最高級最新船 シルバー・ミューズ 船内レポート

■シルバー・ミューズ 日本初寄港■


現在、最高級ラグジュアリー船は、主に3社あります。
・シーボーン・クルーズ
・リージェント・セブンシーズ・クルーズ
・シルバーシー・クルーズ

2019年10月01日 シルバーシー・クルーズの最新船
「シルバー・ミューズ」が大阪に寄港しました。

3社の違いは、シーボーン・クルーズ、リージェント・セブンシーズ・クルーズは、
アメリカ資本の船会社に対して、
シルバーシー・クルーズは、イタリア人オーナーが1994年に創設。
ヨーロピアンスタイルでアメニティもブルガリなどイタリアンブランドを提供。
船内インテリアも細部にイタリアのセンスの良さを感じます。

シルバーシーの年齢層は、現役世代が目立ち、
国別乗客は、アメリカ・カナダ:50%、ヨーロッパ:30%、オセアニア15%、その他:5%。
シーボーン、リージェントはアメリカ人で約80%。

シルバー・ミューズのレストランは8か所。
メインダイニングをなくして、その分、レストランの選択がふえました。
・イタリアン
・ステーキグリル
・フレンチ
・シーフード&グリル
・アジアン
・ピッツェリア
・インターナショナル
・日本料理 夜は鉄板焼き。
お部屋でダイニングメニューのルームサービスが可能です。

船内に入ってみて、以前のシルバーシーの客船と比べて明るい印象です。
船内のデザインはスタイリッシュ。
インテリアは細部にまでこだわっているのが分かります。

ダイニング8か所もあり、全てメニューが違います。
日本料理は、日本人が行ったら不評とのこと。
お勧めはフレンチ(別途カバーチャージ$60-)
120日前からウェブサイトからダイニングの予約ができます。
かなり人気があり、良い時間は取りにくいので、早めのご予約をおすすめいたします。

料理は、綺麗に立体感のある盛り付け。
日本人にはちょうどよい量。
以前いただいた時より、時代の流れか薄味になっている感があります。
味付け、スモールポーションのリクエストも可能です。

シルバーシーがなぜおすすめなのか
・オールスイート・・・客室はすべて海を望み、(ミューズは全ベランダ付)
 ゆったりとしたバスタブを備えるスイート仕様。
 内側客室の設定がないので、廊下が広く、圧迫感がありません。

・オールインクルーシブ・・・旅行に行ったら、予想外の費用がかさみます。
 お飲み物、船内チップなどが含まれますので、
 予算を気にすることなく存分に贅沢ができます。

・全てのお客様にバトラーサービス・・・クルーズ船では唯一全客室にバトラーが付きます。
 日本でいえば仲居さんが、きめ細やかなサービスを提供いたします。

・パーソナライズサービス・・・乗客一人に対してクルー一人の割合。
 3日も乗れば、お名前でお呼びし、お飲み物の好みが分かります。

・細部にいたるまでの究極のこだわり・・・9種類の枕からお好みを選択。
 アメニティはブルガリ、エトロのバスローブ、リネンは王室御用達のプラテージ。

・世界最高評価の6スター+・・・大型客船と同様の設備、名門ホテルのようなサービス。
 数々の賞を受賞しております。

シルバーミューズに乗船してみて、4万トンはちょうどよい大きさでです。
船内スタイリッシュなデザインで、大型船並みに設備があり申し分ないです。
8つのダイニングがあるのも面白いです。
7泊のクルーズではまわりきれません。

クルーズ代金は、7泊で2千ドル台(カリブ海)から設定があります。
オールインクルーシブなので、計算をしたら、
他のクルーズと変わらない金額です。
他のコースでも、10万円位の高くなりますが、満足感は雲泥の差です。
10万円の差でしたら、断然こちらの船をおすすめいたします。

シルバーシー・クルーズ ページへ

シルバー・ミューズ 船内動画

シルバー・ミューズ
総トン数:40,700トン 全長212.8メートル 全幅:27メートル
乗客定員:596名 乗組員数:411名 就航:2017年


50歳の決意

■50歳を迎えて■


9月25日で50歳になりました。
想像する50歳のイメージとは、かけ離れています。
以前から「きっといつかは」を頼りに頑張ろうとやってきました。

40代なかば位から、「きっといつかは」は、やってこないのに気づきました。
バラ色のいつかは幻想で、今を生きるしかない。
今が幸せと感じなければ、一生幸せに気付かない。

先が見えて、人生は思っている程長くなく、
自分の力の限界が分かる時期だと思います。

■時代の流れ■


ここ数年、旅行業の在り方が加速して激変してます。
クルーズ以外にも一般の旅行も取り扱いしてますが、
国内旅行では、社内旅行がメインです。

この仕事に携わって約29年。
その時からのお客さんは、殆どが国内団体旅行。
人の結びつきで、信頼しあい決めていたのが、今ではそうもいきません。
ここ数年、数社相見積もりをとり、アンケートを取って決めるようになりました。

会社では、以前は若い方が発言するのは容易ではありませんでしたが、今の時代は違います。
なぜ休日に手当も出ない旅行に参加しなければならないのかと、はっきり言ってきます。
以前から思っていても言えなかった。
何か言おうものなら、パワハラを盾にするので、若い社員に気を遣うそうです。

例えば、相見積もりなら、3社から各3~5コース。
9~15の宿泊箇所を約2週間仮押さえします。
その間、宿泊箇所は予約が取れなく、問合せがきてもお断りすることになります。
ローシーズンの平日であれば、問題ないと思いますが、
ハイシーズンの週末では、いい旅館はすぐにおさえられてます。
取引があるバス会社も満車です。

50軒以上、旅館、バス会社に問合せ、
今まで(約20年以上)行ったところにデータを調べ、
やっと空きがあるところで仮押さえ、そしてコース作成。
長年お付き合いのお客様は、既存のコースは既に行ってますので、
時間、観光地、昼食場所、全てを一から調べてコースを作成。
いくら慣れているとはいえ大変な作業で、1週間その作業で時間をとられます。

相見積もりなので、他社を含めて合計15コース以上。
15からの相見積もり、それもきつい日を2週間仮押さえしてください。
そんなことを旅館に言えないです。
団体旅行を受け入れる旅館はどんどん潰れ、個人相手の格安旅館が流行ります。

その相見積もり競争に参加して、決まるコースは1つです。
旅行業の利益は売り上げの1割。薄利です。
そもそも国内団体旅行に値段の大差はありません。
値段だけの相見積もり、安売り合戦に参加していては存在価値が問われます。

ただ、以前からお世話になっているお客様から、見積依頼があれば、
無下にお断りすることができません。
どういう風にいえば、相手の気分を害することなくというのが課題です。

時代は変わって行きます。
歴史をみたら、世の中は全てに良い方向に変わっていきます。
より合理的に、みんなの意見を尊重する。
要らないものは淘汰される。

予約は安いネットで。旅行会社は無料観光案内所的な役割に。
この人の為ならの浪花節は通用しない時代になっています。

■転機■


そんな時代の流れとは逆行しますが、
私はこの人の為ならを貫きたい。

数年前、このブログを見て連絡をいただいたお客様。
その時、クルーズをお申込みいただき、
昨年には大阪へお越しいただきました。

今回、リバークルーズをお申込みいただき、
この旅行が何の心配もなく、より楽しくなるように説明をするべく、
その方に会いに小田原へ行きました。

食事をご馳走になり、夜遅くまでいろんなお話をしていただきました。
すぐ近くに、大手旅行会社のクルーズデスクまであるのに、
遠く離れた大阪の私に手配していただく。こんな嬉しいことはありません。

小田原に1泊。今回の目的は、その方に会いに行ったのですが、
東京まで1時間かからないので、約1年半ぶりに東京に行きました。

今、クルーズをお申込みいただいてるのは、6割以上が首都圏です。
ご挨拶にお伺いしたいのですが、クルーズは個人旅行。
ご自宅までは、相当仲がよくならないと、なかなか行くことができません。

前回、東京に行った時、たまたま入った理髪店。
市ヶ谷駅徒歩3分のサイトウヘアーサロン。
40年以上経営されています。

初めて出会ったのに、昔から知り合いのように接していただいて、
いろいろと教えていただきました。
東京にオフィスを構えるなら、方角はこちらが良い。こちらはダメ。
東京は人口が多いから、大阪より楽にできる。
(マスターの謙遜でそんなことありません)

今回どうしても会いたくて、お伺いしました。
1年半前に1回だけ行ったのに、名前、クルーズをやっている事、
全てを覚えていただいてました。

散髪をしながら、今回もいろんなお話をしていただきました。
50歳の誕生日にお伺いして、正直に今の思いを打ち明け、
「きっといつかは」を頼りに頑張ろうとやってきたけど、
先が見えて自分の力の限界が分かったこと。
目標はあるけど夢がない。

するとマスターは、
50~60歳が一番面白い。
20代からコツコツ種まきをしていたのが、50からは収穫の時期。
貴方だったら、しっかりと種まきしているので収穫できる。
大丈夫!!と肩を叩かれました。

話をしている時、常連さんが横の席に。
〇〇さんは、クルーズが好きで先週までクルーズで旅をしていた方と紹介され、
聞いてみると、「ザ・ワールド」で世界最北端ゴルフ場のグリーンランドでプレイしてきた。

「ザ・ワールド」といえば、通常のクルーズではなく、
分譲マンションのように販売され、自宅感覚で居住、自由に乗降できる。
厳しい身元審査、購入は資産10億円以上といわれてます。
どこを航海しているのかは非公開。

もちろん私はそんな方にお会いしたことがありません。
そんな普通の人が、横で普通に散髪し、私と同じ金額を支払っている。

マスターは、ここにはこんな方がたくさん来るのでこれから紹介していくよ。
全てが桁違い。想像を超えます。
日本は、お金、人、全て集まって東京に集中してます。

マスターから、ありがたいお言葉をいただき東京に2泊。
あるクルーズの日本総代理店が、
大阪の弊社に来社する連絡があったので、私の方からお伺いしました。

その方は、10月でクルーズ事業を止めると事。
薄利な上、これだけ競合が増えたらやる価値はなくなったとの理由です。

ただその方は凄いのは、このクルーズで培った人脈を生かし、
また全く違う業界で既に起動している事。
誠実な方で、人を大事にします。
お金は大事な手段。
その前に人を大事にすれば、道は開ける。
その方は、今から新たなスタート。輝いて見えました。
これからは違う業種になりますが、これからも協力、応援したい人です。

私は以前から、旅行業をやりながら、流れでチャンスがあれば、
他業種でもやりたいと思ってました。
それがなかなかチャンスを見出せません。
日々追われて、アップアップの状態では、目の前にあるチャンスを見逃している。
自ら目を瞑っていたのだと思います。

そしてマスターの今までの種まきの話が頭から離れませんでした。

クルーズをやり始めて10年。
それまでの一般旅行のお客様を疎遠にしてきたのでは。
そのお客様と再びつながることはないか。
クルーズをやるまでの20年間の種まきを自ら潰しているのでは。
それまで周りの方にアドバイスをされていたことに気づきました。
目を瞑り、耳を塞いでいたのです。

その夜に、このブログでもよく出てくるお客さん(家族)にお会いし、
今の考え、方向性をお話しました。

絶対した方がいい。
そうなれば全力で応援するよ!!

点と線が繋がり確信しました。
目の前がパッと、明るくなり世界が広がりました。

もちろんこの旅行業・クルーズを今まで以上に力を入れます。
それと同時に全く違う業種を0から勉強。
東京から戻ったその日から動きました。
こんなワクワクした気持ちはいつ以来だろう。

旅をすることによって、大きな発見があります。
50になったことに、自分の限界で気が沈んでいたのが、
今見えるのは、空が青くどこまでも高く感じます。