年日本発着クルーズを行います。

クルーズは、設備はどの船も同じようなもので、その設備を何人で使うかです。
スモールシップになる程、乗客が少なく、混雑しなくなります。

このクルーズ会社、ホーランド・アメリカ・ラインは全15隻。
どの船も10万トン以上はありません。
最新の船、コーニングスダムで99,500トン。
それ以上大きな船ではサービスが行き届かないとの理由です。

今回、一回り大きな船でのメリットは、ベランダ客室が多数造られており、
お手頃な代金でベランダ付に乗船することができます。
6万トンクラスのベランダは、スイート以上になるので、その分代金が上がります。

昨年2017年に改装されており、船の隅々綺麗です。
シックな色使いで、落ち着いた大人の雰囲気がホーランドでしたが、
ウエステルダムは、改装により、落ち着いた雰囲気を残しつつ、
スタイリッシュなデザインも融合されてます。
悪く言えば、地味でしたが、いたる所に最新鋭の設備も取り入れているので、
やっぱりホーランドは良いと乗ってみてつくづく思いました。
他の船とは何かが違います。

ホーランド ウエステルダム 船内動画


■ホーランドをおすすめする理由■


高額なラグジュアリー船と比べれば、断然ラグジュアリーの方が良いのに決まってます。
ホーランドは、カジュアル船と比べそれほど高くありません。
コースによれば、カリブ海などは、カジュアルと同代金もあります。
ホーランドはコストパフォーマンスが断然に良いのです。

客層は高めで、アメリカ人が約70~80%と圧倒的に多く、至って普通の客層です。
何も気をつかい、肩肘を張るような感じはないので、
我々日本人が乗っても何も気をうかうことはありません。

夜23:00には船内ひっそりと静かになり、夜が早い印象です。
それ以降でも楽しめる施設は多数あります。
この落ち着き感が大好きなのです。
「フー!!」と、いう人もホーランドでは見たことがありません。

客層が雰囲気、旅の良し悪しを左右します。
ホテルでも、船でも同じですが、船の場合、さらに重要です。

クルーは、殆どがインドネシア人。
インドネシアにクルーズ専門学校があり、そこをでてホーランドへクルーとして乗船します。
すれ違ったら、笑顔で挨拶をしていただけます。
他のお手軽な船では、乗客とクルーとの対比が少なく、
とにかく忙しくしている為、それどころでないという感があります。

メインダイニングの料理は、他船とそれほど変わらなく、
飛びぬけている感はありませんが、普通に美味しくいただけます。

他船との違いは、ビュッフェレストラン。
ラグジュアリー船以外は、ビュッフェは、毎日殆ど同じメニュー。
1週間のクルーズでは、最後の方は飽きがくるのは否めません。
ホーランドでのビュッフェで飽きがきにくいのは、
日替わりでフェア料理があります。
今日は、インド料理、中華料理、日本料理など、いろいろと工夫してます。

そして何より、ビュッフェでは、サーブしていただける点です。
ビュッフェでは、各自好きなように自分で取るので、
どうしても料理がグジャグジャになって、
半分を過ぎると、見るだけで食欲が失せます。
ホーランドは、各ブースにクルーがサーブすますので、
綺麗なまま、お皿にとりわけていただけます。