クルーズでの食事

旅の楽しみは「食」


クルーズでは、代金に食事が含まれております。
3食はもちろんの事、小腹がすいたら、いつでも用意しております。

【ディナー】
基本は、メインダイニング。
メニューは、毎日変わり、
前菜、スープ、メイン、デザートが各3-5種類から選べます。

私は、最近では量を控えるようにしてますが、
以前は、前菜を2品注文したり、
メインを2品、魚料理と肉料理を頼んで食べてましたが、
クルーズを降りたら、3kg増!
いくら運動をしても、食べ過ぎ状態。

今では、普通の量を注文します。
それで満腹になり、夜お腹がすくことはありません。
それでも夜中に小腹がすいたら、リド(ビュッフェ)で、
サンドイッチ、フルーツ等が用意されてます。

【ディナーテーブル】
通常、テーブル・席が決まっており、クルーズ中はずっと同じ席になります。

2回制で、1回目(メイン・シーティング):18:00頃~
2回目(セカンド・シーティング):20:30頃~
から選ぶことができます。
日本人、アメリカ人はメイン・シーティングが多いのですが、
ヨーロッパの方は、セカンド・シーティングを好みます。

最近、船会社では、フリーシーティングの設定が多くなってます。
レストランの営業時間中、お好きな時間に自由に行けます。
私は、いつもフリーシーティングをリクエストし、
好きな時間にいけるようにしてます。

テーブルは、2、4、6、8、10人以上用があり、
お手軽なカジュアルクラスでは、殆ど2人用はなく、
他のお客様と相席が基本です。
船がよくなるにつれ、2人用が多くなるイメージです。

船会社によっては、全てのお客様がフリーシーティングもあります。

【メインダイニング以外のレストラン】
メインダイニング以外も、リド(ビュッフェ)、スペシャリティ・レストランがあります。

他のレストランに行く場合、
メインダイニングのテーブル・席は、そのまま取っておりますが、
特に連絡する必要はありません。
お好きにその日の気分でレストランを選ぶことができます。

【スペシャリティ・レストラン】
船により、さまざまなレストランがあります。
イタリアン、フレンチ、アジアン、寿司など。

テーブルチャージ $20~50-別途必要ですが、(船会社によっては込み)
お好きなメニューを注文いただけます。
メインよりも食材、雰囲気が良く、代金以上の価値があります。

テーブル・席が決まっているのは、ディナーのみ。
朝食、ランチは、お好きなレストランに行くことができます。

旅の楽しみは、なんといっても「食」です。
各船会社、料理を競っており、顧客獲得の為、奮闘してます。

やはりクルーズ代金と料理も比例してきます。
大型船では、何千人も乗船するので、細やかなサービスはできません。
その為、大型船はカジュアルクラスになります。

ステーキの焼き加減では、大型船では殆ど不可能です。
そもそもカジュアル船では、焼き加減等を聞く料理はでてきません。

代金が高くなるにつれ、食材、サービス、盛り付け等も変わります。
例えば、出てくるロブスターでも、
見た目は同じでも、殻と身の部分が丁寧にカットされていたり、
まず、食材が良いので何を頼んでも美味しい。

クルーズ船=豪華客船といいますが、
どの船会社を選ぶかによって、全てが変わります。
私は、行先・方面以上に、どの船会社にするのかの方が重要です。

代金が高くなれば、内容も良くなるのは当たり前ですが、
代金のバランスを考え、少しの差で全く違うような内容になる場合があります。
それを提案し、予想以上の満足いただけるのが私の使命です。


プリンセス・クルーズ サブ・レストラン カバーチャージ(席料)が改定

プリンセス・クルーズの船内サブレストランにて、
カバーチャージ改定のお知らせが参りました。

●改定カバーチャージ(席料/お一人様分)

スペシャリティ・レストラン名 従来のご案内料金 新改訂料金
サバティーニ(イタリアン) 25USドル 29USドル
クラウン・グリル 25USドル 29USドル
スターリング・ステーキハウス 25USドル 29USドル
バイユーカフェ&ステーキハウス 25USドル 29USドル
シェア・バイ・カーティス・ストーン 39USドル 39USドル
クラブジャック 20USドル 29USドル
フォンデュ 20USドル サービス終了
・上記ご案内価格は13歳以上のお客様に適応されます。
・3歳以上12歳以下のお子様は、上記価格の50%となります。
・2歳以下のお子様は無料でご利用いただけます。


プリンセス・クルーズ