ロイヤル・カリビアン マリナー ゴールデンウィーク 日本着発

2016年ゴールデンウィーク
お手軽にクルーズを体験できます。

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルのマリナー・オブ・ザ・シーズ。
このアメリカの船会社は、世界最大22万トンの客船を所有し、
洋上のテーマパークとの呼び名があるほど、楽しいカジュアル船です。

この上の写真、ヨーロッパの街角ではなく船内です。
ロンドンのバーリントン・アーケードを模したロイヤル・プロムナード122mのストリート。
ブティックやカフェ、バー、カジノが軒を連ねます。
その他、ロッククライミング、移動式観覧席付のアイススケートリンク、
船そのものが一大テーマパークです。

今回のコースでは、様々な企画もあり、
そのアイススケートリンクに、伊藤みどりさんのアイスショー。
オールド上海ジャズなど。

私が観たいのは、「プロ野球レジェンドの時間」と題して、
山本浩二さん、東尾修さんのトークショーも船内で行われます。

コースは、4パターン。
①4月25日出航
・4/25-29 上海~東京 5日間
・4/25-28 上海~名古屋 4日間
②5月06日出航
・5/06-10 横浜~上海 5日間
・5/07-10 神戸~上海 4日間

上海から日本、日本から上海のコース。
片道は飛行機で、約2時間半。
上海で1泊して、美味しい料理を堪能し、クルーズも楽しむ。

クルーズ代金が、内側の一番お安いキャビンで、¥42,000-~(4日間)
飛行機、ホテル、送迎を入れても、10万ちょっとでゴールデンウィークに
行くことができます。

クルーズのみ、飛行機、お勧めホテル、上海での日本語ガイド&専用車を
お見積り致します。
お気軽にご相談お願いします!!

コース詳細
マリナー・オブ・ザ・シーズ 2016 ゴールデンウィーク 日本着・発

マリナー・オブ・ザ・シーズ マリナー・オブ・ザ・シーズ

マリナー・オブ・ザ・シーズ マリナー・オブ・ザ・シーズ


ロイヤル・カリビアンの最新鋭客船 日本発着

RCI ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの最新鋭客船
2016年 日本発着 3/09 福岡出航、3/10 長崎出航

全ての世代が楽しめる、洋上のテーマパーク。
ロイヤル・カリビアン・インターナショナル。
最新客船が日本発着で乗船できます。

上海出航の日本寄港クルーズを連続乗船し、日本で途中乗下船します。

●2016年
①福岡~神戸 3月09日(水)-17日(木) 8泊9日
②福岡~横浜 3月09日(水)-16日(水) 7泊8日
③福岡~広島 3月09日(水)-14日(月) 5泊6日
④長崎~神戸 3月10日(木)-17日(木) 7泊8日
⑤長崎~横浜 3月10日(木)-16日(水) 6泊7日
⑥長崎~広島 3月10日(木)-14日(月) 4泊5日

コース詳細はこちら
クァンタム・オブ・ザ・シーズ 日本発着 4~8泊クルーズ

ここが凄い!!
洋上のアミューズメントパーク クァンタム・オブ・ザ・シーズ

クァンタム・オブ・ザ・シーズ クァンタム・オブ・ザ・シーズ
○ノース・スター
アームの先に取り付けた宝石形のガラス製カプセル。
海上約90m以上し、360度の眺めを満喫できる空中の旅。

クァンタム・オブ・ザ・シーズ クァンタム・オブ・ザ・シーズ
○ツーセブンティグリー
床から天井まで3層にわたるガラス張りの270度 のパノラマビュー。
夜はデジタル映像が投影され神秘的な世界へ。

クァンタム・オブ・ザ・シーズ クァンタム・オブ・ザ・シーズ
○船上サーフィンプール「フローライダー」
○スカイダイビング体験が出来る「リップコード・アイフライ」

クァンタム・オブ・ザ・シーズ クァンタム・オブ・ザ・シーズ
○バーチャル・バルコニー
内側客室では、海上の様子を壁面に設置したスクリーンでリアルタイムに。

クァンタム・オブ・ザ・シーズ クァンタム・オブ・ザ・シーズ
○シアター&ミュージック・ホール
シアターではABBA(アバ)のヒットナンバーで構成された、人気のブロードウェイミュージカル「マンマ・ミーア!」を上演。
最新の音楽会場。DJによるライブパフォーマンス、テーマ別ナイト・パーティなど大人の時間をお楽しみください。

RCIは、映画会社のドリームワークス社と提携しているため、
「シュレック」、「マダガスカル」、「カンフーパンダ」 などの
おなじみのキャラクターたちが船内のイベントやショーに登場します!

クァンタム・オブ・ザ・シーズ クァンタム・オブ・ザ・シーズ

洋上最大のスポーツとエンターテイメント屋内施設「シー・プレックス」など
子供から大人まで楽しめる最先端施設で新しいワクワク・ドキドキを楽しめます!
クァンタム・オブ・ザ・シーズ クァンタム・オブ・ザ・シーズ


23年振りの飛び込み営業

私が旅行業に入ったのは、20歳の時。
旅行の専門学校を卒業し、旅行会社に就職しました。

入社して上司の仕事ばかりやらされて、(それが当たり前ですが)
1年間、それに嫌気をさして、一旦退社し、
完全歩合制の形をとりました。

月・水・金曜日を、お客様の会社で、
土木の仕事をして、終わったら旅行の仕事。
それ以外は、飛び込み営業。
週末は、会社の仕事の添乗アルバイト。

3万円の中古のバイクを購入し、真冬の寒い中を飛び込み営業。
誰にも営業というものを教わって無かったので、
ヘルメットを片手にそのまま、手当たり次第、会社へ訪問。
寒い日は、ジャンバーを着たまんま訪問してました。
今から考えると本当に無謀で、失礼極まりないです。

完全歩合1年目の旅行業の収入は、86万円。
生活費は、力仕事、週末の添乗バイトで補ってました。
そんな状況なので、缶ジュースを買うのもためらってました。

その日は、寒風吹きすさぶ一段と寒い日。
大阪空港周辺が町工場が多く、かなりの軒数を飛び込み営業し、
いくら頑張っても、何も当たりがありません。
日も暮れ真っ暗になって、
寒さで手もかじかんで、我慢できずに自動販売機前で、
ホットコーヒーを買おうかと迷ってました。

自分へのご褒美で、かけがえない100円を挿入。
あったかいホットコーヒーのボタンを押したら、
ギンギンに冷えたラムネが出てきました。
その場で飲んだら、気を失いそうだったので、家に帰って美味しくいただきました。

あの頃のハングリーに負けたくなく、
今日、約23年振りに飛び込み営業にでかけました。

会社を出る前に、資料を念入りに作り、いざ出発。
元気よく、「行ってきます!!」

歩いて、飛び込み営業。
3軒程まわり、左足がつって、治らなく歩けなくなり、今日は帰ってきました。
ものの約10分で撃沈。


金持ち喧嘩せず 超リッチな独裁国家

来年7月のヨーロッパリバークルーズをご決定いただいているお客様、
ブタペスト~ブカレストのコース。

航空券は、QRカタール航空をおさえてましたが、
本日、航空会社からの連絡で、1/12~週5便(火・土曜日除く毎日)の減便。
4月以降は運休。
※羽田、成田は運行します。

すぐにEKエミレーツ航空でおさえました。

ヨーロッパの大都市では、直行便がありますが、
大都市以外では、どこかで経由になります。

私もまだカタール航空に乗ったことがなく、成功モデルの独裁国家とは、
どんなものなのかを、一回見に行きたく、
次は、カタール航空を利用しようと思ってました。

カタール航空は、カタールの国営航空会社。
首都のドーハに拠点を置き、そこから世界のハブ空港となってます。
昨年、新空港がオープンしたばかり。
ビジネスラウンジは、世界最大の広さ。

産油国なので裕福。一人当たりのGDPも世界トップクラス。
独裁国家と、聞こえは悪いですが、数少ない成功モデル。

所得税、医療費、電気代、電話代が無料。
大学を卒業すると一定の土地を無償で借りることができ、10年後には自分のものとなる。

2013年の調査で、全人口130万人のうち、カタール国籍が13%。
あとの87%が、外国人労働者。

金持ち喧嘩せず。
これは世界共通の言葉のようです。


ユニワールド ローヌ川
極上のクルーズ紀行 TV放送のお知らせ

リバークルーズ
「味わうように旅をする」という言葉がふさわしい。
キャビンから間近に眺める風景は、人々の生活も垣間見ます。

殆どの寄港地が街の中心になるので、ユニワールド
下船後、すぐに散策できるのも魅力の一つです。

ヨーロッパでは数多くのリバークルーズ会社が運航
してますが、その中で最高級とされるのが、
ユニワールドです。
動くラグジュアリー・ブティックホテルとされ、
船内の調度品は、修復したアンティークやユニワールド
有名工房の作品。美術品はオリジナル。
浮かぶ美術館と評されています。

そのユニワールド ローヌ川クルーズがBS-TBSで
3週連続で放送されます。

日時:12月9日、12月16日、12月12日 各水曜日
オンエア時間:  21:00~21:54
番組名:BS-TBS「極上のクルーズ紀行」ユニワールド
HP:http://www.bs-tbs.co.jp/cruise/

●12月9日 第1回放送
プロヴァンスの太陽に導かれ
”法王のワイン”とゴッホの足跡を巡る旅

●12月16日 第2回放送
フレンチ ラグジュアリー船で巡るユニワールド
古都とローヌの2大ワイナリー

●12月23日 第3回放送
フレンチ ラグジュアリー船で巡る
”食の都” とブルゴーニュワイン

2014年に就航したSS キャサリン号は、
ユニワールド社で2隻目の最高級クラス(SS はスーパーシップの意)。
船、グルメ料理、美味しいワイン、選べる観光と、
ラグジュアリーなブティックシップのクルーズをどうぞご堪能ください。

コース詳細はこちらから
ユニワールド コース一覧