まちこ先生のドナウからのらくがき⑥ ~終日クルージング~

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき⑥ 8/25 終日クルージング


8月25日の今日は終日クルージング。
ドナウ川の美しい風景を楽しむ事ができました。
体調を崩した夫には部屋でゆっくりと休養できます。 胃腸の調子が悪い夫には、朝食とランチをルームサービスをして頂きました。
至れり尽くせりの優しいサービスです。

私のランチは幸運にもキャプテンHuek とチーフパーサーのAlxandoriaと
ご一緒に楽しませて頂きました。
とてもフレンドリーで気さくな方達です。

でも私の方は少々緊張していたのか何をお話したのか余りよく覚えていないのです。
クルーズィングを楽しんでいますかなどと言われ、もちろんですと答えたくらい…。

さて、私はデッキから、夫はお部屋から、
美しいドナウ川の岸辺の風景を楽しむ事ができました。
両岸の山々が川幅を最も狭くする場所にある、鉄の門
(セルビアとルーマニアの山脈が自然の国境となっている)、
ダキア王デケバルスの巨大な石造(ヨーロッパでもっとも高い岩の彫刻)
には圧巻でした。 ディナーは夫と一緒に頂くことができました。
皆さんが”Are you all right ?” としきりに心配してくださいます。

マイアミからのご夫妻、ミレミアムとダニエルの手招きで一緒の席になりました。
話題は健康管理。
タバコは良くない、飲みすぎは良くない、野菜が良い、
としきりに心配してのアドバイスです。

ミレミアムが夫の顔をようく見ながら、
モーガンフリーマンに似ていると言い出しました。

そして、あなたは俳優になりなさい、友人で俳優になった人がいる。
その人よりよっぽどあなたの方が良い。
みんなで大笑いです。
私もミレミアムとダニエルの写真を撮りあなた方こそ
俳優に向いているというと”Yes of course” とすんなり認め、またまた大笑いでした。

そのような間にアマセレーナはブルガリアのヴィディンに入港していました。

9時15分からブルガリアの子供たちによる民謡が披露されました。
一時間にわたって子供たちの歌と踊り、可愛かったですね。
終盤には乗客も加わって大きな輪になりみんなで掛け声をかけながらダンス。
もちろん私も。

夫の体調も良くなり、クルージングを心から楽しむ事ができました。

今日の一日をドナウの翡翠として記憶にとどめましょう。
ドナウ川その両岸、そして峡谷も濃い緑で美しかった!!!!

ドナウからのらくがき



秋の特別キャンペーン
2017年 ダイヤモンド・プリンセス 日本発着

2017年 ダイヤモンド・プリンセス 日本発着 秋の特別キャンペーン


秋の特別キャンペーンが発表されました。
3コース 2016年11月30日まで有効です。

2017年 5月06日発 名城の地 名古屋と初夏の九州・韓国 8日間
■プレミアム・ジュニアスイート ¥253,000- ⇒ ¥233,000- 
■ジュニア・スイート(中央) ¥195,000- ⇒ ¥175,000-
■ジュニア・スイート(前方/後方) ¥165,000- ⇒ ¥145,000-
■海側バルコニー(中央) ¥145,000- ⇒ ¥125,000-
■海側バルコニー(前方/後方) ¥135,000- ⇒ ¥115,000-
■海側 ¥115,000- ⇒ ¥105,000-
■海側(一部視界が遮られます) ¥96,000- ⇒ ¥86,000-

コース詳細はこちらから
名城の地 名古屋と初夏の九州・韓国 8日間

ダイヤモンド・プリンセス
2017年 6月13日発 グランド北海道周遊と知床クルージング・サハリン 11日間
■海側バルコニー(中央) ¥325,000- ⇒ ¥235,000-
■海側バルコニー(前方/後方) ¥312,000- ⇒ ¥225,000-
■海側 ¥270,000- ⇒ ¥192,000-
■海側(一部視界が遮られます) ¥228,000- ⇒ ¥156,000-
■内側 ¥227,000- ⇒ ¥155,000-

コース詳細はこちらから
グランド北海道周遊と知床クルージング・サハリン 11日間

ダイヤモンド・プリンセス
2017年 7月05日発 夏の那覇・石垣島・台湾リゾートクルーズ 9日間
■プレミアム・ジュニアスイート ¥388,000- ⇒ ¥305,000- 
■ジュニア・スイート(中央) ¥348,000- ⇒ ¥265,000-
■ジュニア・スイート(前方/後方) ¥298,000- ⇒ ¥215,000-
■海側バルコニー(中央) ¥263,000- ⇒ ¥193,000-
■海側バルコニー(前方/後方) ¥252,000- ⇒ ¥183,000-
■海側 ¥215,000- ⇒ ¥154,000-
■海側(一部視界が遮られます) ¥178,000- ⇒ ¥121,000-
■内側 ¥177,000- ⇒ ¥120,000-

コース詳細はこちらから
夏の那覇・石垣島・台湾リゾートクルーズ 9日間

ダイヤモンド・プリンセス


ドナウ川クリスマス・クルーズ 割引情報

アマデウス・シルバーⅡで航く クリスマス ドナウ川クルーズが10%OFF


本場のクリスマスを存分にご堪能いただける毎年大好評のクルーズ。
2016年12月22日(木)出航(パッサウ発着)の6泊7日の
クリスマス・クルーズにお得にご乗船いただくチャンスです!

【ツインご利用時のお一人様代金】
■B-1ストラウス EUR1,199 ⇒ EUR1,079 残り9室
■A-1モーツァルト EUR1,449 ⇒ EUR1,304 残り5室
■アマデウス・スイート EUR1,849 ⇒ EUR1,664 残り2室

船の紹介 Amadeus SilverⅡ
オーストリアの老舗リバー・クルーズ会社、ルフトナー・クルーズの美しい船。
エレガントで落ち着いた雰囲気とアットホームなサービスが自慢です。

今回ご利用いただくAmadeus SilverⅡは2015年に
就航したばかりのより快適でスタイリッシュな船です。
ルフトナー・アマデウスコースの紹介 Itinerary
パッサウ発着でリンツ~メルク~デュルンシュタイン~
ウィーン~ブラチスラヴァを巡ります。

一年でヨーロッパが最も美しい季節、
本場のクリスマスを是非ご体験ください!
ルフトナー・アマデウスコース詳細はこちらから
ルフトナークルーズ ドナウ川クリスマスクルーズ【6泊7日】


まちこ先生のドナウからのらくがき⑤ ~ベオグラード~

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき⑤ 8/24 ベオグラード


深夜に、ノービサードを出港したアマセレーナは、ベオグラードに停泊していました。

今日の午前中の観光は難易度1(難易度1~3がある)
のベオグラード(セルビアの首都)です。

天候にも恵まれて(日中は日本の7月初旬の気温)
まず、ベオグラード要塞」へ。

それは紀元前4世紀に造られ始め、現在の要塞は18世紀以降に造られたもの。
ドナウ川とサヴァ川が合流している要衝の地、丘の上に造られています。

堀には、第一次世界大戦以降に使われた
戦車や大砲などが置かれ、重たい気分になります。
しかし、丘の最高点まで行くと、そこからの眺めはまるで
おとぎの国に紛れ込んだように美しい。

思わず、”わぁ!”の一声が。
ドナウと川とサヴァ2つの川がまるで お互いに恋い慕うように合流しているのです。

次に旧市街の中にあるサヴァ大聖堂に(世界でも最大級の正教会、
1935年に建造開始後 戦争による中断を経て今も工事中)。

白い壁と青緑色の屋根のコントラストのまぶしい事 
聖堂の手前には多くの噴水が勢いよくあふれていました。
この聖堂は高い丘の上にあり、町のどこからでも見られるのだそうです。

その後ベオグラードの中心ダウンタウンへ。
ここでは30分ほどですが自由時間がありました。
ガイドさんから、持ち物に気を付けて! とのアドバイスがありました。

ベオグラードの威厳ある建物には街の歴史の重みが感じられました。
ガイドさんにスーパーマーケットの場所を尋ねて行ってみました。
中に入ろうとするとJanaH(ヤハン)とおじ様に声を掛けられました。

スーパーマーケットではチョコレートを沢山買いました。
お安い!!! 普通サイズのチョコレートが40円位から60円位。缶ビールが60円。
ユーローは使えないのでクレジットでお支払い。
するとレジのお嬢さんもJanaH(ヤハン)と笑顔で。日本人とわかるのですね。

ベオグラード

バスで12時頃にシップに戻ってきました。
そしてランチタイムです。
夫の胃腸の調子が良くないので、ラウンジで軽食を頂きました。
ビールは頂いたものの、何も口に入らずちょっと辛そうです。

午後のツアーは私だけ行くことになりました。
彼はお部屋でTV映画(ミッションインポシィブル等)を見ながらお休みです。

午後2時過ぎ、バスで往復1時間半程の行程のキューブリック醸造所と
アヴァラ山のツアーに出かけます。

夫がいないことに気付いた方々が”What happed to your husband?” 
御主人はどうしたの?と心配して聞いてくれました。
”He needs a little rest” と答えると “Oh, OK” と納得してくれました。

キューブリック醸造所ではブランディの作り方とテイスティング。
そして素敵なブランディパーティに招待されました。
手作りのアップルパイとチーズとハムのオードブル、
どちらもブランディとよく合い美味しい事。

こちらで素晴らしいブランディをゲット。
大切な人(息子)へのお土産に。

アヴァラ山ではエレベーターでタワーのトップまで登り、
ふもとに広がる山麓の家々と遠くベオグラードの街並みを
360度の視界より満喫できました。
その光景の美しい事。
息をのみこむような美しい景色、思わずため息が出てしまいます。

ベオグラード

バスは午後6時前にシップに帰ってきました。
私は夫が心配で直ぐに部屋に向かいました。
体調不良は続いており何度か戻したようです。
持参した薬を何回か飲んだようですが…。

いままでの疲れが弱い胃腸に現れたのでしょう。
ディナーには行けず、ミルクとソフトブレッド、アイスクリームと
ビールのルームサービスをお願いしました。

フロントのAdamさんがSureと笑顔でウィンク。
レストランのJimさんが部屋まで持ってきてくれました。
夫の体調は私にも伝染しました。
食欲が引っ込んでしまいました。

ディナーの席に遅くに付いた私の我がままオーダー
(オムレツとアイスクリーム)にもCertainly と笑顔で答えてくれました。

ありがとう、Jimさん。
シェフさん、そしてAdamさん。
フロントのAdamさんに日本から持ってきたわさびビーンズ(小袋の50個入り)を
皆さんで分けてね、と渡しました。
ほんの少しでも感謝の気持ちを表したかったのです。

夜のドナウ河畔を楽しませながら、
深夜シップはベオグラードに別れを告げていくのでした。

そうですね。私はこの街ベオグラードをドナウのトパーズと名付けましょう。
トパーズの色はブランディの色ですから…。



まちこ先生のドナウからのらくがき④
ヴコヴァル~ノービサード

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき④ 8/23 ヴコヴァル~ノービサード


8月23日、目覚めると船はクロアチアのヴコヴァルに停泊していました。
ヴコヴァルの対岸はセルビアです。

午前中はヴコヴァルの町の見学。
この場所は戦争の恐ろしさと平和の尊さを教えてくれるところでした。

見学の前に、クロアチア紛争について少し。
クロアチアは「ユーゴスラヴィア」という連邦国家の一共和国でした。

ヴコヴァルではクロアチア人とセルビア人が仲睦まじく暮らしていました。
しかし、ユーゴ国内では1980年代から経済の悪化と同時に民族主義が高揚。

1991年、冷戦の終結と共にクロアチアがユーゴスラヴィアからの独立を宣言。
それを阻止するために、セルビア人を中心とする連邦軍が
ヴコヴァルを包囲し攻撃したのです。

このときに多くの人々が亡くなり、「隣人」が「敵」となったのです。
今でこそ戦争は終わりましたが、クロアチア人とセルビア人の「和解」は進んでいません。

バロック旧市街にはその紛争の傷跡が痛々しい。
クロアチア紛争のシンボルとなった「給水塔」。
物凄い砲撃、攻撃の傷跡に心が泣いてしまいます。

オフチャラ記念碑には、紛争で無くなった多くの若者の写真と遺品が祀られていました。
ヴコヴァル墓地も訪れました。
戦いで無くなった人々のお墓が無数に…。
しかし、ヴコヴァルの人々は凄い!!!

1997年に再び行政の機能を取り戻し亡命していた人々も帰還し。
今現在、一生懸命発展の努力をしているのです。

私はこの町ヴコヴァルを、ドナウのアメジスト(紛争)と
ドナウのペリドット(復興)の町と呼びたいと思いました。

さて、観光中に船はイロクに移動。私たちを乗せたバスはイロクに向かいます。
シップに戻るとフロントのAdamさんが、
笑顔で”Hallo again!” とチャーミングなウインクでお出迎え。
私も”Hi, Adam”と、たどたどしいウインクと笑顔でお返し。

この日のランチはレストランでフルコースを頂くことにしました。
テーブルのお友達はディックとマリー(アメリカ人)
美味しいコースを頂きながらお話しがはずみます。

ディックが How old do you think I am? (何歳に見える)と聞かれました。
65 66? と答えると72歳との事。
そこで私は、奥様は何歳あなたより何歳お若いの?
と聞きました(若くて美しい方ですから)。
すると She is 10 years older than I! (彼女は僕より10歳年上だよ)と。
つまり82歳!!! I wish I could be like you after 20 years.
(20年後の私は貴方のようであれるかしら?)と告げると、
もちろん旅は若さを保ちますよ、との答えが返ってきました。
20年後、私の目標はめざせMaryですね。

食事を頂いてるうちに船はノービサードに着きました。
まず迎えてくれたのは それはそれは大きなペトロヴァラディン要塞です。
(オスマントルコから街を守るために建設され、ドナウのジブラルタルとも
呼ばれていたこの要塞の地下には、深さ20m迷路のように広く長く続く
大規模な籠城戦、応戦の歴史跡がそのまま残されている)

食後はノービサードの街の徒歩観光(約2時間)です。
一言でいうなら、可愛らしくてエレガントなレディのような町でしょうか。

伝統と文化が豊かな都市。
人々はのんびりと穏やか。
ここはセルビアのアテネとも呼ばれていました。

歩きながら見えてくる建物の愛らしい事。
人々はアウトサイドのテーブルでカフェを楽しんでいます。
美しいマリア聖堂がある広場には気品が漂っていました。

何て素敵な街!!!!
パステルカラーの建物の美しいこの街を私はドナウのオパールと称えたいと思います。

ディナーの時間です。
飲み物はすべてフリードリンクですし、私は野菜だけのお食事が食べたい! と言えば
その希望も見事に叶えてくれるのです。
このシェフは凄い、そう思われませんか?

今日のテーブルはご年配のご婦人、お1人での席に加えて頂きました。
彼女はイギリス人。一人で旅行中との事。
推察するに90歳前後でしょうか。

彼女がおっしゃるには旅は年齢には関係ない。
Passion でするものなのだそうです。なるほど。
私も90歳で1人旅の世界旅行ができますでしょうか…。

色々と学んだステキな一日でした。
このような素晴らしい旅をさせて頂けることに心から感謝です。

食後はラウンジでSanderさんのピアノの音楽を楽しみました。
テネシーワルツのリクエストに応えてくれ、私も一緒に歌います。
ドナウ川のさざ波がハーモニーとして加わって。