コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ
乗船レポート② 境港~釜山

2017年 4月29日(土)08:00-17:00 境港


今回の5泊6日コース
4/28(金) 金沢 18:00
4/29(土) 境港 08:00/17:00
4/30(日) 釜山(韓国) 09:00/19:00
5/01(月) 福岡 08:00/16:00
5/02(火) 舞鶴 13:30/22:00
5/03(水) 金沢 08:00

今回の寄港地は、添乗でかなりの数を来ている為、船の中でゆっくりします。
下船しても、周辺だけをブラブラしようと思います。

朝食は、ビュッフェ・レストランへ。

内容、種類、問題ありません。美味しくいただきました。
ただ、レストランのコーヒーが不味い。
どうやったらこんな味がだせるかレベル。

別にカフェがあり、そこで毎回コーヒーをいただきました。
有料で、コーヒーチケットで6杯分:USD18+15%サービス料。
ここのコーヒーは美味しい。
横にシガーバーがあり、いつもそこでくつろぎました。

朝食後、徒歩10分の境港・海産物直売所があり散歩。

船に戻り、メインダイニングで昼食。
お昼も品数があります。
お客さんから聞いていたのですが、スープは全て、お椀で出されます。
写真は、味噌汁でなくスープです。 夕食は、ステーキ&シーフードレストランへ。
スペシャリティレストランで予約が必要。
$35-のチャージかかり、1ドリンク付き。

料理の内容、雰囲気、サービス。
メインダイニングとは全く違います。

ステーキは、何種類かあり、
オーストラリア産和牛のステーキさらに$10-。
クルーズで食べた中で一番美味しいステーキです。
海外でのステーキは赤身。
これは和牛なので、霜降りの柔らかい肉です。

サービスは、お金で買うものというのを再確認しました。

2017年 日本発着クルーズの第一回目。
クルーズゲストにプロ野球伝説スターが乗船して、トークショーがありました。
皆さん、2000安打、200勝の名球会メンバー。
山本浩二さん、東尾修さん、野村謙二郎さん、立浪和義さん
野球界の裏話を楽しく盛り上がりました。
・野球界の老害
・闘将星野 など、
野球の事を知らない人でも、分かりやすく楽しく話していただきました。

2017年 4月28日(日)09:00-19:00 釜山(韓国)

今回のクルーズでは、釜山・韓国が唯一の日本国外の寄港地。
新しく巨大なクルーズターミナルから、クルーズ専用のシャトルバスが、
市内中心まで無料で運行。所要約15分。 釜山市内を散策し、参鶏湯の昼食。 クルーズに戻り、休憩後ジムへ。
海を見ながら走るのは、本当に気分が良い。 夕食は、メインダイニングへ。 動画もごらんください!

コスタ・ネオロマンチカ 日本発着クルーズ② 境港~釜山



コスタクルーズ ネオ・ロマンチカ 2017年 日本発着クルーズページへ
こちらをクリック


コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ
乗船レポート① 金沢出航

金沢から出航


2017年 4月28日
金沢駅からシャトルバスに乗り金沢港までは、約15分。
コスタ・ネオ・ロマンチカが前には、仮設のターミナル。
こちらでチェックイン。
日本国内3か所からの発着で、乗下船が分散。
特に混雑もなく、荷物を預け、船内へ。
船に乗る前に、クルーズカードの写真撮影くらいの手続き。

日本発着、もしくはコスタの為か、クルーズに乗船する前のワクワクした
高揚感は全くありません。

乗船するまでに様々なプロセスを踏んだ方が、
高揚感が高まるのだと思います。

空港からチェックインし、日本を出国。
この時点で、様々な事を忘れ、脳が日常を離れ、
外国の地に到着すると、すっかり日頃の煩わしさも忘れます。
ホテルに1泊し、当地の旨いものを食べ、散策し、翌日クルーズターミナルへ。
何ともいえない、ワクワクした気分になります。

コスタ・ネオ・ロマンチカ 船内へ


1993年に「コスタ・クラシカ」としてデビュー。
2011・2012年に大改装を行い「コスタ・ネオ・クラシカ」に生まれ変わりました。

コスタと言えば、内装はギラギラしたイメージですが、
このネオ・シリーズは、船内シックで、スタイリッシュなデザイン。
私は断然こちらの方が好みです。
コスタ全15隻でも、ネオ・シリーズがワンランク上の船の位置付けです。

総トン数は、56,769トン。
ちょうどよい大きさで、船内動きやすいのが良い。
10万トンを超えると、どこに行くにもかなりの移動が必要。

コスタ・ネオ・ロマンチカ 
総トン数:56,769トン 乗客定員:1,572名 乗組員数:622名

ちなみに同型船と比較
クリスタル・クルーズ
クリスタル・シンフォニー 総トン数:51,044トン 乗客定員:922名 乗組員数:566名

クルーズ代金の差の一つに、
総トン数に対しての乗客数。:
また、乗客1名に対し、乗組員がどれだけの割合かで変わってきます。

大きさは全く違いますが、シーボーン・クルーズ
シーボーン・オデッセイ 総トン数:32,346トン 乗客定員:450名 乗組員数:330名
値段・サービスに比例するのです。
その乗客人数でパブリックスペースを分け合うのです。
プール1つを乗客何人で使うかで代金が変わります。

船は小さい方が、代金が高くなり、その分、手厚いサービスが期待できます。

キャビンの広さ
内側:16.6㎡
海側:16.6㎡
バルコニー:24.2㎡
スイート:37.1~48.3㎡
グランドスイート:48.3㎡

今回は、海側客室。

キャビン内も落ち着いたデザインで、広さも十分で圧迫感はありません。
やっぱりクルーズは、バルコニーがあった方が断然よいです。
スリッパ、ドライヤー、冷蔵庫、セフティーボックスが備え付けられてます。
1日目の夕食は、メインダイニングでとりました。
今回は、食事も全く期待してませんでした。

10名以上の大テーブルで、他のお客さんと同席になるのを覚悟してました。
カジュアルクラスの宿命です。
お話して楽しい方も多数いらっしゃいますが、
他のお客さんと同席は、あまり私は好みません。

なんと!!
コスタ・ネオ・ロマンチカは、2人テーブルが十分に用意されてます。
尚且つ、テーブルが決まってません。
一応、食事がセカンド(2回目の19:30~20:30に入店)と案内がありましたが、
そこまで厳密ではありません。
毎回、好きな時間に好きな席で行くことができました。

メインダイニングの食事内容は、このクルーズ代金で、よく頑張っていると思います。
食材は、それなりですが、いろいろと工夫をして出します。
美味しいと唸る物はありませんが、不味くもありません。
ただ期待をしていくと、がっかりすると思います。

ウェイターは、受け持つテーブルが多すぎるので、かなりの時間を待ちます。
かなり忙しくしてますので、声もかけずらい。
オーダーを取りに来るにも、料理がでるにも、時間がかかります。

代金とのバランスで、これは仕方ない事だと思います。
これを割り切って、理解していかないと、
「何なんだこの船は!!」と、いうことになります。

メニューは、レストラン入口に、料理のサンプルが展示してますので、
オーダーの失敗もありません。

2日目からは、スペシャリティレストランの、
ステーキレストラン、イタリアンレストランに行きました。
ここは、美味しく、サービスも行き届きます。

今回は、2017年 日本発着クルーズの第一回目。
クルーズゲストにプロ野球伝説スターが乗船して、
翌日の夜にトークショーのイベントがありました。

「ミスター赤ヘル」 山本浩二さん
「ケンカ投法」 東尾修さん
「広島前監督」 野村謙二郎さん
「ミスタードラゴンズ」 立浪和義さん

プロ野球の一流選手には異名、ニックネームが多数ありますが、
プロレスラーには、誰が呼んだのか、負けてません。

「人間発電所」 ブルーノ・サンマルチノ
「人間風車」 ビル・ロビンソン
「人間魚雷」 テリー・ゴディ
「人間台風」 ゴリラ・モンスーン
「生傷男」 ディック・ザ・ブルーザー
「パリの悪の華」 ボビー・ガエダノ
「踏みつぶし野郎」 モンゴリアン・ストンパー
「腹筋男」 アンジェロ・ポッフォ
「小型戦闘機」 星野勘太郎
「獄門鬼」 マサ斉藤

18:00 コスタ・ネオ・ロマンチカ 金沢を出航です。
動画でもご覧ください!

コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ① 金沢出航



コスタクルーズ ネオ・ロマンチカ 2017年 日本発着クルーズページへ
こちらをクリック


コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ
乗船レポート

イタリアのカジュアル船 コスタ・クルーズ


4/28~5/03 金沢発着でコスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズに乗船しました。

コスタ・クルーズといえば、イタリアのカジュアル船。
「一歩船内に入るとそこはイタリア」という売り文句。

実は、昨年からコスタ―・クルーズの販売契約をしておりませんでした。
今まで、ヨーロッパ・地中海、中東・ドバイ発着のクルーズでは、
お客様はご満足いただいてたのですが、
アジア・シンガポール発着、日本発着クルーズが、
あまりにも評判が悪かったのがあります。

コスタ・クルーズの日本発着は、2012年のコスタ・ビクトリア
博多発着クルーズから始まりました。

かなりお安い値段設定。子供料金が無料といういこともあり、
私の会社でも多くのお客様にお世話になりました。

初めてのクルーズのお客様が殆どで、
リピーターに、なっていただけませんでした。一回限りのお付き合い。
アジア・クルーズでも同様。
日本発着、アジアクルーズは、値段が安く、それに比例して評判が悪かったのです。

昨年、いつもお世話になっているお客様が、
アジア・シンガポール発着のショートクルーズでお世話になりました。
いつもヨーロッパ・リバークルーズの良い船に乗船するお客様で、
初めての海のクルーズ。

初めてのクルーズでは、一番印象に残るので、
阻止をしようと手を尽くしましたが、
「日程がこの日しか行くことができない」と、決定しました。

その時のご感想
コスタ・ビクトリア シンガポールクルーズ
まちこ先生の海からのらくがき①

昨年秋、2017年 コスタ・クルーズが日本発着を決定しました。
コスタ・ネオ・ロマンチカ 日本発着クルーズ 
2017年 4月~10月
今年は、福岡、舞鶴、金沢と国内3ヵ所から乗船できるように設定。
4泊5日、5泊6日、7泊8日の5コース 全31本。

この日本発着クルーズを中心に販売強化するべく、
それにあわせて、コスタ・クルーズ 日本支社を立ち上げ。

販売するのには、新たに代理店契約が必要でしたが、
弊社では、販売するつもりはありませんでした。

以前よりお世話になっている、某クルーズ日本総代理店の方が、
今年3月にコスタ日本支社へ。

その人が入るなら、応援しないといけない。
ただ、売りたくないのが正直なところ。

ゴールデンウィークのコースにまだ空きがある。
それだったら、一回乗船し、体験してみよう。
良さがあるなら、販売契約しよう。
急遽、乗船することになりました。

コスタ・クルーズには、2009年に一度だけ日本寄港の際、乗船したことがあります。
食事もしたのですが、パスタ(リングイネのクリームソース)が美味しく、
ステーキはもうひとつの印象です。

成田空港から夜行バスで金沢へ


毎年、ゴールデンウィークには、クルーズツアーを企画して、添乗に行きます。
クルーズには団体ツアーは合いませんが、
ありがたく、全国からお集まりいただきます。
家族みたいな存在で、一年に最低でも一回は、お会いしたい。

今年は集客が悪く、私が同行したら、かなり単価が上がる為、
7年続けていた恒例のゴールデンウィークを欠席。

ただ、お客様は、関西、成田から出発します。
お見送りに成田空港へ。
お見送りといっても、「行ってらっしゃい!!」を言うだけ。
一目でもお会いしたかったのです。

2017年4月27日

関西空港から成田空港へ。
関西空港からの国内線は、22年ぶり。

阪神淡路大震災の翌日、北海道への添乗がありました。
直接被災された方はいらっしゃらなく、予定通りに催行することに。

地震の影響で、神戸~関西空港へは、とんでもない事になっているとの情報。
通常1時間30分で行けるのに、前日の夜に出発しました。
すると高速はガラガラで、1時間かかることなく到着。
空港のベンチで一晩過ごした以来です。

成田空港着いて、無性に海老ワンタン麺が食べたくなり、いただきました。
香港経由で海外に行く場合、日本~香港間は、機内食がしっかりとでて、
お腹も膨れてますが、どうしても外せないのが、香港空港での海老ワンタン麺。
あれは旨い!! お客様と会い、夕食をご一緒して、
地中海クルーズへご出発されました。

その後、新宿駅前のバスタ新宿から金沢駅へ夜行バス。
夜行バスも20年ぶりの乗車です。

その頃は、添乗ばかりに行ってて、
日程が被ったら、宴会終了後に、夜行バスで大阪に戻り、
駅のトイレで着替えて、
朝一、また添乗にでるという事が数多くありました。

その頃は4列シートしかなかったと思いますが、今は、3列シートで前後もゆったり。
足を延ばして、ゆっくりと寝ることができます。
発車後すぐに、運転席もカーテンで遮断され、車内は真っ暗に。
カーテンを明けたら光が漏れるので、風景は一切見れなかったのが、残念です。


HAL アムステルダム 世界一周クルーズ 大阪港寄港

ホーランド・アメリカ・ライン ms アムステルダム 大阪港寄港


2017年2月12日(日)113日間 世界一周クルーズで大阪港に寄港。

2014年に改装して、船内はさらに洗練された雰囲気。
船内のいたる所に飾られた花は、造花でなく、
全て生花を使っているのも、ホーランドのこだわりの一つ。

また、絵画もいたるところにあり、動く美術館と言われるほど。

船内は落ち着いた色合いで、大人の雰囲気の客船。
夜が早く、23:00には船内が、ひっそりとします。

静かすぎる。もっと吹き抜けがあって、賑やかな方がいいという声も、
かなり多くのお客さんがおっしゃいますが、
私は、これが好みです。

料理は飽きることがなく、船内での堅苦しさは全くなく、
客層、雰囲気も丁度よい具合。

海側客室以上にバスタブが付いているのも、ありがたい。

代金のバランスを考えて、この内容は、サービス、設備、料理、
どれをとっても、いちおしのクルーズ船です。

ms アムステルダム
総トン数:62,735トン 全長:237.84m 幅:32.25m
乗客数:1,380人 乗組員数:615人 就航年:2000年

ホーランド・アメリカ・ライン ms アムステルダム 2017年2月12日(日)大阪港


横浜発着クルーズ ホーランド・アメリカ・ライン ms フォーレンダム


今回のms アムステルダムと同型船のフォーレンダムが、
日本発着(横浜発着)クルーズコースがあります。

今年は、2か月後の、
・2017年4月11日(火)-25日(火)14泊15日

そして、来年度のコースが発表されました。
・2018年4月11日(水)-25日(水)14泊15日 
横浜発着 ~瀬戸内海クルーズ~

瀬戸内海クルーズは、コストがかかり、なかなかありませんが、
来年の日本発着では、瀬戸内海クルーズが決定してます。
また、帰りに大阪に寄港します。
大阪でも下船できますので、関西のお客様は、さらに楽になります。

2017年のコースは、発売後、満室になってましたが、空きが出てきました。
また、フラッシュレート(直前割引)もでてます。

フラッシュレート(直前割引)
・内側客室:$1,499-
・海側客室:$1,799-
・ラナイ(共用ベランダ):$3,199-
・ビスタスイート(ベランダ):$3,499-
・ネプチューン スイート(ベランダ):$8,499-

日本語コーディネーター乗船なので、言葉の心配もなく、
ホーランドのグレードの客船で、日本発着でゆっくりのんびりの旅。
初めてのクルーズの方にも安心して楽しめるコースです。

2017年 フォーレンダム 横浜発着クルーズ 14泊15日

2018年 フォーレンダム 横浜発着クルーズ 14泊15日


ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ乗船②
清水寄港

ポナン・ロストラル 清水寄港


ポナン・ロストラルフランスの美食船 ポナン・ロストラル 日本発着クルーズ
10月12日(水)08:00-18:00 清水寄港

21:00に東京港を出港し、翌朝、清水港に寄港。
船内から富士山が綺麗に見え、清々しい朝を迎えました。

清水港は、朝のお出迎えから和太鼓による歓迎。
ターミナルでは、様々なイベントを行ってます。

この日、私は少しターミナルを出ただけで、ずっと船内にいました。
船内のジムで、運動して、サウナに入って、
プールバーで読書をしてのんびりと。

夕方、キャビンに居たら、キャビン係りの方が、紙テープを持ってきました。

18:00 清水出港時、紙テープでお別れ。
ブラスバンドによる演奏、それに応える汽笛。

紙テープによるお別れは初めてで感動です。
始めたのは日本人という説があります。

私が投げた紙テープは、やきそば屋台の女性で、
千切れるまでずっと持ってくれて、心が繋がりました。

ますます船旅の良さを実感しました。出港紙テープ

ポナン・ロストラル 2016年 日本発着クルーズ 清水寄港