アクア・エクスペディションズ 一生に一度の思い出に残る旅

極上の快適さでの旅 リバークルーズ アクア・エクスペディションズ


アクア・エクスペディションズは、2007年に創設者/CEOの
フランチェスコ・ガリ・ズガロによって、
「世界の素晴らしい川をクルーズする現代の冒険家に、
極上の快適さのなかで比類なき旅の体験を提供する」という
彼の夢をもとに設立されました。

はじめに世界でも未踏の地であるペルー国内のアマゾン川で、
ガリ・ズガロはアマゾンの流域で初の特注デザインの船、アクア・アマゾンを就航しました。

川を臨む大きな窓を備えた12室のスイートはペルーの建築家ジョルディ・プウィに
よって設計され、かつてないほどラグジュアリーなクルーズをご提供します。

アマゾンの街イキトスを拠点とし、アマゾン川の源流やパカヤサミリア保護区へ。

知識豊富なナチュラリストガイドが同行し小さなスピードボートに乗り換えて
アマゾン川の支流を奥へと進みながら、ピンクドルフィンやピラニア、
オマキザルや木にぶら下がるナマケモノ、ツメバケイ、オオハシ、
大空を気持ちよさそうに羽ばたくコンゴウインコなど、
大自然の世界をご体感いただくことができます。

アクア・エクスペディションズのユニークで居心地のよい隠れ家のような、
そして人生を豊かにするリバーサファリ体験は人気となり、
2隻目の船アリア・アマゾンが就航しました。

16室のスイートを持つ水上の5つ星ホテル、アリア・アマゾンはアクア・アマゾンと
同じくペルーのアマゾンを優雅に航行します。

ペルー、アマゾン川での成功を受け、アクア・エクスペディションズの次なる舞台、
人生に一度のラグジュアリーなリバークルーズ体験をご提供できる川を探しました。

そしてカンボジアとベトナムを流れるメコン川で、
彼はペルーのアマゾンで感じたような人々の心を深くとらえる旅を見つけたのです。

2014年に就航するアクア・メコンでは、20室のモダンな内装のスイートで
古代ヒンズー教の遺跡や賑わう仏僧院、色鮮やかな水上マーケットや
人里離れた浸水林などを訪れます。

アクア・エクスペディションズ

出発日限定特典つき! 2018年 特別クルーズ


アクア・エクスペディションズの創設者であるフランチェスコ・ガリ・ズガロと、
アクア・メコンのコンサルティング・シェフである、デイビッド・トンプソンは一年に二度、
お客様と一緒にリバークルーズ船アクア・メコンでベトナム、カンボジアの
メコン川クルーズを乗船しています。

 このクルーズではフランチェスコ自らが自転車に乗り、
一面に広がる青々とした水田の中を走り抜けたり、
船上ではアクア・エクスペディションズ創立における展望や情熱、
南米ペルーからアジアまで拡大させたビジネスの裏側について話したり、
普段のクルーズでは体験できない機会をご提供します。

 ミシュランスター・シェフであるデイビッド・トンプソンが乗船するクルーズでは、
お客様と一緒に地元の市場を訪れ地元の新鮮な食材を仕入れたり、
船上ではラウンジでのクッキングクラスやキッチンツアーを行う予定です。
ミシュランスター・シェフから直接、料理やレシピのコツを聞き出す絶好の機会。

4本のクルーズ限定特典!


【アクア・エクスペディションズ創設者 フランチェスコ乗船クルーズ】
・2018年 5/4~08 プノンペン~プノンペン 4泊5日**
・2018年 8/31~9/04 ホーチミン~プノンペン 4泊5日

【ミシュランスター・シェフ デイビッド・トンプソン乗船クルーズ】
・2018年 6/22~26 ホーチミン~プノンペン 4泊5日**
・2018年 8/03~07 ホーチミン~プノンペン 4泊5日**

この4つのクルーズに6名様以上でお申込みいただいた場合、
下記の特典からひとつお選びいただけます。

● 現地日本語通訳が無料・・・船に同乗しアクティビティや船内で日本語通訳。
● ツアーエスコート料金が無料・・・通常は有料のエスコートキャビンを無料でご提供。
**30%OFFのサマーレートが適用される出発日です。

アクア・エクスペディションズ


最高級リバークルーズ 3社の比較

海のクルーズとは趣が違い、ゆっくり味わうような大人の旅。
それがリバークルーズ。

目の前には、そこに暮らす人々の生活を垣間見ることができ、
寄港地は、街の中心が殆どなので、楽で気軽に街歩きができます。

●川の旅 7つの魅力
1. 揺れない、船酔いしない
2. 部屋ごと動くホテル、体がとても楽
3. 荷解き、荷造りは一度だけ
4. 速度ゆっくり、陸が見える安心
5. 桟橋は町中、街歩きが容易
6. 少人数の定員、お客様同士すぐに親しく
7. 乗下船は10分、大型船のような行列は無し

弊社でお取り扱いしているリバークルーズ船で、
3つの船会社は、高級船のカテゴリーに入ります。

船会社が違えば、旅も全く違うものになります。
今回、その3社を比較します。

その違いを一覧にしました。
高級リバークルーズ 3社比較

ユニワールド


ユニワールドユニワールドは、1976年に創立したリバークルーズのトップブランド。

少人数のお客様に対し、最高水準の船、サービス、お料理で
十分以上の心配りを持っておもてなしをすること。
系列に5ッ星ブティックホテル〝レッドカーネーション”を擁する
ユニワールドならではのこだわりと誇りです。

真のラグジュアリーは1つ1つこだわって作りあげるもの。
ユニワールドの船は、姉妹船といえども内装をまったく異なる装いに作り上げます。
オーナーのベアトリス・トールマン手ずから調度品、美術品を選び、
すべてを含んだオールインクルーシブなサービスをご提供します。

リバークルーズはどれも同じではありません。
川で最高レベルのクルーズをお望みの方へ。

ユニワールド コースはこちらから
ユニワールド コース一覧

バイキング・リバークルーズ


バイキング リバークルーズ次世代型「ロングシップ」を40隻就航バイキング リバークルーズ。
バイキングリバークルーズ社は、スイスに本社を置く世界的なリバークルーズ会社です。

創業者で会長のトスタイン・ハーゲン氏は、
かつての外洋の名門ロイヤルバイキングの元社長。
本物のクルーズを熟知しています。

現在ヨーロッパ、ロシア、中国で運航。
名門クルーズの条件であるハイレベルな船・お料理・サービスを提供しています。

ヨーロッパの川を旅するたいへん多くのお客様が
バイキング・リバークルーズを選ばれます。

バイキング・リバークルーズ コースはこちらから
バイキング・リバークルーズ コース一覧

アマ ウォーターウェイズ


AMA ウォーターウェイズヨーロッパの川をより広く、よりラグジュアリーに。

AMAウォーターウエイズは、リバークルーズ界でAMA ウォーターウェイズ
長年活躍してきた経営陣が2002年に設立したリバークルーズ会社です。

本社をアメリカ・ロサンゼルスに置き、ヨーロッパ主要河川で10隻、
ロシア、東南アジアで各1隻を運航しております。

AMAの自慢はお客様の声を先取りしたラグジュアリーな船とサービス。
標準的な客室の広さは 15.8㎡、リバーの水準を大きく越え、
天井から床までスライド式の大窓(フレンチバルコニー)をいち早く取り入れ、
2010年からは贅沢な外側バルコニー付きの船を就航。

地元の新鮮な食材にこだわった料理、無料衛星インターネット、
足の不自由な方には”ゆっくり歩き観光”など、
小型船ならではのきめの細かさでリードしてきました。

アマ ウォーターウェイズ コースはこちらから
アマ ウォーターウェイズ コース一覧