新年 あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になりありがとうございました。
本年もご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

年末年始 車で九州へ


本来なら12/28-1/05まで、タイへ行く予定で、航空券、ホテルを取っておりましたが、
年末年始バタバタで、とても行ける状態ではなく断念。
急遽、1週間前にキャンセルしました。

12/27に最後のお客さんへのご挨拶。
保険代理店で、大口の法人契約等で、利益を上げており、
実際に最高の旅行をいつもお世話になっている方です。

その方とゆっくりお話しすることができ、
その方は、26歳まで頑張っても頑張っても何をやってもうまくいかなかったとの事。
ある出来事から人生が変わった。
普通、この話はしないんだけどと、前置きを置いてから話していただきました。

訳あって、父方と縁がなく、父方のご先祖参りは一切行かなく、
これだけ頑張ってもうまくいかないのは、
先祖供養してないからだということになりお墓参りに。
管理してなかったので、草が伸び放題。

それから毎年、必ずお墓詣りに行くようになり、
現在のように、何をやってもうまくいくようになったといいます。

私も同じような環境で、私が小学5年生の時に別れ、
母親に育てられたので、父方の実家、熊本には疎遠になりました。

熊本へお墓参りに行くならば、この年末年始しかない。
お墓の場所を聞くべく、おばさん(父の妹)に、
約40年以上ぶりに連絡をし、快く場所を教えていただき、急遽、熊本へ。

新幹線、飛行機、長距離バスを調べたら、すでに満席。
こうなったら車で行こう。
その話をしたら、母も行きたいと、妻と母と3人で車旅。

12/30出発の早朝、前日より妻が風邪で、
当日も具合が悪く、延期にしようと言ったのですが、
車の中で寝たら治せる。どうしても今日行くということで出発。

12/30 07:30出発。
途中、どうしても広島のお客様にご挨拶をしたく、
何も連絡をしなく、お昼にお伺いしました。

運が良いことにお会いすることができ、
年末の一番お忙しい時にお邪魔したにも関わらず、
温かく迎い入れていただきました。

広島でお客様にお会いできただけでも十分価値がある旅です。
一番お忙しい時期に、いきなりお伺いして、いろいろなお話をしていただきました。
本当にありがたく感謝です。

西へと向かい、泊りは山口県小野田市。
エクストールイン山陽小野田厚狭駅前。
前日、予約をして急遽とったホテル。これが大正解。

16:30に到着チェックイン。
何もない街ですが、街自体、落ち着ける雰囲気。
厚狭駅前のホテルで、今年オープンのビジネスホテル。
男性には、大浴場、サウナ、水風呂、露天風呂があります。

夕食は、ホテルに紹介していただいた、徒歩1分の「泉屋」。
注文した全てが美味しく、雰囲気、サービスも抜群。
親子でゆっくり食事をして、ゆっくり話したのは何年ぶりのことか。

妻の体調は、出発時薬を飲んで、車の中で熟睡。
途中、サービスエリアで卵かけご飯定食を食べたら、すっかりよくなりました。

●昼食は、宮島SA名物「はぶて丼」名産のかき、穴子、鯛を煮て焼いた丼ぶり。
●ホテルは厚狭駅前。落ち着く街で、この旅一番気に入りました。

12/31 07:30発で、熊本へ。
お昼前には、熊本市内へ付き、お墓参りへ。
父方の祖父、祖母に初めて手を合わせました。
お寺の住職にご挨拶して、いろいろなお話をしていただきました。

八代市へ母の旧友と会い、その後、熊本市内のホテルへ。
目的を果たし、ゆったりとテレビを見ながらの年越しでした。

2018年 1/01 元旦
晴れやかに新年を迎え、のんびり大阪へ帰るのみ。
そのまま帰るのは寂しいので、途中、広島のホテルを手配。

途中、門司レトロに立ち寄り、門司名物の焼カレー。

17:30広島ホテルにチェックイン。
元旦ということもあり、夕食で空いている所も限られており、
広島焼で唯一空いていた店に入店。

偶然にも3年前にクルーズで広島に寄港し、
乗客のアメリカ人と意気投合し、入った同じ店でした。

●広島・平和通りは、ライトアップ。

1/02 11:00ホテルチェックアウト 
平和公園、資料館を見学の後、呉へ移動。
大和ミュージアムは、添乗で何回も来てますが、今回、1時間の説明ツアーに初めて参加。
説明を聞くのと聞かないのでは、雲泥の違いがあります。
また、そのボランティアガイドさんは、心でお話しされる方で、
新年から素晴らしい方と出会うことができ、
お話は思わず涙が出そうになりました。

のんびりと無事に到着22:30。全走行距離1,610キロ

今回の旅は、道中長いので、妻、母といろいろと存分に話すことができました。
おばさんと、約40年ぶりに会う事もできました。
先祖供養、お墓参りは、周りの人へ気づかい。
全ては、人を大事にするということに繋がる事がわかりました。

お墓参りを行って、昨日1月04日から仕事初め。
1/05 15:50現在、昨日より5件決まりました。

何事にも感謝をして、この1年頑張ります。


旅行の予約時期は?

旅行いつ予約するか


今年もあと10日。歳をとる度に1年が早く過ぎます。

旅行の予約時期は、早い方が安くお得に行くことができます。
日本は、1年で上期4~9月、下期10~3月に分けて、
旅行会社がパッケージレート(団体航空券の小売り)が主流でした。

その代金発表が、上期で3月位。下期で9月位のタイミング。
ピーク期(年末年始、ゴールデンウィーク、お盆)を計画して待っていたら、
代金発表時には既に満席、あったとしてもピーク代金で高額です。

メリットは、航空券の発券が出発の20~40日前。
発券するまで支払わなくてもよいし、キャンセル無料。

パッケージツアーは、30日前からキャンセル料が発生するのは、これが目安です。
日本で予約時期が遅いのはその為です。

年末年始などのピークでも、お安くお得に行くには、
PEX:航空会社の公示運賃。
航空会社にもよりますが、330日前から予約することができます。
早めの予約がお安くなるのが殆どです。

デメリットとしては、予約後の発券期限の短さです。
7日以内、72時間以内など、航空会社にもよります。
アメリカ系航空会社は、厳しくご予約後24時間が殆どです。

発券期限は、予約後、航空会社が指定します。
混み合えば、1時間後など、ざらにあります。
入金しないと発券できません。
それを逃したら、同じエコノミーでもクラスが上がり、高くなります。

発券後は、一切の変更ができません。
そもそも旅行では、変更という概念がありません。
一旦キャンセル料を支払い、取り直します。

同じエコノミークラスでもクラスが分かれ、
安いのもあれば、高いのもあります。
違いを細分化され、ルールが厳しい程、お安くなります。
例えば、キャンセル返金なしなど。

このPEX:公示運賃が主流となってきてます。
また、ホテルもNo Refund(キャンセル返金なし)も増えてます。
リスクが大きい分、安く泊まれます。

クルーズでも代金変動制が殆どで、
重要と供給により代金が変わりますが、出発日が近づくにつれ、
代金が上がるのが殆どです。

旅行は、早めの予約がお得なのです。

先の事は誰も分かりません


よくお客さんで、1年後の事はわからないと、言われます。
それで直前になり、予約しますが、空きがあったとしても倍の代金。
よい所は全て満席、満室です。

1年後の事は誰も分かるはずがありません。
まずは、予約して予定を調整するしかありません。

それを、自分へのご褒美として、どんな事でも頑張れます。
どうしても行けなくなって、キャンセル料を払う事もありますが。

やはり旅はしてほしいです。
日常から離れて、自分を客観的にみることができます。

日本は言葉が通じ、治安が良く、インフラ整備も整い、清潔でこんないい国はありません。
それも外から見ないと本当の良さに気づくことはないと思います。
テレビ、ネットからの情報では、分からないのです。

一回きりの人生、もっと見たいし、もっと知りたい。
この好奇心は抑えられません。

ウルワツ寺院


おかげさまで旅行業登録更新!!

誰でも簡単にできる旅行業?


5年に1回の旅行業登録の更新。
開業して15年なので、今回で3回目。
無事に更新することができました。

旅行社は一見、元手が要らず、誰でも簡単にでききます。
誰でも簡単にできた場合、トラブルが後を絶たなくなります。
その為、許認可事業にして、営業保証金や基準資産を設定して、
財務状況をチェックされます。

5年で500万円の利益がでていなければ、更新することができません。
増資をするか、廃業か。

このブログ「私の職歴」でも書いた通り、
この2~3年は、どん底で、次の更新は難しいと思ってました。

今回、無事に登録更新できました。
応援していただいた皆様のおかげです。

この仕事をできるのは、ありがたく、幸せを感じます。


なぜ世界と比べ日本はクルーズ人口が伸びないのか

世界のクルーズ人口 この25年で5倍に


世界の国々では、クルーズ船の大型化に伴いクルーズ人口が爆発的に増加してます。
アメリカでは、1,000万人(年間)を超え、
同じ先進国のドイツ(8千万人)、イギリス(6千5百万人)にしても、
年間200万人に届きそうな勢いでクルーズ人口。
これだけ世界では、クルーズが完全に旅行の主流になってます。
クルーズ人口

先進国で日本だけがクルーズ人口伸びない


比べて日本は、この20年余り若干の伸びはありますが、20万人前後。
日本の人口約半数のイギリスと比べ、クルーズ人口が約10倍。
1990年では、イギリス、ドイツは日本と同じクルーズ人口。

アメリカは、日本の約2倍の人口ですが、クルーズ人口が日本の50倍。
数字だけでは一概に比較できませんが、
ここまでクルーズ人口が伸びないのは、何かがあります。

原因は、「世界一周」「正装」「フェリー」にあると私は思います。

・豪華客船=世界一周=高額=違う世界
・正装=ドレス・タキシード=違う世界
・フェリー=移動手段 

私もクルーズのイメージは、一部の成功者とのイメージで、
旅行業に携わりながら、初めから頭にありませんでした。

一部の船では、イメージしているようにフォーマル率が高い船もありますが、
今、クルーズの主流は、スマートカジュアルなのです。

クルーズは、楽しむのが目的なので、
お洒落をしたい人は、ご自由にという考えです。

私も初めは、スーツ、革靴を持って、かなりの荷物になりましたが、
今は、持っていきません。
クルーズは、リラックスしに行くものです。

日本は島国なのでフェリーでの移動、船が身近です。
フェリーは、あくまで目的地に行くための移動手段です。
どんなに悪天候で揺れようが、時間通り目的地まで移動しなければならない。
それに対して、クルーズは、楽しむのが目的なので、
料理、サービス、寄港地を楽しみます。

満足いただけなかったら、次にお客様が来ないので、
努力をして改善していきます。

そのクルーズには大きく3つに分類されます。
「カジュアル」「プレミアム」「ラグジュアリー」
こちらは値段の差で、サービス、料理、全てが変わってきます。
そして、船の中でもカテゴリーがあります。
内側客室、海側客室、ベランダ、ミニスイート、スイート。

もちろん景色が見えない内側が一番お安くなります。
同じ代金として、内側に2回乗るよりも、
ベランダに1回乗る方を、私は強くおすすめします。

通常の海外旅行と比べて、安い。
クルーズには、食事など殆ど含まれているので、
お金を気にせず、おもいっきり楽しむことができます。

お客様の満足度は、通常の旅行と比べても全く違います。

次の旅行は、クルーズを1つの候補に入れて下さい。
私が、クルーズ旅の素晴らしさをご説明にお伺いします!!


起業家セミナー「ヒロコーヒーの秘密」

20店舗、従業員500名に拡大した地域密着のコーヒーチェーン


昨日、商工会議所主催の講演に行ってきました。
講演するのは、(株)ヒロコーヒー 山本 光弘 社長。

北大阪では、コーヒーのブランドになっており、
私の自宅の近く、会社の近くにもお店があります。
1杯 470円と高いのですが、それ以上にコーヒーが美味しく価値があります。

20店舗は、郊外の大型店、阪急百貨店本店の都心など、
店舗それぞれに個性があり、北欧風、南米風、和風と店舗デザインは違います。

そのヒロコーヒーの社長の講演。

自分で商売がしたく、
中学卒業してすぐ、レストランの下働きからのスタート。

その頃は、コーヒーなんて飲んだことがなく、
商売できるのであれば、ラーメン屋でも何でもよかった。

住み込みで働きながら、コーヒーの魅力を知りました。
将来、自分の店を持ち、会社組織にする夢があり、
喫茶学校、簿記学校で勉強。

国庫に1,300万円の借り入れ、
昭和52年に江坂にコーヒー館(現在のヒロコーヒー本店)開業。

当初、他の店を同じように既成のコーヒー豆を仕入れてましたが、
もっと美味しい、自分が納得するコーヒーを提供するべく、自家焙煎へ。

当時、焙煎機材、コーヒー豆の仕入れ等、
全く分からなく、電話帳から業者を探し、交渉するのですが、
全く相手にされなかった。

機材を購入したものの、その業者は、運び電源を入れたらおしまい。
独学でやるしかない。
試行錯誤で、お客様にお出しできるまで、1年!

その時代、年間600万円の純利益で10年。
6,000万円の資金で、会社組織、2号店オープン。

1店舗で600万円だから、2店舗で1,000万はいく。
そこが商売の落とし穴だという。
そんな甘いものではなく、1店舗だったら、全力で集中できるが、
力を分散したら、売り上げ合計も1店舗より低くなった。

時代はバブル絶頂期。
喫茶店は、バブルは一切無関係で、何も分からなかった。

その頃、飲食店といったら、社会的地位も低く、ローンが通らない。
奥さんの親戚へ挨拶しに行き、喫茶店と言ったらドン引き。
そういう時代だった。

16歳から働きずくめで、勉強するべく、
2店舗経営しながらも、
東京のコーヒー専門の有名店へ住み込みで1年間アルバイト。

アルバイトでは、深く勉強できないとのことで、
大阪へ戻り、コーヒー専門の有名店へ正社員として就職。

そんな中、その有名店が社員募集し、
での面接室へ、お茶を持っていったら、その面接に来ていたのが、
自身の経営する社員。
すぐに追いかけ、「おまえ、何を考えているんだ!!」と、
「社長こそ何をやっているのですか!!」

そんなエピソードをたくさん面白おかしく場内大爆笑です。

今では、家で飲むのも、レギュラーコーヒーが当たり前ですが、
その頃、家庭での大半がインスタントコーヒー。

これからは、喫茶だけでは、限界がある。
レギュラーコーヒーを飲んだら、インスタントは飲めなくなる。
これからレギュラーコーヒーの需要が増え、可能性がある。
3号店では、喫茶と販売を併設店へ。

今では、喫茶部門:51%、販売部門:49%となり、
今後、販売部門を伸ばしていく。

その後も、ケーキ工房、パン工房を含め、現在20店舗。
今後、さらに加速します。

「売れるもの」だけ売るのでなく、
「自分たちが信じたもの」
「必ずお客様に喜ばれ世の中の役に立ち将来多くの人々から必要とされる物」
を届けるのが商売人の責務であり使命。
その命題に向かっての努力と工夫が
持続可能な繁盛店へとつながる。

素晴らしい講演で、私も俄然やる気がでました。
行って本当に良かったです。

・山本社長の人としての魅力。いつでも笑顔。話が分かりやすい。
・感動したらすぐに動く実行力。感動したもの勝ち。
・実行したらそれを徹底的にチェックする。失敗した時こそしっかり確認する。

山本社長との出会いは、私が20歳過ぎに飛び込み営業で、
毎年、社内旅行でお世話になり、もう25年お世話になっております。
何度も旅行でご一緒させていただいてますが、遊ぶ時も徹底して楽しみます。

どういう経緯で開業され、従業員500名までになる過程など知りませんでした。
来年で40周年。ますますのご活躍をお祈りいたします。

ヒロコーヒー