ぶらりタイの旅 ~ラディソン・ブル・ホアヒン~
老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート③

ラディソン・ブル・ホアヒン

デシュタニ・ホアヒンに2泊した後、同じチャアムにあるラディソン・ブル・ホアヒンへ。

グーグルマップでは、1km、徒歩20分。
この位の距離なら、散歩がてらに歩いて行こう。
タイの炎天下、スーツケースを引いての20分。汗だくになりました。

途中、歩いていたら、車の欧米人が乗せていこうか。
と、声をかけられました。
リゾートホテルが多く、ホテルのスタッフらしき人。

東南アジアでは、道を歩く人はめったに見かけません。
暑いので歩くという概念がないのです。

ここから歩いてどの位?と、聞いてたら10分。
実際に歩いたら1時間で着いたら良い方です。

ラディソン・ブル・ホアヒンに到着。
昨年、2016年の12月のオープンの最新リゾート。全118室。
スモールという規模ではありませんが、デシュタニからこちらに来ると、小さく感じます。

雰囲気もガラリと変わり、小さくなれば客数も比例するので、静かな雰囲気。
こちらは、スタイリッシュなデザイン。

部屋はデラックスルーム44㎡の広さ。
明るい雰囲気で、ベランダが広く、大きなデイベッド、テーブル・椅子があり、
そこで夕食もとりました。

バスタブとシャワーがセパレート。
ただ、客室からの眺めが、向いの客室ベランダと向かい合わせ。

2・3階建てになっており、1階はベランダとプールが繋がってます。
プールアクセスルーム。
メインプールは別にあります。

スパとフィットネスセンターはエントランス近くの別棟にあり、
こちらはスーペリア客室。デラックスよりお手軽ですが、
45㎡あり眺望は遮るものがないので、デラックスよりスーペリアの方がお勧めです。
フィットネスセンターには、スチームサウナがあります。

プールでは、ゆっくり読書。
デシュタニの客層は、週末ということもあり、タイ人のファミリーが殆ど。
その為、賑やかなのに対して、ラディソンは、タイ人カップルと欧米人の半々。
静かな雰囲気で、波音、鳥のさえずりを聞きながら、ゆっくりできます。

読書をして、暑くなったらプールに入り、眠くなったらうたた寝。
を繰り返し。至福の時です。

夕暮れは、ラウンジにて、ソファーに座り、ただただ海を眺めます。
次第に日が落ちて、ライトアップ。
昼とは全く違う雰囲気に。

夕食はメインレストランへ。
そろそろタイ料理に飽きてきましたが、最後にパッタイを食べたく注文。 朝食は、断然デシュタニが上です。
以前、ラディソン・ブルの、バンコクに泊まりました。
物凄く朝食が良いというイメージでしたが、こちらはいたって普通です。
歩いて5分の所にセブンイレブンがあり、その横の屋台で汁なしそば。 あっという間のラディソンでの2泊。

車で10分のバスターミナルから、空港へ直行します。
バスは3列シート、トイレ付きで清潔・快適。
3時間半でスワンナプーム空港へ到着しました。

ラディソン・ブル・ホアヒン

以前、大きいことが良いことだと思っていました。
大型の場合、それだけ客数が多くなり、いくら雰囲気が良くても、限界があります。
小さな客数が少ない方が、混雑しにくくなり、静かになります。
これは、リゾートでも、クルーズでも同じことです。

今回の2つのリゾートでは、満足しましたが、
想像とおりで、それ以上でも以下でもなく、感動がありません。

チャアム自体、国道から入った所にリゾートがあり、
1泊の週末旅行でしたら良いと思いますが、
周辺には何もなく、雰囲気が良いとは言えません。

感動したのは、アーリンタ・プランブリ。

チャアムからホアヒンを抜けて30分南下したところにあるプランブリ。
パイナップル畑に囲まれ、ローカルレストランが点在し、素朴で、懐かしい雰囲気。

そこのアーリンタ・プランブリが素晴らしかったです。全25室。

「パームプール・レジデンス」に泊まり、目の前のビーチを独占。
部屋にはビーチリゾートなのにシャンソンが流れ、ベットで横になった目線がビーチ。
夜には、その目線の角度にビーチをライトアップしているのです。
これには感動しました。

部屋には、小さなプールがあり、数歩でビーチへ。
客室が少ない為、滞在中殆どスタッフ以外は会うことがなく、いつでも静かな雰囲気。

今では、「小さい事は良いことだ」です。

以前のブログにアーリンタ・ホアヒンを紹介してます。
知られたくない穴場リゾート アリンタリゾート プランブリ


ぶらりタイの旅 ~デシュタニ・ホアヒン~
老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート②

デシュタニ・ホアヒン

バンコクのエバーグリーン・ローレルで2泊した後、チャアムへ。

リゾートと都市に行く場合、先にリゾートでのんびりして、
後で都市で泊まる方が旅がまとまります。
最後にバンコク2泊は、あきらめもつきますが、
初めに泊まったら、2泊はあっという間です。

タイ国内の移動では、プーケット等、かなり離れたの場合、飛行機を利用しますが、
数時間で行ける場合、長距離バス、乗り合いバン、専用車を利用します。

ずっと長距離バスの旅でしたが、乗り降りにかなりの時間がかかります。
そういう旅の方が面白いのですが、
短い日程なので、今回は専用車を手配しました。

ホテルロビー11:00に待ち合わせ。
その日の朝には、ドライバーがメールで自分の写真を送っていただき、
すぐに分かりました。

バンコクからチャアムまで途中で一回休憩を取り、約3時間。
デシュタニ・ホアヒンに到着。

チャアムは、国道沿いにあり、デシュタニ周辺には殆ど店舗がありません。
各リゾートが個別にあり、リゾート内での滞在型で、
街歩きには不向きなリゾートです。

国道の大通りから、ホテルのエントランスまでもかなりの距離。

デシュタニ・ホアヒン
全296室、1990年オープン。
大型リゾートでチェックインが土曜日ということもあり、
バンコクからの週末家族旅行、大手銀行のパーティーなどで混雑してました。

デシュタニは、想像通りの、はずれがないリゾートです。

周辺には何もないので、ホアヒンに出るか、リゾート内で食事。
1日目の夕食は、ホテル内のタイ料理レストラン「ベンジャロン」。
2日目は、ホアヒンに出ての夕食。
ホアヒンの中心へは、ホテルシャトルバス(片道/50B)、約15分。

デシュタニ・ホアヒンに泊まるなら、クラブ・ルームをお勧めします。
クラブラウンジでは、ソフトドリンク、軽食が用意され、
17:00-19:00はアルコールも。
朝食は、メインレストランの奥に専用のスペース。
週末は、別の専用レストランでいただくことができます。

今回は、クラブ・ルームが満室でスーペリア・ルーム。

朝食は、メインレストランが8:30をピークに混在し、
席が空くまで並んでいる時もあります。

朝食内容は、満足です。
特にクイッティオ(米麺ラーメン)が、
出汁がよく効いていて上品で、今まで食べた中で一番の美味しさ。

スパ、フィットネスセンターは、別の棟にあり、
カートで送迎していただけます。
歩いても3分もかからないの距離ですが。

ジムで走った後に、サウナへ。
宿泊客は100Bかかりますが、貸切状態。
大きなジャグジーもあり、雰囲気も良く、本を持ち込み、至福の時。

デシュタニ・ホアヒン
ロビーは、英国風のシャンデリアで、豪華で優雅な気分。
スタッフは笑顔で、立ち止まって挨拶。
ホスピタリティは、さすがデシュタニです。

ただ大型リゾートの週末だったので、子供が多く賑やか。
良くも悪くも想像通りで、それ以上でも以下でもなく、感動はありません。

デシュタニ・ホアヒン



ぶらりタイの旅 老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート

タイ・チャアム 王道デシュタニ、最新ラディソン・ブルへ

遅い夏休みで、10月05日から、ぶらっとタイへ行ってきました。
とっておきの本をたくさん持って。

3年ぶりのハノイ・ノイバイ空港経由。

古く、暗く、エアコンが殆ど効かない記憶があるので、
乗り継ぎの数時間、汗をかくので着替えをたくさん持参しました。

いつものターミナルの横には、巨大な新しいターミナルが。
2015年に日本のODAでオープンした新ターミナル。

これがベトナム!?
ホーチミン・タンソンニャット空港同様に、
快適な最新の国際ターミナルに生まれ変わってました。
どこに行っても同じような。何だか寂しい思いに。

ハノイから2時間、バンコク・スワンナプーム空港へ。
タイに着いたら、妙に落ち着きます。

バンコクのホテル、以前は、マンハッタンホテル専門でした。
最高のロケーションです。

私と同じ年の昭和44年開業で、老朽化しており、
天井が膨らんでいたり、部屋には必ずゴキブリに遭遇します。(ビッグではなくミニ)

朝食は、謎のキムチ。干からびた目玉焼き。
煮え切ったコーヒー。
ホテルの横を通る度、必ず声をかけてくるインド人仕立て屋。
大好きなタイ=マンハッタン・ホテルなのです。

ただ最近、ゴキブリの出現率が高くなり、
今は、エータス・ルンピニを好んで宿泊します。
ここのホテルは、値段と満足度のバランスが良いのです。

通常、お客さんには、インターコンチネンタル、
シェラトン・グランデを手配しております。
あくまで自分で行く場合です。

豪華さはありませんが、機能的。
ホテル全体が綺麗で、一応5つ星(?)
部屋は、42㎡の広さ。
バスタブ付きでシャワーブースも別。

NHKプレミアムが映ります。(NHKワールドは英語版で面白くない)
いつも火野正平のこころ旅を観てます。

飽きたら、上階にあるプールへ。
そこにサウナがあり、いつ行っても貸切状態。

ロケーションは、右に3分歩けば、ローカル屋台が連ねて、コンビニもあり。
左に2分で地下鉄ルンピニ駅。
パッポンへは、徒歩約15分。

朝食もまずまずのレベルです。

そして、ここに泊まると、毎朝ルンピニ公園をジョギング。
これが何よりの楽しみです。

今回、値段が高騰しており、新規開拓をしました。
エバーグリーン・ローレル。始めて泊まるホテルです。

台湾の物流、航空会社もある、あのエバーグリーン。
部屋も広く、バスルームが広く、清潔で値段もお手軽。
ルンピニ公園まで徒歩20分。
サウナもあり、ここも貸切状態。

朝食は、そこそこレベル。
ビジネス街なので、周辺には何もなく、駅まで徒歩10分。
合格点ですが、比べたらエータス・ルンピニを選びます。

エバーグリーン・ローレル・バンコク~デシュタニ・ホアヒン



一番おすすめクルーズ 11/05までのタイムセール! 

私が一番おすすめしておるオーシャニア・クルーズで、
大変お得なタイムセールが行われてます。

船内でのインターネット無料
オンボードクレジット
ドリンクパッケージ
船内チップが含まれます。

特におすすめはコースは、
2018年 2/03~2/13 10泊11日 オーシャニア・マリーナ
パペーテ~パペーテ $2,112-~
タヒチ・南太平洋クルーズ

2018年 4/11~4/21 10泊11日 オーシャニア・リビエラ
バルセロナ~バルセロナ $1,742-~
地中海クルーズ

11/05までの予約が条件です。詳細はお問合せください。

11月5日(日)までの新規予約で、一部の航路でタイムセール


OLIFE CHOICE PLUSのお得な料金と様々な特典が一度にご利用いただけるます。

■予約期間:11/05(日)まで新規予約
■対象カテゴリー:カテゴリーB(ベランダ)、カテゴリーA(コンシェルジュ・ベランダ)
■タイムセール特典:
①OLIFE CHOICE特典より下記がすべて無料でご利用可能となります。
 ・インターネット無制限利用
 ・オンボードクレジット
 ・ハウスドリンクパッケージ
※通常はシップボードクレジットorハウスドリンクですが今回は両方が利用可能となります。

②船内チップ

オーシャニア・クルーズ

タイムセール 対象クルーズ


①2018年 1/13~2/08 26泊27日 オーシャニア・イグニシア
 ブリッジタウン~ケープタウン $5,652-~

②2018年 1/20~2/04 15泊16日 オーシャニア・ノーティカ
 シンガポール~香港 $3,206-~

③2018年 1/20~2/10 21泊22日 オーシャニア・シレーナ
 リオデジャネイロ~マイアミ $7,229-~

④2018年 2/03~2/13 10泊11日 オーシャニア・マリーナ
 パペーテ~パペーテ $2,112-~

⑤2018年 2/03~2/19 15泊16日 オーシャニア・ノーティカ
 香港~バンコク $3,016-~

⑥2018年 2/08~3/15 35泊36日 オーシャニア・イグニシア
 ケープタウン~シンガポール $7,154-~

⑦2018年 2/13~2/25 12泊13日 オーシャニア・マリーナ
 パペーテ~パペーテ $3,136-~

⑧2018年 2/19~3/06 15泊16日 オーシャニア・ノーティカ
 バンコク~上海 $3,016-~

⑨2018年 3/01~3/29 29泊30日 オーシャニア・レガッタ
 バリ~ホノルル $6,479-~

⑩2018年 3/06~3/24 18泊19日 オーシャニア・ノーティカ
 上海~東京 $3,915-~

⑪2018年 3/15~4/04 20泊21日 オーシャニア・イグニシア
 シンガポール~北京 $4,448-~

⑫2018年 3/19~4/06 18泊19日 オーシャニア・マリーナ
 パペーテ~ロサンゼルス $7,459-~

⑬2018年 3/24~4/11 18泊19日 オーシャニア・ノーティカ
 東京~バンコク $3,996-~

⑭2018年 3/29~4/22 24泊25日 オーシャニア・レガッタ
 ホノルル~マイアミ $4,959-~

⑮2018年 4/04~5/09 35泊36日 オーシャニア・イグニシア
 北京~シドニー $6,265-~

⑯2018年 4/11~4/21 10泊11日 オーシャニア・リビエラ
 バルセロナ~バルセロナ $1,742-~

⑰2018年 5/28~6/15 18泊19日 オーシャニア・イグニシア
 パペーテ~ロサンゼルス $3,187-~

オーシャニア・クルーズをより詳しく

オーシャニア・クルーズ


お客様の声 オーシャニア カリブ海 ハネムーン

voice_icon03  オーシャニア・マリーナ 西カリブ海クルーズ 
    大阪府 N 様  2017年 2/17-27 




























『唯一無二のハネムーン』

 私たちふたりにとって一生に一度の新婚旅行
『オーシャニアクルーズ カリブ海9泊11日』は、最幸の想い出となりました。

 人生初のビジネスクラス。
美味しい食事にきめ細やかなおもてなし、またフラットになるシートのおかげで、
空の旅を快適に過ごすことができました。

ビジネスクラスでのサービスのひとつひとつに感動・・・ 
しかし、それはほんの序章だということを、その時、私たちは知りませんでした。

 マイアミ港に到着・・・私たちが乗船するマリーナ号に描かれた『 O 』の
エンブレムに出逢った時の胸の高鳴り、乗船が近づくにつれ押し寄せる高揚感は、
言葉にならないほどに、たまらない感覚でした。

 抑えきれぬ気持ちを胸に、一歩足を踏み入れたマリーナの船内。 
そこは、まさに、夢の世界でした。

 豪華絢爛のアトリウムに迎えられ、レストラン『テラス・カフェ』で
初めての食事を楽しみました。
そして、部屋に入ると・・・シャンパンが!!
From ㈱ビガー・トラベル・サービス Mr.Morimoto
温かいお心遣いに、私たちは涙いたしました。

 初めてのクルーズを心から楽しみました。
関西国際空港から出国し、アメリカ入国、マイアミエアポートホテルで1泊。
マリーナに乗船した1000名以上の乗客の中で、日本人は私たちだけ。
日本語が通じない。コミュニケーションツールは片言の英語とボディランゲージのみ。

ハネムーンらしく頭も言葉も真っ白な船出でしたが、
いつしかその不安も忘れて様々な国の方々と
コミュニケーションをとり、船の旅を満喫している私たち。
船内での友人もでき、毎日の挨拶や日常会話も自然に交わしていました。
一緒に写真を撮ったり、ジャグジーに入りながらおしゃべりしたり、
年齢や国境を越え、ゆったりとしたクルーズならではの時間がそこにはありました。

 そして、文化が変われば食事も変わる。
世界各国の料理を楽しめるのもクルーズの素晴らしいところではないでしょうか。

毎日早朝のエスプレッソ、夕方のアフタヌーンティー。
グランドダイニング、テラスカフェ、4つの特別レストラン。
特別レストランの再訪は難しく、食べられなかった料理が心残りです。

ポログリルの「ロブスターのビスク」は、
毎日でもいただきたいくらい本当に美味しかった。
レッド・ジンジャーの「ミント入りミソスープ」も意外に美味しかった!(笑)

訪れた国々や出会った人々から得たインスピレーションは
私たちの既成概念を変えてしまうほど、大きく、豊かで、
人間らしさに満ち溢れていました。

船はただの移動手段ではない、こんなにもドラマティックに、五感に響き、
人生を豊かにしてくれるものであることを、実感いたしました。
帰国するのが本当に寂しく、またいつの日かと再訪を誓ったのでした。

 ハネムーンに「オーシャニアクルーズ」を選んで本当に良かったです。
一つ一つが洗練された上質な船、国籍関係なくコミュニケーションを
取り合う乗船者との一期一会の出逢い。
本当にたくさんの人たちにハネムーンを祝っていただきました。

訪問国の景色、デッキから見た海上のサンライズとサンセット。
私たちの色褪せない記憶とともに、膨大な写真データとして記録されています。
すべてが私たちの一生の思い出となるハネムーンでした。

 ㈱ビガー・トラベル・サービス 森本様、本当にありがとうございました。
私たちが幸せな気持ちでハネムーンの想い出を胸に、毎日を過ごすことができているのは、
たいせつなハネムーンを森本様にお世話していただいたおかげです。
温かいお心遣いに感謝しております。

また、森本様から頂いた旅のしおりのおかげで乗り継ぎ、チェックイン、
各種手続きがスムーズにできました。
ハネムーンの間、旅のしおりがお守りになっていました。

これからも末永くよろしくお願い申し上げます。

最後に参考までに。
『オーシャニアクルーズを選んだ理由』
 ラグジュアリー船でありながら、盛装不要であること。
 数々の特別レストランも追加料金なしで楽しめること。
 客室のバルコニー・バスタブ・大きなベッドなどの充実した設備。


お客様の声
2017201620152014201320122011