ぶらりタイの旅 ~デシュタニ・ホアヒン~
老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート②

デシュタニ・ホアヒン

バンコクのエバーグリーン・ローレルで2泊した後、チャアムへ。

リゾートと都市に行く場合、先にリゾートでのんびりして、
後で都市で泊まる方が旅がまとまります。
最後にバンコク2泊は、あきらめもつきますが、
初めに泊まったら、2泊はあっという間です。

タイ国内の移動では、プーケット等、かなり離れたの場合、飛行機を利用しますが、
数時間で行ける場合、長距離バス、乗り合いバン、専用車を利用します。

ずっと長距離バスの旅でしたが、乗り降りにかなりの時間がかかります。
そういう旅の方が面白いのですが、
短い日程なので、今回は専用車を手配しました。

ホテルロビー11:00に待ち合わせ。
その日の朝には、ドライバーがメールで自分の写真を送っていただき、
すぐに分かりました。

バンコクからチャアムまで途中で一回休憩を取り、約3時間。
デシュタニ・ホアヒンに到着。

チャアムは、国道沿いにあり、デシュタニ周辺には殆ど店舗がありません。
各リゾートが個別にあり、リゾート内での滞在型で、
街歩きには不向きなリゾートです。

国道の大通りから、ホテルのエントランスまでもかなりの距離。

デシュタニ・ホアヒン
全296室、1990年オープン。
大型リゾートでチェックインが土曜日ということもあり、
バンコクからの週末家族旅行、大手銀行のパーティーなどで混雑してました。

デシュタニは、想像通りの、はずれがないリゾートです。

周辺には何もないので、ホアヒンに出るか、リゾート内で食事。
1日目の夕食は、ホテル内のタイ料理レストラン「ベンジャロン」。
2日目は、ホアヒンに出ての夕食。
ホアヒンの中心へは、ホテルシャトルバス(片道/50B)、約15分。

デシュタニ・ホアヒンに泊まるなら、クラブ・ルームをお勧めします。
クラブラウンジでは、ソフトドリンク、軽食が用意され、
17:00-19:00はアルコールも。
朝食は、メインレストランの奥に専用のスペース。
週末は、別の専用レストランでいただくことができます。

今回は、クラブ・ルームが満室でスーペリア・ルーム。

朝食は、メインレストランが8:30をピークに混在し、
席が空くまで並んでいる時もあります。

朝食内容は、満足です。
特にクイッティオ(米麺ラーメン)が、
出汁がよく効いていて上品で、今まで食べた中で一番の美味しさ。

スパ、フィットネスセンターは、別の棟にあり、
カートで送迎していただけます。
歩いても3分もかからないの距離ですが。

ジムで走った後に、サウナへ。
宿泊客は100Bかかりますが、貸切状態。
大きなジャグジーもあり、雰囲気も良く、本を持ち込み、至福の時。

デシュタニ・ホアヒン
ロビーは、英国風のシャンデリアで、豪華で優雅な気分。
スタッフは笑顔で、立ち止まって挨拶。
ホスピタリティは、さすがデシュタニです。

ただ大型リゾートの週末だったので、子供が多く賑やか。
良くも悪くも想像通りで、それ以上でも以下でもなく、感動はありません。

デシュタニ・ホアヒン



ぶらりタイの旅 老舗王道リゾート vs 最新ブティックリゾート

タイ・チャアム 王道デシュタニ、最新ラディソン・ブルへ

遅い夏休みで、10月05日から、ぶらっとタイへ行ってきました。
とっておきの本をたくさん持って。

3年ぶりのハノイ・ノイバイ空港経由。

古く、暗く、エアコンが殆ど効かない記憶があるので、
乗り継ぎの数時間、汗をかくので着替えをたくさん持参しました。

いつものターミナルの横には、巨大な新しいターミナルが。
2015年に日本のODAでオープンした新ターミナル。

これがベトナム!?
ホーチミン・タンソンニャット空港同様に、
快適な最新の国際ターミナルに生まれ変わってました。
どこに行っても同じような。何だか寂しい思いに。

ハノイから2時間、バンコク・スワンナプーム空港へ。
タイに着いたら、妙に落ち着きます。

バンコクのホテル、以前は、マンハッタンホテル専門でした。
最高のロケーションです。

私と同じ年の昭和44年開業で、老朽化しており、
天井が膨らんでいたり、部屋には必ずゴキブリに遭遇します。(ビッグではなくミニ)

朝食は、謎のキムチ。干からびた目玉焼き。
煮え切ったコーヒー。
ホテルの横を通る度、必ず声をかけてくるインド人仕立て屋。
大好きなタイ=マンハッタン・ホテルなのです。

ただ最近、ゴキブリの出現率が高くなり、
今は、エータス・ルンピニを好んで宿泊します。
ここのホテルは、値段と満足度のバランスが良いのです。

通常、お客さんには、インターコンチネンタル、
シェラトン・グランデを手配しております。
あくまで自分で行く場合です。

豪華さはありませんが、機能的。
ホテル全体が綺麗で、一応5つ星(?)
部屋は、42㎡の広さ。
バスタブ付きでシャワーブースも別。

NHKプレミアムが映ります。(NHKワールドは英語版で面白くない)
いつも火野正平のこころ旅を観てます。

飽きたら、上階にあるプールへ。
そこにサウナがあり、いつ行っても貸切状態。

ロケーションは、右に3分歩けば、ローカル屋台が連ねて、コンビニもあり。
左に2分で地下鉄ルンピニ駅。
パッポンへは、徒歩約15分。

朝食もまずまずのレベルです。

そして、ここに泊まると、毎朝ルンピニ公園をジョギング。
これが何よりの楽しみです。

今回、値段が高騰しており、新規開拓をしました。
エバーグリーン・ローレル。始めて泊まるホテルです。

台湾の物流、航空会社もある、あのエバーグリーン。
部屋も広く、バスルームが広く、清潔で値段もお手軽。
ルンピニ公園まで徒歩20分。
サウナもあり、ここも貸切状態。

朝食は、そこそこレベル。
ビジネス街なので、周辺には何もなく、駅まで徒歩10分。
合格点ですが、比べたらエータス・ルンピニを選びます。

エバーグリーン・ローレル・バンコク~デシュタニ・ホアヒン



ロシアの旅を動画で 

ロシアの旅 動画完成!


パソコン、カメラ、ビデオなど全く興味がなく、
これまで無関係でしたが、2年ほど前にビデオカメラを購入しました。

クルーズで同行したお客さんに、思い出をDVDでお渡しする為です。
品質は素人以下ですが、少しでもかけがえない思い出になればと。

昨年まで、10分程度の動画を編集したら初めは1週間。
慣れても2-3日はどうしてもかかってました。

それは、パソコンの能力が原因ということも知らなかったのです。
昨年までCeleronのパソコン。
10分の動画を2-3日がかりで編集し、変換に12時間程かかってました。

昨年、Intel Core i5のパソコンを購入し、
10分の動画を1日に3本は作れるようになりました。
パソコンの処理能力。
パソコンの代金が違う理由が、身をもって理解できました。

先日の週末で、ロシアの動画4本を作成し、アップしました。
あとは、撮影するセンスと腕前。
センスはどうしようもないですが、腕前は場数。
末永くお付き合いください!!

ロシア自由旅行 2016-2017 ロシアの年末年始


ロシア自由旅行① 関西~広州~モスクワ

2016年12月27日~2017年1月05日の日程で、
ロシア・モスクワ、サンクトペテルブルグへ。
AIRは、中国南方航空で広州経由。
12/27(火)関西から広州へ CZ390 関西14:00/広州17:25

ロシア自由旅行② サンクトペテルブルグ エルミタージュ

サンクトペテルブルグ街の中心
「クラウンプラザ サンクトペテルブルグ」こちらで3泊します。
モスクワ駅前。ロシアでの鉄道駅は、行先が駅名。
巨大ショッピングセンターが目の前。
レストラン、ショッピングが立ち並ぶネフスキー大通りもすぐ。

ロシア自由旅行③ サンクトペテルブルグでの年越し

12/31 大晦日 カウントダウンは、エルミタージュ広場で行われ、
盛り上がったみたいですが、早くに寝てしまい、
夜中にドンドン音がして、初めはホテル内で騒いでいるのかと思いました。
部屋の窓を見ると、盛大な花火が打ちあがっていました。

1/01 元旦 街はひっそりと静まり返ってます。
日が暮れる頃、人々はエルミタージュを目指します。

ロシア自由旅行④ めざせモスクワ!

サンクトペテルブルグからモスクワへ
11:00発のサプサン号 約4時間の列車の旅です。

モスクワは、クレムリンを中心に、同心円状に広がり、
人口は1,150万人でヨーロッパで最多の都市。
ソ連崩壊から25年どのような変貌を遂げてきたのでしょうか。