ぶらりタイ・プーケットへ① 四川省・成都

■四川航空 中国・成都へ■


ゴールデンウィークにお客さんがアジアクルーズへ。
ゴールデンウィークど真ん中にも関わらず、四川航空がお得なバンコク行き航空券が。
急遽、行くことを決めました。
寄港地のプーケットへ、何も言わずに、驚かせにいきました。

お客さんには、寄港地のプーケットでは、ガイドを手配し下船したところでミーティング。
ガイド名:Ayustet 私の名前の逆さにしただけをご案内。

関西空港から四川省・成都へ。

乗継で前後泊を成都で宿泊。
成都に行くのは、初めてで想像がつきません。

20:25 関西空港発、四川航空 3U8088 00:05成都空港到着。

近代的な綺麗な空港。
入国審査10ブースほどあるのに対し、外国人利用は2ブースのみ。
後の8ブースは中国人用。
かなりの行列の長さで1時間並びました。

ホテルは、空港から徒歩10分の成都エアポートエクスプレスホテル。
ホテルチェックインは、深夜2時。
周辺には、コンビニ、レストランなど何もなく、
トランジットで寝るだけホテル。

成都エアポート エクスプレス ホテル

翌朝、朝食にホテルレストランへ。
どこのホテルも同じようなものですが、ここは違いました。
全て中華料理の朝食バージョンなのですが、野菜が中心で優しい味付け。
四川料理中心なので、本場の担々麵も。
全然期待してなかったのですが、全て美味しく、朝からガツガツいただきました。

朝食後、チェックアウトまでゆっくりして、
12:00ホテルシャトルバスで空港へ。
それにしても立派な綺麗な空港で、四川航空の航空機数に驚かされました。
羽田、成田のJAL、ANA、これだけの航空機数は、足元にも及ばない数。
中国の底力を見せつけられました。
また、関空チェックインの際も、他の中華系と比べ、乗客の質が良いと感じました。

改めて成都を調べました。
人口比では、中国第4の都市。
人口:1,591万8000人 
世界の観光客数の上昇率で、世界のトップが大阪。2位が成都。

ちなみに、中国の人口比ベストテン。
10位 ハルピン(黒竜江省) 1,066万5000人
9位 武漢(湖北省) 1,076万2000人
8位 石家庄(河北省) 1,078万4600人
7位 深セン(広東省) 1,190万8400人 
6位 広州(広東省) 1,404万3500人
5位 天津(直轄市) 1,562万1200人
4位 成都(四川省)
3位 北京(直轄市) 2,172万9000人
2位 上海(直轄市) 2,419万7000人
1位 重慶(直轄市) 3,048万4300人

四川航空の機内食がエコノミーですが美味しい。
機内食を配る際、キャビンアテンダントが、瓶から調味料を機内食にかけていきます。
スパイシーとのことで、お願いし、ご飯の上にスプーン一杯分を乗せます。
日本でも数年前に流行った食べるラー油。
これが美味しいのです。

老干媽肉絲豆鼓油辣椒(ローカンマ/ラオガンマ)
中国では知らぬ人はいないという人民食。
パッケージの写真は男性と思いきや、女性でした。
街でこの人の作るラー油が美味しいとの評判で、商品化したら爆売れ。
今は、四川省の大豪邸に住む億万長者。
帰りにたくさん土産で買ってきました。

老干媽


私の旅

■旅の目的■


旅が好きです。
いつでも旅をの予約を入れて、それを目標に日頃頑張ります。

私の旅のスタイルは、「何もしない」というのが、何よりも楽しみ。
とっておきの本を持っていき、読みたいときに読み、
寝たいときに寝て、お腹が空いたらその時に食べたいものを食べる。

海外に出たら、自分の日常を客観的に見ることができます。
人に対しての感謝。
自分に足りないもの。
もっとこうしよう。
など、日頃考えない事が、旅にでたら考えるようになります。

日頃、運動をさぼり気味ですが、
旅に出たら、億劫になくことなく、日課になります。

朝、早めに起きて、ウォーキング。
その土地を見ることができるし、
歩くのは、脳にもよくて、いろいろなアイデアが浮かんできます。
ホテルに戻り、ゆっくり朝食。
朝食後、ホテルのジムで1時間ランニング。
その後、サウナで読書。

部屋に戻るころには昼前です。
部屋で仕事をさっと片付け、
昼からプールでギンギンに冷えたビールを飲みながら読書。
あっという間に夕方になり、自然にお腹がすいてくるので、
その時の食べたいものを食べる。

これが私のかけがえない至福の時です。

その為、名所旧跡の観光地には滅多に行くことはありません。
流れで行くことはありますが、それよりも自分の時間を大切にしたいです。

クルーズでも同じパターンで、昼から時間が空いた時にぶらっと周辺を散策。
名所旧跡の観光地が目的ではありません。

■旅のスタイル■


ゴールデンウィークにプーケットに行ってきました。

例年、ゴールデンウィークには、クルーズツアーを催行するのですが、
年々、集客が少なくなり、今年は催行しなかったのです。

そもそもクルーズは、団体で行くようなものではありません。
好きな時間を過ごすのがクルーズ旅の醍醐味。

今まで一緒に行っていたお客様も、初めは言葉の不安があり、
ツアーに参加という形でしたが、一回行き要領を得たら、自分で行くようになります。

パターンは同じです。
日本の空港を出発から帰国までの流れ、注意事項を詳しくご案内してます。
あとは、楽しむだけです。

ツアーを組んだら、いろいろなお客様に出会うことができます。
メディアツアー(新聞広告募集ツアー)専門の方は、空白を嫌がります。
行程が隙間なくびっしり詰まってなかったら、怒り出す方。
空白は、損だと思っているのだと。
観光地に、たくさん行かないと損をするという発想。
そういう方は、カジュアルクラス・内側客室が圧倒的に多く、
寝るだけだからと同じことをおっしゃいます。
回数を多くいくので、安い方が良い。

私も添乗で内側客室に数回泊まりましたが、
ドアを閉めたら、ライトをつけない限り真っ暗。
どこにいるのか、何時なのかさっぱり分かりません。
いくら仕事とはいえ、大好きなクルーズでは辛い。

カジュアルクラス客船の内側客室3回行くなら、
プレミアムクラスのベランダ1回。
カジュアルクラス客船の内側客室10回行くなら、
ラグジュアリークラス客船のベランダ1回行く方が得るものが多いと思います。

話がそれましたが、例年ご一緒するお客さんが、今年はアジアクルーズ。
プーケットに寄港します、そこで驚かせようと思い行きました。

お客さんには、プーケットでは、専用車・ガイドをこちらで手配。
時間だけを決めてました。


ぶらりタイの旅 老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート

タイ・チャアム 王道デシュタニ、最新ラディソン・ブルへ

遅い夏休みで、10月05日から、ぶらっとタイへ行ってきました。
とっておきの本をたくさん持って。

3年ぶりのハノイ・ノイバイ空港経由。

古く、暗く、エアコンが殆ど効かない記憶があるので、
乗り継ぎの数時間、汗をかくので着替えをたくさん持参しました。

いつものターミナルの横には、巨大な新しいターミナルが。
2015年に日本のODAでオープンした新ターミナル。

これがベトナム!?
ホーチミン・タンソンニャット空港同様に、
快適な最新の国際ターミナルに生まれ変わってました。
どこに行っても同じような。何だか寂しい思いに。

ハノイから2時間、バンコク・スワンナプーム空港へ。
タイに着いたら、妙に落ち着きます。

バンコクのホテル、以前は、マンハッタンホテル専門でした。
最高のロケーションです。

私と同じ年の昭和44年開業で、老朽化しており、
天井が膨らんでいたり、部屋には必ずゴキブリに遭遇します。(ビッグではなくミニ)

朝食は、謎のキムチ。干からびた目玉焼き。
煮え切ったコーヒー。
ホテルの横を通る度、必ず声をかけてくるインド人仕立て屋。
大好きなタイ=マンハッタン・ホテルなのです。

ただ最近、ゴキブリの出現率が高くなり、
今は、エータス・ルンピニを好んで宿泊します。
ここのホテルは、値段と満足度のバランスが良いのです。

通常、お客さんには、インターコンチネンタル、
シェラトン・グランデを手配しております。
あくまで自分で行く場合です。

豪華さはありませんが、機能的。
ホテル全体が綺麗で、一応5つ星(?)
部屋は、42㎡の広さ。
バスタブ付きでシャワーブースも別。

NHKプレミアムが映ります。(NHKワールドは英語版で面白くない)
いつも火野正平のこころ旅を観てます。

飽きたら、上階にあるプールへ。
そこにサウナがあり、いつ行っても貸切状態。

ロケーションは、右に3分歩けば、ローカル屋台が連ねて、コンビニもあり。
左に2分で地下鉄ルンピニ駅。
パッポンへは、徒歩約15分。

朝食もまずまずのレベルです。

そして、ここに泊まると、毎朝ルンピニ公園をジョギング。
これが何よりの楽しみです。

今回、値段が高騰しており、新規開拓をしました。
エバーグリーン・ローレル。始めて泊まるホテルです。

台湾の物流、航空会社もある、あのエバーグリーン。
部屋も広く、バスルームが広く、清潔で値段もお手軽。
ルンピニ公園まで徒歩20分。
サウナもあり、ここも貸切状態。

朝食は、そこそこレベル。
ビジネス街なので、周辺には何もなく、駅まで徒歩10分。
合格点ですが、比べたらエータス・ルンピニを選びます。

エバーグリーン・ローレル・バンコク~デシュタニ・ホアヒン



ロシア自由旅行① 広州~モスクワ 

年始のご挨拶


明けましておめでとうございます。
いつもこのブログにお越しいただき本当にありがとうございます。

年末、目が回る程の忙しさ、
そして年末年始ロシアに旅にでており、更新できませんでした。
今年は、更新をまめにします。

今年もよろしくお願い申し上げます。

ソビエト連邦社会主義共和国


私が小学校の頃、当時、ソビエト連邦社会主義共和国。
冷戦時代で、鉄のカーテンで、東側の情報は入って来ませんでした。

世界を二分して対立していた、西側(アメリカ)と東側(ソ連)。

当時、日曜の朝の関西地方のテレビCMで、洋菓子パスナスの宣伝が放映されてました。
それは、ロシアをイメージしたアニメで、凄く裕福に温かくに見えました。
「パルナス♪ パルナス♪ モスクワの味♪ パルナ~ス♪」

ソ連とは、どんな国なんだろう。
情報といえば、テレビのNHKでロシア語講座を見入ったり、
誕生日のプレゼントでは、何十巻からなる世界辞典で、
「ソ連」だけを母親にねだったり。
お小遣いを貯めて、阪急百貨店の海外輸入品フェアで、
ソ連のミニチュアボトルのウォッカ、缶詰を購入。
もったいないから一回も開けませんでした。

その位、情報が全くありませんでした。
それだけに憧れが強く大きくなっていきました。

この旅行業の仕事に就いてからも、
お客様のロシアへの渡航も殆どありません。

ソ連の頃は、ソ連上空を飛行することはできず、
ヨーロッパに行くには、アンカレッジ経由が一般的でした。

今でも、ヨーロッパへ行く際、モスクワ上空、シベリア上空を
通っているというだけで、胸が熱くなります。

その位、ロシアには憧れがあるのですが、
なかなかタイミングが合うことなく、行った事がありません。

ロシアにビザが必要で、予約を取り、招聘状、バウチャーを取得し、
ビザを申請します。
勝手きままに自由旅行ができないと思い込んでました。

私は、年末年始は自分へのご褒美として、海外へ旅行に行きます。
例年、大好きな常夏のタイに行き、のんびりしに行きます。

昨年秋口にいつものように年末年始タイへのチケットを探していたら、
中華系モスクワ線が激安でした。
中国に行くより、タイに行くよりもお安く、
物価が高いロシアのホテルは、シーズンオフの場合、
かなりお安く設定されてます。

これだったら行ける!!
ビザも、「ロシアビザセンター」にて申請したら、
招聘状、バウチャーも要らないという。
本当に自由旅行ができるかを確かめよう。

憧れのロシアへ!!


2016年12月27日~2017年1月05日の日程で、
ロシア・モスクワ、サンクトペテルブルグへ。

AIRは、中国南方航空で広州経由。
せっかくなので、広州に1泊します。

12/27(火)関西から広州へ CZ390 関西14:00/広州17:25
関西空港でチェックインしたら、
乗り継ぎが8時間位以上の場合、中国南方航空からホテルが付くとの事。
これは知らなく、もうすでにホテルはとっていました。

あっというまに広州に到着。
広州は、何回も来たことがあるので、今回、空港から程近い花都に宿泊。
空港よりバスで約30分。

20:00頃、チェックインして、すぐに夕食へ。
ショッピングセンターのレストラン街の小奇麗な店に入りました。
これが大正解で、全てが美味しい。特にキャベツ炒めは絶品。

ホテルは新世紀飯店。私の大好きなザ・中級ホテル。
せっかくの旅行なので、あまりしょぼいホテルはダメ。
お手軽なローカル4スター。落ち着きます。

ホテルに戻り23:00には就寝。
年末は、出発までバタバタしており、
いつも思うことが、本当に行けるのかとなりますが、これが行けるのです。
今までどうしても行けなくない、前日にキャンセルしたのは1回のみ。

機内では読書をして、久しぶりにゆっくり寝れます。
日本ではバタバタですが、出発したら吹っ切れます。

12/28(水)広州からモスクワへ CZ355 広州11:20/モスクワ19:25

朝、ホテルをチェックアウト。
又、バスで広州白雲空港へ。
空港で朝食を食べようと、レストランに入ったら、コーヒー1杯が約1,200円。
そういえば以前、広州空港で乗り継ぎでコーヒーを飲んだら、
高額で驚いたことを思い出しました。

いよいよ憧れのロシア・モスクワへ向けて出発です。
なぜか、武漢経由で、武漢空港で中国を出国手続きです。
乗り継ぎを合わせて、13時間のフライトです。 日本と中国との時差が-1時間。
日本とロシア・モスクワ、サンクトペテルブルグの時差が-6時間。

今回、中国に入って驚いたのが、
ついこの間まで、入国審査でもパスポートを投げられていたのに、
今回は、広州でも武漢でも、両手を添えて渡してくれました。
この国がサービス向上したら脅威です。
あと10年は安泰だと思っていたら、そんなに時間はかからないと思います。

機内では、この日の為にとっておきの本を持参してきたので、
長時間のフライトでも、何も問題ありません。
大好きな読書で至福の時間です。

CZには珍しく(失礼!)定刻時間前にモスクワ・シェレメチボ空港到着。
モスクワには、3つの空港がありますので、予約する場合は注意が必要です。

モスクワ・シェレメチボ空港 19:00到着。

入国審査にかなり並び時間がかかると聞いていたので、
空港の目の前のホテルを手配してました。

入国審査に約1時間並びましたが、それほどストレスを感じませんでした。
もっと遅い国もたくさんあります。

到着口から出て、長年の夢であったモスクワに立ちました。
取り乱して失禁するかと思っていたら、大丈夫でした。
赤の広場に立った時は、失禁するかもしれません。

寒いと思ったら、吐く息が白く、それなりに寒いのですが、
思っていたほどではありません。

ホテルまで徒歩で約10分。
パーク・イン バイ ラディソン シェレメチェボ エアポート
ここも大好きなザ・中級ホテル。
フロントでチェックイン。
初めてロシアでロシア人と話しました。
笑顔なんてとんでもない。
機械みたいな流れ作業。
中国ホテルの方が100倍ホスピタリティの高さを感じました。

中国の空港では、安全上、必ずライターを取られます。
今回も取られたので、歩いて空港へライターを買いに行きました。
売店でライターを1個約100円で買い、
後で見たら、どう見ても古いライター。2回使ったら終わりました。

ホテル内のレストランで夜食。
メニューにボルシチ、ビーフストロガノフのロシア料理がありましたが、
これから嫌と言うほど食べると思うので、
無難にカルボナーラを注文。美味しく頂きました。

明日は、国内線でサンクトペテルブルグへ。
憧れの初めてのロシアで幸せ一杯の気分で就寝します。