ロシア自由旅行⑥ めざせモスクワ!

2017年 1/02(月) サンクトペテルブルグからモスクワへ


朝、起きたら、一面の雪景色。
11:00発のサプサン号でモスクワへ。
ホテルをチェックアウトして、目の前がモスクワ駅。
約4時間の列車の旅です。

サプサン号のチケットは、インターネットで簡単に購入でき、座席指定までできます。
向きが重要で、日本のように座席が向きを変えることができず、
半分の席が逆向きで進行します。

このチケットも価格変動制。早目の購入がお得。
飛行機の方が若干安い感じです。

サンクトペテルブルグのモスクワ駅は暗く、
ソビエト時代をどこもこうだったんだろうと想像します。 駅は改札がなく、セキュリティチェックのみです。
誰でもホームまで入れますが、各車両には女性の車掌がいて、
チケット、IDを確認します。
スーツケースも車両出入り口に置くスペースがあります。 サプサン号は、11:00サンクトペテルブルグ・モスクワ駅を出発して、
14:53 モスクワ・レニングラード駅に到着。
定刻通り出発しました。 シートピッチも広く、車内は綺麗で、揺れもなく、
車内販売もあり、殆ど新幹線と変わりません。
雪景色のロシアの大地を走ります。 定刻通りにモスクワ・レニングラード駅に到着。
駅前には、スターリン様式のセブンシスターズのひとつ、
ホテル・レニングラード。(現ヒルトン モスクワ レニングラードスカヤ) ○左がホテル・レニングラード

スターリン時代に多く建てられた、建築物の様式で、
社会主義の発展と革命の達成を、摩天楼で表現し、
労働者を鼓舞が狙いとされ、ニューヨークの摩天楼に対抗し、
モスクワに何十棟の超高層ビルを建設し、
モスクワの風景をニューヨークのマンハッタンにする計画だった。

地下鉄で3つ駅を移動し、パヴエレッカ駅へ。
駅から徒歩10分で、モスクワのホテルカテリーナシティホテルへチェックイン。
素朴な4つ星中級ホテル。

サンクトペテルブルグで、ソコス、クラウンプラザが良かっただけに、
テンションがン低くなりましたが、馴染んで良くなってきます。

おすすめは、地下にあるサウナ。
スチームとドライサウナがあり、ジャグジー、ジムもあります。
ロッカールーム、シャワールームも数多くあり、これだけで満足。

夕食は、ホテル近くのレストランへ。
かなり流行って、混み合っている人気店。
日本人そっくりな中央アジアの方ばかりだったので、
中央アジア料理店?
羊肉で臭みが全くなく、美味しくいただきました。

サンクトペテルブルグでは、殆ど見なかった中央アジア系の方が、
モスクワに入ったら、かなりの割合でいらっしゃいます。
朝青龍そっくりさんな方が多数。
なんかホッとします。

ホテルに帰ってから、サウナで冷え切った体を温め、
ジャグジーに入ったら、疲れも吹き飛びます。

いよいよ明日は、憧れの赤の広場に行きます。
取り乱して失禁しないか心配です。


ロシア自由旅行⑤ サンクトペテルブルグ 元旦

2017年 1/01(日) サンクトペテルブルグ 元旦


カウントダウンは、エルミタージュ広場で行われ、盛り上がったみたいですが、
早くに寝てしまい、夜中にドンドン音がして、初めはホテル内で騒いでいるのかと思いました。
部屋の窓を見ると、盛大な花火が打ちあがっていました。

朝、朝食のレストランには誰も居ません。
ホテル宿泊客も、朝まで賑わっていたのだと思います。
街もひっそりと静まり返ってます。

ゆっくりしてから、地下鉄に乗り、街をブラブラ散策。 15:00過ぎたら暗くなりはじめます。
夕方には、エルミタージュを中心に人が集まり、かなりの人。

それにしても、綺麗な女性が多いのは驚きます。
道を歩いていたら、1/2の確率で、息を吞む程の綺麗な女性。
雑誌のモデル、テレビのタレントより、断然上です。
それに比べ、男性は驚くようなかっこいい人は見当たりません。
この後で行く、モスクワでもサンクトペテルブルグ程、
綺麗な女性はいません。
私が今まで外国に行った中で、女性の綺麗さは断トツでサンクトペテルブルグです。
サンクトペテルブルグ

早めにホテルに帰り、ゆっくりしました。
夕食は、部屋でシベリアビールを飲みながらピザとケバブ。


ロシア自由旅行④ サンクトペテルブルグでの年越し

最高の年越し


今年一年は、激動の年でした。
昨年の今頃は、訳あって私の人生の中でどん底状態でした。
それは、このブログの私の職歴で書きます。

それが、自分を信じてやっていたら、奇跡が起きました。
その奇跡が続き、こうして年末年始最高の体験ができました。

いろいろあったからこそ、この旅は大きな意味を持ちます。

大事なお客様がおります。
今ではお客様を超えて、大事な人としてつながってます。
その方が、年末の12/18に青森から大阪にお越しいただきました。
女性の方で、かっこいい人です。

かなりお忙しい方ですが、大阪に仕事があるからと言って、
お越しいただき、宿泊されているリッツカールトン大阪で、
お食事をご馳走になりました。
大阪に来たなら、こちらがご招待しますと、
言っているのですが、聞き入れていただけません。
ありがたく、リッツカールトンの高級ディナーをご馳走になりました。

仕事があるといって、心配して顔を見に来ていただいているのです。
こんなありがたいことはありません。

この仕事を通して、こんな魅力的な方とお知り合いになれ、
認めていただいている。
絶対に裏切れないし、これから私の方から恩返しをしなけらば、
途中で挫折することはできません。

その方に、年末年始ロシアに行くと言い、
北国の方は靴はどういうのを履いているのかを聞いたら、
リッツカールトンの部屋で、ブーツをプレゼントしていただきました。
「普通の靴だったら、滑って危なく、凍傷になる。」と、いって。

このブーツがなかったら、凍っている道ばかりで、歩けませんでした。

私は、本当に幸せ者です。
こうして最高の年越しをすることができます。

2016年 12/31(土) サンクトペテルブルグ 大晦日


今年最後の日。
今回の旅では健全で、規則正しく、22:00には就寝します。
ホテルでゆっくりのんびり、読書をしたり。

朝は、06:00には自然と目が覚めます。
ジムでジョギングをして、バスタブにゆっくり浸かり、朝食へ。
旅ではそんな贅沢ができるのです。

ただただゆっくりのんびりします。
時間があったら、エルミタージュ美術館は、2日間入場券なので、
ブラっと散策がてらに行こう。
したいことは、ゆっくり読書。
今回、とっておきの本5冊持ってきました。

クルーズ旅行では、大体前後合わせて11日間なのですが、4冊位を読みます。
今回、大当たりの本ばかりで、大晦日の時点で4冊読み終えました。
これからはもっと持ってこなければ。
私の中では、旅の良し悪しは良い本との出会いも大きいのです。

○ホテルの向かいには巨大ショッピングセンター「ギャレリア」

ゆっくりのんびりした後、14:00頃から2回目のエルミタージュへ。
大晦日ということで、ネフスキー大通りは、いつもより多い人。
閉まっている店も多いです。

ロシアは、1月7日がクリスマス。
年末年始は、街全体がクリスマスムード。
大晦日は、夜通し飲んで騒いで、元旦は昼まで寝るのが、ロシアンスタイル。
至る所で爆竹、花火の音。
エルミタージュの広場には大勢の人だかり。
広場にはステージも設置。
カウントダウンもここで行われるのでしょう。

歩いて帰る途中、夕食をしようとレストランが大晦日で殆ど閉まってました。
ホテルのすぐ近くのケバブ屋さんが空いていて、ここでお持ち帰りし、
ホテルの部屋でシベリアビールを飲みながら年越し。
これが美味しいのです!!

部屋から花火を見ながら。最高の年越しになりました。

今年一年、本当にありがとうございました。
と、ロシアから日本に向かって感謝。


ホーランド・アメリカ ~今週のお買い得情報~
1/11配信

2017年最初のホーランド・アメリカ・ラインお買い得情報です。
昨年より引き続きビュー&ベランダキャンペーン継続中です。
その他、ポジショニングのショートクルーズなどでお得にクルーズ!

ビュー&ベランダ キャンペーン


★ビュー&ベランダ キャンペーン★

2017/2/28までに対象クルーズをお申込み頂くと以下特典が付帯されます。
対象クルーズはビュー&ベランダキャンペーン対象クルーズをクリックください。

①キャビンアップグレード(ただし空室状況により提供できない場合があります)
②1室につき最大$500の船上クレジット
③対象の寄港地観光を10%引
④更にスイートを予約の方は基本のチップ無料!!!

●料金は2名様一室利用時のお一人様分の料金、USドル建て表記となります。
 また、別途政府関連諸税がかかります。
●グループへの適用はできません。また、料金は予告なく変動いたします。
 予めご了承くださいませ。

バンクーバーホテル無料キャンペーン



★バンクーバーホテル無料キャンペーン★

2017/2/28までに下記対象クルーズのスイートをお申込み頂くと
乗船前または下船後のバンクーバーホテル1泊と送迎を無料でご利用頂けます!

・コース:ユーコン&トリプルデナリ
■ノールダム/ザーンダム 2017/5/14~9/05発 20日 バンクーバー発着

■ニューアムステルダム/フォーレンダム 2017/5/24・9/02発 14日・15日 
 バンクーバー~アンカレッジ(または逆回り)

■ニューアムステルダム/フォーレンダム 2017/5/27・9/02発 11日・12日 
 バンクーバー~アンカレッジ(または逆回り)

■ニューアムステルダム/フォーレンダム 2017/5/26・9/02発 12日・13日 
 バンクーバー~アンカレッジ(または逆回り)

■ニューアムステルダム/フォーレンダム 2017/5/28・9/02発 10日・11日 
 バンクーバー~アンカレッジ(または逆回り)

フラッシュレート ホーランド・アメリカ・ライン



フラッシュレートのお申込みはお早目に!

今週の注目コース
・1/28発 東カリブ海 ユーロダム フォートローダーデール発着 8日間 
 内側:$669-、海側:$699-、ベランダ:$1,039-、シグニチャー・スイート:$1,499-

・1/31発 オーストラリア&ニュージーランド 
 ノールダム シドニー~オークランド 15日間 
 内側:$1,499-、海側:$1,799-、ベランダ:$2,199-、シグニチャー・スイート:$3,499-

・2/08発 南カリブ海 ニューアムステルダム 
 フォートローダーデール発着 12日間 
 海側:$1,299-、ベランダ:$1,999-、シグニチャー・スイート:$3,899-

・2/15発 パナマ運河 ザイデルダム フォートローダーデール発着 11日間 
 内側:$909-、海側:$949-

・2/28発 東シナ海 ★横浜着★ フォーレンダム 香港~横浜 15日間 
 内側:$899-、海側:$999-、ラナイ:$1,599-、シグニチャー・スイート:$1,699-

・3/03発 西カリブ海 オーステルダム タンパ発着 8日間 
 海側:$649-、ベランダ:$959-、シグニチャー・スイート:$1,099-

・3/11発 パナマ運河 ウェステルダム 
 サンディエゴ~フォートローダーデール 20日間 
 内側:$1,499-、海側:$1,899-、ベランダ:$2,999-、

・3/28発 東シナ海 ★横浜着★ フォーレンダム 香港~横浜 15日間 
 内側:$1,099-、海側:$1,199-

まだまだコースがあります。
下記のHALお買い得情報 1.11をクリック下さい。

フラッシュレートとは?



出発間際にお得な料金形態”フラッシュレート”が発表されます。
通常のプロモーションよりもさらにお得な料金です。

条件があり、ご予約後24時間以内に全額をお支払い。(クレジットカード不可)
お支払後は、全額払い戻し不可。

フラッシュレート詳細はこちらをクリック
HALお買い得情報 1.11

ホーランド・アメリカ・ラインはこんな船会社


ロシア自由旅行③ サンクトペテルブルグ・エルミタージュ

2016年 12/30(金) サンクトペテルブルグ


いつも旅行にでると観光などは殆どせず、朝からホテルの周辺をジョギング、
朝食、サウナに行って読書。
そして仕事をするのがいつものパターンです。

今回は、道が凍っているので、外でのジョギングはできなく、
ホテルのジムで走って、サウナに入りながらの読書。
そして朝食をいただきます。

朝食後、部屋でゆっくりのんびり。
12:00チェックアウトをして、ホテルを移動。
タクシーで約30分。街の中心「クラウンプラザ サンクトペテルブルグ」
こちらで3泊します。

モスクワ駅前。ロシアでの鉄道駅は、行先が駅名となります。
巨大ショッピングセンターが目の前。
レストラン、ショッピングが立ち並ぶネフスキー大通りもすぐ。

タクシーのドライバーがウラジオストクの人で、
同じ極東だからか言葉は通じませんが意気投合。
支払い時、580ルーブル。1,000ルーブル札を出したら、
お釣りを持ち合わせてなく、500ルーブル札しかなく、
残り80ルーブルは、「ハッピーニューイヤー!!」と、去っていきました。
昨日のタクシーとは正反対。いい人ももちろんいます。 ロシアは英語が通じないとの情報がありましたが、
どのホテルでも流暢な英語を話します。
クラウンプラザクラスになると、ホスピタリティも高く、
チェックイン時に部屋のリクエスト(高層階で街が見える部屋)も聞いていただき、
部屋に入ったら、「問題ありませんか」との連絡。
良い部屋でしたが、バスタブがなく、
バスタブがもし空いていればお願いしますと。
すぐにバスタブ付の最上階に変えていただきました。
ホテルも綺麗で、スタッフも笑顔。
今回、ロシアのホテルで笑顔があったのは、クラウンプラザだけでした。

これは、西側外資系なので、ホテルが教育しています。
ロシア人は基本的に、日本人のように愛想笑いをすることはなく、
仕事は笑うものではないというのが、ソ連時代からの考え方。
ニコニコ愛想笑いは、バカの象徴だというのがあるそうです。

このジムはありますが、サウナがありません。
これでサウナがあったら、最高でした。

サウナは好きですが、通常そこまでこだわりません。
今回、外はマイナス何十度まで下がり、
冷え切った体をサウナで汗を流す。
そして冷たいロシアンビールを飲みたかったのです。

ただ、どこのホテルもホテル内に入ったら、
暖房設備が万全で、半袖1枚の人が多い。
逆に暖房が効きすぎて、気分が悪くなることもありました。
ロシア人が日本に来たら、部屋の寒さは信じられないそうです。

ホテルからネフスキー大通りをブラブラ散策し約20分。エルミタージュ美術館へ。
美術館の入場券は、当日購入の場合かなり並ぶとの事で、
インターネットですぐに購入することができました。
1日券と2日券がさほど値段が変わらなかったので、今回2日券を購入。
プリントしたチケットを、並ばずにそのまま入れました。 ○いよいよエルミタージュ美術館へ エルミタージュ美術館正直、私は興味がないのですが、エルミタージュは圧巻です。
一度は訪れる価値があります。エルミタージュ美術館エルミタージュ美術館夕食は初めてのロシア料理。ホテルのすぐ近くのロシアンレストラン。
ボルシチ、ピロシキ、ペリメニ。
ロシア料理は素朴な家庭料理で口に合いました。