ぶらりタイ・プーケットへ④ プーケット~成都

■プーケットの休日■


今回の旅の目的である、クルーズ寄港のお客さんに無事に会う事ができ、
あとは、ひたすら満喫します。
天気もずっと雨だったのが朝から快晴!
カロンビーチ

朝、ビーチを散策、
ホテルに戻り、朝食。
ジムでランニング。
初日は、1時間かなり無理してましたが、毎日やるので、
数日経てば1時間でも2時間でも楽々走れるようになります。

そして、プールサイド、ビーチで読書&昼寝。
お腹が空いたら、その時の食べたいものを食べる。

プーケットの夕食
1日目 海鮮レストラン

2日目 パッタイ&サブウェイ(サンドイッチ)持ち帰り 3日目 イタリアンレストラン 4日目 生演奏レストラン

■ホテルの良し悪し■


今回のホテル、アビスタのフロント AIKOさんには、
いろいろとお世話になりました。
出発の朝、勤務が8時までと言っていたので、
朝食前にフロントへ、Aikoさんにほんの気持ちばかりをお渡しました。

その後、レストランで朝食をとっていたら、テーブルにGMとAIKOさんがご挨拶に。
AIKOさんは、その場で号泣してしまいました。
フィリピンから一人で仕事をしに来て、
いろいろと思うことがあったのでしょう。

GMは、空港までお送りすると、専用車を用意していただきました。
お気持ちだけありがたくお受け取りしますと、お断りしたのですが、
結局、送っていただきました。

Aikoさん、フランス人GMをはじめホテルスタッフには、本当に感謝です。
快適で最高の旅になりました。

ホテルだけでなく、全ての良し悪しは、人で決まります。
次回も、その人に会いに、そのホテルに泊まりに行きます。

カロンビーチ

■成都経由で帰国■


13:05 プーケット空港からタイスマイル航空にてバンコクへ
スワンナプーム空港 14:30到着
日本食を食べてなかったので、身体が欲して、空港内のフジレストランへ。 

四川航空にて 17:55発 成都到着 22:00到着

往路同様、入国審査が、外国人ブースが少なく1時間程、かなり待ちました。
バンコクから一緒だったアメリカ人が、空港職員にペラペラの中国語で怒り出す。

成都空港からタクシーで10分。
ホリデイイン・エクスプレス 成都エアポートゾーンに23:30頃チェックイン。
周りに商店、レストラン、ショッピングセンター。
ホテルはできたばかりの新しいホテル。

ロビーは、誰がみても禁煙。吸える雰囲気ではありません。
フロントでチェックインしていたら、男性3名の中国人がチェックイン。
田舎からでてきた風の3人ともくわえタバコ。

私がフロントに「ここで吸っていいの?」
「ダメです!!」
そのやり取りを聞いていて、3人組は得意げになり、
「俺たちゃ、いつでも、どこでも吸えるある!お前も吸え!!」
中国語は分かりませんが、そういう事を言っているのが分かりました。

3人とも、わざとプカプカ煙をくゆらしながら、
どうだと言わんばかりに、肩で風を切って、
エレベーター内にも3人ともくわえたばこで入っていきました。

一旦、部屋に荷物を置き、ロビーを通ったら、3人の一人。
私と目が合うと、すぐにタバコを取り出し、急いで吸いました。

中級ホテルはこれだから面白い!!

成都は、空港周辺しか行かなく、前後泊のみでしたが、
料理は美味しく、街が小奇麗。
人も良さそうです。
今度、ゆっくり来ようと思います。

1泊して翌日、13:40発 四川航空にて帰国の途へ 18:55 関西空港到着

成都双流国際空港

旅はどこに行っても、日本と違う習慣、文化なので、
人を見ているだけでも面白く、刺激を受けます。

もっとこうしようとか、ここはこうしようとか、
自分の日常を客観的に見ることができ、考える事ができます。
私にとって旅はかけがえないのものです。

タイ・プーケット旅行③ Avista Grande Phuket M Gallery by Sofitel


ぶらりタイ・プーケットへ① 四川省・成都

■四川航空 中国・成都へ■


ゴールデンウィークにお客さんがアジアクルーズへ。
ゴールデンウィークど真ん中にも関わらず、四川航空がお得なバンコク行き航空券が。
急遽、行くことを決めました。
寄港地のプーケットへ、何も言わずに、驚かせにいきました。

お客さんには、寄港地のプーケットでは、ガイドを手配し下船したところでミーティング。
ガイド名:Ayustet 私の名前の逆さにしただけをご案内。

関西空港から四川省・成都へ。

乗継で前後泊を成都で宿泊。
成都に行くのは、初めてで想像がつきません。

20:25 関西空港発、四川航空 3U8088 00:05成都空港到着。

近代的な綺麗な空港。
入国審査10ブースほどあるのに対し、外国人利用は2ブースのみ。
後の8ブースは中国人用。
かなりの行列の長さで1時間並びました。

ホテルは、空港から徒歩10分の成都エアポートエクスプレスホテル。
ホテルチェックインは、深夜2時。
周辺には、コンビニ、レストランなど何もなく、
トランジットで寝るだけホテル。

成都エアポート エクスプレス ホテル

翌朝、朝食にホテルレストランへ。
どこのホテルも同じようなものですが、ここは違いました。
全て中華料理の朝食バージョンなのですが、野菜が中心で優しい味付け。
四川料理中心なので、本場の担々麵も。
全然期待してなかったのですが、全て美味しく、朝からガツガツいただきました。

朝食後、チェックアウトまでゆっくりして、
12:00ホテルシャトルバスで空港へ。
それにしても立派な綺麗な空港で、四川航空の航空機数に驚かされました。
羽田、成田のJAL、ANA、これだけの航空機数は、足元にも及ばない数。
中国の底力を見せつけられました。
また、関空チェックインの際も、他の中華系と比べ、乗客の質が良いと感じました。

改めて成都を調べました。
人口比では、中国第4の都市。
人口:1,591万8000人 
世界の観光客数の上昇率で、世界のトップが大阪。2位が成都。

ちなみに、中国の人口比ベストテン。
10位 ハルピン(黒竜江省) 1,066万5000人
9位 武漢(湖北省) 1,076万2000人
8位 石家庄(河北省) 1,078万4600人
7位 深セン(広東省) 1,190万8400人 
6位 広州(広東省) 1,404万3500人
5位 天津(直轄市) 1,562万1200人
4位 成都(四川省)
3位 北京(直轄市) 2,172万9000人
2位 上海(直轄市) 2,419万7000人
1位 重慶(直轄市) 3,048万4300人

四川航空の機内食がエコノミーですが美味しい。
機内食を配る際、キャビンアテンダントが、瓶から調味料を機内食にかけていきます。
スパイシーとのことで、お願いし、ご飯の上にスプーン一杯分を乗せます。
日本でも数年前に流行った食べるラー油。
これが美味しいのです。

老干媽肉絲豆鼓油辣椒(ローカンマ/ラオガンマ)
中国では知らぬ人はいないという人民食。
パッケージの写真は男性と思いきや、女性でした。
街でこの人の作るラー油が美味しいとの評判で、商品化したら爆売れ。
今は、四川省の大豪邸に住む億万長者。
帰りにたくさん土産で買ってきました。

老干媽