ゴールデンウィーク シンガポール3泊5日
5/03-07 関西発着

5/03-07 シンガポール 3泊5日にキャンセルがでました


ゴールデンウィークまであと3週間あまり。
ご予定はお決まりだと思います。
まだの方に朗報です。
ゴールデンウィークのど真ん中、5/03(水)-07(日)3泊5日
関西発着にキャンセルがでました。

ホテルロイヤル@クイーンズ:お一人様 ¥148,000-
SQ:シンガポール航空 往復航空券(エコノミー)
ホテル、送迎が付いた代金です。

すぐになくなりますので、ご予約はお早めに!!

詳しくはこちらをクリック
ゴールデンウィーク シンガポール直前割

 


私の職歴⑳ ~クルーズ専門旅行会社へ~

クルーズ販売開始!


2008年1月の初クルーズ乗船後、全てがクルーズ一色。
販売するにあたり、右も左も分かりません。
どこで仕入れて、どのように販売するのか。

まずは、ホームページを立ち上げべく、デザイナーさんと知り合い、
綺麗なホームページを作っていただきました。

ホームページオープンの2週間後、
東京のお客様からお問合せいただき、即決定!!

それまで、地域のお客様、遠くても関西のお客様しか、
お取引することがなかったのですが、
日本全国、海外移住の日本人のお客様からも、
お問合せをいただくようになりました。
ホームページ、インターネットの凄さを初めて実感しました。

インターネット以外にも、パンフレットを3万部を業者に作成。

朝5時からのポスティング。
駅前でパンフレット配り。
パンフレットと別にその時期に合わせたおすすめのコース・代金を添えて配布しました。

印刷して織り込みの作業。これがかなりの労力と金額です。
初めは、カラーで印刷してましたが、トナーが1週間ももたなく、
トナーをそのたびに購入しましたが高く、予想以上になくなるのが早い。
その後、白黒にしました。
それをパンフレットと3つ折りに。
これがかなりの労力。一日配る分を折るのが2時間。
広告代理店にお願いした方が能率が良く、安くついたと思います。
その道で生計を立てているプロにお任せすべきでした。

3万部配って決定したのが3件。

新聞広告も行いました。
何回か出しましたが、お問合せはいずれも皆無!!

ポスティング、駅前の配布、新聞広告、効果がありません。
一番効率が良いのは、私のお客さんに提案すること。
これが一番確実に取れます。
そこからご紹介していただき営業に行く以前と全く変わらないやり方です。

それ以外は、ホームページです。
本当にありがたく、全国からお問合せをいただきます。

あくまでホームページは窓口。
ホームページからのお客様も一回だけでなく、
さらにはクルーズだけでなく、旅行に行くなら、ビガー・トラベル・サービスに。

クルーズだけではなく、全て取り扱うので、
空港チェックインから、ホテル、送迎、
クルーズの楽しみ方、帰国まで、
安心して楽しんでいただけるように、全力で挑んでいます。
「想像を以上の満足を」が私の使命です。

丁度その頃、リーマンショックで、団体旅行、会社の社員旅行が中止。
クルーズ以外の仕事殆どがなくなりました。

クルーズは個人旅行なので、殆どキャンセルはなかったです。

クルーズの仕事も徐々に増え、それまでの団体旅行も徐々に復活した頃、
2011年3月11日 東日本大震災。

こちら関西でも自粛ムードになり、一般の旅行は全てキャンセル。
この時もクルーズは、キャンセルになりませんでした。

こういう時だからこそ、被害のない西日本では、
元気にバンバン日本全国にお金を回すべきです。
一緒になって自粛してては、沈んだままで立ち上がれません。

旅行は、生活に直結しないので、最後の最後です。
半年間は、新規予約がありませんでした。


ホーランド・アメリカ ~今週のお買い得情報~
3/22配信

フラッシュレート ホーランド・アメリカ・ライン


今週の注目は、オーステルダム アメリカ西海岸 5日間 
4/25発 サンディエゴ~バンクーバー

アメリカ西海岸 サンディエゴを出航し、カナダ・ビクトリア、バンクーバーをクルージング。
4泊5日のショートクルーズで、2日間終日クルーズなので、
ショートクルーズでもクルーズライフを楽しむことができます。

・内側客室:$199-
・海側客室:$249-
・ベランダ:$249-
・シグニチャー・スイート:$399-

line

4/29発 シアトル発着 ユーロダム アラスカ 8日間
※日本人コーディネーター乗船・ゴールデンウィーク設定!!
・内側客室:満 室
・海側客室:$549-
・ベランダ:$749-
・シグニチャー・スイート:$1,299-
・ネプチューン・スイート:$1,699-

アラスカクルーズ
line

4/29発 バンクーバー発着 ニューアムステルダム アラスカ 8日間
・内側客室:満 室
・海側客室:$549-
・ベランダ:$749-
・シグニチャー・スイート:$1,299-
・ネプチューン・スイート:$1,699-

5/06発 バンクーバー発着 ニューアムステルダム アラスカ 8日間
※日本人コーディネーター乗船
・内側客室:満 室
・海側客室:満 室
・ベランダ:$799-
・シグニチャー・スイート:$1,799-
・ネプチューン・スイート:$2,299-

アラスカクルーズ
どちらのコースもアラスカのハイライトと言える、
グレッシャーベイ国立公園に行き、氷河が崩れ落ちる瞬間をご覧いただけます。
日本人コーディネーター乗船コースなので、初めてのクルーズでも、
安心してお楽しみいただけます。

フラッシュレートとは?
出発間際にお得な料金形態”フラッシュレート”が発表されます。
通常のプロモーションよりもさらにお得な料金です。

条件があり、ご予約後24時間以内に全額をお支払い。(クレジットカード不可)
お支払後は、全額払い戻し不可。
フラッシュレートのお申込みはお早目に!

フラッシュレート詳細はこちらをクリック
HALお買い得情報 4.05

★NEW★ READY SET SAILキャンペーン 2017/3/20~6/01


上記期間中に2017/6/01~2018/3/30発のクルーズ(※)を
ご予約のお客様へ 以下の特典が付きます!

①基本のチップ無料(1室につき2名様まで)
②1室につき最大$500の船上クレジットプレゼント
※ワールドおよびグランドボヤージを除く全クルーズ・全カテゴリー対象です。

ホーランド・アメリカ・ラインをより詳しく


なぜ世界と比べ日本はクルーズ人口が伸びないのか

世界のクルーズ人口 この25年で5倍に


世界の国々では、クルーズ船の大型化に伴いクルーズ人口が爆発的に増加してます。
アメリカでは、1,000万人(年間)を超え、
同じ先進国のドイツ(8千万人)、イギリス(6千5百万人)にしても、
年間200万人に届きそうな勢いでクルーズ人口。
これだけ世界では、クルーズが完全に旅行の主流になってます。
クルーズ人口

先進国で日本だけがクルーズ人口伸びない


比べて日本は、この20年余り若干の伸びはありますが、20万人前後。
日本の人口約半数のイギリスと比べ、クルーズ人口が約10倍。
1990年では、イギリス、ドイツは日本と同じクルーズ人口。

アメリカは、日本の約2倍の人口ですが、クルーズ人口が日本の50倍。
数字だけでは一概に比較できませんが、
ここまでクルーズ人口が伸びないのは、何かがあります。

原因は、「世界一周」「正装」「フェリー」にあると私は思います。

・豪華客船=世界一周=高額=違う世界
・正装=ドレス・タキシード=違う世界
・フェリー=移動手段 

私もクルーズのイメージは、一部の成功者とのイメージで、
旅行業に携わりながら、初めから頭にありませんでした。

一部の船では、イメージしているようにフォーマル率が高い船もありますが、
今、クルーズの主流は、スマートカジュアルなのです。

クルーズは、楽しむのが目的なので、
お洒落をしたい人は、ご自由にという考えです。

私も初めは、スーツ、革靴を持って、かなりの荷物になりましたが、
今は、持っていきません。
クルーズは、リラックスしに行くものです。

日本は島国なのでフェリーでの移動、船が身近です。
フェリーは、あくまで目的地に行くための移動手段です。
どんなに悪天候で揺れようが、時間通り目的地まで移動しなければならない。
それに対して、クルーズは、楽しむのが目的なので、
料理、サービス、寄港地を楽しみます。

満足いただけなかったら、次にお客様が来ないので、
努力をして改善していきます。

そのクルーズには大きく3つに分類されます。
「カジュアル」「プレミアム」「ラグジュアリー」
こちらは値段の差で、サービス、料理、全てが変わってきます。
そして、船の中でもカテゴリーがあります。
内側客室、海側客室、ベランダ、ミニスイート、スイート。

もちろん景色が見えない内側が一番お安くなります。
同じ代金として、内側に2回乗るよりも、
ベランダに1回乗る方を、私は強くおすすめします。

通常の海外旅行と比べて、安い。
クルーズには、食事など殆ど含まれているので、
お金を気にせず、おもいっきり楽しむことができます。

お客様の満足度は、通常の旅行と比べても全く違います。

次の旅行は、クルーズを1つの候補に入れて下さい。
私が、クルーズ旅の素晴らしさをご説明にお伺いします!!