地中海クルーズの旅④
~クルーズ 洋上からお届けします~

4日目 4/24 バーリ(イタリア) 世界遺産アルベロベッロへ


4/24(日)バーリ(イタリア) 11:00-17:00
ベニスを出航して、クルーズで初めての朝を迎えました。

今日は、お客様がどうしても行きたいと、
世界遺産・アルベロベッロに行きます。
バーリから車で約1時間。
とんがり帽子の屋根が特徴の街です。
ベニスと対象的で、田舎ののんびりした雰囲気。
イタリアは奥が深いです。

そしてバーリが生んだ世界的に有名な歌手・歌。
日本のビールのCMでもおなじみです。
その曲の合唱でクルーズまで帰ってきました。

今夜のテーマは、イタリアン・ナイト。
ディナーの服装は、イタリアの国旗の色。
赤・白・緑。
これはあくまでクルーズを楽しむもので、強制でもなんでもありません。

5日目 4/25 カタコロン(ギリシャ) オリンピアの玄関口の街


4/25(月) カタコロン(ギリシャ) 11:00-17:00
船はアドリア海を南下してクルーズ。
イタリアとギリシャには、1時間の時差があり、
日付が変わる00:00に1時間、時計を進めます。

今日の寄港地はカタコロン。
小さな街で、歩いて1時間もあれば全部まわれます。
オリンピック発祥のオリンピアは、こちらから車で約40分。
オリンピア遺跡の玄関口です。

この街もブラブラ散策し、時間がゆっくりと流れ、雰囲気が良い街です。 街を堪能して、船に戻って遅めの昼食。 夕食は、スペシャリティ・レストランを予約。
「オリエンタル・プラザ」
アジア料理で、日本食、中華料理、タイ料理。
基本的にアラカルトですが、セットメニューを注文。23ユーロ。
まずまずです。
メインに飽きた時には良いと思います。


地中海クルーズの旅③
~クルーズ 洋上からお届けします~

3日目 4/23 べニス出航 MSC マニフィカ


ヨーロッパ方面では、最初の朝は必ずと言っていいほど、
時差の影響で、04:00-05:00にパッと目が覚めます。
早朝05:00に周辺を散策。辺りはまだ真っ暗です。

今日の出発は、12:00。
ホテルのチェックアウトが12:00で、
クルーズの出航が16:30。
クルーズターミナルは、ローマ広場からモノレールで1駅なので、すぐです。

MSCクルーズが、サンタルチア駅の1番ホームより、
荷物を船のキャビンまで届けるサービスがあるので、
出発前に確認しに行きました。
荷物1つ7ユーロ。
ただし、荷物に事前にお渡している、タグを付けなければ受けれません。
普通の紙をプリントしているだけなので、
荷物が届くまでに、はがれやすいので、当日の荷物預けの際に、
船会社が用意しているタグをその場で付けるようご案内しております。

12:00にホテルチェックアウトをして出発!!

荷物は、昨日と同様ポーターに運んでもらい、
ローマ広場駅からクルーズターミナルへ。
ものの2-3分で到着。1.5ユーロ。

MSCターミナルでクルーズチェックイン。
ここでは、クレジットカードの登録は行わず、船内の機械で行います。

ビュッフェにてランチの後、ライフボートドリル(避難訓練)の後、
16:30 MSCマニフィカ ベニス出航!!

ベニスの街並みを観ながら、進んで行きます。
動画でも撮っているので、帰国後アップします。
お楽しみに!!

今回、私のキャビンは、大人の事情で内側客室。
一人で泊まるには十分ですが、
やはり、クルーズの醍醐味を味わえません。
よく、「寝るだけだから」と、内側客室を指定されるお客様がいらっしゃいますが、
寝るだけではありません。
バルコニー客室(ベランダ)と、そんなに金額が変わらない場合、
断然、バルコニー客室をおすすめします。

朝目覚めれば、バルコニーに出て、新鮮な空気。
夕陽を観ながら、ルームサービスのコーヒーと大好きな本を読む。
夜には満点の星をバルコニーから眺める。

自室とパブリックスペースでは雲泥の差です。

乗船して初めてのディナー。
MSCクルーズは、そんなに食事の評判が良い方ではありません。
実際に食べてみると、期待してなかったせいか、美味しく感じます。

本日、乗船6日目ですが、まだディナーは、飽きてません。
途中、1回はスペシャリティ・レストランを利用。
ビュッフェ・レストランの朝は、毎回同じメニューなので、
少し飽きてきてますが、昼も殆ど同じですが、
まだ飽きる程ではありません。

お客様曰く、「昨年のクルーズより美味しい」とのことです。
MSCクルーズは、ショーが充実しており、毎晩観に行く程です。

MSC マニフィカ
総トン数:95,128㌧/乗客定員:2,518人/乗組員定員:1,038人
全長:293.8m/全幅:32.3m/就航年:2010年MSC地中海クルーズ


地中海クルーズの旅②
~クルーズ 洋上からお届けします~

2日目 4/22 ドバイ乗り継ぎベニスへ


4/21 23:40 関西空港からのドバイへのフライト。
4/22 04:50にドバイに到着。
お客様は、羽田00:30発、ドバイには06:45到着。
無事に合流しました。

09:15 エミレーツ航空 EK135 ドバイからイタリア・ベニスへ。
約6時間のフライトです。

ベニス・マルコポーロ空港 13:35到着。
こちらからは、バスで約20分。
ベニス本島のローマ広場まで向かいます。
車は、このローマ広場までしか行くことができず、
徒歩でホテルまで移動します。

今回のホテルは、「ボスコロ ベリーニ」
ベニス本島にある4つ星のホテル。
やはりせっかくベニスで泊まるなら、本島の方が、断然雰囲気がよい。

ローマ広場から、徒歩5分で目の前にあるのですが、
緩やかな段差がある橋があり、そこをスーツケースを持って移動が大変です。
ポーターに頼みました。1スーツケース=5ユーロ。
これなら楽に移動できます。

ホテルチェックイン。
鉄道のサンタルチア駅、水上バス駅も目の前。
そして、レストラン・お土産屋が周辺にたくさんあり、最高のロケーションです。

長旅でしたので、ゆっくり休憩した後、ベニス散策にでかけます。
サンマルコ広場まで、お土産屋をひやかしながら、
雰囲気を味わいながら散策。 ゴンドラに乗り、リアルト橋、サンマルコ広場へ。
帰りは歩き疲れて、水上バスで帰りました。 夕食はホテルの近くのイタリアンレストランへ。
海産物が美味しく、お久しぶりの再会にワインがすすみました。


地中海クルーズの旅①
~クルーズ 洋上からお届けします~

現在、地中海・アドリア海の洋上。
昨日(4/27)、ピレウス(アテネ)を出航して、
今日は、終日クルージング。
明日は、クロアチア・ドブロブニクへ寄港です。

今日の平均気温は20℃。
紺碧の海とどこまでも青い空を眺めながらのクルーズ。

毎日、朝に寄港し、夕方に出航します。
ベニスを出航し、バーリ(イタリア)~ミコノス(ギリシャ)~
ピレウス(アテネ/ギリシャ)と、寄港してきました。
充実した日々で、なかなか読書、ブログができず、
今日やっと終日クルージングで、ゆっくりとこのブログができます。
地中海クルーズ

毎年、この時期のゴールデンウィークに、お客様とクルーズ旅行に出かけます。
今では全国にお客様がいて、経由地で合流し、私もご一緒します。

例年、コースはすぐに決まりますが、
今回は、なかなか決まりませんでした。
というのが、どの船にするのかが、行先・方面より重要です。

その客船により、料理、サービス、設備等が違い、
旅行のイメージがまるっきり変わってきます。

当初、オーシャニア・リビエラ、シルバー・スピリットが最後まで、
候補に挙がったのですが、コースが西地中海クルーズ。
MSCマニフィカ・東地中海クルーズに決定しました。

船はカジュアルクラスですが、何よりコースが素晴らしく、今回はコース重視。
ベニス発着で、東地中海をクルージング。

そして何よりも、久しぶりにお客さんとお会いできるのが、何よりの楽しみです。

1日目 4/21 関西空港出発



4/21(木) 関西空港より 23:40発 EK317
EK:エミレーツ航空

UAE アラブ首長国連邦のドバイへ。約11時間のフライト。
ドバイ到着 4/22 05:10。
他のお客様は、羽田発 EK313 ドバイ到着は、06:45です。

いよいよ出発です!!


ホーランド・アメリカ・ライン ms フォーレンダム
神戸寄港 船内動画

ホーランド・アメリカ・ライン ms フォーレンダム

2016年4月14日 神戸寄港
船内見学会に行ってきました。
5年前に乗船した時よりも、ライティング、カーペットの色、明るい雰囲気に、
変わってました。

先日、クァンタム・オブ・ザ・シーズ 167,800トンに乗船し、
大型船の楽しい客船でしたが、
私の好みは、こちらのホーランド・アメリカ・ラインです。
大人の落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと味わうような旅をするなら、
ホーランド・アメリカ・ラインをおすすめします。

ホーランド・アメリカ・ライン ms フォーレンダム
総トン数:61,214トン 全長:237.74m 幅:32.34m
乗客数:1,432人 乗組員数:606人 就航年:1999年

サービス、設備、料理、代金設定どれをとっても、
いちおしのクルーズ船です。