アマ・ウォーターウェイズ メコン川クルーズ
ベトナム~カンボジア 12日間【全国空港発着】

ラグジュアリー船で航く メコン川クルーズ ホーチミン~シェムリアップ 12日間


Icon_full クルーズ+飛行機+ホテル+観光+送迎をセット

アジアの大河・メコン川。
チベット高原に源流を発し、中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナム.
6か国にわたり、約4200キロにわたって流れます。
ベトナム~カンボジアを7泊かけてクルーズ。

船は、ヨーロッパのラグジュアリーシップ。
アマ・ウォーターウェイズ。
料理、サービス、ホスピタリティどれをとっても一流です。

ゆっくりと味わうように旅をする。
ヨーロッパクルーズのように、古城の名所、歴史を巡りませんが、
登る朝日、沈む夕日、地図にも載らない素朴な村、温かい人々との出会い。

忘れることができない思い出を。
今、私が一番行きたい旅。
このコース惚れ込みました。

日本各地より、空路ベトナム・ホーチミンへ。
日本語ガイド&専用車でお出迎え、市内観光。
ホテルは、ニューワールドをお見積りしました。
ベンタン市場前のデラックスホテル。
クリントン大統領が現役の時に宿泊しました。
ベンタン市場から、ドンコイ通りまで徒歩約15分の距離。

翌日、船会社送迎車でミトーの乗船場より出航。
キャビンは、一番下のクラスでもバルコニー付き。
アマ・ウォーターウェイズの一流の料理、サービス、ホスピタリティを堪能して下さい。

クルーズは、名所、旧跡はないので、
その分、本来のクルーズを堪能できます。
メコンに沈む夕陽をゆっくりと鑑賞。
時間はたっぷりとあります。

7泊8日のクルーズを下船し、シェムリアップまでは、船会社の送迎車。
シェムリアップのサライ・リゾート&スパで2泊。
コロニアル風のセンスの良い、デラックスホテル。
場所にこだわる場合、パーク・ハイアット:お一人様(2泊) ¥10,000-UP
翌日、日本語ガイド&専用車でアンコール遺跡観光をお付けしております。

時期的には、雨季です。
一日中降り続くことはめったになく、夕方のスコールくらいです。
ローシーズンで、船、ホテル代が割引があり、
今回、この内容でこの値段です。

海のクルーズと違い、リバークルーズは、乗客120名の小型船なので、すぐに完売します。
ご予約はお早めに!!

ホームページでは、ホーチミン⇒シェムリアップ
2017年 ①8月06日(日)-17日(木)、②8月21日(日)-31日(木) 10泊12日
にてご案内しておりますが、
シェムリアップ⇒ホーチミンも設定がございます。

お問合せいただきましたら、すぐにお見積りご案内致します。

アマ・ウォーターウェイズ メコン川クルーズ ユニット Icon_full


アマ・ダラメコン川クルーズ ベトナム~カンボジア 12日間【関西発着】
クルーズ+航空券+ホテル+観光+送迎にてご案内
【旅行日程】 ■2017年 ①8月06日(日)-17日(木)
  ②8月21日(日)-31日(木) 10泊12日
【発着空港】 ■関西空港発着
【客船】 ■アマ・ウォーターウェイズ アマ・ダラ
【旅行代金】 ■お一人様(2名様1室):268,000円~
ラグジュアリークラス クルーズツアー

line

アンコール遺跡メコン川クルーズ ベトナム~カンボジア 12日間【成田発着】
クルーズ+航空券+ホテル+観光+送迎にてご案内
【旅行日程】 ■2017年 ①8月06日(日)-17日(木)
  ②8月21日(日)-31日(木) 10泊12日
【発着空港】 ■成田空港発着 
【客船】 ■アマ・ウォーターウェイズ アマ・ダラ
【旅行代金】 ■お一人様(2名様1室):268,000円~
ラグジュアリークラス クルーズツアー

line

アンコールワットメコン川クルーズ ベトナム~カンボジア 12日間【中部発着】
クルーズ+航空券+ホテル+観光+送迎にてご案内
【旅行日程】 ■2017年 ①8月06日(日)-17日(木)
  ②8月21日(日)-31日(木) 10泊12日
【発着空港】 ■中部空港発着 
【客船】 ■アマ・ウォーターウェイズ アマ・ダラ
【旅行代金】 ■お一人様(2名様1室):268,000円~
ラグジュアリークラス クルーズツアー

line

タプロームメコン川クルーズ ベトナム~カンボジア 12日間【福岡発着】
クルーズ+航空券+ホテル+観光+送迎にてご案内
【旅行日程】 ■2017年 ①8月06日(日)-17日(木)
  ②8月21日(日)-31日(木) 10泊12日
【発着空港】 ■福岡空港発着 
【客船】 ■アマ・ウォーターウェイズ アマ・ダラ
【旅行代金】 ■お一人様(2名様1室):253,000円~
ラグジュアリークラス クルーズツアー

メコン川クルーズ


BS-TBS 極上のクルーズ紀行 メコン川クルーズが放送

先週、ポナンクルーズに乗船しました。
フランスの美食船のレポートをこれから書きますが、
その前に、ベトナム・ミトー~カンボジア・シェムリアップへ、
メコン川クルーズにご案内致します。

今回の客船は、乗客48名定員。
メコンの大河を眺めながら、ゆっくりのんびりと、旅を味わえます。
ヨーロッパ・リバークルーズとは、全く違う良さがあります。

BS-TBS 極上のクルーズ紀行で、インドシナ半島 メコン川クルーズが放送されます。

10月23日(日) 17:00~18:45
「メコン川で出会う“インドシナの微笑み”アンコール遺跡群を目指して」

悠久の大河メコン。
インドシナ半島を貫くこの川の下流域に広がる巨大な三角州「メコンデルタ」の街、
ミトーからメコン川を遡上し、ベトナムとカンボジアの2カ国を巡ります。

高級感と温かみのあるリバークルーズ船「メコンパンダウ」は、
クルーの高いホスピタリティにも定評があります。
今回は、希少なイラワジイルカにも遭遇することが出来ました。お楽しみ下さい。

●クリックで拡大します。


メコン川クルーズ