クルーズ乗船記 ポール・ゴーギャン タヒチ・南太平洋

お客様よりクルーズ乗船記をいただきました。
昨年の8月にポール・ゴーギャン タヒチ・南太平洋クルーズにご乗船。
たくさんの写真、ご感想。本当に感謝いたします。

voice_icon02  ポール・ゴーギャン号 ソシエテ諸島クルーズ8日間 
    大阪府 T 様 2017年 8月


長年行きたいと思っていた「ポール・ゴーギャン号」の日程と、
夏季休暇(+有休)の日程がうまく合致したので、
昨年に続き今回も“安心の”ビガートラベル様に手配をお願いしました。

料金は、公式サイトと同額でしたので、
面倒な申し込みフォームを自分で入力する手間暇を考えれば、
ビガートラベル様に申し込んだ方が、安心安全です。
また、旅行前に不明な点があればいつも丁寧に教えて下さいます。

クルーズ旅行は1~2度体験すればすぐ慣れますので「個人旅行」で行った方が、
断然お得と考えます。
そして「個人旅行」でも旅行代理店を通した方が、安心です。
万一、不測の事態(飛行機遅延など)が発生した際、対応を代理店に相談できますので。
(実際に、そのような事態に陥った事はありませんが。)

そう考えますと、ビガートラベル様は本当にありがたい存在です。

ちなみに、大手旅行会社(団体ツアー)と比べると、総額で3~4割ほど
旅行代金を抑える事ができました。

余談ですが、ビガートラベル様とのお付き合いは、
社員旅行をアテンドしていただいた事から始まります。
社長が若かりし頃、私の勤務先へ飛び込み営業に来られ、
熱意と丁寧さで大手旅行会社に競り勝たれたそうです。

それ以降、勤務先では20年以上お付き合いが続いており、私の勤める会社では
「営業の姿勢を学びたければビガートラベル社長を見習え」とまで称賛されております。

ポールゴーギャン
船からボラボラ

閑話休題。
それでは以下、ポール・ゴーギャン号について、個人的な感想を記させていただきます。

多くの方がこの船についての旅行記を記されていますので、
その隙間を埋めるような事柄を書ければと思っております。

ポールゴーギャン
港から船

【①チェックイン】
初日、午前11時頃に飛行機はタヒチ島に到着。
船のチェックインは15時のため、少々時間を持て余します。

港はタヒチ島の中心地に位置していますので、町の散策しようと考えていたのですが、
この8日間クルーズは土曜発。
そして、タヒチでは土曜の午後は、ほとんどのお店がお休みになります。

それでも、観光客向けの飲食店は開いていますので、私の場合は飲食店を2軒ハシゴし、
時間をつぶしました。

ビール醸造所『レ トロワ ブラッスール(Les 3 Brasseurs)』が位置的にもお薦めです。
店の正面、ちょうど道路を挟んで向かい側が港になっており、
ポールゴーギャン号が停泊しています。

尚、空港からこの店まではタクシーで移動しました。
タクシーの料金相場は、日本と同程度です。
政府の認可が必要なので、ぼったくりタクシーはいません。
所用時間は15~20分、料金は1500~2000パシフィック・フラン程です。

13時頃に、スーツケースを引きずりながら船のそばに設けられた
集会用テントのような場所に近づいて行くと、すぐにスタッフが笑顔で寄ってきて、
荷物を預かってくれました(しかも、部屋まで運んでおいてくれます)。

旅行前には「船会社側では、事前に荷物は預からない」と聞いていたので、
これは助かりました。
現地スタッフの判断だったのかも知れません。
おかげで身軽になった状態で、のんびり散策ができました。

チェックインの手続き自体は、船内『グランドサロン』で行われますので非常にスムーズ。
まったく込み合う事はありませんでした。

【②最終日(チェックアウト)】
下船はさらにスムーズ。前日までに精算を済ませ、希望する時間に降りれば良いだけです。
ただし、午前8時には部屋を出なければなりません。船内には10時まで滞在できます。

最終日のみ、朝食レストランは9時までとなっていますが、
10時ぎりぎりまでプールバーでアルコール類も飲めます。
ラウンジでコーヒー紅茶なども飲めます。

細かい事を書くと、最終日2日前に書類で希望する下船時間を確認してくれます。
書類と言っても、マークシート式の書類にチェックを入れるだけ。

前日には、下船時間に合わせて色分けされた「荷物タグ」が部屋に届きます。
当日は「何色のタグの人は下船してもいいよ」と船内放送が順次流れますので、
それに従うだけです。

【③客室】
少し古い船ですが、室内はきれいに整備・清掃されています。

今回私は、最も安い一番最下層(丸窓・バルコニー無し)の部屋を選択しました。

それで精いっぱいのお財布事情、というのが最大の理由ですが、
私の経験上、寝るとき以外ほぼ部屋には戻りませんし、
景色を見たいときは、眺めの良い船の最上階デッキまで行きますので。
もちろん、バルコニーは必須という方もいらっしゃると思います。
これはあくまで私個人の考え方です。

バルコニー付きの部屋の半額という料金の安さですが、
船内で受けた接客サービスで差を感じる事はありませんでした。
(かなり高額な部屋には「バトラーサービス」があり、
 “部屋付き執事”が荷解きからやってくれるらしいです。)

唯一、部屋料金の安さを感じた点は、風呂のアメニティ類で、
これらはビジネスホテル風に壁にボトルが張り付けらておりました。
固形石鹸だけがブランド物(「ロクシタン」)でした。

また、この船はどのランクの船室でも、ほぼバスタブがついています
(一部シャワーのみの部屋あり)。
我が家の物より大きなサイズでした。

ちなみにシャワーは固定式ではなくハンドシャワーで、
お湯もすぐ出て水の勢いもバッチリでした。
4回クルーズ船に乗った経験がありますが、ポール・ゴーギャン号が、
水回りは一番良かったです。

【④ホスピタリティ】
ホスピタリティは「さすが」の一言です。
格式ばっておらず、フレンドリーでありつつ、
適切に礼儀をわきまえた接客だと感じました。

スタッフはこちらの名前を憶えて、声をかけてくれます。
どのスタッフもこちらの英語力に合わせてゆっくり話してくれますので、
カタコト英語でも会話も楽しめました。

余談ですが、会話の際に、いろいろボケて笑いを取っていたせいか、
夜のショータイムでは毎回ステージ(踊りの輪)に引きずり上げられました。

どうやら、きちんと客の性格を見て、「この人なら大丈夫」と判断したノリの良い人を、
狙ってステージに上げていたようです。
このあたり、客を見る目が流石と言えます。

レストランやバーのスタッフは気さくに話しかけてくれるので、
スタッフと積極的に交流すればするほど、どんどん楽しくなる船だと思います。

ポールゴーギャン

【⑤客層】
英語がペラペラの方は、乗客との交流も楽しいかと思います。
年齢層は、アメリカのシニア世代がほとんどで、
小さな子ども連れとハネムーナーは少々といったところ(日本人は我々2名だけでした)。

富裕層の社交界を垣間見ることが出来ました。
皆さん精神的なゆとりがあり、こちらのカタコト英語にもきちんと対応してくれます。
「こいつ英語分かってねえな」と思ったらあまり突っ込んできません(笑)。

レストランやバー、オプショナル・ツアーなどで一緒になり、
多少なりとも会話をした人たちは、その後も、顔を合わせるたびに
笑顔で挨拶してくれます。

皆さん誰に対してもそういう態度。
バーなどで、お互いハグや握手をされている風景を良くみかけました。

ポールゴーギャン
船からモーレア島

【⑥食事】
どのクルーズ船でも同じですが、船の上なので、基本「冷凍の食材」および
「冷凍食品」です。
それさえ覚悟できていれば、何を注文してもハズレがなく美味しいものでした。
スープ系は初体験の謎味が多かったですが、まずくはないです。
下船後に行ったタヒチ島内のレストランの味は、どこもいまいち
(ていうかマズイ)だったので、それと比較するとかなり高いレベルです。
(ポール・ゴーギャン号の食事がタヒチで一番おいしいという評価もあるそうです。)

肉は、欧米人の考える「いい肉」。
草原を走っていたであろう、マッチョな赤身肉です。

朝、昼はビュッフェ形式で、さらにそれとは別に個別の注文もできます。
(「えっぐ・べねでぃくと」のようなオサレメニューがありました。)

また、ミシュラン星獲得シェフ監修の予約制レストラン
(予約取らず行ったら、すんなり入れてくれました。)は
通常のレストランより一段レベルが上がり、非常においしかったです。
いかにもミシュランが評価しそうな見た目から凝った料理でした。

レストラン内はフラッシュをたいて写真を撮れるような雰囲気ではなかったので、
食べ物の写真は全くおいしそうに撮れていません。
ご了承下さい(単に下手なだけ)。

【エンターテイメント】
船内では、毎日さまざまなイベントが行われます。
船専属で、タヒチの伝統音楽を奏でるタヒチアンバンド(女性グループ)、
フィリピン人のバンドと、ピアニスト1名(フィリピン人男性)がおり、
毎晩バーやラウンジ等で演奏してくれます。

ちなみに、フィリピンのバンドの人たちはこの船に乗る前に、
何年か日本で仕事をしていたそうで、我々が行くと日本の歌を歌ってくれました。
他の客は分からないのに。

毎晩催されるショーは、以下のような催しでした。
1日目、最上階デッキで、ダンスパーティー
2日目、船専属ダンサーによるタヒチアンダンス
3日目、最上階デッキで、ダンスパーティー
4日目、スタッフによる、宴会芸的な催し(歌、めっちゃうまい人がいました)
5日目、船専属女性歌手による70~80年代懐メロショー
6日目、モーレア島の人たちによる素朴なタヒチアンダンス
7日目、タヒチ島のプロ集団によるタヒチアンダンス

全般的にアットホームな雰囲気です。
停泊地の島の住人が、踊りに来てくれたりするので、
その「素朴さ」を楽しむ催し物になっています。

ダンスの締めは、客もステージに上げて「みんなで踊りましょう」パターンです。
前述の通り、なぜか毎回上げられました。
もちろん、嫌がる客を無理やりステージに上げるような事はありません。

【島内観光などの有料オプショナルツアー】
船の航路が、4島(フアヒネ島、タハア島、ボラボラ島、モーレア島)を
巡るルートでした。

ボラボラ島とモーレア島では沖合に1泊し、2日間滞在します。
(事前に予約すれば、この間にそれぞれの島のインターコンチネンタル・ホテルの
水上バンガローに宿泊することが可能です。当然、別途宿泊料金が必要ですが。)

各島でのオプショナルツアーのほとんどが3時間単位なので、
午前・午後にツアーを申し込むことができます。
事前にネット申込みができますし、「水上バイクに乗る」ような
台数制限のあるツアー以外は、直前の申し込みでも柔軟に対応してくれます。
(13時発の島内観光ツアーに11時頃に申し込んでも大丈夫でした。)

私はタヒチそのものが初めてでしたので、島内観光やダイビングなど
目一杯盛り込みましたが、正直、行かなくても良かったなと思う
「島内観光」もありました。
当日の天候をみてから、申し込んだ方が良いと思う事が多々ありました。

①フアヒネ島・・・ポリネシア遺跡に興味がない限り、特に見どころはないと思います。
 ここでは、シュノーケルツアーに行きました。
 3ヶ所回りますが、どこも、砂の上にサンゴがある場所だったので、
 波で水が濁っていました。
 ぶっちゃけ、どこかで一度でもシュノーケルを経験した事がある方には、
 おすすめしません。
 シュノーケル初心者の方は、魚の数が多いので、楽しめると思います。


         
②タハア島・・・・バニラ栽培と黒真珠養殖が主産業の島。
 島内観光(バニラ農園と黒真珠養殖場)に行きましたが、
 当日雨だったので景色も悪く、失敗でした。

※ここには、船会社が所有している無人島があります。
 無料で行けますので、そこへ行けば良かったと悔やんでおります。
 (いずれにせよこの時は、行った人も「大雨で大変だった」と言ってましたが)

③ボラボラ島・・・1日目。4WD自動車で回る島内観光に参加。
 景色とオフロードでの急な坂の上り下りを愉しむツアーです。
 そういった荒い運転が苦手な方は避けた方がよいでしょう。

 2日目。午前:ダイビング。非常に透明度の高い海です。
 ダイビングの準備はスタッフがすべて行ってくれますので、私はタンクを背負うだけ。
 年1回ペースでしかダイビングしない私でも、問題なく潜れました。

 午後:ダイビングの予定でしたが、残念な事には強風・高波のため中止に。
 急きょ、シュノーケル・ツアーに申込んだところ、問題なく参加できました。

④モーレア島・・・1日目。午前午後:ダイビング2本参加。
 2日目。バスで回る島内観光に参加。
 天気も良く、景色がきれいな島でした。

※モーレア島にも船会社が契約している無人島があり、そこへ行くのは無料です
(私は時間が無く行けませんでした)。

上記のように色々行った結果、最終的に思った結論は、
「この船は船上でのんびり優雅に過ごすのが『正解』だったな」という事でした(笑)

以上、思いつくままに書き連ねてみました。
皆様のご参考になれば、幸いです。

ポールゴーギャン
船 屋上からモーレア島

コスタ・ネオ・ロマンチカ 東京停泊に宿泊

コスタ・クルーズ 感謝の夕べ



先日、コスタ・ネオ・ロマンチカ、
2017年日本寄港最終の東京港にて、コスタ代理店のパーティーがあり、
船内に1泊してきました。

コスタ・ネオ・ロマンチカには、ゴールデンウィークに乗船した以来。
東京駅から路線バスに乗り、約30分で東京港晴海ふ頭に到着。

用意されたキャビンは、バルコニー客室。
以前の乗船では、海側客室。
泊まるキャビンによって、全く船の印象が変わります。
バルコニーからは、東京の夜景を独り占め。
デッキにでたら、レインボーブリッジ。

よくお客さんで、寝るだけだからと、内側客室、海側客室を取りますが、
バルコニーのあるなしで、旅全体の満足度が全然変わります。
内側客室で3回のクルーズと、
バルコニー客室で1回のクルーズだとしたら、
私は断然バルコニー客室を選びます。

この船、コスタ・ネオ・ロマンチカは、57,000トンの中型船。
小型船ほど導線が良く、船内どこに行くにも楽に移動ができます。
乗るならば、小型船が断然楽です。
コスタ・ネオ・ロマンチカ 乗客定員:1,800名。クルー:622名。

ちなみに大体同じ大きさの高級船のクリスタル・シンフォニーで、
51,044トン、乗客定員:922名。クルー:566名。
乗客とクルーの比率で、サービスが変わり、比例して代金も変わります。

コスタ・ネオ・ロマンチカの船内は、落ち着いた色使い。
メインダイニングは、2人席も存分にあります。

キャビンへご案内します。

バルコニー客室(約24.2㎡)
前回、乗船したのは海側客室(約16.6㎡)。
一回り大きく、十分な広さです。
両方泊まってみて、全く船のイメージが変わります。
海側客室の丸窓は、かろうじて外の様子が見える程度。
やはり泊まるならバルコニー付客室です。

アメリカ船では、バルコニーでも禁煙なのに対し、
イタリア船は、つい数年前まで部屋内でも喫煙可でしたが、
最近禁煙になりました。
バルコニーでは、喫煙可能で固定式の灰皿が設置。

夜はパーティ。多数販売した代理店の表彰式の後、
メインダイニングで特別ディナー。

今回、東京港に停泊で、招待客のみしか乗客がいません。
乗船客が少なく、子供が皆無でしたので、船内はゆったりとした時間が流れます。

ダイニングテーブルは、旅行会社の方々。
特別ディナーをいただきました。
正直、何も期待してなかったのですが、美味しい。
「コスタもやればできるるんだ」との声。笑ってしまいました。

私はまだこの船のピザを食べたことがないと言ったら、
コスタの担当者が、ピザレストランから届けていただきました。

コスタ・クルーズの料理は、そんなに評判は悪くありませんが、
日本発着、アジアクルーズでは、正直、料理の評判が悪いです。

私も春の日本発着クルーズで4泊乗船し、実際にいただきました。
乗る前は、夕食は寄港地で下船し美味しいものを食べようと思ってました。

ものには、値段があります。
その値段でこれだけの料理。期待以上に満足しました。
昼食以外、船内で美味しくいただきました。

メインダイニング入り口には、料理のサンプルが陳列され、
前菜、スープ、パスタ、メイン、デザートを、
それぞれ3~5種類、日替わりで用意され、好きなだけ召し上がることができます。

メインダイニング以外には、ビュッフェ・レストラン。
夜中に小腹が空いたらサンドイッチなど。

本格窯のピザレストラン。(本格窯はクルーズ船では希少というかこの船しかないかも)
ピザ1枚:USD7-で本格ピザが食べれます。

夜のみ営業のラーメン・レストラン(一風堂監修)
1杯:USD8-

スペシャリティレストランでは、
ステーキハウス:USD33.5-
イタリアンレストラン:USD29-。
少しのカバーチャージで、メインダイニングとは、
雲泥の差のサービス、料理をいただけます。

スペシャリティレストランでは、ウェイターがしっかりと料理の進み具合を、
みているので、こちらから言わなくてもサービスが受けれます。

ステーキハウスでは、あとUSD10-追加で和牛に。(オーストラリア産和牛)

イタリアンは、雰囲気が良く、「食事を楽しむ」というのが相応しい。

メインダイニングでは、人不足で、オーダーするのも一苦労ですし、
13歳未満無料のクルーズなので、どうしても子供の数が多い。
その為、ビュッフェ・レストランを含め、かなりの賑やかになります。

有料レストランであれば、賑やかさとは殆ど無縁なので、
また違った雰囲気を味わえます。

就寝の際、目線に東京タワーの全景。
東京の夜景を独り占め。
なんとも贅沢な気分でぐっすり眠れました。

コスタ・ネオ・ロマンチカ

翌朝、9時からシップツアー。
ブリッジ、厨房など、通常立ち入ることができない所を見れましたが、
欠席し、朝食も取らず、
キャビンで「火野正平 こころ旅」を見入ってしまいました。
昼食は、ビュッフェ・レストランでいただき下船。

コスタ・ネオ・ロマンチカ

今回、2度目の乗船で、東京港に停泊で、ワクワク感は全くしませんでした。
船の外観の写真も1枚も撮ってない程。

乗船し、船内を周るうち、楽しいのです。
やはりクルーズは、よいものです。
1泊でしたが、しっかりと楽しみました。
やはりクルーズなのです。

コスタ・クルーズは、カジュアル船。
13歳未満無料で、かなり安い代金を設定してます。

国内旅行に気軽に行くように、お手軽に楽しむことができます。
この値段でこれだけ楽しむことができる。

クルーズの違いを詳しく説明し、期待以上の満足を。
いつでも、お気軽にご相談ください。

コスタ・クルーズ コース一覧

日本発着


コスタ・クルーズコスタ ネオロマンチカ 2017-18年 日本発着太平洋クルーズ
【出港日】 2017年10月~2018年3月 6コース
【クルーズ発着】 ■東京、名古屋、神戸/大阪
【クルーズ代金】 ■お1人様(早割):60,800円~
※日本人コーディネーター乗船!
 日本人コーディネーター乗船

line

コスタ・クルーズコスタ ネオロマンチカ 2018年 太平洋周遊クルーズ
【出港日】 2018年 4月~6月 10コース
【クルーズ発着】 ■東京、神戸
【クルーズ代金】 ■お1人様(早割):69,800円~
※日本人コーディネーター乗船!
 日本人コーディネーター乗船

line

コスタ・クルーズコスタ ネオロマンチカ 2018年7~8月 日本海周遊クルーズ
【出港日】 2018年 7月~8月 4コース・11本
【クルーズ発着】 ■福岡、舞鶴、金沢
【クルーズ代金】 ■お1人様(4泊/早割):72,800円~
※日本人コーディネーター乗船!
 日本人コーディネーター乗船


お客様の声 ダイヤモンド・プリンセス 横浜発着

voice_icon02  ダイヤモンド・プリンセス 気軽にショートクルーズ 清水と韓国 
    東京都 I 様  2017年 9/26-10/01 


ダイヤモンド・プリンセス楽しんできました!

【乗船】
みなとみらい線日本大通り駅から、徒歩で大さん橋に向かいました。
スーツケースをひきながら10分程でしょうか。

大さん橋にかかると上りになりますが、
スタッフの方にカートで運んでもらうこともできます。
左手にダイヤモンド・プリンセスの船尾が見えてきました。

横浜大さん橋

乗船手続きで順番待ちはあったものの、大きな混乱もなくいよいよ乗船です。

乗船

【キャビン】
キャビン担当の方が挨拶にいらして、避難訓練の案内等をうけました。英語でした。

キャビン

キャビンはランクアップされて右舷前方の海側バルコニーのお部屋でした。
本当にありがとうございました!

出港も、バルコニーからベイブリッジと横浜の夕景を楽しみました。

横浜ベイブリッジ

【船内・日中】
スマホで船内無線LANにアクセスすると、イベントを選択してスケジュールを組んだり、
知人にメッセージを送ったりできます。バルコニーの朝食もスマホから注文しました。

また、TVでモーニングショーという船内番組を放映しており、
イベント担当の女性二人がその日のイベントの予定などを案内してくれるのですが、
これがかなりおもしろいです。役立つ情報もあります。

終日航行日はジム、スパ、ダンス、ダンス、ダンス。
プール横のピザやアイスクリームバーにもよく行きました。
メニューにない抹茶味のソフトもありました。

アイスクリームバー

海を眺めてゆっくりしたかったのですが、結局遊びまわってしまいました。

船尾 引き波

【観光】
寄港地は韓国釜山と静岡清水ですが、どちらも何回か行ったことがあるので
あまり観光はしませんでした。

釜山は影島ではなく、福岡等からの定期船用ターミナルの左に着きました。
右手に定期船が停泊しています。

釜山港国際旅客ターミナル

右下の建物で入国手続きをしました。
入国すると駐車場にツアー向けのバスが待機しています。
私たちは地下鉄の釜山駅まで歩きました。駐車場をまっすぐ抜け、
左斜め前方向にすすむと釜山駅に着きます。

駅を超えて広場をぬけた先に地下鉄の入り口があります。
船から地下鉄の改札まで15分程でしょうか。
繁華街の西面で射撃と、免税店での買い物を楽しみました。

釜山 西面の射撃場

駐車場からの船と、広安大橋の夜景です。

釜山駅から船に戻る

釜山 広安大橋

【食事】
バルコニーの朝食は、本当に幸せな時間でした。

バルコニーで朝食

大きな船ですが、ディナーのレストランがワンフロアではなくいくつかに分けられているため、
こじんまりした良い雰囲気がありました。

食事もおいしく、デザートも甘すぎず口にあいました。
ただ、コーヒーは有料のものを頼んでもあまりおいしくないです。

最後のディナー-デザート

寄港日は時間も席も自由になりましたので、違うレストランにも行ってみました。
フォーマルではない日の、6人テーブルでのディナー。

フォーマルでない日のディナー

【船内イベント 夜】
ショーやダイアン吉日さんの落語、バルーンドロップなど毎晩イベントに参加しました。

バルーンドロップ

もう次のクルーズに行きたくて仕方ありませんが、
お休みのつけで仕事が山積みの状態です。

またまとまったお休みがとれたらお世話になります。
よろしくお願いします。


お客様の声
2017201620152014201320122011


お客様の声 オーシャニア カリブ海 ハネムーン

voice_icon03  オーシャニア・マリーナ 西カリブ海クルーズ 
    大阪府 N 様  2017年 2/17-27 




























『唯一無二のハネムーン』

 私たちふたりにとって一生に一度の新婚旅行
『オーシャニアクルーズ カリブ海9泊11日』は、最幸の想い出となりました。

 人生初のビジネスクラス。
美味しい食事にきめ細やかなおもてなし、またフラットになるシートのおかげで、
空の旅を快適に過ごすことができました。

ビジネスクラスでのサービスのひとつひとつに感動・・・ 
しかし、それはほんの序章だということを、その時、私たちは知りませんでした。

 マイアミ港に到着・・・私たちが乗船するマリーナ号に描かれた『 O 』の
エンブレムに出逢った時の胸の高鳴り、乗船が近づくにつれ押し寄せる高揚感は、
言葉にならないほどに、たまらない感覚でした。

 抑えきれぬ気持ちを胸に、一歩足を踏み入れたマリーナの船内。 
そこは、まさに、夢の世界でした。

 豪華絢爛のアトリウムに迎えられ、レストラン『テラス・カフェ』で
初めての食事を楽しみました。
そして、部屋に入ると・・・シャンパンが!!
From ㈱ビガー・トラベル・サービス Mr.Morimoto
温かいお心遣いに、私たちは涙いたしました。

 初めてのクルーズを心から楽しみました。
関西国際空港から出国し、アメリカ入国、マイアミエアポートホテルで1泊。
マリーナに乗船した1000名以上の乗客の中で、日本人は私たちだけ。
日本語が通じない。コミュニケーションツールは片言の英語とボディランゲージのみ。

ハネムーンらしく頭も言葉も真っ白な船出でしたが、
いつしかその不安も忘れて様々な国の方々と
コミュニケーションをとり、船の旅を満喫している私たち。
船内での友人もでき、毎日の挨拶や日常会話も自然に交わしていました。
一緒に写真を撮ったり、ジャグジーに入りながらおしゃべりしたり、
年齢や国境を越え、ゆったりとしたクルーズならではの時間がそこにはありました。

 そして、文化が変われば食事も変わる。
世界各国の料理を楽しめるのもクルーズの素晴らしいところではないでしょうか。

毎日早朝のエスプレッソ、夕方のアフタヌーンティー。
グランドダイニング、テラスカフェ、4つの特別レストラン。
特別レストランの再訪は難しく、食べられなかった料理が心残りです。

ポログリルの「ロブスターのビスク」は、
毎日でもいただきたいくらい本当に美味しかった。
レッド・ジンジャーの「ミント入りミソスープ」も意外に美味しかった!(笑)

訪れた国々や出会った人々から得たインスピレーションは
私たちの既成概念を変えてしまうほど、大きく、豊かで、
人間らしさに満ち溢れていました。

船はただの移動手段ではない、こんなにもドラマティックに、五感に響き、
人生を豊かにしてくれるものであることを、実感いたしました。
帰国するのが本当に寂しく、またいつの日かと再訪を誓ったのでした。

 ハネムーンに「オーシャニアクルーズ」を選んで本当に良かったです。
一つ一つが洗練された上質な船、国籍関係なくコミュニケーションを
取り合う乗船者との一期一会の出逢い。
本当にたくさんの人たちにハネムーンを祝っていただきました。

訪問国の景色、デッキから見た海上のサンライズとサンセット。
私たちの色褪せない記憶とともに、膨大な写真データとして記録されています。
すべてが私たちの一生の思い出となるハネムーンでした。

 ㈱ビガー・トラベル・サービス 森本様、本当にありがとうございました。
私たちが幸せな気持ちでハネムーンの想い出を胸に、毎日を過ごすことができているのは、
たいせつなハネムーンを森本様にお世話していただいたおかげです。
温かいお心遣いに感謝しております。

また、森本様から頂いた旅のしおりのおかげで乗り継ぎ、チェックイン、
各種手続きがスムーズにできました。
ハネムーンの間、旅のしおりがお守りになっていました。

これからも末永くよろしくお願い申し上げます。

最後に参考までに。
『オーシャニアクルーズを選んだ理由』
 ラグジュアリー船でありながら、盛装不要であること。
 数々の特別レストランも追加料金なしで楽しめること。
 客室のバルコニー・バスタブ・大きなベッドなどの充実した設備。


お客様の声
2017201620152014201320122011


クルーズ乗船記をいただきました!!
カーニバル・メキシコクルーズ

voice_icon03  カーニバル・インスピレーション バハ・メキシコクルーズ 
    千葉県 W 様   2017年 9/18-22 


 2017年9月の夏旅にアメリカ西海岸への旅を決めたのは6月の事。

以前は船旅というと、時間にもお金にもゆとりある年配の方たちの娯楽という
イメージがありましたが最近ではカジュアル船で1週間以内のコースが数多くある事を知り、
数年前から何度か乗船し、機会を見つけてはクルーズ旅行を夫婦で愉しんでいます。

やはり魅力は荷物を気にせず寝ている間にも色んな地へ移動していて、
寄港地観光を楽しむばかりか好きな時間に食べたり飲んだり、
沢山の船内イベントも満喫出来る…しかもそれを洋上で。

すっかりクルーズの虜になった我が家は、今回ご縁あって
ビガー・トラベルさんにお手伝い頂きカーニバル社のインスピレーション号で行く
バハ・メキシコクルーズへ初乗船して参りました。

カーニバル・クルーズ

旅の殆どを個人手配しているので、事前に色んなリサーチをするのですが
今回初めて乗船するカーニバル社についても色々と情報収集を行いましたが、
当たり前ですが個人で調査する情報には限界がありました。

ビガー・トラベルさんと出会い、問い合わせ段階から予約前後でも
色々やり取りさせて頂き各顧客に合わせた豊富な情報を
事前に頂く事ができましたし、直前に頂く各種案内書類にも
乗船時や乗船中、下船に関する細かな情報がありとても安心して旅立つ事ができました。

私達は乗船前後でロサンゼルスに少し滞在しましたので使いませんでしたが
乗船地のロングビーチとLAX空港間を送迎して下さる有料サービス(事前予約制)
もあるようでしたので前後がフライトという方にも便利な仕組みのようでした。

カーニバル・クルーズ

今回、グランドスィートのカテゴリでお世話になりましたが、
こちらの優先チェックインの情報も事前にお知らせ頂きました。

恐らく何も知らずに向かっていたら、この有難い仕組みに気付かず
人の流れに任せて長蛇の列に並んでいたと思います。
同じクルーズ旅でも、クルーズ会社が違うだけで勝手が違う事もあります。
特に慣れない旅先では、事前に情報があると無いとでは大違いですよね。

カーニバル・クルーズ

今回乗船したインスピレーション号は7万トンと中型クラスの船ですが、
乗船してみると予想以上に大きな吹き抜けに
あぁ~、大好きなクルーズ旅が始まる~!とテンション上がりました。

殆どが欧米人のお客様でしたが、乗船直後から飲む・飲む・飲む!!
我が家も結構お酒好きで、周りから呑兵衛夫婦と称されておりますが、
足元にも及ばないレベルでしたね。

カーニバル・クルーズ

お部屋は、バルコニー付の客室で、航海中ずっと海を感じる事ができ、
大きなスーツケース2つを広げてもまだ余裕がある十分な広さで、
船内レストランでの食事だけでなくこちらのソファーとテーブルで飲み直したり、
ルームサービスを楽しんだりできました。

ワイングラスやジュースグラスも充実して置いてありましたので、
乗船時に許容されている、未開封ワインorシャンパン(1人1本750ml迄)や、
レストランで飲み残したワインなんかを飲むのにも便利でした。

カーニバル・クルーズ

こちらは、プール上の喫煙エリア。
以前はキャビン内でも喫煙できていたそうですが、最近は基本的にカジノと、
いくつかのバーと船外はこちらのエリア以外は全て禁煙との事。
プールの1つ上の階にありました。
この情報も事前にビガー・トラベルさんに教えて頂いた情報の1つです。

カーニバル・クルーズ

クリーニングの後に必ず置いてあるタオルアートのアニマルたち。
この時は、船内新聞の横にちょこんと座ってましたが、出掛けて戻る度に色んな
種類の動物たちが出迎えてくれて、微笑ましいサービスでしたね。

カーニバル・クルーズ

夜は吹き抜けもライトアップされて、より豪華な雰囲気を演出してくれました。

カーニバル・クルーズ

こちらはバーやカジノのあるエリアの通路なのですが、
飲食スペースとは別に屋内外ともにソファーやチェアが数多く設置されているので、
何もしないでのんびりする事が出来て、いたるところでまったり過ごす事ができます。

カーニバル・クルーズ

海風にあたりながら解放感溢れる空のもと、ただ船内を散歩するだけでも
十分楽しめます。

寒流の海から吹き込む風は、強い陽射しの下では大変爽快なのですが、
夜はちょっと冷えすぎるので羽織ものはマストアイテムです。

カーニバル・クルーズ

照明や音響の整っているシアターで開催されるショーも勿論毎日楽しめるのですが、
屋外プールの周りのイベントも、陽気な欧米の方たちの心から楽しんでる姿が
良いエッセンスとなり見ているこちらまで自然と笑顔になっていました。

この時は、借り物レースの女装対決のようなイベントで大盛り上がり。

カーニバル・クルーズ

食事も評判良いと聞いてましたが、本当に美味しくて毎日食べ過ぎてしまいました。
それでも私達は選べるメニューの中からいくつか掻い摘んでセレクトしましたが
選択に制限が無いようで、前菜を何品も頼んだり、同じメインをリピートしたり
している方も居て量がいける方は、たくさんの種類を楽しめる仕組みになっていました。

アルコール類は有料ですが、レストランで飲む事を考えると意外と割安だったと感じます。
ワインのフルボトルでも、安いものは$30きるものもありました。

時間帯を指定するタイプの夕食もありましたが、私達は好きな時間に食べれる
「ユアタイム」を選びその日のお腹と相談しながらダイニングルームへ向かいました。
混み合ってる時は、ポケベルで時間をお知らせしてくれ、
長時間行列に並ばせないシステムでした。

カーニバル・クルーズ

同じダイニングで朝食を頂く事が出来、こちらはフレンチトーストや
エッグベネディクトですがメニューも相当豊富で、やはり朝からテーブル埋まる程
オーダーして召し上がってる方もたくさん見かけました。

こちらとは別にブッフェレストランもあり、時間帯に合わせたメニューを
提供してくれているので好きなものを好きなだけサーブして
召し上がる方式と併用できて、とても便利です。

カーニバル・クルーズ

そしてこちらは名物と呼べると思いますが、
「BLUE IGUANA」→ブリトーとタコスの専門店
「GUY’S BURGER」→ハンバーガーの専門店

どちらも、好きな具材を選びながらカスタムメイドしてくれます。
他にトッピングコーナーもあって、好きなだけ盛りまくって
オリジナルの一皿を作り上げる事ができます。

カーニバル・クルーズ

ビールやシャンパンと良くマッチして、ほんとうに美味でした。
もっと日程があれば、味替えしてもっともっと愉しみたかったと今でも蘇ります!!

カーニバル・クルーズ

そしてこちらのピザスタンド。有難い事に24時間営業です。
上述の通り、食のラインナップが素晴らしいので、お腹空いて死にそう…
なんてシチュエーションはまずあり得ませんが。。。

むしろお腹も空いていないのに、オーダーしてみたのですが…オーダーしてから
焼いてくれちゃうので激ウマでした!空腹ならもっとおいしかったはず。

この他、ルームサービスもあり、いつでも頼めますし、
朝食なんかは事前にドアノブに注文書をかけておくと翌朝指定時間に届けてくれるので、
目覚めのコーヒーと軽食をオーダーして目覚ましを兼ねちゃうなんて事もできちゃいます。

有料レストラン等もまだまだありましたが、日程足らずトライしきれませんでした。

と、いった具合で充実の食レポを纏めてみましたが、
そろそろ寄港地情報に話題を移したいと思います。

カーニバル・クルーズ

1つめの寄港地はカタリナ島。
一晩かけてゆっくり移動してきましたが、こちらはLAから40マイル程度しか
離れてないのでフェリーで1時間程度で来れてしまう離島なんですよね。

とても小さな島で道も少なく、基本的にはゴルフカートが車代わりという街。
こちらはエクスカーションは頼まず自由観光にしました。
ゴルフカートをレンタルできるショップがいくつかありましたが、
恐らくどこも一律$45/1時間。
国際免許さえあれば簡単にレンタル出来ちゃいます。

20分足らずで海を見下ろす高台まで登ってきちゃいました。

カーニバル・クルーズ

この入り江の奥がメインストリートになっていて
小さなエリアの中に、飲食店やお土産屋さん等お店がたくさんあって、
私たちもカフェで休憩したり、旅の想い出の記念品を購入したりと、
雰囲気の良いのどかな街をのんびりと満喫しました。

そして2つ目の寄港地は…

カーニバル・クルーズ

エンセナダ。
場所はアメリカとの国境近くに位置しているけど、メキシコなんです。

こちらは、船のエクスカーションに申し込み、周遊してみる事にしました。
おひとり様$29と、かなりリーズナブルなツアーですが、
いったいどんなツアーになるのでしょう。
ツアータイトルはショッピングツアーだったのですが…。

カーニバル・クルーズ

リビエラ・デル・パシフィコ(1930年代のカジノリゾート)見学。

カーニバル・クルーズ

このツアー、ショッピングツアーというネーミングでしたが、
お酒好きには嬉しい内容でした。

先程見学した旧カジノリゾート併設のバーで、マルガリータやビールを
試飲させて頂きました。
出発時間が気になって、ゆっくりできなかったのが残念ですが、
団体行動とはそういう事ですと言い聞かせ。。

カーニバル・クルーズ

サント・トーマス社のワインをテイスティングさせてくれるお店に立ち寄り、
4種のワインを堪能。農園は郊外にあって、こちらは貯蔵施設のようですが、
先ほどのマルガリータの試飲から立て続けにワインの試飲で
朝から嬉しいスケジュールでしたね。

これまでメキシコにワインのイメージは無かったのですが、調べてみるとメキシコでも
良質のワインが数多く存在している事を知り、今後要チェックです。
チーズやオリーブオイルも試食でき、充実の内容でした。

寄港地で購入したアルコールは、船内入口で預け、下船時にピクアップする必要がありますが
滅多にお目にかからないワインという事で、バス出発ギリギリの時間でしたが迷わず購入です。

カーニバル・クルーズ

この後、約2時間の自由行動があったので、我が家の海外旅行定番の地元スーパー探索。
ガイドさんにスーパーの場所を聞いて直行しました。
バスの発着エリアには観光客向けの土産物屋が立ち並ぶ通りでしたが、
小道を1本入ったところに発見。

午前中という事もあり、観光客皆無でローカルの方がちらほら居るだけで、
かなりゆったりお買い物。
激安テキーラや、レトルトのタコスミートや、トルティーヤの皮、サルサソース等
色々買い込みましたね。

カーニバル・クルーズ

観光客向けの土産物ストリートに戻り、通り沿いのカフェで小休憩。
主人がこの旅でお気に入りだったドスエキスと本場のワカモレで乾杯!!
ペソに両替をしなかったけど、米ドルが使えるところも多くて便利でした。

ただこちら、オープンテラスでしたので、
地元の物売りの方たちがひっきりなしにやってくるので、心が痛みましたね。
特にお子さんは。。

賑やかな観光地とは裏腹な一面も体感しつつ、バスの発車時間となりました。
自力で戻る事も可能なので、バスの時間を気にしたくない方は、
もう少し観光できるようでした。

カーニバル・クルーズ

翌日は終日航海で船上でゆっくりし、更に翌朝下船となります。

下船も、前日のうちに荷物を預けるパターンと、自分たちで荷下しをするパターンと
で選択できます。
私達はギリギリにパッキングして、即下船したかったのでセルフを選択しました。
その為、下船時間が始まってから20分後くらいにはあっけなく船の外に出てました。

4泊5日のクルーズは本当にあっという間で名残惜しいものがありました。
しかしこの短い時間で2寄港地に立ち寄り、飽きない船内生活が送れ、
充実のクルーズとなりました。

これからも、自分たちのライフスタイルに合わせたクルーズ旅行を
体験していきたいと思ってます。

最後になりましたが、色々サポート頂いたビガー・トラベルさん、
本当にありがとうございました!!
これからも宜しくお願い致します。


お客様の声
20152014201320122011