コスタ・ネオ・ロマンチカ 東京停泊に宿泊

コスタ・クルーズ 感謝の夕べ



先日、コスタ・ネオ・ロマンチカ、
2017年日本寄港最終の東京港にて、コスタ代理店のパーティーがあり、
船内に1泊してきました。

コスタ・ネオ・ロマンチカには、ゴールデンウィークに乗船した以来。
東京駅から路線バスに乗り、約30分で東京港晴海ふ頭に到着。

用意されたキャビンは、バルコニー客室。
以前の乗船では、海側客室。
泊まるキャビンによって、全く船の印象が変わります。
バルコニーからは、東京の夜景を独り占め。
デッキにでたら、レインボーブリッジ。

よくお客さんで、寝るだけだからと、内側客室、海側客室を取りますが、
バルコニーのあるなしで、旅全体の満足度が全然変わります。
内側客室で3回のクルーズと、
バルコニー客室で1回のクルーズだとしたら、
私は断然バルコニー客室を選びます。

この船、コスタ・ネオ・ロマンチカは、57,000トンの中型船。
小型船ほど導線が良く、船内どこに行くにも楽に移動ができます。
乗るならば、小型船が断然楽です。
コスタ・ネオ・ロマンチカ 乗客定員:1,800名。クルー:622名。

ちなみに大体同じ大きさの高級船のクリスタル・シンフォニーで、
51,044トン、乗客定員:922名。クルー:566名。
乗客とクルーの比率で、サービスが変わり、比例して代金も変わります。

コスタ・ネオ・ロマンチカの船内は、落ち着いた色使い。
メインダイニングは、2人席も存分にあります。

キャビンへご案内します。

バルコニー客室(約24.2㎡)
前回、乗船したのは海側客室(約16.6㎡)。
一回り大きく、十分な広さです。
両方泊まってみて、全く船のイメージが変わります。
海側客室の丸窓は、かろうじて外の様子が見える程度。
やはり泊まるならバルコニー付客室です。

アメリカ船では、バルコニーでも禁煙なのに対し、
イタリア船は、つい数年前まで部屋内でも喫煙可でしたが、
最近禁煙になりました。
バルコニーでは、喫煙可能で固定式の灰皿が設置。

夜はパーティ。多数販売した代理店の表彰式の後、
メインダイニングで特別ディナー。

今回、東京港に停泊で、招待客のみしか乗客がいません。
乗船客が少なく、子供が皆無でしたので、船内はゆったりとした時間が流れます。

ダイニングテーブルは、旅行会社の方々。
特別ディナーをいただきました。
正直、何も期待してなかったのですが、美味しい。
「コスタもやればできるるんだ」との声。笑ってしまいました。

私はまだこの船のピザを食べたことがないと言ったら、
コスタの担当者が、ピザレストランから届けていただきました。

コスタ・クルーズの料理は、そんなに評判は悪くありませんが、
日本発着、アジアクルーズでは、正直、料理の評判が悪いです。

私も春の日本発着クルーズで4泊乗船し、実際にいただきました。
乗る前は、夕食は寄港地で下船し美味しいものを食べようと思ってました。

ものには、値段があります。
その値段でこれだけの料理。期待以上に満足しました。
昼食以外、船内で美味しくいただきました。

メインダイニング入り口には、料理のサンプルが陳列され、
前菜、スープ、パスタ、メイン、デザートを、
それぞれ3~5種類、日替わりで用意され、好きなだけ召し上がることができます。

メインダイニング以外には、ビュッフェ・レストラン。
夜中に小腹が空いたらサンドイッチなど。

本格窯のピザレストラン。(本格窯はクルーズ船では希少というかこの船しかないかも)
ピザ1枚:USD7-で本格ピザが食べれます。

夜のみ営業のラーメン・レストラン(一風堂監修)
1杯:USD8-

スペシャリティレストランでは、
ステーキハウス:USD33.5-
イタリアンレストラン:USD29-。
少しのカバーチャージで、メインダイニングとは、
雲泥の差のサービス、料理をいただけます。

スペシャリティレストランでは、ウェイターがしっかりと料理の進み具合を、
みているので、こちらから言わなくてもサービスが受けれます。

ステーキハウスでは、あとUSD10-追加で和牛に。(オーストラリア産和牛)

イタリアンは、雰囲気が良く、「食事を楽しむ」というのが相応しい。

メインダイニングでは、人不足で、オーダーするのも一苦労ですし、
13歳未満無料のクルーズなので、どうしても子供の数が多い。
その為、ビュッフェ・レストランを含め、かなりの賑やかになります。

有料レストランであれば、賑やかさとは殆ど無縁なので、
また違った雰囲気を味わえます。

就寝の際、目線に東京タワーの全景。
東京の夜景を独り占め。
なんとも贅沢な気分でぐっすり眠れました。

コスタ・ネオ・ロマンチカ

翌朝、9時からシップツアー。
ブリッジ、厨房など、通常立ち入ることができない所を見れましたが、
欠席し、朝食も取らず、
キャビンで「火野正平 こころ旅」を見入ってしまいました。
昼食は、ビュッフェ・レストランでいただき下船。

コスタ・ネオ・ロマンチカ

今回、2度目の乗船で、東京港に停泊で、ワクワク感は全くしませんでした。
船の外観の写真も1枚も撮ってない程。

乗船し、船内を周るうち、楽しいのです。
やはりクルーズは、よいものです。
1泊でしたが、しっかりと楽しみました。
やはりクルーズなのです。

コスタ・クルーズは、カジュアル船。
13歳未満無料で、かなり安い代金を設定してます。

国内旅行に気軽に行くように、お手軽に楽しむことができます。
この値段でこれだけ楽しむことができる。

クルーズの違いを詳しく説明し、期待以上の満足を。
いつでも、お気軽にご相談ください。

コスタ・クルーズ コース一覧

日本発着


コスタ・クルーズコスタ ネオロマンチカ 2017-18年 日本発着太平洋クルーズ
【出港日】 2017年10月~2018年3月 6コース
【クルーズ発着】 ■東京、名古屋、神戸/大阪
【クルーズ代金】 ■お1人様(早割):60,800円~
※日本人コーディネーター乗船!
 日本人コーディネーター乗船

line

コスタ・クルーズコスタ ネオロマンチカ 2018年 太平洋周遊クルーズ
【出港日】 2018年 4月~6月 10コース
【クルーズ発着】 ■東京、神戸
【クルーズ代金】 ■お1人様(早割):69,800円~
※日本人コーディネーター乗船!
 日本人コーディネーター乗船

line

コスタ・クルーズコスタ ネオロマンチカ 2018年7~8月 日本海周遊クルーズ
【出港日】 2018年 7月~8月 4コース・11本
【クルーズ発着】 ■福岡、舞鶴、金沢
【クルーズ代金】 ■お1人様(4泊/早割):72,800円~
※日本人コーディネーター乗船!
 日本人コーディネーター乗船


スーパースター・ヴァーゴ 日本発着クルーズ
2017年 大阪港出航

スーパースター・ヴァーゴ 日本発着クルーズ 


2017年7月08日(土)大阪港を出航

大阪港:毎週土曜日出航
横浜港:毎週日曜日出航
11月19日(日)まで毎週出航します。

7泊8日クルーズで、清水~鹿児島~上海(中国)へ寄港。

スター・クルーズは、ゲンティン香港が運営し、
ラグジュアリーの人気船、クリスタル・クルーズもこの会社。
スーパースター・ヴァーゴは、アジア人向けのサービス。
料理は日本人の口にあい、特に中華が美味しいと評判です。

2017年 日本発着クルーズ 第一回目 大阪出航

ウェルカム・セレモニーではピコ太郎のショー。
PPAP:ペンパイナッポーアッポーペンは、関連動画で2億回再生とのこと。

ピコ太郎こと、古坂大魔王さんはサービス精神旺盛で、
カメラを向けたら、すぐにポーズをとってくれ、
誰にでも、どこでも愛想がよく。裏表ない、
いい人なんだろうな~と、想像できます。
同じ青森人として、応援してます!!

スーパースター・ヴァーゴ日本発着クルーズでは、
よしもとに所属する芸人やタレントがシアターでエンターテイメントがあります。
毎週土曜日大阪発着のクルーズ、
毎週日曜日横浜発着のクルーズのいずれにご乗船をいただいても、
7泊8日のクルーズ中1回開催されます。

今回、初めてアジアのクルーズ会社、スター・クルーズに乗船しました。
一番感じたのが、料理が美味しい。

日本クルーズ第一回目セレモニーだったので、
特別に良い食材をだしているのかもしれませんが、
北京ダック、カニがたっぷり入った、キャビア入りサラダ。
海鮮チャーハン、カモ肉のパテ、海老のすり身。サテ。
どれもアジアで食べる本場の味です。

ピコ太郎
スーパースター・ヴァーゴ
総トン数:75,338トン 乗客定員:1,870人 乗務員数:1,225人
全長:268m 全幅:32m 就航年:1999年

スーパースター・ヴァーゴ 日本発着 コース詳細


マジェスティック・プリンセス 船内レポート

マジェスティック・プリンセス 2017年 7月05日 大阪寄港


プリンセス・クルーズの最新客船 中国を拠点のクルーズ船


マジェスティック・プリンセス 
2017年7月05日 大阪港寄港
 
2017年デビューのプリンセス・クルーズの新造船。
2017年 4/04 ローマ出航処女航海。
5/21 ローマ発50日のロングクルーズ。
7/03 横浜寄港。7/05 大阪寄港。
これより中国を拠点とするクルーズへ。

プリンセス初の中国人ゲスト向け客船で、
中華料理のスペシャリティレストラン、
カラオケルーズ、全自動麻雀卓、カジノではVIPルーム、
飲茶バー、ロブスターバー、ブランド品を重視したショップ。

それに加え従来のインターナショナルのサービス。
ラスベガス・スタイルのエンターテインメント、
世界各国の美食を味わえます。

マジェスティック・プリンセス 
総トン数:143,000トン 全長:330m 幅:38.4m
乗客数:3,560人 乗組員数:1,350人 就航年:2017年

マジェスティック・プリンセス 船内レポート
ブログ 世界クルーズ紀行


コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ
乗船レポート

イタリアのカジュアル船 コスタ・クルーズ


4/28~5/03 金沢発着でコスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズに乗船しました。

コスタ・クルーズといえば、イタリアのカジュアル船。
「一歩船内に入るとそこはイタリア」という売り文句。

実は、昨年からコスタ―・クルーズの販売契約をしておりませんでした。
今まで、ヨーロッパ・地中海、中東・ドバイ発着のクルーズでは、
お客様はご満足いただいてたのですが、
アジア・シンガポール発着、日本発着クルーズが、
あまりにも評判が悪かったのがあります。

コスタ・クルーズの日本発着は、2012年のコスタ・ビクトリア
博多発着クルーズから始まりました。

かなりお安い値段設定。子供料金が無料といういこともあり、
私の会社でも多くのお客様にお世話になりました。

初めてのクルーズのお客様が殆どで、
リピーターに、なっていただけませんでした。一回限りのお付き合い。
アジア・クルーズでも同様。
日本発着、アジアクルーズは、値段が安く、それに比例して評判が悪かったのです。

昨年、いつもお世話になっているお客様が、
アジア・シンガポール発着のショートクルーズでお世話になりました。
いつもヨーロッパ・リバークルーズの良い船に乗船するお客様で、
初めての海のクルーズ。

初めてのクルーズでは、一番印象に残るので、
阻止をしようと手を尽くしましたが、
「日程がこの日しか行くことができない」と、決定しました。

その時のご感想
コスタ・ビクトリア シンガポールクルーズ
まちこ先生の海からのらくがき①

昨年秋、2017年 コスタ・クルーズが日本発着を決定しました。
コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ 
2017年 4月~10月
今年は、福岡、舞鶴、金沢と国内3ヵ所から乗船できるように設定。
4泊5日、5泊6日、7泊8日の5コース 全31本。

この日本発着クルーズを中心に販売強化するべく、
それにあわせて、コスタ・クルーズ 日本支社を立ち上げ。

販売するのには、新たに代理店契約が必要でしたが、
弊社では、販売するつもりはありませんでした。

以前よりお世話になっている、某クルーズ日本総代理店の方が、
今年3月にコスタ日本支社へ。

その人が入るなら、応援しないといけない。
ただ、売りたくないのが正直なところ。

ゴールデンウィークのコースにまだ空きがある。
それだったら、一回乗船し、体験してみよう。
良さがあるなら、販売契約しよう。
急遽、乗船することになりました。

コスタ・クルーズには、2009年に一度だけ日本寄港の際、乗船したことがあります。
食事もしたのですが、パスタ(リングイネのクリームソース)が美味しく、
ステーキはもうひとつの印象です。

成田空港から夜行バスで金沢へ


毎年、ゴールデンウィークには、クルーズツアーを企画して、添乗に行きます。
クルーズには団体ツアーは合いませんが、
ありがたく、全国からお集まりいただきます。
家族みたいな存在で、一年に最低でも一回は、お会いしたい。

今年は集客が悪く、私が同行したら、かなり単価が上がる為、
7年続けていた恒例のゴールデンウィークを欠席。

ただ、お客様は、関西、成田から出発します。
お見送りに成田空港へ。
お見送りといっても、「行ってらっしゃい!!」を言うだけ。
一目でもお会いしたかったのです。

2017年4月27日

関西空港から成田空港へ。
関西空港からの国内線は、22年ぶり。

阪神淡路大震災の翌日、北海道への添乗がありました。
直接被災された方はいらっしゃらなく、予定通りに催行することに。

地震の影響で、神戸~関西空港へは、とんでもない事になっているとの情報。
通常1時間30分で行けるのに、前日の夜に出発しました。
すると高速はガラガラで、1時間かかることなく到着。
空港のベンチで一晩過ごした以来です。

成田空港着いて、無性に海老ワンタン麺が食べたくなり、いただきました。
香港経由で海外に行く場合、日本~香港間は、機内食がしっかりとでて、
お腹も膨れてますが、どうしても外せないのが、香港空港での海老ワンタン麺。
あれは旨い!! お客様と会い、夕食をご一緒して、
地中海クルーズへご出発されました。

その後、新宿駅前のバスタ新宿から金沢駅へ夜行バス。
夜行バスも20年ぶりの乗車です。

その頃は、添乗ばかりに行ってて、
日程が被ったら、宴会終了後に、夜行バスで大阪に戻り、
駅のトイレで着替えて、
朝一、また添乗にでるという事が数多くありました。

その頃は4列シートしかなかったと思いますが、今は、3列シートで前後もゆったり。
足を延ばして、ゆっくりと寝ることができます。
発車後すぐに、運転席もカーテンで遮断され、車内は真っ暗に。
カーテンを明けたら光が漏れるので、風景は一切見れなかったのが、残念です。